66.0+: sync security, toolkit with en-US rev11118:ede1f6e878cc (2019-02-15)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sat, 23 Feb 2019 21:17:52 +0900
changeset 1352 8850345fdb47
parent 1351 0845a73a5baa
child 1353 4c29da57d27c
push id364
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateSat, 23 Feb 2019 12:20:41 +0000
bugs66
66.0+: sync security, toolkit with en-US rev11118:ede1f6e878cc (2019-02-15)
security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
security/manager/security/certificates/certManager.ftl
toolkit/chrome/global/aboutSupport.properties
toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.dtd
toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
toolkit/chrome/mozapps/profile/profileDowngrade.dtd
toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutPerformance.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutProfiles.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
toolkit/toolkit/about/url-classifier.ftl
toolkit/toolkit/main-window/editmenu.ftl
toolkit/toolkit/main-window/findbar.ftl
toolkit/toolkit/updates/history.ftl
--- a/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
@@ -54,22 +54,16 @@ PrivateSlotDescription=PSM Private Keys
 # conversion to UTF-8.
 # length_limit = 32 bytes
 Fips140TokenDescription=Software Security Device (FIPS)
 # LOCALIZATION NOTE (Fips140SlotDescription): string limit is 64 bytes after
 # conversion to UTF-8.
 # length_limit = 64 bytes
 Fips140SlotDescription=FIPS 140 Cryptographic, Key and Certificate Services
 
-VerifySSLClient			=SSL クライアント証明書
-VerifySSLServer			=SSL サーバー証明書
-VerifySSLCA			=SSL 認証局
-VerifyEmailSigner		=メール署名者の証明書
-VerifyEmailRecip		=メール受信者の証明書
-
 HighGrade			=高強度の暗号化
 MediumGrade			=中強度の暗号化
 # LOCALIZATION NOTE (nick_template): $1s is the common name from a cert (e.g. "Mozilla"), $2s is the CA name (e.g. VeriSign)
 nick_template			=%1$s の %2$s ID
 #These are the strings set for the ASN1 objects in a certificate.
 # (^^; CertDump.+ は下手にいじらない方が安全か...
 CertDumpCertificate			=Certificate
 CertDumpVersion				=Version
@@ -252,26 +246,16 @@ CertDumpECsect233r1			=SECG elliptic cur
 CertDumpECsect239k1			=SECG elliptic curve sect239k1
 CertDumpECsect283k1			=SECG elliptic curve sect283k1 (aka NIST K-283)
 CertDumpECsect283r1			=SECG elliptic curve sect283r1 (aka NIST B-283)
 CertDumpECsect409k1			=SECG elliptic curve sect409k1 (aka NIST K-409)
 CertDumpECsect409r1			=SECG elliptic curve sect409r1 (aka NIST B-409)
 CertDumpECsect571k1			=SECG elliptic curve sect571k1 (aka NIST K-571)
 CertDumpECsect571r1			=SECG elliptic curve sect571r1 (aka NIST B-571)
 CertDumpRawBytesHeader			=Size: %S Bytes / %S Bits
-PK11BadPassword				=入力されたパスワードは正しくありません。
-PKCS12DecodeErr				=ファイルをデコードできませんでした。ファイルが PKCS #12 形式ではないか、破損しているか、あるいは入力されたパスワードが間違っています。
-PKCS12UnknownErrRestore			=原因不明の問題により PKCS #12 ファイルの復元に失敗しました。
-PKCS12UnknownErrBackup			=原因不明の問題により PKCS #12 バックアップファイルを作成できませんでした。
-PKCS12UnknownErr			=原因不明の問題により PKCS #12 の操作に失敗しました。
-PKCS12InfoNoSmartcardBackup		=スマートカードなどのハードウェアセキュリティデバイスからは証明書をバックアップできません。
-PKCS12DupData				=証明書と秘密鍵はすでにセキュリティデバイスに存在します。
-AddModuleFailure			=モジュールを追加できません
-DelModuleWarning			=このセキュリティモジュールを削除してもよろしいですか?
-DelModuleError				=モジュールを削除できません
 AVATemplate				=%S = %S
 
 PSMERR_SSL_Disabled			=SSL プロトコルが無効になっているため、安全な接続ができませんでした。
 PSMERR_SSL2_Disabled			=サイトが古くて安全でないバージョンの SSL プロトコルを使用しているため、安全な接続ができませんでした。
 PSMERR_HostReusedIssuerSerial		=無効な証明書を受信しました。サーバー管理者またはメール送信者に次の情報を知らせてください:\n\nあなたのサーバー証明書は認証局によって発行された他の証明書と同じシリアル番号を持っています。一意なシリアル番号を持つ新しい証明書を取得してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE (SSLConnectionErrorPrefix2): %1$S is the host string, %2$S is more detailed information (localized as well).
 SSLConnectionErrorPrefix2		=%1$S への接続中にエラーが発生しました。%2$S\n
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -1,61 +1,21 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-# LOCALIZATION NOTE(certWithSerial): Used for semi-uniquely representing a cert.
-# %1$S is the serial number of the cert in AA:BB:CC hex format.
-certWithSerial				=シリアル番号付きの証明書: %1$S
-
 # Download Cert dialog
 # LOCALIZATION NOTE(newCAMessage1):
 # %S is a string representative of the certificate being downloaded/imported.
 newCAMessage1				=“%S” が行う認証のうち、信頼するものを選択してください。
 unnamedCA				=名前のない認証局
 
-# For editing cert trust
-editTrustCA				=証明書 “%S” は認証局の証明書です
-
-# For Deleting Certificates
-deleteSslCertConfirm3			=これらのサーバー証明書の例外を削除してもよろしいですか?
-deleteSslCertImpact3			=サーバー証明書の例外を削除すると、サーバーのセキュリティを通常の手順で確認するようになり、各サーバーに有効な証明書が求められます。
-deleteSslCertTitle3			=サーバー証明書の例外を削除
-
-deleteUserCertConfirm			=本当にこの証明書を削除してもよろしいですか?
-deleteUserCertImpact			=あなたの証明書を削除すると、今後この証明書で個人認証ができなくなります。
-deleteUserCertTitle			=あなたの証明書を削除
-
-deleteCaCertConfirm2			=この認証局 (CA) の証明書を削除しようとしています。削除すると組み込まれた証明書のすべての信頼性が失われます。本当にこの認証局証明書を削除するか信頼しない設定にしてもよろしいですか?
-deleteCaCertImpactX2			=認証局 (CA) の証明書を削除するか信頼しない場合、その認証局により発行されたすべての証明書が信頼されなくなります。
-deleteCaCertTitle2			=認証局の証明書を削除または信頼しない
-
-deleteEmailCertConfirm			=本当にこの人たちのメール証明書を削除してもよろしいですか?
-deleteEmailCertImpactDesc		=メール証明書を削除すると、その人たちにメールを暗号化して送信できなくなります。
-deleteEmailCertTitle			=メール証明書を削除
-
-# PKCS#12 file dialogs
-chooseP12RestoreFileDialog2		=インポートする証明書ファイル
-chooseP12BackupFileDialog		=バックアップファイル名
-file_browse_PKCS12_spec			=PKCS12 のファイル
-
 # PKCS#12 file dialogs
 getPKCS12FilePasswordMessage		=この証明書のバックアップの暗号化に用いるパスワードを入力してください:
 
-# Cert verification
-certVerified				=この証明書は以下の用途に使用する証明書であると検証されました:
-certNotVerified_CertRevoked		=この証明書はすでに失効しているため、有効性を検証できませんでした。
-certNotVerified_CertExpired		=この証明書は期限が切れているため、有効性を検証できませんでした。
-certNotVerified_CertNotTrusted		=この証明書を信頼していないため、有効性を検証できませんでした。
-certNotVerified_IssuerNotTrusted	=発行者を信頼していないため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
-certNotVerified_IssuerUnknown		=発行者が不明であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
-certNotVerified_CAInvalid		=認証局の証明書が無効であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
-certNotVerified_AlgorithmDisabled	=安全ではない署名アルゴリズムによって署名されているため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
-certNotVerified_Unknown			=原因不明の問題により、この証明書の有効性を検証できませんでした。
-
 # Client auth
 clientAuthRemember			=今後も同様に処理する
 # LOCALIZATION NOTE(clientAuthNickAndSerial): Represents a single cert when the
 # user is choosing from a list of certificates.
 # %1$S is the nickname of the cert.
 # %2$S is the serial number of the cert in AA:BB:CC hex format.
 clientAuthNickAndSerial			=%1$S [%2$S]
 # LOCALIZATION NOTE(clientAuthHostnameAndPort):
@@ -105,88 +65,36 @@ pageInfo_EncryptionWithBitsAndProtocol		=接続が暗号化されています (%1$S、鍵長 %2$S bit、%3$S)
 pageInfo_BrokenEncryption			=脆弱な暗号化 (%1$S、鍵長 %2$S bit、%3$S)
 pageInfo_Privacy_Encrypted1			=表示中のページはインターネット上に送信される前に暗号化されています。
 pageInfo_Privacy_Encrypted2			=暗号化によってコンピューター間の通信の傍受は困難になり、このページをネットワークで転送中に誰かにその内容をのぞき見られる可能性は低くなります。
 pageInfo_MixedContent				=一部の接続だけが暗号化されています
 pageInfo_MixedContent2				=表示しているページの一部はインターネットに転送される前に暗号化されていません。
 pageInfo_WeakCipher				=このウェブサイトへの接続に使用されている暗号は強度が弱くプライベートではありません。他者があなたの情報を見たりウェブサイトの動作を変更できます。
 pageInfo_CertificateTransparency_Compliant	=このウェブサイトは Certificate Transparency ポリシーに準拠しています。
 
-# Cert Viewer
-# LOCALIZATION NOTE(certViewerTitle): Title used for the Certificate Viewer.
-# %1$S is a string representative of the certificate being viewed.
-certViewerTitle				=証明書ビューアー: “%1$S”
-notPresent				=<証明書に記載されていません>
-
 # Token Manager
 password_not_set			=(設定なし)
 failed_pw_change			=マスターパスワードを変更できませんでした。
 incorrect_pw				=入力されたマスターパスワードが正しくありません。再度確認してください。
 pw_change_ok				=マスターパスワードが正常に変更されました。
 pw_erased_ok				=警告! マスターパスワードが削除されました。
 pw_not_wanted				=警告! マスターパスワードが使用されません。
 pw_empty_warning			=ウェブとメールのパスワード、フォームのデータ、秘密鍵が保護されません。
 pw_change2empty_in_fips_mode		=現在 FIPS モードです。FIPS モードでは空のマスターパスワードは使えません。
-login_failed				=ログインに失敗しました
-loadPK11ModuleFilePickerTitle		=読み込む PKCS#11 デバイスドライバーを選択してください
-devinfo_modname				=モジュール
-devinfo_modpath				=パス
-devinfo_label				=ラベル
-devinfo_manID				=製造元
-devinfo_serialnum			=シリアル番号
-devinfo_hwversion			=ハードウェアバージョン
-devinfo_fwversion			=ファームウェアバージョン
-devinfo_status				=状態
-devinfo_desc				=詳細説明
-devinfo_stat_disabled			=無効
-devinfo_stat_notpresent			=存在しない
-devinfo_stat_uninitialized		=未初期化
-devinfo_stat_notloggedin		=未ログイン
-devinfo_stat_loggedin			=ログイン済み
-devinfo_stat_ready			=使用可能
 enable_fips				=FIPS を有効にする
 disable_fips				=FIPS を無効にする
-fips_nonempty_password_required		=FIPS モードではすべてのセキュリティデバイスにマスターパスワードが設定されている必要があります。FIPS モードを有効にする前に、パスワードを設定してください。
-unable_to_toggle_fips			=セキュリティデバイスの FIPS モードを変更できません。このアプリケーションを終了し、再起動してください。
 
 resetPasswordConfirmationTitle		=マスターパスワードのリセット
 resetPasswordConfirmationMessage	=パスワードはリセットされました。
 
-# Import certificate(s) file dialog
-importEmailCertPrompt			=メール証明書を含むファイルを選択してください
-importCACertsPrompt			=認証局証明書を含むファイルを選択してください
-file_browse_Certificate_spec		=証明書ファイル
-
 # Cert export
 SaveCertAs				=証明書をファイルに保存
 CertFormatBase64			=X.509 証明書 (PEM)
 CertFormatBase64Chain			=証明書パスを含む X.509 証明書 (PEM)
 CertFormatDER				=X.509 証明書 (DER)
 CertFormatPKCS7				=X.509 証明書 (PKCS#7)
 CertFormatPKCS7Chain			=証明書パスを含む X.509 証明書 (PKCS#7)
 writeFileFailure			=ファイルエラー
 writeFileFailed				=%S に書き込めませんでした:\n%S.
 writeFileAccessDenied			=アクセスが拒否されました
 writeFileIsLocked			=ファイルがロックされています
 writeFileNoDeviceSpace			=デバイスの空き領域が不足しています
-writeFileUnknownError			=不明なエラーです
-
-# (^^; 証明書ベースの表現にしたが information/identity などについて要再検討
-# Add Security Exception dialog
-addExceptionBrandedWarning2			=%1$0.S例外的に信頼する証明書としてこのサイトの証明書を登録しようとしています。
-addExceptionInvalidHeader			=このサイトでは不正な証明書が使用されており、サイトの識別情報を確認できません。
-addExceptionDomainMismatchShort			=他のサイトの証明書です
-addExceptionDomainMismatchLong2			=他のサイト用の証明書が使われています。誰かがこのサイトを偽装しようとしています。
-addExceptionExpiredShort			=証明書の有効期限を過ぎています
-addExceptionExpiredLong2			=このサイトの証明書は現在有効ではありません。この証明書は盗難または紛失した可能性があり、誰かがこのサイトを偽装するために使用している可能性があります。
-addExceptionUnverifiedOrBadSignatureShort	=不明な証明書です
-addExceptionUnverifiedOrBadSignatureLong2	=安全な署名を使っている信頼できる認証局が発行されたものとして検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
-addExceptionValidShort				=有効な証明書です
-addExceptionValidLong				=このサイトでは正しく検証された有効な証明書を使用しています。このサイトの証明書を例外として追加する必要はありません。
-addExceptionCheckingShort			=証明書を確認中
-addExceptionCheckingLong2			=このサイトの識別情報を確認しています...
-addExceptionNoCertShort				=証明書がありません
-addExceptionNoCertLong2				=このサイトを識別するための証明書を取得できませんでした
-
-# Load Module Dialog
-loadModuleHelp_emptyModuleName			=モジュール名が無いため読み込めません。
-# LOCALIZATION NOTE(loadModuleHelp_rootCertsModuleName): Do not translate 'Root Certs'
-loadModuleHelp_rootCertsModuleName		=‘Root Certs’ は予約されているためモジュール名として使用できません。
+writeFileUnknownError			=原因不明のエラーです
--- a/security/manager/security/certificates/certManager.ftl
+++ b/security/manager/security/certificates/certManager.ftl
@@ -225,17 +225,17 @@ cert-not-verified-cert-not-trusted = この証明書を信頼していないため、有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-issuer-not-trusted = 発行者を信頼していないため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-issuer-unknown = 発行者が不明であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-ca-invalid = 認証局の証明書が無効であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified_algorithm-disabled = 安全ではない署名アルゴリズムによって署名されているため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-unknown = 原因不明の問題により、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 
 ## Add Security Exception dialog
 
-add-exception-branded-warning = 例外的に信頼する証明書としてこのサイトの証明書を登録しようとしています。
+add-exception-branded-warning = { -brand-short-name } が例外的に信頼する証明書としてこのサイトの証明書を登録しようとしています。
 add-exception-invalid-header = このサイトでは不正な証明書が使用されており、サイトの識別情報を確認できません。
 add-exception-domain-mismatch-short = 他のサイトの証明書です
 add-exception-domain-mismatch-long = 他のサイト用の証明書が使われています。誰かがこのサイトを偽装しようとしています。
 add-exception-expired-short = 証明書の有効期限を過ぎています
 add-exception-expired-long = このサイトの証明書は現在有効ではありません。この証明書は盗難または紛失した可能性があり、誰かがこのサイトを偽装するために使用している可能性があります。
 add-exception-unverified-or-bad-signature-short = 不明な証明書です
 add-exception-unverified-or-bad-signature-long = 安全な署名を使っている信頼できる認証局が発行されたものとして検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
 add-exception-valid-short = 有効な証明書です
--- a/toolkit/chrome/global/aboutSupport.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutSupport.properties
@@ -133,18 +133,16 @@ multiProcessWindows		=%1$S/%2$S (%3$S)
 multiProcessStatus.0		=ユーザー設定により有効
 multiProcessStatus.1		=既定で有効
 multiProcessStatus.2		=無効
 multiProcessStatus.4		=アクセシビリティツールにより無効
 multiProcessStatus.5		=Mac OS X にグラフィックのハードウェアアクセラレーションが無いため無効
 multiProcessStatus.6		=未サポートのテキスト入力により無効
 multiProcessStatus.7		=アドオンにより無効
 multiProcessStatus.8		=強制的に無効
-# No longer in use (bug 1296353) but we might bring this back.
-multiProcessStatus.9		=Windows XP のグラフィックのハードウェアアクセラレーションにより無効
 multiProcessStatus.unknown	=状態不明
 
 asyncPanZoom		=非同期パン / ズーム
 apzNone			=なし
 wheelEnabled		=ホイール入力有効
 touchEnabled		=タッチ入力有効
 dragEnabled		=スクロールバーのドラッグ有効
 keyboardEnabled		=キーボード有効
--- a/toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutTelemetry.dtd
@@ -18,17 +18,16 @@
 <!ENTITY aboutTelemetry.previousPing		"&lt;&lt;">
 <!ENTITY aboutTelemetry.nextPing		"&gt;&gt;">
 
 <!ENTITY aboutTelemetry.pageTitle		"Telemetry データ">
 <!ENTITY aboutTelemetry.moreInformations	"詳しい情報をお探しですか?">
 <!ENTITY aboutTelemetry.firefoxDataDoc		"<a>Firefox Data Documentation</a> には、私たちのデータツールでの取り扱われ方についてのガイドが含まれます。">
 <!ENTITY aboutTelemetry.telemetryClientDoc	"<a>Firefox Telemetry クライアントドキュメント</a> には、コンセプト、API ドキュメント、データ参照についての定義が含まれます。">
 <!ENTITY aboutTelemetry.telemetryDashboard	"<a>Telemetry ダッシュボード</a> では、Telemetry 経由で Mozilla が受信したデータが視覚化されています。">
-
 <!ENTITY aboutTelemetry.telemetryProbeDictionary	"<a>Probe Dictionary</a> は、Telemetry により収集されたプローブの詳細と説明を提供します。">
 
 <!ENTITY aboutTelemetry.showInFirefoxJsonViewer	"JSON ビューアーで開く">
 
 <!ENTITY aboutTelemetry.homeSection		"ホーム">
 <!ENTITY aboutTelemetry.generalDataSection	"一般データ">
 <!ENTITY aboutTelemetry.environmentDataSection	"環境データ">
 <!ENTITY aboutTelemetry.sessionInfoSection	"セッション情報">
--- a/toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
@@ -27,17 +27,17 @@
 <!ENTITY stats.framesPresented "再生済みフレーム">
 <!ENTITY stats.framesPainted "描画済みフレーム">
 
 <!ENTITY error.aborted "動画の読み込みを中止しました。">
 <!ENTITY error.network "ネットワークエラーが発生したため動画の再生を中止しました。">
 <!ENTITY error.decode "ファイルが壊れているため動画を再生できません。">
 <!ENTITY error.srcNotSupported "この動画のファイル形式または MIME タイプはサポートされていません。">
 <!ENTITY error.noSource2 "サポートされたファイル形式および MIME タイプの動画が見つかりませんでした。">
-<!ENTITY error.generic "不明なエラーが発生したため動画の再生を中止しました。">
+<!ENTITY error.generic "原因不明のエラーが発生したため動画の再生を中止しました。">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (scrubberScale.nameFormat): the #1 string is the current
 media position, and the #2 string is the total duration. For example, when at
 the 5 minute mark in a 6 hour long video, #1 would be "5:00" and #2 would be
 "6:00:00", result string would be "5:00 of 6:00:00 elapsed".
  -->
 <!ENTITY scrubberScale.nameFormat "#1 / #2">
 
--- a/toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
@@ -18,17 +18,17 @@ shortMinutes	=分
 shortHours	=時間
 
 # LOCALIZATION NOTE (shortDays): Semi-colon list of plural
 # forms. See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 # d is the short form for days
 shortDays	=日
 
 downloadErrorAlertTitle			=ダウンロードエラー
-downloadErrorGeneric			=不明なエラーが発生し、ダウンロードファイルを保存できませんでした。\n\n再度試してください。
+downloadErrorGeneric			=原因不明のエラーが発生したためダウンロードファイルを保存できませんでした。\n\n再度試してください。
 
 # LOCALIZATION NOTE: we don't have proper plural support in the CPP code; bug 463102
 quitCancelDownloadsAlertTitle		=すべてのダウンロードをキャンセルしますか?
 quitCancelDownloadsAlertMsg		=今終了すると 1 個のダウンロードがキャンセルされます。終了してもよろしいですか?
 quitCancelDownloadsAlertMsgMultiple	=今終了すると %S 個のダウンロードがキャンセルされます。終了してもよろしいですか?
 quitCancelDownloadsAlertMsgMac		=今終了すると 1 個のダウンロードがキャンセルされます。終了してもよろしいですか?
 quitCancelDownloadsAlertMsgMacMultiple	=今終了すると %S 個のダウンロードがキャンセルされます。終了してもよろしいですか?
 offlineCancelDownloadsAlertTitle	=すべてのダウンロードをキャンセルしますか?
--- a/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
@@ -1,233 +1,71 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
-<!ENTITY addons.windowTitle			"アドオンマネージャー">
-
-<!ENTITY search.placeholder3			"addons.mozilla.org を検索">
-<!ENTITY search.buttonlabel			"検索">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (search.commandkey):
-     The search command key should match findOnCmd.commandkey from browser.dtd -->
-<!ENTITY search.commandkey			"f">
-
-<!ENTITY loading.label				"読み込み中...">
-<!ENTITY listEmpty.installed.label		"この種類のアドオンはインストールされていません">
-<!ENTITY listEmpty.availableUpdates.label	"更新は見つかりませんでした">
-<!ENTITY listEmpty.recentUpdates.label		"最近更新されたアドオンはありません">
-<!ENTITY listEmpty.findUpdates.label		"更新を確認">
-<!ENTITY listEmpty.button.label			"アドオンについて知る">
-<!ENTITY installAddonFromFile.label		"ファイルからアドオンをインストール...">
-<!ENTITY installAddonFromFile.accesskey		"I">
-<!ENTITY toolsMenu.tooltip			"アドオンツール">
-
-
-<!ENTITY showUnsignedExtensions.button.label	"一部の拡張機能を検証できませんでした">
-<!ENTITY showAllExtensions.button.label		"すべての拡張機能を表示">
-<!ENTITY debugAddons.label			"アドオンをデバッグ">
-<!ENTITY debugAddons.accesskey			"B">
-
-<!-- global warnings -->
-<!ENTITY warning.safemode.label				"セーフモードによりすべてのアドオンが無効化されています。">
-<!ENTITY warning.checkcompatibility.label		"アドオンの互換性確認は無効化されています。互換性のないアドオンがインストールされています。">
-<!ENTITY warning.checkcompatibility.enable.label	"有効化">
-<!ENTITY warning.checkcompatibility.enable.tooltip	"アドオンの互換性の確認を有効化します">
-<!ENTITY warning.updatesecurity.label			"更新のセキュリティ確認が無効化されています。更新により危険にさらされる可能性があります。">
-<!ENTITY warning.updatesecurity.enable.label		"有効化">
-<!ENTITY warning.updatesecurity.enable.tooltip		"アドオンの更新のセキュリティ確認を有効化します">
-
-<!-- categories / views -->
-<!ENTITY view.discover.label			"アドオン入手">
-<!ENTITY view.recentUpdates.label		"最近の更新">
-<!ENTITY view.availableUpdates.label		"更新可能">
-
-<!ENTITY helpButton.label		"アドオンのサポート">
-<!ENTITY preferencesWin.label		"&brandShortName; オプション">
-<!ENTITY preferencesUnix.label		"&brandShortName; 設定">
-
-<!-- addon updates -->
-<!ENTITY updates.checkForUpdates.label		"今すぐ更新を確認">
-<!ENTITY updates.checkForUpdates.accesskey	"C">
-<!ENTITY updates.viewUpdates.label		"最近更新したアドオンを表示">
-<!ENTITY updates.viewUpdates.accesskey		"V">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (updates.updateAddonsAutomatically.label): This menu item
-     is a checkbox that toggles the default global behavior for add-on update
-     checking. -->
-<!ENTITY updates.updateAddonsAutomatically.label	"アドオンを自動的に更新">
-<!ENTITY updates.updateAddonsAutomatically.accesskey	"A">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (updates.resetUpdatesToAutomatic.label, updates.resetUpdatesToManual.label):
-     Specific addons can have custom update checking behaviors ("Manually",
-     "Automatically", "Use default global behavior"). These menu items reset the
-     update checking behavior for all add-ons to the default global behavior
-     (which itself is either "Automatically" or "Manually", controlled by the
-     updates.updateAddonsAutomatically.label menu item). -->
-<!ENTITY updates.resetUpdatesToAutomatic.label		"すべてのアドオンを自動的に更新">
-<!ENTITY updates.resetUpdatesToAutomatic.accesskey	"R">
-<!ENTITY updates.resetUpdatesToManual.label		"すべてのアドオンを手動で更新">
-<!ENTITY updates.resetUpdatesToManual.accesskey		"R">
-<!ENTITY updates.updating.label				"更新を確認しています">
-<!ENTITY updates.installed.label			"アドオンが更新されました。">
-<!ENTITY updates.downloaded.label			"アドオンの更新がダウンロードされました。">
-<!ENTITY updates.restart.label				"再起動して更新を完了してください">
-<!ENTITY updates.noneFound.label			"更新は見つかりませんでした">
-<!ENTITY updates.manualUpdatesFound.label		"更新可能なアドオンを表示">
-<!ENTITY updates.updateSelected.label			"更新をインストール">
-<!ENTITY updates.updateSelected.tooltip			"このリストの更新可能なアドオンをインストールします">
-
-<!-- addon actions -->
-<!ENTITY cmd.showDetails.label			"詳細情報を表示">
-<!ENTITY cmd.showDetails.accesskey		"S">
-<!ENTITY cmd.findUpdates.label			"更新を確認">
-<!ENTITY cmd.findUpdates.accesskey		"F">
-<!ENTITY cmd.preferencesWin.label		"設定">
-<!ENTITY cmd.preferencesWin.accesskey		"O">
-<!ENTITY cmd.preferencesUnix.label		"設定">
-<!ENTITY cmd.preferencesUnix.accesskey		"P">
 
 <!-- addon actions -->
 <!ENTITY cmd.enableAddon.label			"有効化">
 <!ENTITY cmd.enableAddon.accesskey		"E">
 <!ENTITY cmd.disableAddon.label			"無効化">
 <!ENTITY cmd.disableAddon.accesskey		"D">
-<!ENTITY cmd.enableTheme.label			"テーマを適用">
-<!ENTITY cmd.enableTheme.accesskey		"W">
-<!ENTITY cmd.disableTheme.label			"テーマを外す">
-<!ENTITY cmd.disableTheme.accesskey		"W">
+
 <!ENTITY cmd.askToActivate.label		"実行時に確認する">
 <!ENTITY cmd.askToActivate.tooltip		"このアドオンの使用を毎回確認します">
 <!ENTITY cmd.alwaysActivate.label		"常に有効化する">
 <!ENTITY cmd.alwaysActivate.tooltip		"このアドオンは常に使用します">
 <!ENTITY cmd.neverActivate.label		"無効化する">
 <!ENTITY cmd.neverActivate.tooltip		"このアドオンは使用しません">
 <!ENTITY cmd.stateMenu.tooltip			"アドオン実行時の状態を変更します">
-<!ENTITY cmd.installAddon.label			"インストール">
-<!ENTITY cmd.installAddon.accesskey		"I">
+
 <!ENTITY cmd.uninstallAddon.label		"削除">
 <!ENTITY cmd.uninstallAddon.accesskey		"R">
 <!ENTITY cmd.showPreferencesWin.label		"設定">
 <!ENTITY cmd.showPreferencesWin.tooltip		"このアドオンの設定を変更します">
 <!ENTITY cmd.showPreferencesUnix.label		"設定">
 <!ENTITY cmd.showPreferencesUnix.tooltip	"このアドオンの設定を変更します">
-<!ENTITY cmd.contribute.label			"寄付">
-<!ENTITY cmd.contribute.accesskey		"C">
-<!ENTITY cmd.contribute.tooltip			"このアドオンの開発者に寄付します">
 
 <!ENTITY cmd.showReleaseNotes.label		"リリースノートを表示">
 <!ENTITY cmd.showReleaseNotes.tooltip		"この更新のリリースノートを表示します">
 <!ENTITY cmd.hideReleaseNotes.label		"リリースノートを隠す">
 <!ENTITY cmd.hideReleaseNotes.tooltip		"この更新のリリースノートを隠します">
 <!ENTITY cmd.findReplacement.label		"代わりのアドオンを探す">
 
-<!-- discovery view -->
-<!-- LOCALIZATION NOTE (discover.title,discover.description,discover.footer):
-     Displayed in the center of the Get Add-ons view, see bug 601143 for mockups. -->
-<!ENTITY discover.title				"アドオンとは何ですか?">
-<!ENTITY discover.description2			"アドオンは、あなたに合わせて &brandShortName; に機能を追加したり &brandShortName; のスタイルを変えたりするものです。各種のサイドバーや天気予報、テーマなどをインストールして、あなただけの &brandShortName; に作り変えてみてください。">
-
-
-<!ENTITY discover.footer			"インターネットに接続されていれば、この画面で人気のアドオンを紹介します。ぜひ、お試しください。">
-
-
-<!-- detail view -->
-<!ENTITY detail.version.label			"バージョン">
-<!ENTITY detail.lastupdated.label		"更新日">
-<!ENTITY detail.creator.label			"開発者">
-<!ENTITY detail.homepage.label			"ホームページ">
-
-<!ENTITY detail.contributions.description	"このアドオンの開発者が開発を継続するための少額の寄付によるサポートを求めています。">
-
-<!ENTITY detail.updateType			"自動更新">
-<!ENTITY detail.updateDefault.label		"既定">
-<!ENTITY detail.updateDefault.tooltip		"既定の場合のみ更新を自動的にインストールします">
-<!ENTITY detail.updateAutomatic.label		"オン">
-<!ENTITY detail.updateAutomatic.tooltip		"更新を自動的にインストールします">
-<!ENTITY detail.updateManual.label		"オフ">
-<!ENTITY detail.updateManual.tooltip		"更新を手動でインストールします">
-<!ENTITY detail.home				"ホームページ">
-<!ENTITY detail.repository			"アドオンのプロファイル">
-<!ENTITY detail.size				"サイズ">
-
-<!ENTITY detail.checkForUpdates.label		"更新を確認">
-<!ENTITY detail.checkForUpdates.accesskey	"F">
-<!ENTITY detail.checkForUpdates.tooltip		"このアドオンの更新を確認します">
-<!ENTITY detail.showPreferencesWin.label	"設定">
-<!ENTITY detail.showPreferencesWin.accesskey	"O">
-<!ENTITY detail.showPreferencesWin.tooltip	"このアドオンの設定を変更します">
-<!ENTITY detail.showPreferencesUnix.label	"設定">
-<!ENTITY detail.showPreferencesUnix.accesskey	"P">
-<!ENTITY detail.showPreferencesUnix.tooltip	"このアドオンの設定を変更します">
-
-
-<!-- ratings -->
-<!ENTITY rating2.label				"評価">
-
-<!-- download/install progress -->
-<!ENTITY progress.pause.tooltip			"一時停止">
-
 <!-- download/install progress -->
 <!ENTITY progress.cancel.tooltip		"キャンセル">
 
-<!ENTITY addon.homepage				"ホームページ">
 <!ENTITY addon.details.label			"詳細">
 <!ENTITY addon.details.tooltip			"このアドオンの詳細を表示します">
 <!ENTITY addon.unknownDate			"不明">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (addon.legacy.label): This appears in a badge next
      to the add-on name for extensions that are not webextensions, which
      will stop working in Firefox 57. -->
 <!ENTITY addon.legacy.label			"旧式"><!-- en-US: "LEGACY" -->
+<!ENTITY addon.privateBrowsing.label		"プライベートウィンドウでも有効">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (addon.disabled.postfix): This is used in a normal list
      to signify that an add-on is disabled, in the form
      "<Addon name> <1.0> (disabled)" -->
 <!ENTITY addon.disabled.postfix			"(無効)">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (addon.update.postfix): This is used in the available
      updates list to signify that an item is an update, in the form
      "<Addon name> <1.1> Update". It is fine to use constructs like brackets if
      necessary -->
 <!ENTITY addon.update.postfix			"更新">
 <!ENTITY addon.undoAction.label			"元に戻す">
 <!ENTITY addon.undoAction.tooltip		"この操作を元に戻します">
 <!ENTITY addon.undoRemove.label			"元に戻す">
 <!ENTITY addon.undoRemove.tooltip		"このアドオンをインストールされたままにします">
-<!ENTITY addon.restartNow.label			"今すぐ再起動する">
+
 <!ENTITY addon.install.label			"インストール">
 <!ENTITY addon.install.tooltip			"このアドオンをインストールします">
 <!ENTITY addon.updateNow.label			"今すぐ更新">
 <!ENTITY addon.updateNow.tooltip		"このアドオンの更新をインストールします">
 <!ENTITY addon.includeUpdate.label		"更新するアドオンに含める">
 <!ENTITY addon.updateAvailable.label		"更新可能です">
 <!ENTITY addon.checkingForUpdates.label		"更新を確認しています...">
 <!ENTITY addon.releaseNotes.label		"リリースノート:">
 <!ENTITY addon.loadingReleaseNotes.label	"読み込み中...">
 <!ENTITY addon.errorLoadingReleaseNotes.label	"エラーが発生したためリリースノートを読み込めませんでした。">
 
 <!ENTITY addon.createdBy.label			"作成者: ">
 
-<!ENTITY eula.title				"エンドユーザーライセンス契約">
-<!ENTITY eula.width				"560px">
-<!ENTITY eula.height				"400px">
-<!ENTITY eula.accept				"同意してインストールする...">
-
 <!ENTITY settings.path.button.label		"参照...">
-
-<!ENTITY setting.learnmore				"詳細...">
-
-<!ENTITY disabledUnsigned.heading			"一部のアドオンが無効化されています">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (disabledUnsigned.description.start, disabledUnsigned.description.findAddonsLink, disabledUnsigned.description.end):
-     These entities form a sentence, with
-     disabledUnsigned.description.findAddonsLink being a link to an external site. -->
-<!ENTITY disabledUnsigned.description.start		"次のアドオンは &brandShortName; での使用が検証されていません。">
-<!ENTITY disabledUnsigned.description.findAddonsLink	"代わりのアドオンを見つける">
-<!ENTITY disabledUnsigned.description.end		"か、検証されたアドオンを入手できるように開発者に依頼してください。">
-<!ENTITY disabledUnsigned.learnMore			"ユーザーのオンライン上の安全を保つ私たちの活動について学んでください。">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (disabledUnsigned.devInfo.start, disabledUnsigned.devInfo.linkToManual, disabledUnsigned.devInfo.end):
-     These entities form a sentence, with disabledUnsigned.devInfo.linkToManual
-     being a link to an external site. -->
-<!ENTITY disabledUnsigned.devInfo.start			"アドオンの検証に興味のある開発者の方は">
-<!ENTITY disabledUnsigned.devInfo.linkToManual		"マニュアル">
-<!ENTITY disabledUnsigned.devInfo.end			"をお読みください。">
-
-<!ENTITY pluginDeprecation.description			"&brandShortName; によるサポートが終了したプラグインは表示されません。">
-<!ENTITY pluginDeprecation.learnMore			"詳細">
-
-<!ENTITY legacyWarning.showLegacy		"旧式の拡張機能を表示">
-<!ENTITY legacyExtensions.title 		"旧式の拡張機能">
-<!ENTITY legacyExtensions.description		"これらの拡張機能は、現在の &brandShortName; 標準に適さないため無効化されています。">
-<!ENTITY legacyExtensions.learnMore		"アドオンシステムの変更についての詳細">
+<!ENTITY setting.learnmore			"詳細...">
--- a/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
@@ -86,33 +86,31 @@ details.notification.gmpPending		=%1$S はすぐにインストールされます。
 
 installFromFile.dialogTitle		=インストールするアドオンを選択してください
 installFromFile.filterName		=アドオン
 
 uninstallAddonTooltip			=このアドオンを削除します
 enableAddonTooltip			=このアドオンを有効化します
 disableAddonTooltip			=このアドオンを無効化します
 
-#LOCALIZATION NOTE (eulaHeader) %S is name of the add-on asking the user to agree to the EULA
-eulaHeader				=%S をインストールするには、次のエンドユーザーライセンス契約に同意する必要があります:
-
 type.extension.name	=拡張機能
 type.themes.name	=テーマ
 type.locale.name	=言語パック
 type.plugin.name	=プラグイン
 type.dictionary.name	=辞書
 type.service.name	=サービス
 type.legacy.name	=旧式の拡張機能
 type.unsupported.name	=未サポート
 
 #LOCALIZATION NOTE(legacyWarning.description) %S is the brandShortName
 legacyWarning.description	=%S によるサポートが終了した拡張機能があります。
 #LOCALIZATION NOTE(legacyThemeWarning.description) %S is the brandShortName
 legacyThemeWarning.description	=%S によるサポートが終了したテーマがあります。
 
 listHeading.extension	=拡張機能の管理
+listHeading.shortcuts	=拡張機能のショートカットキーの管理
 listHeading.theme	=テーマの管理
 listHeading.plugin	=プラグインの管理
 listHeading.locale	=言語パックの管理
 listHeading.dictionary	=スペルチェック辞書の管理
 
 searchLabel.extension	=拡張機能を探す
 searchLabel.theme	=テーマを探す
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileDowngrade.dtd
@@ -0,0 +1,20 @@
+<!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+   - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+   - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
+
+<!-- LOCALIZATION NOTE:
+ This UI can be most easily shown by modifying the version in compatibility.ini
+ to a newer version and then starting Firefox.
+ For this feature, "installation" is used to mean "this discrete download of
+ Firefox" and "version" is used to mean "the specific revision number of a
+ given Firefox channel". These terms are not synonymous.
+-->
+<!ENTITY window.title	"古いバージョンの Firefox を起動しています">
+<!ENTITY window.style	"width: 490px;">
+
+<!ENTITY window.nosync	"古いバージョンの Firefox を使用すると既存のプロファイルに保存されたブックマークやブラウジング履歴が壊れる可能性があります。これらの情報を保護するため、この &brandShortName; 用に新しいプロファイルを作成してください。">
+<!ENTITY window.sync	"古いバージョンの Firefox を使用すると既存のプロファイルに保存されたブックマークやブラウジング履歴が壊れる可能性があります。これらの情報を保護するため、この &brandShortName; 用に新しいプロファイルを作成してください。&syncBrand.fxAccount.label;にログインして、いつでもブックマークとブラウジング履歴をプロファイル間で同期できます。">
+
+<!ENTITY window.create	"新しいプロファイルを作成">
+<!ENTITY window.quit-win	"終了">
+<!ENTITY window.quit-nonwin	"終了">
--- a/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
@@ -1,17 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-# LOCALIZATION NOTE: The 1st %S is the update name and the 2nd %S is the build
-# identifier from the local updates.xml for displaying update history
-# example: MyApplication (20081022033543)
-updateFullName			=%1$S (%2$S)
-
 # LOCALIZATION NOTE: The 1st %S is brandShortName and 2nd %S is update version
 # where update version from the update xml
 # example: MyApplication 10.0.5
 updateName				=%1$S %2$S
 
 # LOCALIZATION NOTE: When present
 # %1$S is the brandShortName. Ex: MyApplication
 # %2$S is the update version - provided by the update xml. Ex: version 10.0.5
--- a/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
+++ b/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
@@ -8,16 +8,18 @@ savePasswordTitle			=確認
 # LOCALIZATION NOTE (saveLoginMsg, saveLoginMsgNoUser):
 # %1$S is brandShortName, %2$S is the login's hostname.
 saveLoginMsg				=%2$S のログイン情報を %1$S に保存しますか?
 saveLoginMsgNoUser			=%2$S のパスワードを %1$S に保存しますか?
 saveLoginButtonAllow.label		=保存する
 saveLoginButtonAllow.accesskey		=S
 saveLoginButtonDeny.label		=保存しない
 saveLoginButtonDeny.accesskey		=D
+saveLoginButtonNever.label		=このサイトでは保存しない
+saveLoginButtonNever.accesskey		=e
 updateLoginMsg				=このログイン情報を更新しますか?
 updateLoginMsgNoUser			=このパスワードを更新しますか?
 updateLoginButtonText			=更新する
 updateLoginButtonAccessKey		=U
 updateLoginButtonDeny.label		=更新しない
 updateLoginButtonDeny.accesskey		=D
 # LOCALIZATION NOTE (rememberPasswordMsg):
 # 1st string is the username for the login, 2nd is the login's hostname.
@@ -54,16 +56,17 @@ hidePasswords				=パスワードを隠す
 hidePasswordsAccessKey			=P
 showPasswords				=パスワードを表示する
 showPasswordsAccessKey			=P
 noMasterPasswordPrompt			=パスワードを表示しますか?
 removeAllPasswordsPrompt		=本当にすべてのパスワードを消去しますか?
 removeAllPasswordsTitle			=すべてのパスワードを消去
 removeLoginPrompt			=このログイン情報を削除してもよろしいですか?
 removeLoginTitle			=ログイン情報の削除
+autofillLoginsAndPasswords		=ログイン情報とパスワードを自動的に入力する
 loginsDescriptionAll2			=このコンピューターには以下のサイトのログイン情報が保存されています
 loginsDescriptionFiltered		=次のログイン情報が検索語と一致しました:
 # LOCALIZATION NOTE (loginHostAge):
 # This is used to show the context menu login items with their age.
 # 1st string is the username for the login, 2nd is the login's age.
 loginHostAge				=%1$S (%2$S)
 # LOCALIZATION NOTE (noUsername):
 # String is used on the context menu when a login doesn't have a username.
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
@@ -116,16 +116,29 @@ detail-update-default =
 detail-update-automatic =
     .label = オン
     .tooltiptext = 更新を自動的にインストールします
 
 detail-update-manual =
     .label = オフ
     .tooltiptext = 更新を手動でインストールします
 
+# Used as a description for the option to allow or block an add-on in private windows.
+detail-private-browsing-label = プライベートウィンドウでの実行
+
+detail-private-browsing-description = 拡張機能はプライベートウィンドウでも動作しますが、ユーザーのオンライン行動にもアクセスできます。<label data-l10n-name="detail-private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
+
+detail-private-browsing-on =
+    .label = 許可する
+    .tooltiptext = プライベートブラウジングモードでも有効にします
+
+detail-private-browsing-off =
+    .label = 許可しない
+    .tooltiptext = プライベートブラウジングモードでは無効にします
+
 detail-home =
     .label = ホームページ
 
 detail-home-value =
     .value = { detail-home.label }
 
 detail-repository =
     .label = アドオンのプロファイル
@@ -174,16 +187,22 @@ plugin-deprecation-description = { -brand-short-name } によるサポートが終了したプラグインは表示されません。 <label data-l10n-name="learn-more">詳細</label>
 
 legacy-warning-show-legacy = 旧式の拡張機能を表示
 
 legacy-extensions =
     .value = 旧式の拡張機能
 
 legacy-extensions-description = これらの拡張機能は、現在の { -brand-short-name } 標準に適さないため無効化されています。 <label data-l10n-name="legacy-learn-more">アドオンシステムの変更についての詳細</label>
 
+private-browsing-description =
+    拡張機能はプライベートウィンドウでの実行が既定で許可されていません。
+    つまり、プライベートブラウジング中はこれらの拡張機能が動作しないため、拡張機能はユーザーのオンライン行動にアクセスできません。
+    プライベートウィンドウでの実行を拡張機能に許可するには、以下の拡張機能カードを選択し、設定を変更してください。
+    <label data-l10n-name="private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
+
 extensions-view-discover =
     .name = アドオン入手
     .tooltiptext = { extensions-view-discover.name }
 
 extensions-view-recent-updates =
     .name = 最近の更新
     .tooltiptext = { extensions-view-recent-updates.name }
 
@@ -268,8 +287,47 @@ extensions-updates-none-found =
     .value = 更新は見つかりませんでした
 
 extensions-updates-manual-updates-found =
     .label = 更新可能なアドオンを表示
 
 extensions-updates-update-selected =
     .label = 更新をインストール
     .tooltiptext = このリストの更新可能なアドオンをインストールします
+
+## Extension shortcut management
+
+manage-extensions-shortcuts =
+    .label = 拡張機能のショートカットキーの管理
+    .accesskey = S
+shortcuts-empty-message = この拡張機能にはショートカットがありません。
+shortcuts-no-addons = 有効な拡張機能がありません。
+shortcuts-no-commands = 次の拡張機能にはショートカットがありません:
+shortcuts-input =
+  .placeholder = ショートカットキーを入力してください
+
+shortcuts-browserAction = 拡張機能を有効化
+shortcuts-pageAction = ページ操作を有効化
+shortcuts-sidebarAction = サイドバーの表示を切り替え
+
+shortcuts-modifier-mac = Ctrl, Alt または ⌘ を含む
+shortcuts-modifier-other = Ctrl または Alt を含む
+shortcuts-invalid = 不正な組み合わせです
+shortcuts-letter = 文字を入力してください
+shortcuts-system = { -brand-short-name } のショートカットは上書きできません
+
+shortcuts-card-expand-button =
+    { $numberToShow ->
+        *[other] さらに { $numberToShow } 個表示
+    }
+
+shortcuts-card-collapse-button = Show Less
+
+go-back-button =
+    .tooltiptext = 前のページへ戻ります
+
+## Add-on actions
+remove-addon-button = 削除
+disable-addon-button = 無効化
+enable-addon-button = 有効化
+
+addons-enabled-heading = 有効
+addons-disabled-heading = 無効
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutPerformance.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutPerformance.ftl
@@ -4,17 +4,16 @@
 
 # Page title
 about-performance-title = タスクマネージャー
 
 ## Column headers
 column-name = 名前
 column-type = 種類
 column-energy-impact = 消費電力への影響
-
 column-memory = メモリー
 
 ## Special values for the Name column
 ghost-windows = 最近閉じたタブ
 # Variables:
 #   $title (String) - the title of the preloaded page, typically 'New Tab'
 preloaded-tab = プリロード: { $title }
 
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutProfiles.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutProfiles.ftl
@@ -26,16 +26,19 @@ profiles-localdir = ローカルディレクトリー
 profiles-current-profile = これは使用中のプロファイルです。削除できません。
 profiles-in-use-profile = このプロファイルは別のアプリケーションが使用中です。削除できません。
 
 profiles-rename = 名前を変更
 profiles-remove = 削除
 profiles-set-as-default = 既定のプロファイルに設定
 profiles-launch-profile = プロファイルを別のプロセスで起動
 
+profiles-cannot-set-as-default-title = 既定に設定できません
+profiles-cannot-set-as-default-message = { -brand-short-name } の既定のプロファイルは変更できません。
+
 profiles-yes = はい
 profiles-no = いいえ
 
 profiles-rename-profile-title = プロファイルの名前変更
 # Variables:
 #   $name (String) - Name of the profile
 profiles-rename-profile = プロファイル { $name } の名前を変更します
 
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
@@ -40,16 +40,17 @@ app-basics-profile-dir =
 app-basics-enabled-plugins = 有効なプラグイン
 app-basics-build-config = ビルド設定
 app-basics-user-agent = ユーザーエージェント
 app-basics-os = OS
 app-basics-memory-use = メモリー使用量
 app-basics-performance = パフォーマンス
 app-basics-service-workers = 登録された Service Workers
 app-basics-profiles = プロファイル
+app-basics-launcher-process-status = 起動プロセス
 app-basics-multi-process-support = マルチプロセスウィンドウ
 app-basics-process-count = ウェブコンテンツプロセス
 app-basics-enterprise-policies = エンタープライズポリシー
 app-basics-key-google = Google キー
 app-basics-key-mozilla = Mozilla Location Service キー
 app-basics-safe-mode = セーフモード
 show-dir-label =
     { PLATFORM() ->
@@ -209,16 +210,18 @@ glcontext-crash-guard = OpenGL
 reset-on-next-restart = 次回起動時にリセット
 gpu-process-kill-button = GPU プロセスを終了
 gpu-device-reset = ハードウェアリセット
 gpu-device-reset-button = ハードウェアリセットを実行
 uses-tiling = タイリングの使用
 content-uses-tiling = タイリングの使用 (コンテンツ)
 off-main-thread-paint-enabled = メインスレッド外ペイント有効
 off-main-thread-paint-worker-count = メインスレッド外ペイントワーカー数
+low-end-machine = 性能の低い機種が検出されました
+target-frame-rate = ターゲットのフレームレート
 
 audio-backend = 音声バックエンド
 max-audio-channels = 最大チャンネル数
 channel-layout = 優先チャンネルレイアウト
 sample-rate = 優先サンプルレート
 
 min-lib-versions = 想定される最低バージョン
 loaded-lib-versions = 使用中のバージョン
@@ -230,16 +233,21 @@ has-privileged-user-namespaces = 特権プロセス用のユーザー名前空間
 can-sandbox-content = コンテンツプロセスのサンドボックス化
 can-sandbox-media = メディアプラグインのサンドボックス化
 content-sandbox-level = コンテンツプロセスのサンドボックスレベル
 effective-content-sandbox-level = 効果的なコンテンツプロセスのサンドボックスレベル
 sandbox-proc-type-content = コンテンツ
 sandbox-proc-type-file = ファイルコンテンツ
 sandbox-proc-type-media-plugin = メディアプラグイン
 
+launcher-process-status-0 = 有効
+launcher-process-status-1 = 失敗したため無効
+launcher-process-status-2 = 強制的に無効
+launcher-process-status-unknown = 状態不明
+
 # Variables
 # $remoteWindows (integer) - Number of remote windows
 # $totalWindows (integer) - Number of total windows
 multi-process-windows = { $remoteWindows }/{ $totalWindows }
 multi-process-status-0 = ユーザー設定により有効
 multi-process-status-1 = 既定で有効
 multi-process-status-2 = 無効
 multi-process-status-4 = アクセシビリティツールにより無効
--- a/toolkit/toolkit/about/url-classifier.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/url-classifier.ftl
@@ -1,13 +1,23 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 url-classifier-title = URL Classifier 情報
+url-classifier-search-title = 検索
+url-classifier-search-result-title = 結果
+url-classifier-search-result-uri = URI: { $uri }
+url-classifier-search-result-list = テーブルのリスト: { $list }
+url-classifier-search-input = URL
+url-classifier-search-error-invalid-url = 不正な URL
+url-classifier-search-error-no-features = 機能が選択されていません
+url-classifier-search-btn = 検索開始
+url-classifier-search-features = 機能
+url-classifier-search-listType = リストの種類
 url-classifier-provider-title = プロバイダー
 url-classifier-provider = プロバイダー
 url-classifier-provider-last-update-time = 最終更新日時
 url-classifier-provider-next-update-time = 次回更新日時
 url-classifier-provider-back-off-time = 待ち時間
 url-classifier-provider-last-update-status = 更新状態
 url-classifier-provider-update-btn = 更新
 url-classifier-cache-title = キャッシュ
--- a/toolkit/toolkit/main-window/editmenu.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/main-window/editmenu.ftl
@@ -1,10 +1,14 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
 ### This file contains the entities needed for the 'edit' menu
-### It's currently only used for the Browser Console
+### It's currently only used for the Browser Console and Developer Toolbox
 
 editmenu-undo =
     .label = 元に戻す
     .accesskey = U
 
 editmenu-redo =
     .label = やり直し
     .accesskey = R
--- a/toolkit/toolkit/main-window/findbar.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/main-window/findbar.ftl
@@ -7,21 +7,16 @@
 findbar-next =
     .tooltiptext = 指定文字列に一致する次の部分を検索します
 findbar-previous =
     .tooltiptext = 指定文字列に一致する 1 つ前の部分を検索します
 
 findbar-find-button-close =
     .tooltiptext = 検索バーを閉じます
 
-findbar-highlight-all =
-    .label = すべて強調表示
-    .accesskey = l
-    .tooltiptext = 指定文字列に一致するすべての部分を強調表示します
-
 findbar-highlight-all2 =
     .label = すべて強調表示
     .accesskey = { PLATFORM() ->
         [macos] l
        *[other] a
     }
     .tooltiptext = 指定文字列に一致するすべての部分を強調表示します
 findbar-case-sensitive =
--- a/toolkit/toolkit/updates/history.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/updates/history.ftl
@@ -20,11 +20,12 @@ state-header = 状態
 update-full-name =
     .name = { $name } ({ $buildID })
 # Used to display update history
 #
 # Variables:
 #   $name (String): name of the update
 #   $buildID (String): build identifier from the local updates.xml
 update-full-build-name = { $name } ({ $buildID })
+
 update-details = 詳細
 update-installed-on = インストール日時: { $date }
 update-status = 状態: { $status }