67.0+: sync dom, security, toolkit with en-US rev11405:f479726747e7 (2019-04-19)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Thu, 25 Apr 2019 20:43:36 +0900
changeset 1398 9e8df65f97d91fe7defea1cd74599e80ebd21dba
parent 1397 438a016bfaaab1d4957c9d7e47b719772f82308d
child 1399 5fa0b61ea89cad64bdf8a9a792149794831959bb
push id386
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateThu, 25 Apr 2019 11:43:56 +0000
bugs67
67.0+: sync dom, security, toolkit with en-US rev11405:f479726747e7 (2019-04-19)
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/security/security.properties
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
toolkit/chrome/global/aboutReader.properties
toolkit/chrome/global/aboutWebrtc.properties
toolkit/chrome/global/extensions.properties
toolkit/chrome/global/global-extension-fields.properties
toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.properties
toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
toolkit/chrome/mozapps/update/updates.dtd
toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutCompat.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutProfiles.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutTelemetry.ftl
toolkit/toolkit/global/processTypes.ftl
toolkit/toolkit/printing/printPreview.ftl
toolkit/toolkit/updates/history.ftl
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -86,31 +86,35 @@ PointerLockDeniedNotInputDriven		=ユーザー生成の短期的なイベントハンドラーの内部から Element.requestPointerLock() メソッドが呼び出されず、document が全画面表示でないため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedFailedToLock		=ブラウザーがポインターのロックに失敗したため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 # (^m^) *XHRWarning は Bug 651072 参照。
 HTMLSyncXHRWarning			=同期モードにおける XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
 InvalidRedirectChannelWarning		=channel が nsIWritablePropertyBag2 を実装していないため、%S にリダイレクトできません。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the name of the header in question
 ForbiddenHeaderWarning			=禁止されたヘッダーを設定しようとして拒否されました: %S
 ResponseTypeSyncXHRWarning		=window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の responseType プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 TimeoutSyncXHRWarning			=XMLHttpRequest の timeout 属性の使用は、window コンテキストの同期モードではサポートしていません。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate navigator.sendBeacon, unload, pagehide, or XMLHttpRequest.
+UseSendBeaconDuringUnloadAndPagehideWarning	=unload および pagehide イベント中に同期 XMLHttpRequest の代わりに navigator.sendBeacon を使用するとユーザー体験が向上します。
 JSONCharsetWarning			=XMLHttpRequest を使用して取得した JSON に対して UTF-8 でないエンコーディングの宣言が試みられました。JSON のデコードは UTF-8 のみがサポートされます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate AudioBufferSourceNode
 MediaBufferSourceNodeResampleOutOfMemory	=再生用の AudioBufferSourceNode をリサンプルするためのメモリーが不足しています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownContentType		=decodeAudioData へ渡されたバッファに種類不明のコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownError		=decodeAudioData の処理中に原因不明のエラーが発生しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataInvalidContent		=decodeAudioData へ渡されたバッファにデコードできない不正なコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataNoAudio			=decodeAudioData へ渡されたバッファに音声が含まれていません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate HTMLMediaElement and createMediaElementSource.
 MediaElementAudioSourceNodeCrossOrigin		=createMediaElementSource へ渡された HTMLMediaElement に生成元の異なるリソースが含まれています。このノードの音声は出力されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate MediaStream and createMediaStreamSource.
 MediaStreamAudioSourceNodeCrossOrigin		=createMediaStreamSource へ渡された MediaStream に生成元の異なるリソースが含まれています。このノードの音声は出力されません。
+# LOCALIZATION NOTE : Do not translate MediaStreamTrack and createMediaStreamTrackSource.
+MediaStreamTrackAudioSourceNodeCrossOrigin	=createMediaStreamTrackSource へ渡された MediaStreamTrack は生成元の異なるリソースです。このノードの音声は出力されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate HTMLMediaElement and MediaStream.
 MediaElementAudioCaptureOfMediaStreamError	=捕捉された HTMLMediaElement は MediaStream を再生中です。音量とミュートの設定は現在サポートされていません。
 MediaLoadExhaustedCandidates			=リソース候補の読み込みがすべて失敗しました。メディアの読み込みを一時停止します。
 MediaLoadSourceMissingSrc			=<source> 要素に “src” 属性がありません。メディアを読み込めませんでした。
 MediaStreamAudioSourceNodeDifferentRate		=オーディオコンテキストから違うサンプルレートでのオーディオノードへの接続はサポートされていません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate ConvolverNode
 ConvolverNodeAllocationError			=ConvolverNode のインスタンス生成時にメモリー不足エラーが発生しました。このノードの音声は出力されません。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the Http error code the server returned (e.g. 404, 500, etc), %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
@@ -240,17 +244,19 @@ ManifestShouldBeObject			=Manifest がオブジェクトではありません。
 ManifestScopeURLInvalid			=scope URL が正しくありません。
 ManifestScopeNotSameOrigin		=scope URL はドキュメントと同一の生成元でなければなりません。
 ManifestStartURLOutsideScope		=start URL がスコープ外のため scope が正しくありません。
 ManifestStartURLInvalid			=start URL が正しくありません。
 ManifestStartURLShouldBeSameOrigin	=start URL はドキュメントと同一の生成元でなければなりません。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the name of the object whose property is invalid. %2$S is the name of the invalid property. %3$S is the expected type of the property value. E.g. "Expected the manifest's start_url member to be a string."
 ManifestInvalidType			=%1$S のメンバ %2$S が %3$S ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the name of the property whose value is invalid. %2$S is the (invalid) value of the property. E.g. "theme_color: 42 is not a valid CSS color."
-ManifestInvalidCSSColor			=%1$S: %2$S の CSS カラー指定が正しくありません。
+ManifestInvalidCSSColor			=%1$S: %2$S の CSS 色指定が正しくありません。
+# LOCALIZATION NOTE: %1$S is the name of the property whose value is invalid. %2$S is the (invalid) value of the property. E.g. "lang: 42 is not a valid language code."
+ManifestLangIsInvalid			=%1$S: %2$S の言語コードが正しくありません。
 PatternAttributeCompileFailure		=パターンが正しい正規表現ではないため <input pattern='%S'> を照合できません: %S
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "postMessage" or DOMWindow. %S values are origins, like https://domain.com:port
 TargetPrincipalDoesNotMatch		=‘DOMWindow’ 上の ‘postMessage’ の実行に失敗しました。指定された送信先の生成元 (‘%1$S’) と受け取る window の生成元 (‘%2$S’) が一致しません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate 'YouTube'. %S values are origins, like https://domain.com:port
 RewriteYouTubeEmbed			=古いスタイルの YouTube Flash 埋め込み (%1$S) を iframe 埋め込み (%2$S) に書き換えています。可能であれば、ページを更新して embed/object の代わりに iframe を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate 'YouTube'. %S values are origins, like https://domain.com:port
 RewriteYouTubeEmbedPathParams		=古いスタイルの YouTube Flash 埋め込み (%1$S) を iframe 埋め込み (%2$S) に書き換えています。Params が iframe 埋め込みでサポートされていないため変換されました。可能であれば、ページを更新して embed/object の代わりに iframe を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: This error is reported when the "Encryption" header for an
@@ -314,20 +320,20 @@ GenericFileName				=file
 LargeAllocationSuccess			=Large-Allocation ヘッダーにより、このページは新しいプロセスに読み込まれました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name. Do not translate GET.
 LargeAllocationNonGetRequest		=GET 要求によらずにページが読み込まれたため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name. Do not translate `window.opener`.
 LargeAllocationNotOnlyToplevelInTabGroup	=フレーム階層または window.opener を通じてこのブラウジングコンテキストへの参照を持つウィンドウが存在するため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name
 LargeAllocationNonE10S			=document がプロセスから読み込まれていないため、Large-Allocation ヘッダーは無視されました。
 GeolocationInsecureRequestIsForbidden	=位置情報の要求は安全なコンテキスト内でしか満たすことができません。
+NotificationsInsecureRequestIsForbidden	=通知の許可設定は安全なコンテキスト内でしか要求されません。
+NotificationsRequireUserGesture		=通知の許可設定は短時間実行されるユーザー生成のイベントハンドラー内部からしか要求されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name.
 LargeAllocationNonWin32			=このページは Large-Allocation ヘッダーが指定されているため新しいプロセスに読み込まれますが、Large-Allocation プロセスの生成は非 Win32 プラットフォームでは無効です。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate xml:base.
-XMLBaseAttributeWarning			=xml:base 属性の使用は推奨されません。間もなく削除されます。この属性は削除するようにしてください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "content", "Window", and "window.top"
 WindowContentUntrustedWarning		=window オブジェクトの ‘content’ 属性は推奨されません。代わりに ‘window.top’ を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: The first %S is the tag name of the element that starts the loop, the second %S is the element's ID.
 SVGRefLoopWarning			=ID “%S” を持つ SVG <%S> の参照がループしています。
 # LOCALIZATION NOTE: The first %S is the tag name of the element in the chain where the chain was broken, the second %S is the element's ID.
 SVGRefChainLengthExceededWarning	=ID “%S” を持つ要素で SVG <%S> の参照チェーンが長すぎるため放棄されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "<script>".
 ScriptSourceEmpty			=<script> 要素の ‘%S’ 属性が空です。
@@ -355,24 +361,28 @@ MotionEventWarning			=モーションセンサーの使用は推奨されません。
 OrientationEventWarning			=方位センサーの使用は推奨されません。
 ProximityEventWarning			=近接センサーの使用は推奨されません。
 AmbientLightEventWarning		=環境光センサーの使用は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "storage", "indexedDB.open" and "navigator.storage.persist()".
 IDBOpenDBOptions_StorageTypeWarning	=indexedDB.open に渡されるオプション‘storage’属性は推奨されません。まもなく削除されます。永続ストレージを利用するには、代わりに navigator.storage.persist() を使用してください。
 DOMQuadBoundsAttrWarning		=DOMQuad.bounds の使用は推奨されません。代わりに DOMQuad.getBounds() を使用してください。
 UnsupportedEntryTypesIgnored		=エントリー種別 %S はサポートされていません。無視されます。
 
+AllEntryTypesIgnored			=正しい entryTypes がありません。登録を中止します。
+
 #LOCALIZATION NOTE(DeprecatedTestingInterfaceWarning): Do not translate this message. It's just testing only.
 DeprecatedTestingInterfaceWarning	=TestingDeprecatedInterface はテスト用のインターフェイスであり、自身の非推奨メッセージをテストするためのものです。
 #LOCALIZATION NOTE(DeprecatedTestingMethodWarning): Do not translate this message. It's just testing only.
 DeprecatedTestingMethodWarning		=TestingDeprecatedInterface.deprecatedMethod() はテスト用のメソッドであり、自身の非推奨メッセージをテストするためのものです。
 #LOCALIZATION NOTE(DeprecatedTestingAttributeWarning): Do not translate this message. It's just testing only.
 DeprecatedTestingAttributeWarning	=TestingDeprecatedInterface.deprecatedAttribute はテスト用の属性であり、自身の非推奨メッセージをテストするためのものです。
 # LOCALIZATION NOTE (CreateImageBitmapCanvasRenderingContext2DWarning): Do not translate CanvasRenderingContext2D and createImageBitmap.
 CreateImageBitmapCanvasRenderingContext2DWarning	=createImageBitmap 内の CanvasRenderingContext2D の使用は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE (MozRequestFullScreenDeprecatedPrefixWarning): Do not translate mozRequestFullScreen.
 MozRequestFullScreenDeprecatedPrefixWarning	=mozRequestFullScreen() は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE (MozfullscreenchangeDeprecatedPrefixWarning): Do not translate onmozfullscreenchange.
 MozfullscreenchangeDeprecatedPrefixWarning	=onmozfullscreenchange は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE (MozfullscreenerrorDeprecatedPrefixWarning): Do not translate onmozfullscreenerror.
 MozfullscreenerrorDeprecatedPrefixWarning	=onmozfullscreenerror は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE(External_AddSearchProviderWarning): Do not translate AddSearchProvider.
 External_AddSearchProviderWarning	=AddSearchProvider は推奨されません。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "MouseEvent.mozPressure" and "PointerEvent.pressure".
+MouseEvent_MozPressureWarning		=MouseEvent.mozPressure は推奨されません。代わりに PointerEvent.pressure を使用してください。
--- a/dom/chrome/security/security.properties
+++ b/dom/chrome/security/security.properties
@@ -73,28 +73,24 @@ IneligibleResource		=“%1$S” は CORS が有効ではなく同一生成元でもないため integrity チェックに適格ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity". "%1$S" is the invalid hash algorithm found in the attribute.
 UnsupportedHashAlg		=integrity 属性に未サポートのハッシュアルゴリズムが指定されています: “%1$S”
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity"
 NoValidMetadata			=integrity 属性に正しいメタデータが含まれていません。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "RC4".
 WeakCipherSuiteWarning		=このサイトは非推奨の安全でない暗号方式の RC4 を使用しています。
 
-#XCTO: nosniff
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options: nosniff".
-MimeTypeMismatch		=MIME タイプの不一致により “%1$S” からのリソースがブロックされました (X-Content-Type-Options: nosniff)。
+DeprecatedTLSVersion		=このサイトは 2020 年 3 月に無効化される非推奨バージョンの TLS を使用しています。TLS 1.2 または 1.3 にアップグレードしてください。
 
 #XCTO: nosniff
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options: nosniff".
 MimeTypeMismatch2		=MIME タイプ (“%2$S”) の不一致により “%1$S” からのリソースがブロックされました (X-Content-Type-Options: nosniff)。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options" and also do not trasnlate "nosniff".
 XCTOHeaderValueMissing		=X-Content-Type-Options ヘッダー警告: 値は “%1$S” です。“nosniff” を送信することを意味しますか?
 
-BlockScriptWithWrongMimeType	=許可されていない MIME タイプにより “%1$S” からのスクリプトがブロックされました。
-
 BlockScriptWithWrongMimeType2	=許可されていない MIME タイプ (“%2$S”) により “%1$S” からのスクリプトがブロックされました。
 WarnScriptWithWrongMimeType	=“%1$S” からのスクリプトが読み込まれました。しかし、この MIME タイプ (“%2$S”) は正しい JavaScript の MIME タイプではありません。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "importScripts()"
 BlockImportScriptsWithWrongMimeType	=MIME タイプ (“%2$S”) が許可されていないため、“%1$S” からの importScripts() でのスクリプトの読み込みがブロックされました。
 BlockModuleWithWrongMimeType	=MIME タイプ (“%2$S”) が許可されていないため、“%1$S” からのモジュールの読み込みがブロックされました。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "data: URI".
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -79,22 +79,8 @@ pw_erased_ok				=警告! マスターパスワードが削除されました。
 pw_not_wanted				=警告! マスターパスワードが使用されません。
 pw_empty_warning			=ウェブとメールのパスワード、フォームのデータ、秘密鍵が保護されません。
 pw_change2empty_in_fips_mode		=現在 FIPS モードです。FIPS モードでは空のマスターパスワードは使えません。
 enable_fips				=FIPS を有効にする
 disable_fips				=FIPS を無効にする
 
 resetPasswordConfirmationTitle		=マスターパスワードのリセット
 resetPasswordConfirmationMessage	=パスワードはリセットされました。
-
-# Cert export
-SaveCertAs				=証明書をファイルに保存
-CertFormatBase64			=X.509 証明書 (PEM)
-CertFormatBase64Chain			=証明書パスを含む X.509 証明書 (PEM)
-CertFormatDER				=X.509 証明書 (DER)
-CertFormatPKCS7				=X.509 証明書 (PKCS#7)
-CertFormatPKCS7Chain			=証明書パスを含む X.509 証明書 (PKCS#7)
-writeFileFailure			=ファイルエラー
-writeFileFailed				=%S に書き込めませんでした:\n%S.
-writeFileAccessDenied			=アクセスが拒否されました
-writeFileIsLocked			=ファイルがロックされています
-writeFileNoDeviceSpace			=デバイスの空き領域が不足しています
-writeFileUnknownError			=原因不明のエラーです
--- a/toolkit/chrome/global/aboutReader.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutReader.properties
@@ -41,8 +41,19 @@ aboutReader.toolbar.close=リーダービューを閉じる
 aboutReader.toolbar.typeControls=書体コントロール
 
 # These are used for the Reader View toolbar button and the menuitem within the
 # View menu.
 readerView.enter=リーダービューで開く
 readerView.enter.accesskey=R
 readerView.close=リーダービューを閉じる
 readerView.close.accesskey=R
+
+# These are used as tooltips in Type Control
+aboutReader.toolbar.minus = フォントサイズを小さくします
+aboutReader.toolbar.plus = フォントサイズを大きくします
+aboutReader.toolbar.contentwidthminus = コンテンツの幅を狭めます
+aboutReader.toolbar.contentwidthplus = コンテンツの幅を広げます
+aboutReader.toolbar.lineheightminus = 行間を狭めます
+aboutReader.toolbar.lineheightplus = 行間を広げます
+aboutReader.toolbar.colorschemelight = ライトの色設定
+aboutReader.toolbar.colorschemedark = ダークの色設定
+aboutReader.toolbar.colorschemesepia = セピアの色設定
--- a/toolkit/chrome/global/aboutWebrtc.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutWebrtc.properties
@@ -68,26 +68,16 @@ rtp_stats_heading		=RTP 統計
 ice_state			=ICE 統計
 ice_stats_heading		=ICE 統計
 ice_restart_count_label		=ICE 再起動
 ice_rollback_count_label	=ICE ロールバック
 ice_pair_bytes_sent		=送信バイト数
 ice_pair_bytes_received		=受信バイト数
 ice_component_id		=コンポーネント ID
 
-# LOCALIZATION NOTE (av_sync_label): "A/V" stands for Audio/Video.
-# "sync" is an abbreviation for sychronization. This is used as
-# a data label.
-av_sync_label			=音声と動画の同期
-
-# LOCALIZATION NOTE (jitter_buffer_delay_label): A jitter buffer is an
-# element in the processing chain, see http://wikipedia.org/wiki/Jitter
-# This is used as a data label.
-jitter_buffer_delay_label	=ジッターバッファ遅延
-
 # LOCALIZATION NOTE (avg_bitrate_label, avg_framerate_label): "Avg." is an abbreviation
 # for Average. These are used as data labels.
 avg_bitrate_label		=平均ビットレート
 avg_framerate_label		=平均フレームレート
 
 # LOCALIZATION NOTE (typeLocal, typeRemote): These adjectives are used to label a
 # line of statistics collected for a peer connection. The data represents
 # either the local or remote end of the connection.
--- a/toolkit/chrome/global/extensions.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/extensions.properties
@@ -39,11 +39,9 @@ homepageControlled.message	=拡張機能 %S がホームページと新しいウィンドウを開いたときに表示される内容を変更しています。
 homepageControlled.learnMore	=詳細情報
 
 #LOCALIZATION NOTE (tabHideControlled.message) %1$S is the icon and name of the extension which hid tabs, %2$S is the icon of the all tabs button.
 tabHideControlled.message	=拡張機能 %1$S が一部のタブを非表示にしています。%2$S ですべてのタブにアクセスできます。
 tabHideControlled.learnMore	=詳細情報
 
 # LOCALIZATION NOTE (defaultTheme.name, defaultTheme.description2): This is displayed in about:addons -> Appearance
 defaultTheme.name		=既定
-defaultTheme.description	=既定のテーマ
-
 defaultTheme.description2	=オペレーティングシステムの配色設定によるテーマ。
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/toolkit/chrome/global/global-extension-fields.properties
@@ -0,0 +1,8 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+# LOCALIZATION NOTE (extension.default-theme@mozilla.org.name, extension.default-theme@mozilla.org.description): This is displayed in about:addons -> Appearance
+extension.default-theme@mozilla.org.name=既定
+extension.default-theme@mozilla.org.description=オペレーティングシステムの配色設定によるテーマ。
+
--- a/toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
@@ -9,16 +9,20 @@
 <!ENTITY fullscreenButton.enterfullscreenlabel "全画面表示">
 <!ENTITY fullscreenButton.exitfullscreenlabel "全画面表示を解除">
 <!ENTITY castingButton.castingLabel "画面に映す">
 <!ENTITY closedCaption.off "オフ">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (volumeScrubber.label): This label is exposed to
      accessibility software to clarify what the slider is for. -->
 <!ENTITY volumeScrubber.label "音量スライダー">
 
+<!-- LOCALIZATION NOTE (pictureInPicture.label): This string is used as part of
+the Picture-in-Picture video toggle button when the mouse is hovering it. -->
+<!ENTITY pictureInPicture.label "ピクチャーインピクチャー">
+
 <!ENTITY stats.media "メディア">
 <!ENTITY stats.size "サイズ">
 <!ENTITY stats.activity "再生状態">
 <!ENTITY stats.activityPaused "一時停止">
 <!ENTITY stats.activityPlaying "再生中">
 <!ENTITY stats.activityEnded "再生終了">
 <!ENTITY stats.activitySeeking "(シーク中)">
 <!ENTITY stats.volume "音量">
@@ -29,16 +33,18 @@
 
 <!ENTITY error.aborted "動画の読み込みを中止しました。">
 <!ENTITY error.network "ネットワークエラーが発生したため動画の再生を中止しました。">
 <!ENTITY error.decode "ファイルが壊れているため動画を再生できません。">
 <!ENTITY error.srcNotSupported "この動画のファイル形式または MIME タイプはサポートされていません。">
 <!ENTITY error.noSource2 "サポートされたファイル形式および MIME タイプの動画が見つかりませんでした。">
 <!ENTITY error.generic "原因不明のエラーが発生したため動画の再生を中止しました。">
 
+<!ENTITY status.pictureInPicture "この動画はピクチャーインピクチャーモードで再生されています。">
+
 <!-- LOCALIZATION NOTE (scrubberScale.nameFormat): the #1 string is the current
 media position, and the #2 string is the total duration. For example, when at
 the 5 minute mark in a 6 hour long video, #1 would be "5:00" and #2 would be
 "6:00:00", result string would be "5:00 of 6:00:00 elapsed".
  -->
 <!ENTITY scrubberScale.nameFormat "#1 / #2">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (positionAndDuration.nameFormat): the #1 string is the current
--- a/toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/handling/handling.properties
@@ -4,9 +4,12 @@
 
 protocol.title			=プログラムを起動
 protocol.description		=このリンクは他のプログラムで開く必要があります。
 protocol.choices.label		=プログラムの選択:
 protocol.checkbox.label		=今後 %S リンクは同様に処理する
 protocol.checkbox.accesskey	=R
 protocol.checkbox.extra		=この設定は %S の設定画面で変更できます。
 
+# Displayed under the name of a protocol handler in the Launch Application dialog.
+privatebrowsing.disabled.label	=プライベートウィンドウで無効化されます
+
 choose.application.title	=他のプログラム
--- a/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
@@ -46,8 +46,16 @@ profileFinishTextMac		=新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
 profileMissing			=あなたの %S プロファイルを読み込めませんでした。プロファイルが存在しないかアクセスできません。
 profileMissingTitle		=プロファイルが見つかりません
 profileDeletionFailed		=プロファイルを削除できませんでした。おそらく使用中です。
 profileDeletionFailedTitle	=削除失敗
 
 # Profile reset
 # LOCALIZATION NOTE (resetBackupDirectory): Directory name for the profile directory backup created during reset. This directory is placed in a location users will see it (ie. their desktop). %S is the application name.
 resetBackupDirectory		=Old %S Data
+
+flushFailTitle			=変更は保存されません
+# LOCALIZATION NOTE (conflictMessage): %1$S is brandProductName, %2$S is brandShortName.
+conflictMessage			=%1$S の別のコピーがプロファイルに変更を加えています。さらに変更する前に %2$S を再起動しなければなりません。
+flushFailMessage		=予期しないエラーにより変更の保存が妨げられました。
+# LOCALIZATION NOTE (flushFailRestartButton): $S is brandShortName.
+flushFailRestartButton		=%S を再起動
+flushFailExitButton		=終了
--- a/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.dtd
@@ -59,12 +59,8 @@
 
 <!ENTITY  finishedBackgroundPage.text	"&brandShortName; のセキュリティと安定性に関する更新がダウンロードされ、インストールする準備ができました。">
 
 <!ENTITY  finishedBackground.name	"更新:">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (finishedBackground.more): This string describes the button labels defined by restartNowButton and restartLaterButton in updates.properties. -->
 <!ENTITY  finishedBackground.more	"この更新は次の &brandShortName; 起動時にインストールされます。&brandShortName; を今すぐ再起動するか、作業を続けてから後で再起動してください。">
 
 <!ENTITY  finishedBackground.moreElevated "この更新は管理者権限が必要です。更新は次の &brandShortName; 起動時にインストールされます。&brandShortName; を今すぐ再起動するか、作業を続けてから後で再起動、またはこの更新を拒否できます。">
-
-<!ENTITY  update.details.label		"詳細">
-<!ENTITY  update.installedOn.label	"インストール日時:">
-<!ENTITY  update.status.label		"状態:">
--- a/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
+++ b/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
@@ -29,33 +29,23 @@ rememberPasswordMsg			=%2$S で使用する “%1$S” のパスワードを記憶させますか?
 # String is the login's hostname.
 rememberPasswordMsgNoUsername		=%S で使用するパスワードを記憶させますか?
 # LOCALIZATION NOTE (noUsernamePlaceholder):
 # This is displayed in place of the username when it is missing.
 noUsernamePlaceholder			=ユーザー名を入力してください
 togglePasswordLabel			=パスワードを開示
 togglePasswordAccessKey2		=h
 notNowButtonText			=今回は記憶しない(&N)
-notifyBarNotNowButtonText		=今回は記憶しない
-notifyBarNotNowButtonAccessKey		=N
 neverForSiteButtonText			=このサイトでは記憶しない(&V)
-notifyBarNeverRememberButtonText2	=このサイトでは保存しない
-notifyBarNeverRememberButtonAccessKey2	=e
 rememberButtonText			=記憶する(&R)
-notifyBarRememberPasswordButtonText		=パスワードを記憶する
-notifyBarRememberPasswordButtonAccessKey	=R
 passwordChangeTitle			=パスワード変更の確認
 # LOCALIZATION NOTE (updatePasswordMsg):
 # String is the username for the login.
 updatePasswordMsg			=記憶されている “%S” のパスワードを更新しますか?
 updatePasswordMsgNoUser			=記憶されているパスワードを更新しますか?
-notifyBarUpdateButtonText		=パスワードを更新する
-notifyBarUpdateButtonAccessKey		=U
-notifyBarDontChangeButtonText		=変更しない
-notifyBarDontChangeButtonAccessKey	=D
 userSelectText2				=更新するログイン情報を選択してください:
 hidePasswords				=パスワードを隠す
 hidePasswordsAccessKey			=P
 showPasswords				=パスワードを表示する
 showPasswordsAccessKey			=P
 noMasterPasswordPrompt			=パスワードを表示しますか?
 removeAllPasswordsPrompt		=本当にすべてのパスワードを消去しますか?
 removeAllPasswordsTitle			=すべてのパスワードを消去
@@ -75,16 +65,20 @@ duplicateLoginTitle			=ログイン情報が存在します
 duplicateLogin				=重複するログイン情報がすでに存在しています。
 
 # LOCALIZATION NOTE (insecureFieldWarningDescription2, insecureFieldWarningDescription3):
 # %1$S will contain insecureFieldWarningLearnMore and look like a link to indicate that clicking will open a tab with support information.
 insecureFieldWarningDescription2	=この接続は安全ではありません。ここに入力したログイン情報は漏洩する可能性があります。%1$S
 insecureFieldWarningDescription3	=ここに入力したログイン情報は漏洩する可能性があります。%1$S
 insecureFieldWarningLearnMore		=詳細
 
+# LOCALIZATION NOTE (viewSavedLogins.label):
+# This label is used in the footer of login autocomplete menus.
+viewSavedLogins.label			=保存されたログイン情報を表示
+
 # LOCALIZATION NOTE (removeAll, removeAllShown):
 # removeAll and removeAllShown are both used on the same one button,
 # never displayed together and can share the same accesskey.
 # When only partial sites are shown as a result of keyword search,
 # removeAllShown is displayed as button label.
 # removeAll is displayed when no keyword search and all sites are shown.
 removeAll.label				=すべて削除
 removeAll.accesskey			=A
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
@@ -101,16 +101,20 @@ discover-footer = インターネットに接続されていれば、この画面で人気のアドオンを紹介します。ぜひ、お試しください。
 detail-version =
     .label = バージョン
 
 detail-last-updated =
     .label = 更新日
 
 detail-contributions-description = このアドオンの開発者が開発を継続するための少額の寄付によるサポートを求めています。
 
+detail-contributions-button = Contribute
+    .title = このアドオンの開発に寄付する
+    .accesskey = C
+
 detail-update-type =
     .value = 自動更新
 
 detail-update-default =
     .label = 既定
     .tooltiptext = 既定の場合のみ更新を自動的にインストールします
 
 detail-update-automatic =
@@ -119,17 +123,26 @@ detail-update-automatic =
 
 detail-update-manual =
     .label = オフ
     .tooltiptext = 更新を手動でインストールします
 
 # Used as a description for the option to allow or block an add-on in private windows.
 detail-private-browsing-label = プライベートウィンドウでの実行
 
-detail-private-browsing-description = 拡張機能はプライベートウィンドウでも動作しますが、ユーザーのオンライン行動にもアクセスできます。<label data-l10n-name="detail-private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
+detail-private-browsing-description2 = 許可した場合、プライベートブラウジング中でも拡張機能がユーザーのオンライン行動にアクセスできます。<label data-l10n-name="detail-private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
+
+# Some add-ons may elect to not run in private windows by setting incognito: not_allowed in the manifest.  This
+# cannot be overriden by the user.
+detail-private-disallowed-label = プライベートウィンドウでは許可されていません
+detail-private-disallowed-description = この拡張機能はプライベートブラウジング中は動作しません。<label data-l10n-name="detail-private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
+
+# Some special add-ons are privileged, run in private windows automatically, and this permission can't be revoked
+detail-private-required-label = プライベートウィンドウへのアクセスが必要です
+detail-private-required-description = この拡張機能はプライベートブラウジング中にユーザーのオンライン行動にアクセスします。<label data-l10n-name="detail-private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
 
 detail-private-browsing-on =
     .label = 許可する
     .tooltiptext = プライベートブラウジングモードでも有効にします
 
 detail-private-browsing-off =
     .label = 許可しない
     .tooltiptext = プライベートブラウジングモードでは無効にします
@@ -187,21 +200,22 @@ plugin-deprecation-description = { -brand-short-name } によるサポートが終了したプラグインは表示されません。 <label data-l10n-name="learn-more">詳細</label>
 
 legacy-warning-show-legacy = 旧式の拡張機能を表示
 
 legacy-extensions =
     .value = 旧式の拡張機能
 
 legacy-extensions-description = これらの拡張機能は、現在の { -brand-short-name } 標準に適さないため無効化されています。 <label data-l10n-name="legacy-learn-more">アドオンシステムの変更についての詳細</label>
 
-private-browsing-description =
-    拡張機能はプライベートウィンドウでの実行が既定で許可されていません。
-    つまり、プライベートブラウジング中はこれらの拡張機能が動作しないため、拡張機能はユーザーのオンライン行動にアクセスできません。
-    プライベートウィンドウでの実行を拡張機能に許可するには、以下の拡張機能カードを選択し、設定を変更してください。
-    <label data-l10n-name="private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
+private-browsing-description2 =
+    { -brand-short-name } がプライベートブラウジングでの拡張機能の動作を変更しています。
+    プライベートウィンドウでは、{ -brand-short-name } に新たに追加した拡張機能は既定で実行されません。
+    拡張機能の設定で有効にしない限り、プライベートブラウジング中は拡張機能が動作せず、ユーザーのオンライン行動にもアクセスできません。
+    この変更は、ユーザーのプライベートブラウジングの秘密を守るために行われました。
+    <label data-l10n-name="private-browsing-learn-more">拡張機能の設定を管理する方法について学ぶ</label>
 
 extensions-view-discover =
     .name = アドオン入手
     .tooltiptext = { extensions-view-discover.name }
 
 extensions-view-recent-updates =
     .name = 最近の更新
     .tooltiptext = { extensions-view-recent-updates.name }
@@ -309,25 +323,47 @@ shortcuts-pageAction = ページ操作を有効化
 shortcuts-sidebarAction = サイドバーの表示を切り替え
 
 shortcuts-modifier-mac = Ctrl, Alt または ⌘ を含む
 shortcuts-modifier-other = Ctrl または Alt を含む
 shortcuts-invalid = 不正な組み合わせです
 shortcuts-letter = 文字を入力してください
 shortcuts-system = { -brand-short-name } のショートカットは上書きできません
 
+# String displayed when a keyboard shortcut is already used by another add-on
+# Variables:
+#   $addon (string) - Name of the add-on
+shortcuts-exists = すでに { $addon } が使用しています
+
 shortcuts-card-expand-button =
     { $numberToShow ->
         *[other] さらに { $numberToShow } 個表示
     }
 
 shortcuts-card-collapse-button = Show Less
 
 go-back-button =
     .tooltiptext = 前のページへ戻ります
 
 ## Add-on actions
 remove-addon-button = 削除
 disable-addon-button = 無効化
 enable-addon-button = 有効化
+expand-addon-button = 他のオプション
 
 addons-enabled-heading = 有効
 addons-disabled-heading = 無効
+
+addon-detail-author-label = 作者
+addon-detail-version-label = バージョン
+addon-detail-last-updated-label = 最終更新日
+addon-detail-homepage-label = ホームページ
+addon-detail-rating-label = 評価
+
+# This string is used to show that an add-on is disabled.
+# Variables:
+#   $name (string) - The name of the add-on
+addon-name-disabled = { $name } (無効)
+
+# The number of reviews that an add-on has received on AMO.
+# Variables:
+#   $numberOfReviews (number) - The number of reviews received
+addon-detail-reviews-link = { $numberOfReviews } 件のレビュー
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutCompat.ftl
@@ -0,0 +1,13 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+label-disable = 無効化
+label-enable = 有効化
+label-interventions = 互換性のための介入
+label-more-information = 詳細情報: Bug { $bug }
+label-overrides = ユーザーエージェントの上書き
+text-disabled-in-about-config =この機能は about:config で無効化されています
+text-no-interventions = 互換性のための介入はありません
+text-no-overrides = ユーザーエージェントの上書きはありません
+text-title = about:compat
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutProfiles.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutProfiles.ftl
@@ -5,16 +5,22 @@
 
 profiles-title = プロファイルについて
 profiles-subtitle = このページは、プロファイルの管理を助けます。プロファイルごとに環境が分けられており、それぞれに履歴、ブックマーク、設定、アドオンが含まれています。
 profiles-create = 新しいプロファイルを作成
 profiles-restart-title = 再起動
 profiles-restart-in-safe-mode = アドオンを無効にして再起動...
 profiles-restart-normal = 通常の再起動...
 
+profiles-conflict = { -brand-product-name } の別のコピーがプロファイルに変更を加えています。さらに変更する前に { -brand-short-name } を再起動しなければなりません。
+profiles-flush-fail-title = 変更は保存されません
+profiles-flush-conflict = { profiles-conflict }
+profiles-flush-failed = 予期しないエラーにより変更の保存が妨げられました。
+profiles-flush-restart-button = { -brand-short-name } を再起動
+
 # Variables:
 #   $name (String) - Name of the profile
 profiles-name = プロファイル: { $name }
 profiles-is-default = 既定のプロファイル
 profiles-rootdir = ルートディレクトリー
 
 # localDir is used to show the directory corresponding to
 # the main profile directory that exists for the purpose of storing data on the
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
@@ -20,16 +20,19 @@ security-software-type = 種類
 security-software-name = 名前
 security-software-antivirus = アンチウイルス
 security-software-antispyware = アンチスパイウェア
 security-software-firewall = ファイアウォール
 features-title = { -brand-short-name } の機能
 features-name = 名前
 features-version = バージョン
 features-id = ID
+processes-title = リモートプロセス
+processes-type = 種類
+processes-count = プロセス数
 app-basics-title = アプリケーション基本情報
 app-basics-name = 名前
 app-basics-version = バージョン
 app-basics-build-id = ビルド ID
 app-basics-update-channel = 更新チャンネル
 app-basics-update-history = 更新履歴
 app-basics-show-update-history = 更新履歴を表示
 app-basics-profile-dir =
@@ -43,18 +46,20 @@ app-basics-user-agent = ユーザーエージェント
 app-basics-os = OS
 app-basics-memory-use = メモリー使用量
 app-basics-performance = パフォーマンス
 app-basics-service-workers = 登録された Service Workers
 app-basics-profiles = プロファイル
 app-basics-launcher-process-status = 起動プロセス
 app-basics-multi-process-support = マルチプロセスウィンドウ
 app-basics-process-count = ウェブコンテンツプロセス
+app-basics-remote-processes-count = リモートプロセス
 app-basics-enterprise-policies = エンタープライズポリシー
-app-basics-key-google = Google キー
+app-basics-location-service-key-google = Google Location Service キー
+app-basics-safebrowsing-key-google = Google Safebrowsing キー
 app-basics-key-mozilla = Mozilla Location Service キー
 app-basics-safe-mode = セーフモード
 show-dir-label =
     { PLATFORM() ->
         [macos] Finder に表示
         [windows] フォルダーを開く
        *[other] ディレクトリーを開く
     }
@@ -233,16 +238,18 @@ has-privileged-user-namespaces = 特権プロセス用のユーザー名前空間
 can-sandbox-content = コンテンツプロセスのサンドボックス化
 can-sandbox-media = メディアプラグインのサンドボックス化
 content-sandbox-level = コンテンツプロセスのサンドボックスレベル
 effective-content-sandbox-level = 効果的なコンテンツプロセスのサンドボックスレベル
 sandbox-proc-type-content = コンテンツ
 sandbox-proc-type-file = ファイルコンテンツ
 sandbox-proc-type-media-plugin = メディアプラグイン
 
+sandbox-proc-type-data-decoder = データデコーダー
+
 launcher-process-status-0 = 有効
 launcher-process-status-1 = 失敗したため無効
 launcher-process-status-2 = 強制的に無効
 launcher-process-status-unknown = 状態不明
 
 # Variables
 # $remoteWindows (integer) - Number of remote windows
 # $totalWindows (integer) - Number of total windows
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutTelemetry.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutTelemetry.ftl
@@ -51,16 +51,22 @@ about-telemetry-data-type =
 # Selects the correct upload string
 # Variables:
 #   $uploadcase (String): represents a corresponding upload string
 about-telemetry-upload-type =
     { $uploadcase ->
         [enabled] 有効
        *[disabled] 無効
     }
+# Example Output: 1 sample, average = 0, sum = 0
+# Variables:
+#   $sampleCount (Integer): amount of histogram samples
+#   $prettyAverage (Integer): average of histogram samples
+#   $sum (Integer): sum of histogram samples
+about-telemetry-histogram-stats = サンプル数 { $sampleCount }, 平均 = { $prettyAverage }, 合計 = { $sum }
 # Variables:
 #   $telemetryServerOwner (String): the value of the toolkit.telemetry.server_owner preference. Typically "Mozilla"
 about-telemetry-page-subtitle = このページは、Telemetry によって収集されたパフォーマンスとハードウェア、使用状況、カスタマイズについての情報を表示します。この情報は、{ -brand-full-name } の改善のため { $telemetryServerOwner } に送信されます。
 about-telemetry-settings-explanation = Telemetry は { about-telemetry-data-type }を収集しています。アップロードは<a data-l10n-name="upload-link">{ about-telemetry-upload-type }</a>です。
 # Variables:
 #   $name (String): ping name, e.g. “saved-session”
 #   $timeStamp (String): ping localized timestamp, e.g. “2017/07/08 10:40:46”
 about-telemetry-ping-details = 情報の各ピースは “<a data-l10n-name="ping-link">ping</a>” にバンドルして送信されます。あなたは { $name }, { $timestamp } の ping を調べています。
@@ -120,8 +126,14 @@ about-telemetry-late-writes-title = 遅延書き込み #{ $lateWriteCount }
 about-telemetry-stack-title = スタック:
 about-telemetry-memory-map-title = メモリーマップ:
 about-telemetry-error-fetching-symbols = シンボルの読み込み中にエラーが発生しました。インターネット接続を確認して、再度試してください。
 about-telemetry-time-stamp-header = タイムスタンプ
 about-telemetry-category-header = カテゴリー
 about-telemetry-method-header = メソッド
 about-telemetry-object-header = オブジェクト
 about-telemetry-extra-header = 特別
+about-telemetry-origin-section = 生成元 Telemetry
+about-telemetry-origin-origin = 生成元
+about-telemetry-origin-count = カウント
+# Variables:
+#   $telemetryServerOwner (String): the value of the toolkit.telemetry.server_owner preference. Typically "Mozilla"
+about-telemetry-origins-explanation = <a data-l10n-name="origin-doc-link">Firefox 生成元 Telemetry</a> はデータを送信前にエンコードするため、{ $telemetryServerOwner } が対象をカウントできます。ただし、与えられた { -brand-product-name } がカウントに含まれるかどうかを知ることはできません。(<a data-l10n-name="prio-blog-link">詳細情報</a>)
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/toolkit/toolkit/global/processTypes.ftl
@@ -0,0 +1,22 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+process-type-web = ウェブコンテンツ
+
+# process used to run privileged pages,
+# such as about:home
+process-type-privileged = 特権コンテンツ
+
+process-type-extension = 拡張機能
+
+# process used to open file:// URLs
+process-type-file = ローカルファイル
+
+# process used to isolate webpages that requested special
+# permission to allocate large amounts of memory
+process-type-weblargeallocation = 大きなサイズの割り当て
+
+# process used to communicate with the GPU for
+# graphics acceleration
+process-type-gpu = GPU
--- a/toolkit/toolkit/printing/printPreview.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/printing/printPreview.ftl
@@ -39,16 +39,18 @@ printpreview-page-setup =
 printpreview-page =
     .value = ページ:
     .accesskey = a
 
 ## Variables
 ## $percent (integer) - menuitem percent label
 ## $arrow (String) - UTF-8 arrow character for navigation buttons
 
+printpreview-percentage-value =
+    .label = { $percent }%
 printpreview-homearrow =
     .label = { $arrow }
     .tooltiptext = 最初のページを表示します
 printpreview-previousarrow =
     .label = { $arrow }
     .tooltiptext = 前のページを表示します
 printpreview-nextarrow =
     .label = { $arrow }
--- a/toolkit/toolkit/updates/history.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/updates/history.ftl
@@ -12,20 +12,13 @@ name-header = 更新名
 date-header = インストール日付
 type-header = 種類
 state-header = 状態
 # Used to display update history
 #
 # Variables:
 #   $name (String): name of the update
 #   $buildID (String): build identifier from the local updates.xml
-update-full-name =
-    .name = { $name } ({ $buildID })
-# Used to display update history
-#
-# Variables:
-#   $name (String): name of the update
-#   $buildID (String): build identifier from the local updates.xml
 update-full-build-name = { $name } ({ $buildID })
 
 update-details = 詳細
 update-installed-on = インストール日時: { $date }
 update-status = 状態: { $status }