66.0+: sync dom, netwerk with en-US rev11118:ede1f6e878cc (2019-02-15)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sat, 23 Feb 2019 21:20:23 +0900
changeset 1353 4c29da57d27c
parent 1352 8850345fdb47
child 1354 12a27740e6fd
push id364
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateSat, 23 Feb 2019 12:20:41 +0000
bugs66
66.0+: sync dom, netwerk with en-US rev11118:ede1f6e878cc (2019-02-15)
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/htmlparser.properties
dom/chrome/plugins.properties
dom/chrome/security/security.properties
netwerk/necko.properties
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -148,23 +148,23 @@ MediaStreamAddTrackDifferentAudioChannel	=MediaStreamTrack %S は異なる AudioChannel に属するため追加できませんでした。
 MediaEMEInsecureContextDeprecatedWarning	=安全でない (HTTPS でない) コンテキストの %S で Encrypted Media Extensions を使用することは推奨されません。間もなく削除されます。HTTPS などの安全な生成元に切り替えることを検討してください。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the web page which is calling web APIs without passing data (either an audioCapabilities or a videoCapabilities) that will soon be required. See https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1368583#c21 for explanation of this string.
 MediaEMENoCapabilitiesDeprecatedWarning		=audioCapabilities または videoCapabilities を含む、候補の MediaKeySystemConfiguration を渡さずに navigator.requestMediaKeySystemAccess() を (%S で) 呼び出すことは推奨されません。間もなくサポートされなくなります。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the web page which is calling web APIs without passing data (a "codecs" string in the "contentType") that will soon be required. See https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1368583#c21 for explanation of this string.
 MediaEMENoCodecsDeprecatedWarning		=contentType に “codecs” を持たない audioCapabilities または videoCapabilities を含む、候補の MediaKeySystemConfiguration を渡して navigator.requestMediaKeySystemAccess() を (%S で) 呼び出すことは推奨されません。間もなくサポートされなくなります。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Mutation Event" and "MutationObserver"
 MutationEventWarning			=Mutation Event の使用は推奨されません。代わりに MutationObserver を使用してください。
 BlockAutoplayError			=自動再生はユーザーが承認したとき、サイト別設定で許可したとき、またはメディアがミュートのときだけ許可されます。
+BlockAutoplayWebAudioStartError		=AudioContext の自動再生が開始されませんでした。ユーザーがページ上で操作した後に作成または再開される必要があります。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Components"
 ComponentsWarning			=Components オブジェクトは推奨されません。間もなく削除されます。
 PluginHangUITitle			=警告: プラグインの応答がありません
 PluginHangUIMessage			=%S プラグインがビジー状態か応答を停止している可能性があります。プラグインを今すぐ停止するか処理が完了するまで待機してください。
 PluginHangUIWaitButton			=待機
 PluginHangUIStopButton			=プラグインを停止
-PrefixedFullscreenAPIWarning		=接頭辞付きの Fullscreen API は推奨されません。Fullscreen については接頭辞なしの API を使用してください。詳しくは、https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Fullscreen_API を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "NodeIterator" or "detach()".
 NodeIteratorDetachWarning		=NodeIterator 上の detach() 関数の呼び出しは無効です。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "LenientThis" and "this"
 LenientThisWarning			=“this” オブジェクトが正しくないため、[LenientThis] を持つプロパティの get または set は無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "mozGetAsFile" or "toBlob"
 MozGetAsFileWarning			=非標準の mozGetAsFile メソッドの使用は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに標準の toBlob メソッドを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "captureEvents()" or "addEventListener()"
 UseOfCaptureEventsWarning		=captureEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の addEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/EventTarget/addEventListener を参照してください。
@@ -182,18 +182,16 @@ Window_Cc_ontrollersWarning		=window.controllers/Controllers は推奨されません。これを UA の検出に使用しないでください。
 ImportXULIntoContentWarning		=XUL ノードのコンテンツドキュメントへのインポートは推奨されません。この関数は間もなく削除されます。
 XMLDocumentLoadPrincipalMismatch	=他のウィンドウから開いたドキュメント上での document.load の使用は禁止されています。ウィンドウ内に作成されたドキュメントのみ、呼び出しが許可されます。代わりに XMLHttpRequest の使用が推奨されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "IndexedDB".
 IndexedDBTransactionAbortNavigation	=未完了の IndexedDB トランザクションがページ遷移により中止されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate Will-change, %1$S,%2$S are numbers.
 IgnoringWillChangeOverBudgetWarning	=will-change のメモリー消費量が多すぎます。予約サイズの制限は document の表面領域の %1$S 倍の値です (%2$Spx)。予約サイズを超えた場合、document で発生するすべての will-change は無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Worker".
 HittingMaxWorkersPerDomain2		=Worker をすぐに開始できませんでした。同一生成元の他のドキュメントがすでに worker の数を上限まで使用しています。Worker をキューに追加し、他の worker の完了後に開始します。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "setVelocity", "PannerNode", "AudioListener", "speedOfSound" and "dopplerFactor"
-PannerNodeDopplerWarning		=PannerNode および AudioListener 上の setVelocity() メソッド、AudioListener 上の speedOfSound プロパティおよび dopplerFactor プロパティは削除されるため使用が推奨されません。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/AudioListener#Deprecated_features を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Application Cache API", "AppCache" and "ServiceWorker".
 AppCacheWarning				=Application Cache API (AppCache) は推奨されません。将来のバージョンで削除されます。オフラインサポートには ServiceWorker を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Application Cache API", "AppCache".
 AppCacheInsecureWarning			=Application Cache API (AppCache) はバージョン 62 以降、安全でない接続で使用できなくなります。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Worker".
 EmptyWorkerSourceWarning		=空ソースから Worker を作成しようとしています。これは意図されていない可能性があります。
 WebrtcDeprecatedPrefixWarning		=“moz” 接頭辞付きの WebRTC インターフェイス (mozRTCPeerConnection, mozRTCSessionDescription, mozRTCIceCandidate) は推奨されません。
 NavigatorGetUserMediaWarning		=navigator.mozGetUserMedia は navigator.mediaDevices.getUserMedia に置き換えられました。
@@ -221,18 +219,16 @@ InterceptionRejectedResponseWithURL	=‘%1$S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が ‘%2$S’ で却下された Promise を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
 InterceptedNonResponseWithURL		=‘%1$S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker が Response 値でない ‘%2$S’ で解決された Promise を FetchEvent.respondWith() へ渡しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "mozImageSmoothingEnabled", or "imageSmoothingEnabled"
 PrefixedImageSmoothingEnabledWarning	=mozImageSmoothingEnabled の使用は推奨されません。代わりに接頭辞なしの imageSmoothingEnabled を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker", "Service-Worker-Allowed" or "HTTP". %1$S and %2$S are URLs.
 ServiceWorkerScopePathMismatch		=ServiceWorker の登録に失敗しました。提供されたスコープ ‘%1$S’ のパスが ‘%2$S’ で許可された最大スコープ以下ではありません。スコープを調整し、ServiceWorker スクリプトを移動するか Service-Worker-Allowed HTTP ヘッダーを使用してスコープを許可してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker". %1$S is a URL representing the scope of the ServiceWorker, %2$S is a stringified numeric HTTP status code like "404" and %3$S is a URL.
 ServiceWorkerRegisterNetworkError	=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker の登録または更新に失敗しました: スクリプト ‘%3$S’ の読み込みが状態 %2$S で失敗しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker". %1$S is a URL representing the scope of the ServiceWorker, %2$S is a MIME Media Type like "text/plain" and %3$S is a URL.
-ServiceWorkerRegisterMimeTypeError	=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker の登録または更新に失敗しました: スクリプト ‘%3$S’について不正な Content-Type ‘%2$S’ を受信しました。‘text/javascript’ または ‘application/x-javascript’、‘application/javascript’ のいずれかでなければなりません。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker". %1$S is a URL representing the scope of the ServiceWorker, %2$S is a MIME Media Type like "text/plain" and %3$S is a URL.
 ServiceWorkerRegisterMimeTypeError2	=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker の登録または更新に失敗しました: スクリプト ‘%3$S’について不正な Content-Type ‘%2$S’ を受信しました。JavaScript MIME タイプでなければなりません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker". %S is a URL representing the scope of the ServiceWorker.
 ServiceWorkerRegisterStorageError	=スコープ ‘%S’ の ServiceWorker の登録または更新に失敗しました: ユーザー設定またはプライベートブラウジングモードにより、このコンテキストではストレージアクセスが制限されています。
 ServiceWorkerGetRegistrationStorageError	=ServiceWorker 登録の取得に失敗しました: ユーザー設定またはプライベートブラウジングモードにより、このコンテキストではストレージアクセスが制限されています。
 ServiceWorkerGetClientStorageError	=ServiceWorker のクライアントの取得に失敗しました: ユーザー設定またはプライベートブラウジングモードにより、このコンテキストではストレージアクセスが制限されています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker" and "postMessage". %S is a URL representing the scope of the ServiceWorker.
 ServiceWorkerPostMessageStorageError	=スコープ ‘%S’ の ServiceWorker が ‘postMessage’ の実行に失敗しました。ユーザー設定またはプライベートブラウジングモードにより、このコンテキストではストレージアクセスが制限されています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker". %1$S is a URL representing the scope of the ServiceWorker.
@@ -299,18 +295,16 @@ PushMessageBadRecordSize		=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker がプッシュメッセージの復号に失敗しました。‘Encryption’ ヘッダーの ‘rs’ パラメーターは %2$S から 2^36-31 までの値、または全体が省略されなければなりません。詳しい情報は https://tools.ietf.org/html/draft-ietf-httpbis-encryption-encoding-02#section-3.1 を参照してください。
 PushMessageBadPaddingError		=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker がプッシュメッセージの復号に失敗しました。暗号化されたメッセージ内のレコードが正しくパディングされていません。詳しい情報は https://tools.ietf.org/html/draft-ietf-httpbis-encryption-encoding-02#section-2 を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: This error is reported when push message decryption fails
 # and no specific error info is available. Do not translate "ServiceWorker".
 # %1$S is the ServiceWorker scope URL.
 PushMessageBadCryptoError		=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker がプッシュメッセージの復号に失敗しました。暗号化については https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Push_API/Using_the_Push_API#Encryption を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the type of a DOM event. 'passive' is a literal parameter from the DOM spec.
 PreventDefaultFromPassiveListenerWarning	=‘%1$S’形式のイベントで ‘passive’ として登録されたリスナからの ‘preventDefault()’ の呼び出しを無視します。
 # LOCALIZATION NOTE: 'ImageBitmapRenderingContext.transferImageBitmap' and 'ImageBitmapRenderingContext.transferFromImageBitmap' should not be translated
-ImageBitmapRenderingContext_TransferImageBitmap	=ImageBitmapRenderingContext.transferImageBitmap は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに ImageBitmapRenderingContext.transferFromImageBitmap を使用してください。
-# LOCALIZATION NOTE: 'ImageBitmapRenderingContext.transferImageBitmap' and 'ImageBitmapRenderingContext.transferFromImageBitmap' should not be translated
 ImageBitmapRenderingContext_TransferImageBitmapWarning	=ImageBitmapRenderingContext.transferImageBitmap は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに ImageBitmapRenderingContext.transferFromImageBitmap を使用してください。
 IIRFilterChannelCountChangeWarning	=IIRFilterNode チャンネルカウントの変更は音声不調の原因となる可能性があります
 BiquadFilterChannelCountChangeWarning	=BiquadFilterNode チャンネルカウントの変更は音声不調の原因となる可能性があります
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".jpeg"
 GenericImageNameJPEG			=image.jpeg
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".gif"
 GenericImageNameGIF			=image.gif
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".png"
@@ -322,18 +316,16 @@ LargeAllocationSuccess			=Large-Allocation ヘッダーにより、このページは新しいプロセスに読み込まれました。
 LargeAllocationNonGetRequest		=GET 要求によらずにページが読み込まれたため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name. Do not translate `window.opener`.
 LargeAllocationNotOnlyToplevelInTabGroup	=フレーム階層または window.opener を通じてこのブラウジングコンテキストへの参照を持つウィンドウが存在するため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name
 LargeAllocationNonE10S			=document がプロセスから読み込まれていないため、Large-Allocation ヘッダーは無視されました。
 GeolocationInsecureRequestIsForbidden	=位置情報の要求は安全なコンテキスト内でしか満たすことができません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name.
 LargeAllocationNonWin32			=このページは Large-Allocation ヘッダーが指定されているため新しいプロセスに読み込まれますが、Large-Allocation プロセスの生成は非 Win32 プラットフォームでは無効です。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate URL.createObjectURL(MediaStream).
-URLCreateObjectURL_MediaStreamWarning	=URL.createObjectURL(MediaStream) は推奨されません。間もなく削除されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate xml:base.
 XMLBaseAttributeWarning			=xml:base 属性の使用は推奨されません。間もなく削除されます。この属性は削除するようにしてください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "content", "Window", and "window.top"
 WindowContentUntrustedWarning		=window オブジェクトの ‘content’ 属性は推奨されません。代わりに ‘window.top’ を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: The first %S is the tag name of the element that starts the loop, the second %S is the element's ID.
 SVGRefLoopWarning			=ID “%S” を持つ SVG <%S> の参照がループしています。
 # LOCALIZATION NOTE: The first %S is the tag name of the element in the chain where the chain was broken, the second %S is the element's ID.
 SVGRefChainLengthExceededWarning	=ID “%S” を持つ要素で SVG <%S> の参照チェーンが長すぎるため放棄されました。
--- a/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
+++ b/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
@@ -80,16 +80,17 @@ errMissingSpaceBeforeDoctypeName=文書型名の前に空白がありません。
 errHyphenHyphenBang		=コメント中に "--!" が見つかりました。
 errNcrZero			=ゼロに展開される文字参照が見つかりました。
 errNoSpaceBetweenDoctypeSystemKeywordAndQuote	= 文書型宣言の "SYSTEM" キーワードと引用符の間に空白がありません。
 errNoSpaceBetweenPublicAndSystemIds		= 文書型宣言の公開識別子とシステム識別子の間に空白がありません。
 errNoSpaceBetweenDoctypePublicKeywordAndQuote	= 文書型宣言の "PUBLIC" キーワードと引用符の間に空白がありません。
 
 ## (^^; 以下未訳
 # Tree builder errors
+errDeepTree			=The document tree is too deep. The tree will be flattened to be 513 elements deep.
 errStrayStartTag2		=Stray start tag "%1$S".
 errStrayEndTag			=Stray end tag "%1$S".
 errUnclosedElements		=End tag "%1$S" seen, but there were open elements.
 errUnclosedElementsImplied	=End tag "%1$S" implied, but there were open elements.
 errUnclosedElementsCell		=A table cell was implicitly closed, but there were open elements.
 errStrayDoctype			=Stray doctype.
 errAlmostStandardsDoctype	=Almost standards mode doctype. Expected "<!DOCTYPE html>".
 errQuirkyDoctype		=Quirky doctype. Expected "<!DOCTYPE html>".
--- a/dom/chrome/plugins.properties
+++ b/dom/chrome/plugins.properties
@@ -1,38 +1,14 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-# LOCALIZATION NOTE:
-#    Those strings are inserted into an HTML page, so all HTML characters
-#    have to be escaped in a way that they show up correctly in HTML!
-
-title_label			=プラグインについて
-installedplugins_label		=インストールされたプラグイン
-nopluginsareinstalled_label	=インストールされたプラグインが見つかりませんでした
-findpluginupdates_label		=インストールされたプラグインの更新確認:
-file_label			=ファイル:
-path_label			=パス:
-version_label			=バージョン:
-state_label			=状態:
-state_enabled			=有効
-state_disabled			=無効
-mimetype_label			=MIME タイプ
-description_label		=ファイルの種類
-suffixes_label			=拡張子
-learn_more_label		=詳細
-
-deprecation_description		=サポートを終了したプラグインは表示されません。
-deprecation_learn_more		=詳細
-
 # GMP Plugins
 gmp_license_info		=ライセンス情報
 gmp_privacy_info		=プライバシー情報
 
 openH264_name			=OpenH264 Video Codec (Cisco Systems, Inc. 提供)
 openH264_description2		=このプラグインは、WebRTC 仕様に従うため Mozilla により自動的にインストールされ、H.264 動画コーデックを必要とする端末で WebRTC 通話を有効にします。このコーデックのソースコードと実装についての詳細は、http://www.openh264.org/ を参照してください。
 
-cdm_description			=保護されたウェブ動画の再生に使用されます。
-
 cdm_description2		=このプラグインは、Encrypted Media Extensions の仕様に従って暗号化されたメディアの再生を有効にします。暗号化されたメディアは、一般的に有料メディアコンテンツのコピーを防止するためにサイトにより使用されます。Encrypted Media Extensions についての詳細は、https://www.w3.org/TR/encrypted-media/ を参照してください。
 
 widevine_description		=Widevine Content Decryption Module (Google Inc. 提供)
--- a/dom/chrome/security/security.properties
+++ b/dom/chrome/security/security.properties
@@ -17,28 +17,28 @@ CORSNotSupportingCredentials		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Origin’ が ‘*’ である場合、認証情報はサポートされない)。
 CORSMethodNotFound			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Methods’ にメソッドが見つからない)。
 CORSMissingAllowCredentials		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Credentials’ は ‘true’ であるべき)。
 CORSPreflightDidNotSucceed		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルが継承されていない)。
 CORSInvalidAllowMethod			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Methods’ に不正なトークン ‘%2$S’ が含まれる)。
 CORSInvalidAllowHeader			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Headers’ に不正なトークン ‘%2$S’ が含まれる)。
 CORSMissingAllowHeaderFromPreflight	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルからの CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Headers’ にトークン ‘%2$S’ が足りない)。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Strict-Transport-Security", "HSTS", "max-age" or "includeSubDomains"
-STSUnknownError			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーの処理中に未知のエラーが発生しました。
+STSUnknownError			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーの処理中に原因不明のエラーが発生しました。
 STSUntrustworthyConnection	=Strict-Transport-Security: サイトへの接続が信頼できないため、指定されたヘッダーは無視されました。
 STSCouldNotParseHeader		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーを正しく解析できませんでした。
 STSNoMaxAge			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに ‘max-age’ ディレクティブが含まれていません。
 STSMultipleMaxAges		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
 STSInvalidMaxAge		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに不正な ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
 STSMultipleIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
 STSInvalidIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに不正な ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
 STSCouldNotSaveState		=Strict-Transport-Security: サイトを Strict-Transport-Security ホストとして通知中にエラーが発生しました。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Public-Key-Pins", "HPKP", "max-age", "report-uri" or "includeSubDomains"
-PKPUnknownError			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーの処理中に未知のエラーが発生しました。
+PKPUnknownError			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーの処理中に原因不明のエラーが発生しました。
 PKPUntrustworthyConnection	=Public-Key-Pins: サイトへの接続が信頼できないため、指定されたヘッダーは無視されました。
 PKPCouldNotParseHeader		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーを正しく解析できませんでした。
 PKPNoMaxAge			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに ‘max-age’ ディレクティブが含まれていません。
 PKPMultipleMaxAges		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
 PKPInvalidMaxAge		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに不正な ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
 PKPMultipleIncludeSubdomains	=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
 PKPInvalidIncludeSubdomains	=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに不正な ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
 PKPInvalidPin			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに不正な pin が含まれています。
@@ -86,30 +86,35 @@ MimeTypeMismatch		=MIME タイプの不一致により “%1$S” からのリソースがブロックされました (X-Content-Type-Options: nosniff)。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options: nosniff".
 MimeTypeMismatch2		=MIME タイプ (“%2$S”) の不一致により “%1$S” からのリソースがブロックされました (X-Content-Type-Options: nosniff)。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options" and also do not trasnlate "nosniff".
 XCTOHeaderValueMissing		=X-Content-Type-Options ヘッダー警告: 値は “%1$S” です。“nosniff” を送信することを意味しますか?
 
 BlockScriptWithWrongMimeType	=許可されていない MIME タイプにより “%1$S” からのスクリプトがブロックされました。
 
 BlockScriptWithWrongMimeType2	=許可されていない MIME タイプ (“%2$S”) により “%1$S” からのスクリプトがブロックされました。
+WarnScriptWithWrongMimeType	=“%1$S” からのスクリプトが読み込まれました。しかし、この MIME タイプ (“%2$S”) は正しい JavaScript の MIME タイプではありません。
+
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "importScripts()"
+BlockImportScriptsWithWrongMimeType	=MIME タイプ (“%2$S”) が許可されていないため、“%1$S” からの importScripts() でのスクリプトの読み込みがブロックされました。
+BlockModuleWithWrongMimeType	=MIME タイプ (“%2$S”) が許可されていないため、“%1$S” からのモジュールの読み込みがブロックされました。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "data: URI".
 BlockTopLevelDataURINavigation	=トップレベルの data: URI への移動は許可されていません (“%1$S” の読み込みをブロックしました)
 BlockSubresourceRedirectToData	=安全でない data: URI へのリダイレクトは許可されていません (“%1$S” の読み込みをブロックしました)
 
 BlockSubresourceFTP		=FTP サブリソースでの http(s) ページの読み込みは許可されていません (“%1$S” の読み込みをブロックしました)
 
 # LOCALIZATION NOTE (BrowserUpgradeInsecureDisplayRequest):
 # %1$S is the browser name "brandShortName"; %2$S is the URL of the upgraded request; %3$S is the upgraded scheme.
 BrowserUpgradeInsecureDisplayRequest	=%1$0.S安全でない ‘%2$S’ の表示要求をアップグレードして ‘%3$S’ を使用します。
 # LOCALIZATION NOTE (RunningClearSiteDataValue):
 # %S is the URI of the resource whose data was cleaned up
 RunningClearSiteDataValue		=Clear-Site-Data ヘッダーが “%S” のデータの消去を強制しました。
-UnknownClearSiteDataValue		=Clear-Site-Data ヘッダーが見つかりましたが、“%S” は未知の値です。
+UnknownClearSiteDataValue		=Clear-Site-Data ヘッダーが見つかりましたが “%S” は未知の値です。
 
 # Reporting API
 ReportingHeaderInvalidJSON		=Report-To ヘッダー: 不正な JSON 値を受け取りました。
 ReportingHeaderInvalidNameItem		=Report-To ヘッダー: 不正なグループ名
 ReportingHeaderDuplicateGroup		=Report-To ヘッダー: 重複したグループ名 “%S” を無視します。
 ReportingHeaderInvalidItem		=Report-To ヘッダー: 不正なアイテム名 “%S” を無視します。
 ReportingHeaderInvalidEndpoint		=Report-To ヘッダー: アイテム名 “%S” の不正なエンドポイントを無視します。
 # LOCALIZATION NOTE(ReportingHeaderInvalidURLEndpoint): %1$S is the invalid URL, %2$S is the group name
--- a/netwerk/necko.properties
+++ b/netwerk/necko.properties
@@ -42,17 +42,16 @@ SuperfluousAuth		=サイト “%1$S” にユーザー名 “%2$S” でログインしようとしていますが、ウェブサイトは認証を必要としていません。このサイトはあなたをだまそうとしている可能性があります。\n\nサイト “%1$S” に接続しますか?
 AutomaticAuth		=サイト “%1$S” にユーザー名 “%2$S” でログインしようとしています。
 
 TrackerUriBlocked	=コンテンツブロッキングが有効なため、“%1$S” のリソースがブロックされました。
 UnsafeUriBlocked	=セーフブラウジング機能により “%1$S” のリソースがブロックされました。
 CookieBlockedByPermission		=Cookie のカスタム許可設定により “%1$S” の Cookie またはストレージへのアクセスがブロックされました。
 CookieBlockedTracker			=コンテンツブロッキングが有効なため、トラッカーによる “%1$S” の Cookie またはストレージへのアクセスがブロックされました。
 CookieBlockedAll			=すべてのストレージへのアクセスをブロック中のため “%1$S” の Cookie またはストレージへのアクセスがブロックされました。
 CookieBlockedForeign			=すべてのサードパーティストレージへのアクセスをブロック中で、なおかつコンテンツブロッキングが有効なため、“%1$S” の Cookie またはストレージへのアクセスがブロックされました。
-CookieBlockedSlowTrackingContent	=コンテンツブロッキングが有効で、なおかつ遅いトラッキングリソースであるため、“%1$S” のリソースがブロックされました。
 
 # LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForOriginOnTrackerByStorageAccessAPI): %3$S, %2$S and %1$S are URLs.
 CookieAllowedForOriginOnTrackerByStorageAccessAPI	=“%1$S” の トラッカー “%2$S” により開かれた “%3$S” へのストレージアクセスが許可されました。
 # LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForTrackerByStorageAccessAPI): %2$S and %1$S are URLs.
 CookieAllowedForTrackerByStorageAccessAPI		=“%1$S” の トラッカー “%2$S” へのストレージアクセスが許可されました。
 # LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForOriginOnTrackerByHeuristic): %3$S, %2$S and %1$S are URLs.
 CookieAllowedForOriginOnTrackerByHeuristic		=“%1$S” の トラッカー “%2$S” により開かれた “%3$S” へのストレージアクセスが自動的に許可されました。
 # LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForTrackerByHeuristic): %2$S and %1$S are URLs.