Bug 1498448 - Migrate Certificate Manager Dialog to use fluent for localization, part 1.
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Fri, 30 Nov 2018 10:12:33 +0100
changeset 1307 e0d329055e159a946f42e7961307a46b8278e75d
parent 1306 01d2c65a9ab0023d081d404801457e44cd9800fb
child 1308 8752cc3269fd637991038ae9d3790f056cca9110
push id344
push userfrancesco.lodolo@mozillaitalia.org
push dateFri, 30 Nov 2018 09:12:46 +0000
bugs1498448
Bug 1498448 - Migrate Certificate Manager Dialog to use fluent for localization, part 1.
security/manager/security/certificates/certManager.ftl
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/security/manager/security/certificates/certManager.ftl
@@ -0,0 +1,230 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+certmgr-title =
+    .title = 証明書マネージャー
+certmgr-tab-mine =
+    .label = あなたの証明書
+certmgr-tab-people =
+    .label = 個人証明書
+certmgr-tab-servers =
+    .label = サーバー証明書
+certmgr-tab-ca =
+    .label = 認証局証明書
+certmgr-mine = あなたが認証を受けるため以下の証明書が登録されています
+certmgr-people = 他の人を識別するため以下の証明書が登録されています
+certmgr-servers = サーバーを識別するため以下の証明書が登録されています
+certmgr-ca = 認証局を識別するため以下の証明書が登録されています
+certmgr-detail-general-tab-title =
+    .label = 一般
+    .accesskey = G
+certmgr-detail-pretty-print-tab-title =
+    .label = 詳細
+    .accesskey = D
+certmgr-pending-label =
+    .value = 証明書を検証しています...
+certmgr-subject-info-label =
+    .value = 発行対象
+certmgr-issuer-info-label =
+    .value = 発行者
+certmgr-period-of-validity-label =
+    .value = 証明書の有効期間
+certmgr-fingerprints-label =
+    .value = 証明書のフィンガープリント
+certmgr-cert-detail =
+    .title = 証明書の詳細
+    .buttonlabelaccept = 閉じる
+    .buttonaccesskeyaccept = C
+certmgr-cert-detail-cn =
+    .value = 一般名称 (CN)
+certmgr-cert-detail-o =
+    .value = 組織 (O)
+certmgr-cert-detail-ou =
+    .value = 部門 (OU)
+certmgr-cert-detail-serialnumber =
+    .value = シリアル番号
+certmgr-cert-detail-sha256-fingerprint =
+    .value = SHA-256 フィンガープリント
+certmgr-cert-detail-sha1-fingerprint =
+    .value = SHA1 フィンガープリント
+certmgr-edit-ca-cert =
+    .title = 認証局証明書に対する信頼性の設定
+    .style = width: 48em;
+certmgr-edit-cert-edit-trust = 証明書の信頼性を設定してください:
+certmgr-delete-cert =
+    .title = 証明書の削除
+    .style = width: 48em; height: 24em;
+certmgr-cert-name =
+    .label = 証明書名と発行者名
+certmgr-cert-server =
+    .label = サーバー
+certmgr-override-lifetime =
+    .label = 例外承認期間
+certmgr-token-name =
+    .label = セキュリティデバイス
+certmgr-begins-label =
+    .label = 発行日
+certmgr-begins-value =
+    .value = { certmgr-begins-label.label }
+certmgr-expires-label =
+    .label = 有効期限
+certmgr-expires-value =
+    .value = { certmgr-expires-label.label }
+certmgr-email =
+    .label = メールアドレス
+certmgr-serial =
+    .label = シリアル番号
+certmgr-view =
+    .label = 表示...
+    .accesskey = V
+certmgr-edit =
+    .label = 信頼性を設定...
+    .accesskey = E
+certmgr-export =
+    .label = エクスポート...
+    .accesskey = x
+certmgr-delete =
+    .label = 削除...
+    .accesskey = D
+certmgr-delete-builtin =
+    .label = 削除または信頼しない...
+    .accesskey = D
+certmgr-backup =
+    .label = バックアップ...
+    .accesskey = B
+certmgr-backup-all =
+    .label = すべてバックアップ...
+    .accesskey = k
+certmgr-restore =
+    .label = インポート...
+    .accesskey = m
+certmgr-details =
+    .value = 証明書のフィールド
+    .accesskey = F
+certmgr-fields =
+    .value = フィールドの値
+    .accesskey = V
+certmgr-hierarchy =
+    .value = 証明書の階層
+    .accesskey = H
+certmgr-add-exception =
+    .label = 例外を追加...
+    .accesskey = x
+exception-mgr =
+    .title = セキュリティ例外の追加
+exception-mgr-extra-button =
+    .label = セキュリティ例外を承認
+    .accesskey = C
+exception-mgr-supplemental-warning = 本物の銀行、通信販売、その他の公開サイトがこの操作を求めることはありません。
+exception-mgr-cert-location-url =
+    .value = URL:
+exception-mgr-cert-location-download =
+    .label = 証明書を取得
+    .accesskey = G
+exception-mgr-cert-status-view-cert =
+    .label = 表示...
+    .accesskey = V
+exception-mgr-permanent =
+    .label = 次回以降にもこの例外を有効にする
+    .accesskey = P
+pk11-bad-password = 入力されたパスワードは正しくありません。
+pkcs12-decode-err = ファイルをデコードできませんでした。ファイルが PKCS #12 形式ではないか、破損しているか、あるいは入力されたパスワードが間違っています。
+pkcs12-unknown-err-restore = 原因不明の問題により PKCS #12 ファイルの復元に失敗しました。
+pkcs12-unknown-err-backup = 原因不明の問題により PKCS #12 バックアップファイルを作成できませんでした。
+pkcs12-unknown-err = 原因不明の問題により PKCS #12 の操作に失敗しました。
+pkcs12-info-no-smartcard-backup = スマートカードなどのハードウェアセキュリティデバイスからは証明書をバックアップできません。
+pkcs12-dup-data = 証明書と秘密鍵はすでにセキュリティデバイスに存在します。
+
+## PKCS#12 file dialogs
+
+choose-p12-backup-file-dialog = バックアップファイル名
+file-browse-pkcs12-spec = PKCS12 のファイル
+choose-p12-restore-file-dialog = インポートする証明書ファイル
+
+## Import certificate(s) file dialog
+
+file-browse-certificate-spec = 証明書ファイル
+import-ca-certs-prompt = 認証局証明書を含むファイルを選択してください
+import-email-cert-prompt = メール証明書を含むファイルを選択してください
+
+## For editing certificates trust
+
+# Variables:
+#   $certName: the name of certificate
+edit-trust-ca = 証明書 “{ $certName }” は認証局の証明書です
+
+## For Deleting Certificates
+
+delete-user-cert-title =
+    .title = あなたの証明書を削除
+delete-user-cert-confirm = 本当にこの証明書を削除してもよろしいですか?
+delete-user-cert-impact = あなたの証明書を削除すると、今後この証明書で個人認証ができなくなります。
+delete-ssl-cert-title =
+    .title = サーバー証明書の例外を削除
+delete-ssl-cert-confirm = これらのサーバー証明書の例外を削除してもよろしいですか?
+delete-ssl-cert-impact = サーバー証明書の例外を削除すると、サーバーのセキュリティを通常の手順で確認するようになり、各サーバーに有効な証明書が求められます。
+delete-ca-cert-title =
+    .title = 認証局の証明書を削除または信頼しない
+delete-ca-cert-confirm = この認証局 (CA) の証明書を削除しようとしています。削除すると組み込まれた証明書のすべての信頼性が失われます。本当にこの認証局証明書を削除するか信頼しない設定にしてもよろしいですか?
+delete-ca-cert-impact = 認証局 (CA) の証明書を削除するか信頼しない場合、その認証局により発行されたすべての証明書が信頼されなくなります。
+delete-email-cert-title =
+    .title = メール証明書を削除
+delete-email-cert-confirm = 本当にこの人たちのメール証明書を削除してもよろしいですか?
+delete-email-cert-impact = メール証明書を削除すると、その人たちにメールを暗号化して送信できなくなります。
+# Used for semi-uniquely representing a cert.
+#
+# Variables:
+#   $serialNumber : the serial number of the cert in AA:BB:CC hex format.
+cert-with-serial =
+    .value = シリアル番号付きの証明書: { $serialNumber }
+
+## Cert Viewer
+
+# Title used for the Certificate Viewer.
+#
+# Variables:
+#   $certificate : a string representative of the certificate being viewed.
+cert-viewer-title =
+    .title = 証明書ビューアー: “{ $certName }”
+not-present =
+    .value = <証明書に記載されていません>
+# Cert verification
+cert-verified = この証明書は以下の用途に使用する証明書であると検証されました:
+# Add usage
+verify-ssl-client =
+    .value = SSL クライアント証明書
+verify-ssl-server =
+    .value = SSL サーバー証明書
+verify-ssl-ca =
+    .value = SSL 認証局
+verify-email-signer =
+    .value = メール署名者の証明書
+verify-email-recip =
+    .value = メール受信者の証明書
+# Cert verification
+cert-not-verified-cert-revoked = この証明書はすでに失効しているため、有効性を検証できませんでした。
+cert-not-verified-cert-expired = この証明書は期限が切れているため、有効性を検証できませんでした。
+cert-not-verified-cert-not-trusted = この証明書を信頼していないため、有効性を検証できませんでした。
+cert-not-verified-issuer-not-trusted = 発行者を信頼していないため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
+cert-not-verified-issuer-unknown = 発行者が不明であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
+cert-not-verified-ca-invalid = 認証局の証明書が無効であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
+cert-not-verified_algorithm-disabled = 安全ではない署名アルゴリズムによって署名されているため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
+cert-not-verified-unknown = 原因不明の問題により、この証明書の有効性を検証できませんでした。
+
+## Add Security Exception dialog
+
+add-exception-branded-warning = %1$0.S例外的に信頼する証明書としてこのサイトの証明書を登録しようとしています。
+add-exception-invalid-header = このサイトでは不正な証明書が使用されており、サイトの識別情報を確認できません。
+add-exception-domain-mismatch-short = 他のサイトの証明書です
+add-exception-domain-mismatch-long = 他のサイト用の証明書が使われています。誰かがこのサイトを偽装しようとしています。
+add-exception-expired-short = 証明書の有効期限を過ぎています
+add-exception-expired-long = このサイトの証明書は現在有効ではありません。この証明書は盗難または紛失した可能性があり、誰かがこのサイトを偽装するために使用している可能性があります。
+add-exception-unverified-or-bad-signature-short = 不明な証明書です
+add-exception-unverified-or-bad-signature-long = 安全な署名を使っている信頼できる認証局が発行されたものとして検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
+add-exception-valid-short = 有効な証明書です
+add-exception-valid-long = このサイトでは正しく検証された有効な証明書を使用しています。このサイトの証明書を例外として追加する必要はありません。
+add-exception-checking-short = 証明書を確認中
+add-exception-checking-long = このサイトの識別情報を確認しています...
+add-exception-no-cert-short = 証明書がありません
+add-exception-no-cert-long = このサイトを識別するための証明書を取得できませんでした