81.0: sync dom, netwerk, security, toolkit with en-US rev13566:67234acd06a0 (2020-09-02)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sat, 05 Sep 2020 13:04:03 +0900
changeset 1653 2da19918433fe618f52c99a8bc619f659f77ca39
parent 1652 6c00db77dc9ee72c2175055ba2dfd84e3394c529
child 1654 8c9ad15e62d7250e5bf6b82e04b9e0ac30e2c0f4
push id535
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateSat, 05 Sep 2020 04:09:43 +0000
bugs81
81.0: sync dom, netwerk, security, toolkit with en-US rev13566:67234acd06a0 (2020-09-02)
dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
dom/chrome/appstrings.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/css.properties
dom/chrome/layout/htmlparser.properties
dom/chrome/layout/layout_errors.properties
dom/chrome/layout/printing.properties
dom/chrome/layout/xul.properties
dom/chrome/mathml/mathml.properties
dom/chrome/security/caps.properties
dom/chrome/security/csp.properties
dom/chrome/security/security.properties
netwerk/necko.properties
security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
security/manager/security/certificates/certManager.ftl
toolkit/chrome/global/aboutWebrtc.properties
toolkit/chrome/global/autocomplete.properties
toolkit/chrome/global/browser.properties
toolkit/chrome/global/charsetMenu.dtd
toolkit/chrome/global/charsetMenu.properties
toolkit/chrome/global/commonDialog.dtd
toolkit/chrome/global/commonDialogs.properties
toolkit/chrome/global/dialogOverlay.dtd
toolkit/chrome/global/editMenuOverlay.dtd
toolkit/chrome/global/narrate.properties
toolkit/chrome/global/notification.dtd
toolkit/chrome/global/printdialog.properties
toolkit/chrome/global/textcontext.dtd
toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
toolkit/crashreporter/aboutcrashes.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutGlean.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutHttpsOnlyError.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutNetworking.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutTelemetry.ftl
toolkit/toolkit/about/abuseReports.ftl
toolkit/toolkit/featuregates/features.ftl
toolkit/toolkit/global/processTypes.ftl
toolkit/toolkit/global/videocontrols.ftl
toolkit/toolkit/main-window/autocomplete.ftl
toolkit/toolkit/printing/printPreview.ftl
toolkit/toolkit/printing/printUI.ftl
--- a/dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
+++ b/dom/chrome/accessibility/AccessFu.properties
@@ -132,17 +132,16 @@ objItemOfN      =       %1$S / %2$S
 
 # Landmark announcements
 banner         =       バナー領域
 complementary  =       補足的セクション
 contentinfo    =       コンテンツ情報
 main           =       メインコンテンツ
 navigation     =       ナビゲーション
 search         =       検索ツール
-
 region         =       領域
 
 # LOCALIZATION NOTE (tblColumnInfo): Semi-colon list of plural forms.
 # Number of columns within the table.
 # See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
 tblColumnInfo = #1 列
 # LOCALIZATION NOTE (tblRowInfo): Semi-colon list of plural forms.
 # Number of rows within the table or grid.
--- a/dom/chrome/appstrings.properties
+++ b/dom/chrome/appstrings.properties
@@ -18,22 +18,16 @@ netReset			=このページにはデータがありません。
 notCached			=このドキュメントは利用できなくなりました。
 netOffline			=このページはオフラインでは表示できません。オンラインにするには、ファイルメニューから [オフライン作業] のチェックを解除してください。
 isprinting			=印刷中や印刷プレビューの表示中はドキュメントを変更できません。
 deniedPortAccess		=セキュリティ上の理由で無効化されているポート番号に対してアクセスしようとしています。
 proxyResolveFailure		=設定されているプロキシーサーバーが見つかりません。プロキシー設定を確認してから、再試行してください。
 proxyConnectFailure		=設定されているプロキシーサーバーに接続を拒否されました。プロキシー設定を確認してから、再試行してください。
 contentEncodingError		=不正または不明な形式で圧縮されているため、ページを表示できません。
 unsafeContentType		=安全に処理できないファイルタイプを指定しているため、ページを表示できません。この問題についてはウェブサイトの管理者に問い合わせてください。
-externalProtocolTitle		=外部プロトコルの要求
-externalProtocolPrompt		=%1$S: プロトコルのリンクを処理するには外部のプログラムが必要です。\n\n\n次の URL の読み込みが要求されています。\n\n%2$S\n\nプログラム: %3$S\n\n\nこの URL の読み込みが意図していないものである場合、外部プログラムの脆弱性を利用しようとしている可能性があります。問題がないと確信できない限りこの要求はキャンセルしてください。\n
-#LOCALIZATION NOTE (externalProtocolUnknown): The following string is shown if the application name can't be determined
-externalProtocolUnknown		=<不明>
-externalProtocolChkMsg		=今後このプロトコルのリンクを同様に処理する。
-externalProtocolLaunchBtn	=プログラムを起動
 malwareBlocked			=%S のウェブサイトは攻撃サイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 harmfulBlocked			=%S のウェブサイトは潜在的に有害なサイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 unwantedBlocked			=%S のウェブサイトは望ましくないソフトウェアを配布しているサイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 deceptiveBlocked		=%S のウェブページは詐欺サイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 cspBlocked			=このページには、セキュリティポリシーによりページへの読み込みが禁止されたコンテンツが含まれています。
 xfoBlocked			=このページには、このコンテキストへの読み込みを禁止する X-Frame-Options ポリシーが設定されています。
 corruptedContentErrorv2		=%S のウェブサイトで修復不能なネットワークプロトコル違反が発生しました。
 remoteXUL			=このページは、もはや既定では利用できなくなった未対応の技術が使用されています。
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -12,26 +12,22 @@ KillAddonScriptTitle		=警告:: 応答のないアドオンスクリプト
 # %2$S is the name of the application (e.g., Firefox).
 KillAddonScriptMessage		=このページ上で実行中の拡張機能 “%1$S” のスクリプトが原因で %2$S からの応答がありません。\n\nスクリプトがビジー状態か応答を停止している可能性があります。スクリプトを今すぐ停止するか処理が完了するまで待機してください。
 KillAddonScriptGlobalMessage	=次回再読み込みするまで、このページ上で拡張機能のスクリプトが実行されないようにする
 
 StopScriptButton		=スクリプトを停止
 DebugScriptButton		=スクリプトをデバッグ
 WaitForScriptButton		=処理を続行
 DontAskAgain			=次回からは確認しない(&D)
-JSURLLoadBlockedWarning		=ウィンドウに表示中のコンテンツのホストと異なるホストのリソースを \njavascript: URL で読み込むことは、セキュリティ上の理由により禁止されています。
 WindowCloseBlockedWarning	=スクリプトはスクリプトによって開かれたウィンドウ以外を閉じることができません。
 OnBeforeUnloadTitle		=本当によろしいですか?
 OnBeforeUnloadMessage		=このページから移動しますか? 入力したデータは保存されません。
 OnBeforeUnloadStayButton	=このページに留まる
 OnBeforeUnloadLeaveButton	=このページから移動する
-UnexpectedCanvasVariantStyle	=canvas: strokeStyle または fillStyle に文字列、CanvasGradient あるいは CanvasPattern 以外の値を設定することはできません。
 EmptyGetElementByIdParam	=getElementById() に空文字列が渡されました。
-LowMemoryTitle			=警告: メモリー不足
-LowMemoryMessage		=メモリーが不足しているためこのページのスクリプトは停止しました。
 SpeculationFailed		=不平衡なツリーが document.write() を使用して書き込まれたため、ネットワークからのデータが再度パースされます。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/HTML/Optimizing_your_pages_for_speculative_parsing を参照してください。
 DocumentWriteIgnored		=非同期で読み込まれた外部スクリプトからの document.write() の呼び出しは無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE (EditorFileDropFailed): Do not translate contenteditable, %S is the error message explaining why the drop failed.
 EditorFileDropFailed		=contenteditable 要素へのファイルのドロップに失敗しました: %S
 # (^m^) FormValidation* は Bug 598529 を参照
 FormValidationTextTooLong		=テキストを %1$S 文字以下に短くしてください (現在 %2$S 文字です)。
 FormValidationTextTooShort		=少なくとも %1$S 文字以上に長くしてください (現在 %2$S 文字です)。
 FormValidationValueMissing		=このフィールドは入力必須です。
@@ -55,17 +51,16 @@ FormValidationNumberRangeUnderflow	=%S 以上の値を選択してください。
 FormValidationDateTimeRangeUnderflow	=%S 以後の日付または時刻を選択してください。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationStepMismatch): both %S can be a number, a date or a time.
 FormValidationStepMismatch		=正しい値を選択してください。最も近い正しい値は %1$S と %2$S です。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationStepMismatchOneValue): %S can be a number, a date or a time. This is called instead of FormValidationStepMismatch when the second value is the same as the first.
 FormValidationStepMismatchOneValue	=正しい値を選択してください。最も近い正しい値は %S です。
 # LOCALIZATION NOTE (FormValidationTimeReversedRangeUnderflowAndOverflow): %1$S,%2$S are time.
 FormValidationTimeReversedRangeUnderflowAndOverflow	=%1$S から %2$S の間の値を選択してください。
 FormValidationBadInputNumber		=数値を入力してください。
-EnablePrivilegeWarning		=enablePrivilege() メソッドの使用は推奨されません。代わりにアプリケーションと同じ権限で実行されるコード (拡張機能など) を使用してください。
 # (^m^) FullscreenDenied* は Bug 687687, 704039, 706672, 743198 参照。
 FullscreenDeniedDisabled		=ユーザー設定により Fullscreen API が無効化されているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedFocusedPlugin		=ウィンドウ化されたプラグインがフォーカスされているため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedHidden			=document が不可視になったため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedHTMLDialog		=要求した要素が <dialog> 要素のため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedContainerNotAllowed	=document に含まれる要素が iframe でないか “allowfullscreen” 属性を持たないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedNotInputDriven		=Element.requestFullscreen() メソッドがユーザー生成の短期的なイベントハンドラーの内部から呼び出されたものではないため、全画面表示の要求が拒否されました。
 FullscreenDeniedMouseEventOnlyLeftBtn	=Element.requestFullscreen() メソッドがマウスの左ボタンによらないマウスイベントハンドラーの内部から呼び出されたため、全画面表示の要求が拒否されました。
@@ -86,26 +81,23 @@ PointerLockDeniedNotInDocument		=要求した要素が document 内に存在しないため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedSandboxed		=Pointer Lock API がサンドボックス経由で制限されているため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedHidden			=document が不可視のため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedNotFocused		=document がフォーカスされていないため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedMovedDocument		=要求した要素に移動した document があるため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedNotInputDriven		=ユーザー生成の短期的なイベントハンドラーの内部から Element.requestPointerLock() メソッドが呼び出されず、document が全画面表示でないため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 PointerLockDeniedFailedToLock		=ブラウザーがポインターのロックに失敗したため、ポインターロックの要求が拒否されました。
 # (^m^) *XHRWarning は Bug 651072 参照。
 HTMLSyncXHRWarning			=同期モードにおける XMLHttpRequest 中の HTML パースはサポートされません。
-InvalidRedirectChannelWarning		=channel が nsIWritablePropertyBag2 を実装していないため、%S にリダイレクトできません。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the name of the header in question
 ForbiddenHeaderWarning			=禁止されたヘッダーを設定しようとして拒否されました: %S
 ResponseTypeSyncXHRWarning		=window コンテキストの同期モードにおける XMLHttpRequest の responseType プロパティの使用はサポートされなくなりました。
 TimeoutSyncXHRWarning			=XMLHttpRequest の timeout 属性の使用は、window コンテキストの同期モードではサポートしていません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate navigator.sendBeacon, unload, pagehide, or XMLHttpRequest.
 UseSendBeaconDuringUnloadAndPagehideWarning	=unload および pagehide イベント中に同期 XMLHttpRequest の代わりに navigator.sendBeacon を使用するとユーザー体験が向上します。
 JSONCharsetWarning			=XMLHttpRequest を使用して取得した JSON に対して UTF-8 でないエンコーディングの宣言が試みられました。JSON のデコードは UTF-8 のみがサポートされます。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate AudioBufferSourceNode
-MediaBufferSourceNodeResampleOutOfMemory	=再生用の AudioBufferSourceNode をリサンプルするためのメモリーが不足しています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownContentType		=decodeAudioData へ渡されたバッファに種類不明のコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataUnknownError		=decodeAudioData の処理中に原因不明のエラーが発生しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataInvalidContent		=decodeAudioData へ渡されたバッファにデコードできない不正なコンテンツが含まれています。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate decodeAudioData.
 MediaDecodeAudioDataNoAudio			=decodeAudioData へ渡されたバッファに音声が含まれていません。
@@ -117,26 +109,22 @@ MediaStreamAudioSourceNodeCrossOrigin		=createMediaStreamSource へ渡された MediaStream に生成元の異なるリソースが含まれています。このノードの音声は出力されません。
 MediaStreamTrackAudioSourceNodeCrossOrigin	=createMediaStreamTrackSource へ渡された MediaStreamTrack は生成元の異なるリソースです。このノードの音声は出力されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate HTMLMediaElement and MediaStream.
 MediaElementAudioCaptureOfMediaStreamError	=捕捉された HTMLMediaElement は MediaStream を再生中です。音量とミュートの設定は現在サポートされていません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate HTMLMediaElement and MediaStream.
 MediaElementStreamCaptureCycle			=この HTMLMediaElement で捕捉し srcObject に割り当てられた MediaStream が自己参照により循環しているため、この割り当ては無視されました。
 MediaLoadExhaustedCandidates			=リソース候補の読み込みがすべて失敗しました。メディアの読み込みを一時停止します。
 MediaLoadSourceMissingSrc			=<source> 要素に “src” 属性がありません。メディアを読み込めませんでした。
 MediaStreamAudioSourceNodeDifferentRate		=オーディオコンテキストから違うサンプルレートでのオーディオノードへの接続はサポートされていません。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate ConvolverNode
-ConvolverNodeAllocationError			=ConvolverNode のインスタンス生成時にメモリー不足エラーが発生しました。このノードの音声は出力されません。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the Http error code the server returned (e.g. 404, 500, etc), %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadHttpError				=HTTP 通信に失敗しました。ステータス: %1$S メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadInvalidURI				=URI が正しくありません。メディア %S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the media resource's format/codec type (basically equivalent to the file type, e.g. MP4,AVI,WMV,MOV etc), %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadUnsupportedTypeAttribute		=“%1$S” で指定された “type” 属性はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
-# LOCALIZATION NOTE: %1$S is the "media" attribute value of the <source> element. It is a media query. %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
-MediaLoadSourceMediaNotMatched			=“%1$S” で指定された “media” 属性は環境と一致しません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
 MediaLoadUnsupportedTypeAttributeLoadingNextChild	=“%1$S” で指定された “type” 属性はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。次の <source> 要素からの読み込みを試みます。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the MIME type HTTP header being sent by the web server, %2$S is the URL of the media resource which failed to load.
 MediaLoadUnsupportedMimeType			=“%1$S” の HTTP “Content-Type” はサポートされていません。メディア %2$S を読み込めませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the media resource which failed to load because of error in decoding.
 MediaLoadDecodeError				=メディア %S をデコードできませんでした。
 MediaWidevineNoWMF				=Widevine を Windows Media Foundation なしで再生しようとしています。https://support.mozilla.org/kb/fix-video-audio-problems-firefox-windows を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is a comma-separated list of codecs (e.g. 'video/mp4, video/webm')
 MediaWMFNeeded					=%S の動画形式を再生するには、追加の Microsoft ソフトウェアをインストールする必要があります。https://support.mozilla.org/kb/fix-video-audio-problems-firefox-windows を参照してください。
@@ -149,18 +137,16 @@ MediaDecodeError				=メディアリソース %1$S をデコードできませんでした。エラー: %2$S
 MediaDecodeWarning				=メディアリソース %1$S をデコードできましたがエラーがあります: %2$S
 # LOCALIZATION NOTE: %S is a comma-separated list of codecs (e.g. 'video/mp4, video/webm')
 MediaCannotPlayNoDecoders			=メディアを再生できませんでした。要求された形式のデコーダーがありません: %S
 # LOCALIZATION NOTE: %S is a comma-separated list of codecs (e.g. 'video/mp4, video/webm')
 MediaNoDecoders					=要求された形式のデコーダーがありません: %S
 MediaCannotInitializePulseAudio			=PulseAudio を使用できません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "MediaRecorder".
 MediaRecorderMultiTracksNotSupported		=MediaRecorder は同形式の複数トラックのレコーディングをまだサポートしていません。
-# LOCALIZATION NOTE: %S is the ID of the MediaStreamTrack passed to MediaStream.addTrack(). Do not translate "MediaStreamTrack" and "AudioChannel".
-MediaStreamAddTrackDifferentAudioChannel	=MediaStreamTrack %S は異なる AudioChannel に属するため追加できませんでした。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the web page which is not served on HTTPS and thus is not encrypted and considered insecure.
 MediaEMEInsecureContextDeprecatedWarning	=安全でない (HTTPS でない) コンテキストの %S で Encrypted Media Extensions を使用することは推奨されません。間もなく削除されます。HTTPS などの安全な生成元に切り替えることを検討してください。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the web page which is calling web APIs without passing data (either an audioCapabilities or a videoCapabilities) that will soon be required. See https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1368583#c21 for explanation of this string.
 MediaEMENoCapabilitiesDeprecatedWarning		=audioCapabilities または videoCapabilities を含む、候補の MediaKeySystemConfiguration を渡さずに navigator.requestMediaKeySystemAccess() を (%S で) 呼び出すことは推奨されません。間もなくサポートされなくなります。
 # LOCALIZATION NOTE: %S is the URL of the web page which is calling web APIs without passing data (a "codecs" string in the "contentType") that will soon be required. See https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1368583#c21 for explanation of this string.
 MediaEMENoCodecsDeprecatedWarning		=contentType に “codecs” を持たない audioCapabilities または videoCapabilities を含む、候補の MediaKeySystemConfiguration を渡して navigator.requestMediaKeySystemAccess() を (%S で) 呼び出すことは推奨されません。間もなくサポートされなくなります。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Mutation Event" and "MutationObserver"
 MutationEventWarning			=Mutation Event の使用は推奨されません。代わりに MutationObserver を使用してください。
@@ -171,43 +157,33 @@ ComponentsWarning			=Components オブジェクトは推奨されません。間もなく削除されます。
 PluginHangUITitle			=警告: プラグインの応答がありません
 PluginHangUIMessage			=%S プラグインがビジー状態か応答を停止している可能性があります。プラグインを今すぐ停止するか処理が完了するまで待機してください。
 PluginHangUIWaitButton			=待機
 PluginHangUIStopButton			=プラグインを停止
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "NodeIterator" or "detach()".
 NodeIteratorDetachWarning		=NodeIterator 上の detach() 関数の呼び出しは無効です。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "LenientThis" and "this"
 LenientThisWarning			=“this” オブジェクトが正しくないため、[LenientThis] を持つプロパティの get または set は無視されます。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "mozGetAsFile" or "toBlob"
-MozGetAsFileWarning			=非標準の mozGetAsFile メソッドの使用は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに標準の toBlob メソッドを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "captureEvents()" or "addEventListener()"
 UseOfCaptureEventsWarning		=captureEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の addEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/EventTarget/addEventListener を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "releaseEvents()" or "removeEventListener()"
 UseOfReleaseEventsWarning		=releaseEvents() の使用は推奨されません。DOM 2 の removeEventListener() メソッドを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/EventTarget/removeEventListener を参照してください。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "document.load()" or "XMLHttpRequest"
-UseOfDOM3LoadMethodWarning		=document.load() の使用は推奨されません。DOM の XMLHttpRequest オブジェクトを使用するコードに書き換えてください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/XMLHttpRequest を参照してください。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.showModalDialog()" or "window.open()"
-ShowModalDialogWarning			=window.showModalDialog() の使用は推奨されません。代わりに window.open() を使用してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Window/open を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "XMLHttpRequest"
 SyncXMLHttpRequestWarning		=ユーザー体験に対して好ましくない影響があるため、メインスレッドでの同期 XMLHttpRequest は推奨されません。詳しくは http://xhr.spec.whatwg.org/ を参照してください。
-ImplicitMetaViewportTagFallback		=viewport が設定された meta タグがありません。将来のバージョンで予期せぬ挙動の変化を防ぐため、明示的に viewport を設定してください。詳しくは https://developer.mozilla.org/docs/Mozilla/Mobile/Viewport_meta_tag を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "window.controllers/Controllers"
 Window_Cc_ontrollersWarning		=window.controllers/Controllers は推奨されません。これを UA の検出に使用しないでください。
 ImportXULIntoContentWarning		=XUL ノードのコンテンツドキュメントへのインポートは推奨されません。この関数は間もなく削除されます。
-XMLDocumentLoadPrincipalMismatch	=他のウィンドウから開いたドキュメント上での document.load の使用は禁止されています。ウィンドウ内に作成されたドキュメントのみ、呼び出しが許可されます。代わりに XMLHttpRequest の使用が推奨されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "IndexedDB".
 IndexedDBTransactionAbortNavigation	=未完了の IndexedDB トランザクションがページ遷移により中止されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate Will-change, %1$S,%2$S are numbers.
 IgnoringWillChangeOverBudgetWarning	=will-change のメモリー消費量が多すぎます。予約サイズの制限は document の表面領域の %1$S 倍の値です (%2$Spx)。予約サイズを超えた場合、document で発生するすべての will-change は無視されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Worker".
 HittingMaxWorkersPerDomain2		=Worker をすぐに開始できませんでした。同一生成元の他のドキュメントがすでに worker の数を上限まで使用しています。Worker をキューに追加し、他の worker の完了後に開始します。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Application Cache API", "AppCache" and "ServiceWorker".
 AppCacheWarning				=Application Cache API (AppCache) は推奨されません。将来のバージョンで削除されます。オフラインサポートには ServiceWorker を使用してください。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Application Cache API", "AppCache".
-AppCacheInsecureWarning			=Application Cache API (AppCache) はバージョン 62 以降、安全でない接続で使用できなくなります。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Worker".
 EmptyWorkerSourceWarning		=空ソースから Worker を作成しようとしています。これは意図されていない可能性があります。
 WebrtcDeprecatedPrefixWarning		=“moz” 接頭辞付きの WebRTC インターフェイス (mozRTCPeerConnection, mozRTCSessionDescription, mozRTCIceCandidate) は推奨されません。
 NavigatorGetUserMediaWarning		=navigator.mozGetUserMedia は navigator.mediaDevices.getUserMedia に置き換えられました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "RTCPeerConnection", "getLocalStreams", "getRemoteStreams", "getSenders" or "getReceivers".
 RTCPeerConnectionGetStreamsWarning	=RTCPeerConnection.getLocalStreams/getRemoteStreams は推奨されません。代わりに RTCPeerConnection.getSenders/getReceivers を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ServiceWorker". %S is a URL.
 InterceptionFailedWithURL		=‘%S’ の読み込みに失敗しました。ServiceWorker の要求に割り込みが発生し予期せぬエラーに遭遇しました。
@@ -320,20 +296,16 @@ PushMessageBadPaddingError		=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker がプッシュメッセージの復号に失敗しました。暗号化されたメッセージ内のレコードが正しくパディングされていません。詳しい情報は https://tools.ietf.org/html/draft-ietf-httpbis-encryption-encoding-02#section-2 を参照してください。
 # %1$S is the ServiceWorker scope URL.
 PushMessageBadCryptoError		=スコープ ‘%1$S’ の ServiceWorker がプッシュメッセージの復号に失敗しました。暗号化については https://developer.mozilla.org/docs/Web/API/Push_API/Using_the_Push_API#Encryption を参照してください。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the type of a DOM event. 'passive' is a literal parameter from the DOM spec.
 PreventDefaultFromPassiveListenerWarning	=‘%1$S’形式のイベントで ‘passive’ として登録されたリスナからの ‘preventDefault()’ の呼び出しを無視します。
 # LOCALIZATION NOTE: 'ImageBitmapRenderingContext.transferImageBitmap' and 'ImageBitmapRenderingContext.transferFromImageBitmap' should not be translated
 ImageBitmapRenderingContext_TransferImageBitmapWarning	=ImageBitmapRenderingContext.transferImageBitmap は推奨されません。間もなく削除されます。代わりに ImageBitmapRenderingContext.transferFromImageBitmap を使用してください。
 IIRFilterChannelCountChangeWarning	=IIRFilterNode チャンネルカウントの変更は音声不調の原因となる可能性があります
 BiquadFilterChannelCountChangeWarning	=BiquadFilterNode チャンネルカウントの変更は音声不調の原因となる可能性があります
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".jpeg"
-GenericImageNameJPEG			=image.jpeg
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".gif"
-GenericImageNameGIF			=image.gif
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate ".png"
 GenericImageNamePNG			=image.png
 GenericFileName				=file
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name
 LargeAllocationSuccess			=Large-Allocation ヘッダーにより、このページは新しいプロセスに読み込まれました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name. Do not translate GET.
 LargeAllocationNonGetRequest		=GET 要求によらずにページが読み込まれたため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name. Do not translate `window.opener`.
@@ -366,31 +338,26 @@ ModuleSourceMalformed			=モジュールのソース URI の書式が正しくありません: “%S”。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "<script>".
 ScriptSourceNotAllowed			=この document では <script> のソース URI は許可されていません: “%S”。
 ModuleSourceNotAllowed			=この document ではモジュールのソース URI は許可されていません: “%S”。
 ModuleResolveFailure			=モジュール指定 “%S” の解決時にエラーが発生しました。モジュール指定の相対パスは “./” または “../”, “/” のいずれかで始まらなければなりません。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the invalid property value and %2$S is the property name.
 InvalidKeyframePropertyValue		=Keyframe のプロパティ値 “%1$S” は “%2$S” の構文として正しくありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ReadableStream".
 ReadableStreamReadingFailed		=ReadableStream からのデータの読み込みに失敗しました: “%S”。
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "registerProtocolHandler".
-RegisterProtocolHandlerInsecureWarning	=registerProtocolHandler はバージョン 62 以降、安全でない接続で使用できなくなります。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "registerProtocolHandler"
 RegisterProtocolHandlerPrivateBrowsingWarning	=registerProtocolHandler はプライベートブラウジングモード内部で使用できません。
-MixedDisplayObjectSubrequestWarning	=安全な接続でプラウグインに埋め込まれた安全でないコンテンツを読み込むことはできなくなります。
 MotionEventWarning			=モーションセンサーの使用は推奨されません。
 OrientationEventWarning			=方位センサーの使用は推奨されません。
 ProximityEventWarning			=近接センサーの使用は推奨されません。
 AmbientLightEventWarning		=環境光センサーの使用は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "storage", "indexedDB.open" and "navigator.storage.persist()".
 IDBOpenDBOptions_StorageTypeWarning	=indexedDB.open に渡されるオプション‘storage’属性は推奨されません。まもなく削除されます。永続ストレージを利用するには、代わりに navigator.storage.persist() を使用してください。
-DOMQuadBoundsAttrWarning		=DOMQuad.bounds の使用は推奨されません。代わりに DOMQuad.getBounds() を使用してください。
 UnsupportedEntryTypesIgnored		=エントリー種別 %S はサポートされていません。無視されます。
 AllEntryTypesIgnored			=正しい entryTypes がありません。登録を中止します。
-
 # LOCALIZATION NOTE: do not localize key=“%S” modifiers=“%S” id=“%S”
 GTK2Conflict2				=GTK2 上のキーイベントは利用できません: key=“%S” modifiers=“%S” id=“%S”
 WinConflict2				=一部のキーボードレイアウトではキーイベントが利用できません: key=“%S” modifiers=“%S” id=“%S”
 # LOCALIZATION NOTE: do not trnaslated "document.domain"
 DocumentSetDomainNotAllowedWarning	=クロスオリジンの隔離された環境で document.domain を設定することは許可されていません。
 
 #LOCALIZATION NOTE(DeprecatedTestingInterfaceWarning): Do not translate this message. It's just testing only.
 DeprecatedTestingInterfaceWarning	=TestingDeprecatedInterface はテスト用のインターフェイスであり、自身の非推奨メッセージをテストするためのものです。
--- a/dom/chrome/layout/css.properties
+++ b/dom/chrome/layout/css.properties
@@ -1,194 +1,48 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 MimeNotCss	= MIME タイプが “text/css” ではなく “%2$S” となっているため、スタイルシート %1$S は読み込まれていません。
 MimeNotCssWarn	= MIME タイプが “text/css” ではなく “%2$S” となっていますが、スタイルシート %1$S は CSSとして読み込まれました。
 
-# (^^; 以下すべて ParseError メッセージとして http://lxr.mozilla.org/mozilla/source/layout/style/nsCSSParser.cpp で使用
-# *EOF は nsCSSScanner::ReportUnexpectedEOF() の引数 aLookingFor として使用され PEUnexpEOF の %1$S の置き換えに使用される...
-# http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSScanner.cpp#377
+# (^^; 以下すべて ParseError メッセージとして使用
 # style rule := selector { declaration }
-PEUnexpEOF2			=%1$S の検索中に予期せずファイル終端に達しました。
-PEParseRuleWSOnly		=空白だけの文字列がパース対象規則に指定されています。
-
 PEDeclDropped			=このスタイル宣言は無視されました。
 PEDeclSkipped			=これを無視して次のスタイル宣言を処理します。
 PEUnknownProperty		=不明なプロパティ ‘%1$S’ が使用されています。
 PEValueParsingError		=‘%1$S’ の値をパース中にエラーが発生しました。
-PEExpectEndValue		=値が終わらずに末尾に ‘%1$S’ が続いています。
-PERuleTrailing			=規則が終わらずに末尾に ‘%1$S’ が続いています。
-PESkipAtRuleEOF2		=@ 規則部の終わり
 PEUnknownAtRule			=@ 規則 ‘%1$S’ を識別できないか、パースエラーが発生しました
-PECharsetRuleEOF		=@charset 規則の文字エンコーディング名
-PECharsetRuleNotString		=文字エンコーディング名であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEGatherMediaEOF		=@import 規則または @media 規則のメディアリストの終わり
 PEMQUnexpectedOperator		=メディアリスト中に不明な演算子があります。
 PEMQUnexpectedToken		=メディアリスト中に不明なトークン ‘%1$S’ があります。
-PEGatherMediaNotComma		=メディアリスト中の ‘,’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEGatherMediaNotIdent		=メディアリスト中の識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEGatherMediaReservedMediaType	=メディアタイプの検索時に予約キーワード ‘%1$S’ が見つかりました。
-PEParseSourceSizeListEOF	=メディアのマッチ条件の長さの値
-PEParseSourceSizeListNotComma	=値の後の ‘,’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEImportNotURI			=@import 規則中の URI であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEImportBadURI			=@import 規則中の URI が不正です: ‘%1$S’
-PEImportUnexpected		=@import 規則中に不正なトークン ‘%1$S’ が含まれています。
-PEGroupRuleEOF2			=@media, @supports 規則または @-moz-document 規則の終わり
-PEGroupRuleNestedAtRule		=%1$S 規則は @media 規則または @-moz-document 規則内では使用できません。
-PEMozDocRuleBadFunc2		=@-moz-document 規則中の url(), url-prefix(), domain(), regexp() いずれかであるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEMozDocRuleNotURI		=@-moz-document 規則中の URI であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEMozDocRuleNotString		=@-moz-document 規則中の regexp() 関数であるべき文字列が ‘%1$S’ になっています。
-PEMozDocRuleEOF			=次は @-moz-document 規則中の URI
-PEAtNSPrefixEOF			=@namespace 規則の接頭辞
-PEAtNSURIEOF			=@namespace 規則の名前空間 URI
 PEAtNSUnexpected		=@namespace 規則中に不正なトークン ‘%1$S’ が含まれています。
-PEKeyframeNameEOF		=@keyframes 規則の名前。
 PEKeyframeBadName		=@keyframes 規則名の識別子がありません。
-PEKeyframeBrace			=@keyframes 規則を開く ‘{’ がありません。
-PESkipDeclBraceEOF		=宣言ブロックを閉じる ‘}’
-PESkipRSBraceEOF		=不正な規則セットを閉じる ‘}’
 PEBadSelectorRSIgnored		=セレクターが不正であるため、規則セットは無視されました。
 PEBadSelectorKeyframeRuleIgnored	=識別子が不正であるため、規則セットは無視されました。
-PESelectorListExtraEOF		=‘,’ または ‘{’
-PESelectorListExtra		=‘,’ または ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PESelectorGroupNoSelector	=正しいセレクターではありません。
 PESelectorGroupExtraCombinator	=セレクター結合子が連続しています。
-PECounterStyleNotIdent		=@counter-style 規則名の識別子がありません。
-PECounterStyleBadName		=@counter-style 規則名を ‘%1$S’ にすることはできません。
-PECounterStyleBadBlockStart	=@counter-style 規則を開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PECounterStyleEOF		=@counter-style ブロックを閉じる ‘}’
-PECounterDescExpected		=カウンタ記述子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEUnknownCounterDesc		=@counter-style 規則内に不明な記述子 ‘%1$S’ が使用されています。
-PECounterExtendsNotIdent	=システムを拡張する記述子であるべきところに ‘%1$S’ が見つかりました。
-PECounterASWeight		=付加記号の各記述子のウエイトは前のウエイトより小さくなければなりません。
-# (^^; foo > + bar とかいった状況だと思う http://lxr.mozilla.org/seamonkey/source/layout/style/nsCSSParser.cpp#1926
-PEClassSelEOF			=クラス名
 PEClassSelNotIdent		=クラスセレクターの識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PECoordinatePair		=座標の対であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PETypeSelEOF			=要素名
 PETypeSelNotType		=要素名または ‘*’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEUnknownNamespacePrefix	=不明な名前空間接頭辞 ‘%1$S’ が使用されています。
-PEAttributeNameEOF		=属性名
 PEAttributeNameExpected		=属性の識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEAttributeNameOrNamespaceExpected	=属性名または名前空間であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEAttSelNoBar			=‘|’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEAttSelInnerEOF		=属性セレクターの一部
 PEAttSelUnexpected		=属性セレクター中に不正なトークン ‘%1$S’ が含まれています。
-PEAttSelValueEOF		=属性値
-PEAttSelCloseEOF		=属性セレクター終わりの ‘]’
-PEAttSelNoClose			=属性セレクター終わりの ‘]’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEAttSelBadValue		=属性セレクター中の識別子または値の文字列であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEPseudoSelEOF			=擬似クラス名または擬似要素名
 PEPseudoSelBadName		=擬似クラスまたは擬似要素の識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEPseudoSelNonFunc		=‘%1$S’ では擬似クラス、擬似要素などの非関数部に関数トークンが使用されています。
-# (^^; PEPseudoSelNonFunc は妖しい
-PEPseudoSelNotPE		=擬似要素であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 # (^^; 以下の否定擬似クラスについては http://www.w3.org/TR/2001/CR-css3-selectors-20011113/#negation 参照
-PEPseudoSelDoubleNot		=否定擬似クラスを否定することはできません: ‘%1$S’
-PEPseudoSelPEInNot		=擬似要素を否定することはできません: ‘%1$S’
-PEPseudoSelNewStyleOnly		=この擬似要素は “::” 形式で書かれなければなりません: ‘%1$S’
 PEPseudoSelEndOrUserActionPC	=セレクター末尾または擬似要素に続くユーザー操作の擬似クラスであるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEPseudoSelNoUserActionPC	=ユーザー操作の擬似クラスをサポートしない擬似要素の後のセレクター末尾であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEPseudoSelMultiplePE		=余分な擬似要素 ‘%1$S’ があります。
 PEPseudoSelUnknown		=不明な擬似クラスまたは擬似要素 ‘%1$S’ が使用されています。
-PENegationEOF			=否定対象セレクター
-PENegationBadInner		=否定擬似クラスの引数 ‘%1$S’ は正しい単純セレクターではありません。
-PENegationNoClose		=否定擬似クラス ‘%1$S’ を閉じる ‘)’ がありません。
 PENegationBadArg		=否定擬似クラス ‘%1$S’ の引数がありません。
-PEPseudoClassArgEOF		=擬似クラスの引数
 PEPseudoClassArgNotIdent	=擬似クラス中の識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEPseudoClassArgNotNth		=擬似クラスの引数の一部であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEPseudoClassNoClose		=擬似クラス ‘%1$S’ を閉じる ‘)’ がありません。
-PEPseudoClassNoArg		=擬似クラス ‘%1$S’ の引数がありません。
-PEPseudoClassNotUserAction	=セレクター末尾または擬似要素に続くユーザー操作の擬似クラスであるべきところが擬似クラス ‘%1$S’ になっています。
-PESelectorEOF			=セレクター
-PEBadDeclBlockStart		=宣言ブロックを開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEColorEOF			=色名または RGB 値
 PEColorNotColor			=色であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEColorComponentEOF		=色の RGB 値
-PEExpectedPercent		=パーセント指定であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEExpectedInt			=整数値であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEExpectedNumberOrAngle		=数値または角度であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEExpectedNumberOrPercent	=数値またはパーセント指定であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEColorBadRGBContents		=rgb() 指定中の数値またはパーセント指定であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEColorComponentBadTerm		=‘%2$S’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEExpectedComma			=‘,’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEColorSaturationEOF		=彩度
-PEColorLightnessEOF		=明度
-PEColorOpacityEOF		=色の透明度
-PEExpectedNumber		=数値であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEPositionEOF			=<position>
-PEExpectedPosition		=<position> であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEExpectedRadius		=radius であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEExpectedCloseParen		=‘)’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEDeclEndEOF			=スタイル宣言終わりの ‘;’ または ‘}’
-PEParseDeclarationNoColon	=‘:’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEParseDeclarationDeclExpected	=スタイル宣言であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEEndOfDeclEOF			=スタイル宣言の終わり
-PEImportantEOF			=important
-PEExpectedImportant		=‘important’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEBadDeclEnd			=スタイル宣言終わりの ‘;’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEBadDeclOrRuleEnd2		=スタイル宣言終わりの ‘;’ または ‘}’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEInaccessibleProperty2		=内部的にのみ使われるプロパティには値を設定できません。
-PECommentEOF			=コメント部の終わり
-SEUnterminatedString		=閉じられていない文字列があります: ‘%1$S’
-PEFontDescExpected		=フォント記述子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEUnknownFontDesc		=@font-face 規則中に不明な記述子 ‘%1$S’ が使用されています。
-# (^^; メディアクエリーまわりの用語は要再確認
-PEMQExpectedExpressionStart	=メディアクエリー式を開始する ‘(’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEMQExpressionEOF		=メディアクエリー式の内容
 PEMQExpectedFeatureName		=メディア特性名であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEMQExpectedFeatureNameEnd	=メディア特性名の後の ‘:’ または ‘)’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEMQNoMinMaxWithoutValue	=メディア特性の min- または max- に値を指定する必要があります。
 PEMQExpectedFeatureValue	=メディア特性に不正な値が指定されています。
-PEBadFontBlockStart			=@font-face 規則を開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEBadFontBlockEnd			=@font-face 規則を終了する ‘}’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEAnonBoxNotAlone			=匿名ボックスではありません。
-PEFFVUnexpectedEOF			=@font-feature-values 規則の途中で終端に達してしまいました。
-PEFFVBlockStart				=@font-feature-values 規則を開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEFFVValueSetStart			=機能値のセットを開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEFFVNoFamily				=@font-feature-values 規則のフォントファミリーのリストであるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEFFVUnexpectedBlockEnd			=@font-feature-values 規則を終了する ‘}’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEFFVUnknownFontVariantPropValue	=font-variant プロパティに不明な値 ‘%1$S’ が指定されています。
-PEFFVExpectedIdent			=識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEFFVExpectedValue			=負でない整数値であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEFFVTooManyValues			=機能タイプ ‘%1$S’ に指定された値が多すぎます。
-PEFFVGenericInFamilyList		=ファミリーリストに一般的なフォントファミリー名を含めることはできません。
-PEFFVValueDefinitionTrailing		=値の定義の終端であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEBadDirValue				=‘ltr’ または ‘rtl’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PESupportsConditionStartEOF2		=‘not’, ‘(’ または関数
-PESupportsConditionInParensEOF		=‘)’
-PESupportsConditionNotEOF		=‘not’
-PESupportsWhitespaceRequired		=‘not’ または ‘and’, ‘or’ の後に空白がありません。
-PESupportsConditionExpectedOpenParenOrFunction	=@supports 規則の条件のパースで、‘(’ または関数であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PESupportsConditionExpectedCloseParen	=@supports 規則の条件のパースで、‘)’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PESupportsConditionExpectedStart2	=@supports 規則の条件のパースで、‘not’ か ‘(’ または関数であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PESupportsConditionExpectedNot		=@supports 規則の条件のパースで、‘not’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PESupportsGroupRuleStart		=@supports 規則を開始する ‘{’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEFilterEOF				=フィルター
 PEExpectedNoneOrURL			=‘none’ または URL であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
 PEExpectedNoneOrURLOrFilterFunction	=‘none’ または URL、フィルター関数であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEExpectedNonnegativeNP			=負でない整数値またはパーセント指定にしてください。
-PEFilterFunctionArgumentsParsingError	=フィルター関数の引数のパース中にエラーが発生しました。
-PEVariableEOF				=変数
-PEVariableEmpty				=変数であるべきところが、‘%1$S’ になっています。
-# LOCALIZATION NOTE(PEValueWithVariablesParsingErrorInValue): %1$S is replaced
-# with the property name and %2$S is replaced with the property value.
-PEValueWithVariablesParsingErrorInValue	=変数を展開した値 ‘%1$S’ のパース中にエラーが発生しました。生成された値は ‘%2$S’ でした。
-PEValueWithVariablesFallbackInherit	=‘inherit’ にフォールバックします。
-PEValueWithVariablesFallbackInitial	=‘initial’ にフォールバックします。
-PEInvalidVariableReference		=プロパティに無効な変数への参照が含まれています。
-PEInvalidVariableTokenFallback		=変数参照フォールバックのトップレベルで、無効なトークン ‘%1$S’ が見つかりました。
-PEExpectedVariableNameEOF		=変数名識別子
-PEExpectedVariableName			=変数名識別子であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PEExpectedVariableFallback		=‘,’ の次はフォールバック参照であるべきです。
-PEExpectedVariableCommaOrCloseParen	=変数名の次は ‘,’ または ‘)’ であるべきところが ‘%1$S’ になっています。
-PESubgridNotSupported			=CSS Gird の ‘subgrid’ キーワードのサポートが有効になっていません。
-PEMoreThanOneGridRepeatAutoFillInNameList	=repeat(auto-fill, ...) はサブグリッドの名前リスト内で一度しか許可されていません。
-PEMoreThanOneGridRepeatAutoFillFitInTrackList	=repeat(auto-fill, ...) または repeat(auto-fit, ...) はトラックリスト内で一度しか許可されていません。
-PEMoreThanOneGridRepeatTrackSize	=トラックサイズの指定は repeat(auto-fit/auto-fill, ...) 内で一個しか許可されていません。
-
 PEDisallowedImportRule			=後で構築されたスタイルシート内の @import 規則はまだ検証されていません。
 
 TooLargeDashedRadius			=‘dashed’ スタイルの border radius が大きすぎます (最大 100000px まで)。実線で描画します。
 TooLargeDottedRadius			=‘dotted’ スタイルの border radius が大きすぎます (最大 100000px まで)。実線で描画します。
--- a/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
+++ b/dom/chrome/layout/htmlparser.properties
@@ -101,18 +101,20 @@ errNonSpaceAfterBody		=Non-space charact
 errNonSpaceInColgroupInFragment	=Non-space in "colgroup" when parsing fragment.
 errNonSpaceInNoscriptInHead	=Non-space character inside "noscript" inside "head".
 errFooBetweenHeadAndBody	="%1$S" element between "head" and "body".
 errStartTagWithoutDoctype	=Start tag seen without seeing a doctype first. Expected "<!DOCTYPE html>".
 errNoSelectInTableScope		=No "select" in table scope.
 errStartSelectWhereEndSelectExpected	="select" start tag where end tag expected.
 errStartTagWithSelectOpen	="%1$S" start tag with "select" open.
 errBadStartTagInHead2		=Bad start tag "%1$S" in "head".
+errBadStartTagInNoscriptInHead	=Bad start tag “%1$S” in “noscript” in “head”.
 errImage			=Saw a start tag "image".
 errFooSeenWhenFooOpen		=An "%1$S" start tag seen but an element of the same type was already open.
+errFooSeenWhenFooOpen2		=Start tag “%1$S” seen but an element of the same type was already open.
 errHeadingWhenHeadingOpen	=Heading cannot be a child of another heading.
 errFramesetStart		="frameset" start tag seen.
 errNoCellToClose		=No cell to close.
 errStartTagInTable		=Start tag "%1$S" seen in "table".
 errFormWhenFormOpen		=Saw a "form" start tag, but there was already an active "form" element. Nested forms are not allowed. Ignoring the tag.
 errTableSeenWhileTableOpen	=Start tag for "table" seen but the previous "table" is still open.
 errStartTagInTableBody		="%1$S" start tag in table body.
 errEndTagSeenWithoutDoctype	=End tag seen without seeing a doctype first. Expected "<!DOCTYPE html>".
--- a/dom/chrome/layout/layout_errors.properties
+++ b/dom/chrome/layout/layout_errors.properties
@@ -18,19 +18,16 @@ CompositorAnimationWarningContentTooLargeArea			=フレームの領域 (%1$S) がビューポートに対して大きすぎる (%2$S より大きい) ため、このコンポジターではアニメーションを実行できません。
 ## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningContentTooLarge2):
 ## (%1$S, %2$S) is a pair of integer values of the frame size
 ## (%3$S, %4$S) is a pair of integer values of a limit based on the viewport size
 ## (%5$S, %6$S) is a pair of integer values of an absolute limit
 CompositorAnimationWarningContentTooLarge2			=フレームサイズ (%1$S, %2$S) がビューポートに対して大きい ((%3$S, %4$S) より大きい) か、許容される最大値 (%5$S, %6$S) より大きいため、このコンポジターではアニメーションを実行できません。
 ## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningTransformBackfaceVisibilityHidden):
 ## 'backface-visibility: hidden' is a CSS property, don't translate it.
 CompositorAnimationWarningTransformBackfaceVisibilityHidden	=このコンポジターでは ‘backface-visibility: hidden’ のアニメーションを実行できません。
-## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningTransformPreserve3D):
-## 'transform-style: preserve-3d' is a CSS property, don't translate it.
-CompositorAnimationWarningTransformPreserve3D			=このコンポジターでは ‘transform-style: preserve-3d’ のアニメーションを実行できません。
 ## LOCALIZATION NOTE(CompositorAnimationWarningTransformSVG,
 ##                   CompositorAnimationWarningTransformWithGeometricProperties,
 ##                   CompositorAnimationWarningTransformWithSyncGeometricAnimations,
 ##                   CompositorAnimationWarningTransformFrameInactive,
 ##                   CompositorAnimationWarningOpacityFrameInactive):
 ## 'transform' and 'opacity' mean CSS property names, don't translate it.
 CompositorAnimationWarningTransformSVG				=このコンポジターでは SVG 変形を伴う要素上の ‘transform’ アニメーションを実行できません。
 CompositorAnimationWarningTransformWithGeometricProperties	=同一要素上の位置プロパティを同時にアニメーションする場合、このコンポジターでは ‘transform’ のアニメーションを実行できません。
--- a/dom/chrome/layout/printing.properties
+++ b/dom/chrome/layout/printing.properties
@@ -13,22 +13,17 @@ pagenumber			=%1$d
 ## @page_number The current page number
 ## @page_total The total number of pages
 #LOCALIZATION NOTE (pageofpages): Do not translate %ld in the following line.
 # Place the word %ld where the page number and number of pages should be
 # The first %ld will receive the the page number
 # the second %ld will receive the total number of pages
 pageofpages			=%1$d / %2$d
 
-noprinter			=有効なプリンターがありません
-
 PrintToFile			=ファイルへ印刷する
-noPrintFilename.title		=ファイル名がありません
-noPrintFilename.alert		=[ファイルへ出力] が選択されていますが、ファイル名が指定されていません。
-fileConfirm.exists		=%S はすでに存在します。\n上書きしますか?
 print_error_dialog_title	=印刷エラー
 printpreview_error_dialog_title	=印刷プレビューエラー
 
 # Printing error messages.
 #LOCALIZATION NOTE: Some of these messages come in pairs, one
 # for printing and one for print previewing.  You can remove that
 # distinction in your language by removing the entity with the _PP
 # suffix; then the entity without a suffix will be used for both.
--- a/dom/chrome/layout/xul.properties
+++ b/dom/chrome/layout/xul.properties
@@ -1,9 +1,5 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-MissingOverlay		=オーバーレイ %1$S を正しく読み込めませんでした。
-
 PINotInProlog		=<?%1$S?> 処理命令は prolog 外では無効です (bug 360119 参照)。
-NeededToWrapXUL		=%1$S 要素の XUL ボックスがインラインの子要素 %2$S を含んでいるため、すべての子はブロック中で折り返されます。
-NeededToWrapXULInlineBox=%1$S 要素の XUL ボックスがインラインの子要素 %2$S を含んでいるため、すべての子はブロック中で折り返されます。このエラーは “display: -moz-inline-box” を “display: -moz-inline-box; display: inline-block” で置き換えると解決できるでしょう。
--- a/dom/chrome/mathml/mathml.properties
+++ b/dom/chrome/mathml/mathml.properties
@@ -8,10 +8,9 @@ DuplicateMprescripts	=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内に <mprescripts/> を複数置くことはできません。
 # LOCALIZATION NOTE:  The first child of <mmultiscript/> is the base, that is the element to which scripts are attached.
 NoBase			=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内に Base 要素を 1 個置いてください。
 SubSupMismatch		=不正なマークアップ: <mmultiscripts/> 内の subscript/superscript の組が不完全です。
 
 # LOCALIZATION NOTE:  When localizing the single quotes ('), follow the conventions in css.properties for your target locale.
 AttributeParsingError		=<%3$S/> タグの ‘%2$S’ 属性の値 ‘%1$S’ のパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
 AttributeParsingErrorNoTag	=‘%2$S’ 属性の値 ‘%1$S’ のパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
 LengthParsingError		=MathML 属性値 ‘%1$S’ を長さとしてパース中にエラーが発生しました。この属性は無視されます。
-DeprecatedSupersededBy		=‘%1$S’ の使用は MathML 3 で推奨されません。代わりに ‘%2$S’ を使用してください。
 UnitlessValuesAreDeprecated	=単位無しの値の使用は MathML 3 で推奨されません。
--- a/dom/chrome/security/caps.properties
+++ b/dom/chrome/security/caps.properties
@@ -1,114 +1,9 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
-# (^^; 特権名はプログラム中のコードから... http://lxr.mozilla.org/aviarybranch/source/caps/src/nsScriptSecurityManager.cpp#2293
 CheckLoadURIError	=セキュリティエラー: %1$S のコンテンツが %2$S を読み込み、またはこれにリンクすることは禁止されています。
 CheckSameOriginError	=セキュリティエラー: %1$S のコンテンツが %2$S からデータを読み取ることは禁止されています。
 ExternalDataError	=セキュリティエラー: %1$S のコンテンツが %2$S を読み込もうとしていますが、画像として使用される外部データの読み込みは禁止されています。
 
-# LOCALIZATION NOTE (GetPropertyDeniedOrigins):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the property of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-GetPropertyDeniedOrigins		=<%4$S> から %2$S.%3$S プロパティを読み取る <%1$S> へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (GetPropertyDeniedOriginsSubjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the property of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the script which was denied access;
-#      don't translate "document.domain".
-GetPropertyDeniedOriginsSubjectDomain	=<%4$S> (document.domain が未設定) から %2$S.%3$S プロパティを読み取る <%1$S> (document.domain=<%5$S>) へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (GetPropertyDeniedOriginsObjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the property of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the object being accessed;
-#      don't translate "document.domain".
-GetPropertyDeniedOriginsObjectDomain	=<%4$S> (document.domain=<%5$S>) から %2$S.%3$S プロパティを読み取る <%1$S> (document.domain が未設定) へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (GetPropertyDeniedOriginsSubjectDomainObjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the property of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the script which was denied access;
-#      don't translate "document.domain"
-# %6$S is the value of document.domain for the object being accessed;
-#      don't translate "document.domain".
-GetPropertyDeniedOriginsSubjectDomainObjectDomain	=<%4$S> (document.domain=<%6$S>) から %2$S.%3$S プロパティを読み取る <%1$S> (document.domain=<%5$S>) へのアクセス権限がありません。
-
-# LOCALIZATION NOTE (SetPropertyDeniedOrigins):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the property of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-SetPropertyDeniedOrigins		=<%4$S> に %2$S.%3$S プロパティを書き込む <%1$S> へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (SetPropertyDeniedOriginsSubjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the property of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the script which was denied access;
-#      don't translate "document.domain".
-SetPropertyDeniedOriginsSubjectDomain	=<%4$S> (document.domain が未設定) に %2$S.%3$S プロパティを書き込む <%1$S> (document.domain=<%5$S>) へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (SetPropertyDeniedOriginsObjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the property of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the object being accessed;
-#      don't translate "document.domain".
-SetPropertyDeniedOriginsObjectDomain	=<%4$S> (document.domain=<%5$S>) に %2$S.%3$S プロパティを書き込む <%1$S> (document.domain が未設定) へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (SetPropertyDeniedOriginsSubjectDomainObjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the property of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the script which was denied access;
-#      don't translate "document.domain"
-# %6$S is the value of document.domain for the object being accessed;
-#      don't translate "document.domain".
-SetPropertyDeniedOriginsSubjectDomainObjectDomain=<%4$S> (document.domain=<%6$S>) に %2$S.%3$S プロパティを書き込む <%1$S> (document.domain=<%5$S>) へのアクセス権限がありません。
-
-# LOCALIZATION NOTE (CallMethodDeniedOrigins):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the method of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-CallMethodDeniedOrigins			=<%4$S> の %2$S.%3$S メソッドを呼び出す <%1$S> へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (CallMethodDeniedOriginsSubjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the method of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the script which was denied access;
-#      don't translate "document.domain".
-CallMethodDeniedOriginsSubjectDomain	=<%4$S> (document.domain が未設定) の %2$S.%3$S メソッドを呼び出す <%1$S> (document.domain=<%5$S>) へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (CallMethodDeniedOriginsObjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the method of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the object being accessed;
-#      don't translate "document.domain".
-CallMethodDeniedOriginsObjectDomain	=<%4$S> (document.domain=<%5$S>) の %2$S.%3$S メソッドを呼び出す <%1$S> (document.domain が未設定) へのアクセス権限がありません。
-# LOCALIZATION NOTE (CallMethodDeniedOriginsSubjectDomainObjectDomain):
-# %1$S is the origin of the script which was denied access.
-# %2$S is the type of object it was.
-# %3$S is the method of that object that access was denied for.
-# %4$S is the origin of the object access was denied to.
-# %5$S is the value of document.domain for the script which was denied access;
-#      don't translate "document.domain"
-# %6$S is the value of document.domain for the object being accessed;
-#      don't translate "document.domain".
-CallMethodDeniedOriginsSubjectDomainObjectDomain	=<%4$S> (document.domain=<%6$S>) の %2$S.%3$S メソッドを呼び出す <%1$S> (document.domain=<%5$S>) へのアクセス権限がありません。
-
-GetPropertyDeniedOriginsOnlySubject	=%2$S.%3$S プロパティを読み取る <%1$S> へのアクセス権限がありません。
-SetPropertyDeniedOriginsOnlySubject	=%2$S.%3$S プロパティを書き込む <%1$S> へのアクセス権限がありません。
-CallMethodDeniedOriginsOnlySubject	=%2$S.%3$S メソッドを呼び出す <%1$S> へのアクセス権限がありません。
-
 CreateWrapperDenied			=%S クラスのオブジェクトのラッパーを作成する権限がありません
 CreateWrapperDeniedForOrigin 		=%1$S クラスのオブジェクトのラッパーを作成する <%2$S> へのアクセス権限がありません。
-ProtocolFlagError			=警告: ‘%S’ のプロトコルハンドラーにはセキュリティポリシーがありません。今のところ許可されていますが、このプロトコルの読み込みは推奨されません。詳しくは nsIProtocolHandler.idl に書かれている説明をご覧ください。
--- a/dom/chrome/security/csp.properties
+++ b/dom/chrome/security/csp.properties
@@ -55,25 +55,16 @@ strictDynamicButNoHashOrNonce	=有効な nonce またはハッシュ値が指定されていない “%1$S” 内の ‘strict-dynamic’ キーワードは、すべてのスクリプトの読み込みをブロックします。
 # %1$S is the ETLD of the report URI that is not HTTP or HTTPS
 reportURInotHttpsOrHttp2	=レポート URI (%1$S) が HTTP または HTTPS の URI ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE (reportURInotInReportOnlyHeader):
 # %1$S is the ETLD of the page with the policy
 reportURInotInReportOnlyHeader	=このサイト (%1$S) に設定された Report-Only ポリシーにレポート URI がありません。CSP はこのポリシーに対する違反をブロックしません。また、違反をレポートできません。
 # LOCALIZATION NOTE (failedToParseUnrecognizedSource):
 # %1$S is the CSP Source that could not be parsed
 failedToParseUnrecognizedSource	=認識できないソースの解析に失敗しました: %1$S
-# LOCALIZATION NOTE (inlineScriptBlocked):
-# inline script refers to JavaScript code that is embedded into the HTML document.
-inlineScriptBlocked		=インラインスクリプトが実行前にブロックされました。
-# LOCALIZATION NOTE (inlineStyleBlocked):
-# inline style refers to CSS code that is embedded into the HTML document.
-inlineStyleBlocked		=インラインスタイルシートが適用前にブロックされました。
-# LOCALIZATION NOTE (scriptFromStringBlocked):
-# eval is a name and should not be localized.
-scriptFromStringBlocked		=文字列 (eval のような関数の呼び出し) からの JavaScript コードが呼び出し前にブロックされました。
 # LOCALIZATION NOTE (upgradeInsecureRequest):
 # %1$S is the URL of the upgraded request; %2$S is the upgraded scheme.
 upgradeInsecureRequest		=安全でない要求 ‘%1$S’ をアップグレードして ‘%2$S’ を使用します
 # LOCALIZATION NOTE (ignoreSrcForDirective):
 ignoreSrcForDirective		=ディレクティブ ‘%1$S’ の src を無視します
 # LOCALIZATION NOTE (hostNameMightBeKeyword):
 # %1$S is the hostname in question and %2$S is the keyword
 hostNameMightBeKeyword		=%1$S をキーワードではなくホスト名として割り込みます。キーワードとして処理するには ‘%2$S’ を (シングルクォートで囲み) 使用してください。
@@ -84,44 +75,33 @@ notSupportingDirective		=‘%1$S’ はサポートされていないディレクティブです。ディレクティブと値は無視されます。
 # %1$S is the URL of the blocked resource load.
 blockAllMixedContent		=安全でない要求 ‘%1$S’ をブロックしました。
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringDirectiveWithNoValues):
 # %1$S is the name of a CSP directive that requires additional values
 ignoringDirectiveWithNoValues	=引数が含まれないため ‘%1$S’ を無視しました。
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringReportOnlyDirective):
 # %1$S is the directive that is ignored in report-only mode.
 ignoringReportOnlyDirective	=report-only ポリシー ‘%1$S’ で配信された場合の sandbox ディレクティブを無視しました。
-# LOCALIZATION NOTE (deprecatedReferrerDirective):
-# %1$S is the value of the deprecated Referrer Directive.
-deprecatedReferrerDirective	=referrer ディレクティブ ‘%1$S’ は推奨されません。代わりに Referrer-Policy ヘッダーを使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE (IgnoringSrcBecauseOfDirective):
 # %1$S is the name of the src that is ignored.
 # %2$S is the name of the directive that causes the src to be ignored.
 IgnoringSrcBecauseOfDirective	=‘%2$S’ ディレクティブにより ‘%1$S’ を無視します。
-
 # LOCALIZATION NOTE (IgnoringSourceWithinDirective):
 # %1$S is the ignored src
 # %2$S is the directive  which supports src
 IgnoringSourceWithinDirective	=ソース “%1$S” を無視します (‘%2$S’ ディレクティブ内でサポートされていません)。
 
 # CSP Errors:
 # LOCALIZATION NOTE (couldntParseInvalidSource):
 # %1$S is the source that could not be parsed
 couldntParseInvalidSource	=不正なソースを解析できませんでした: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (couldntParseInvalidHost):
 # %1$S is the host that's invalid
 couldntParseInvalidHost		=不正なホストを解析できませんでした: %1$S
-# LOCALIZATION NOTE (couldntParseScheme):
-# %1$S is the string source
-couldntParseScheme		=スキームを解析できませんでした: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (couldntParsePort):
 # %1$S is the string source
 couldntParsePort		=ポートを解析できませんでした: %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (duplicateDirective):
 # %1$S is the name of the duplicate directive
 duplicateDirective		=重複した %1$S ディレクティブが検出されました。最初のインスタンスを除き重複はすべて無視されます。
-# LOCALIZATION NOTE (deprecatedChildSrcDirective):
-# %1$S is the value of the deprecated directive.
-# Do not localize: worker-src, frame-src
-deprecatedChildSrcDirective	=ディレクティブ ‘%1$S’ は推奨されません。worker の制御にはディレクティブ ‘worker-src’ を、フレームの制御には ‘frame-src’ を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE (couldntParseInvalidSandboxFlag):
 # %1$S is the option that could not be understood
 couldntParseInvalidSandboxFlag	=不正な sandbox フラグを解析できませんでした: %1$S
--- a/dom/chrome/security/security.properties
+++ b/dom/chrome/security/security.properties
@@ -15,51 +15,32 @@ CORSOriginHeaderNotAdded		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Origin’ を追加できなかった)。
 CORSExternalRedirectNotAllowed		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS 要求の外部リダイレクトは許可されない)。
 CORSRequestNotHttp			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS 要求が http でない)。
 CORSMissingAllowOrigin			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Origin’ が足りない)。
 CORSMultipleAllowOriginNotAllowed	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: 複数の CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Origin’ は許可されない)。
 CORSAllowOriginNotMatchingOrigin	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Origin’ が ‘%2$S’ と異なる)。
 CORSNotSupportingCredentials		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Origin’ が ‘*’ である場合、認証情報はサポートされない)。
 CORSMethodNotFound			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Methods’ にメソッドが見つからない)。
 CORSMissingAllowCredentials		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Credentials’ は ‘true’ であるべき)。
-CORSPreflightDidNotSucceed		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルが継承されていない)。
 CORSPreflightDidNotSucceed2		=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライト応答が継承されていない)。
 CORSInvalidAllowMethod			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Methods’ に不正なトークン ‘%2$S’ が含まれる)。
 CORSInvalidAllowHeader			=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Headers’ に不正なトークン ‘%2$S’ が含まれる)。
-CORSMissingAllowHeaderFromPreflight	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライトチャンネルからの CORS ヘッダー ‘Access-Control-Allow-Headers’ にトークン ‘%2$S’ が足りない)。
-
 CORSMissingAllowHeaderFromPreflight2	=クロスオリジン要求をブロックしました: 同一生成元ポリシーにより、%1$S にあるリモートリソースの読み込みは拒否されます (理由: CORS プリフライト応答からのヘッダー ‘Access-Control-Allow-Headers’ によりヘッダー ‘%2$S’ が許可されていない)。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Strict-Transport-Security", "HSTS", "max-age" or "includeSubDomains"
 STSUnknownError			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーの処理中に原因不明のエラーが発生しました。
 STSUntrustworthyConnection	=Strict-Transport-Security: サイトへの接続が信頼できないため、指定されたヘッダーは無視されました。
 STSCouldNotParseHeader		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーを正しく解析できませんでした。
 STSNoMaxAge			=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに ‘max-age’ ディレクティブが含まれていません。
 STSMultipleMaxAges		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
 STSInvalidMaxAge		=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに不正な ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
 STSMultipleIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
 STSInvalidIncludeSubdomains	=Strict-Transport-Security: サイトに指定されたヘッダーに不正な ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
 STSCouldNotSaveState		=Strict-Transport-Security: サイトを Strict-Transport-Security ホストとして通知中にエラーが発生しました。
 
-# LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Public-Key-Pins", "HPKP", "max-age", "report-uri" or "includeSubDomains"
-PKPUnknownError			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーの処理中に原因不明のエラーが発生しました。
-PKPUntrustworthyConnection	=Public-Key-Pins: サイトへの接続が信頼できないため、指定されたヘッダーは無視されました。
-PKPCouldNotParseHeader		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーを正しく解析できませんでした。
-PKPNoMaxAge			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに ‘max-age’ ディレクティブが含まれていません。
-PKPMultipleMaxAges		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
-PKPInvalidMaxAge		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに不正な ‘max-age’ ディレクティブが含まれています。
-PKPMultipleIncludeSubdomains	=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
-PKPInvalidIncludeSubdomains	=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに不正な ‘includeSubDomains’ ディレクティブが含まれています。
-PKPInvalidPin			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに不正な pin が含まれています。
-PKPMultipleReportURIs		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーに複数の ‘report-uri’ ディレクティブが含まれています。
-PKPPinsetDoesNotMatch		=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーにマッチング pin が含まれていません。
-PKPNoBackupPin			=Public-Key-Pins: サイトに指定されたヘッダーにバックアップ pin が含まれていません。
-PKPCouldNotSaveState		=Public-Key-Pins: サイトを Public-Key-Pins ホストとして記録中にエラーが発生しました。
-PKPRootNotBuiltIn		=Public-Key-Pins: サイトに使用されている証明書が既定のルート証明書ストアの証明書により発行されたものではありません。不慮の破損を防ぐため、指定されたヘッダーは無視されました。
-
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "SHA-1"
 SHA1Sig					=このサイトは SHA-1 証明書を利用しています。SHA-1 より強固なハッシュアルゴリズムを使用した証明書の利用をお勧めします。
 InsecurePasswordsPresentOnPage		=パスワードフィールドが安全でない (http://) ページ上にあり、ユーザーのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 InsecureFormActionPasswordsPresent	=パスワードフィールドが安全でない (http://) フォームアクションを持つフォーム要素内にあり、ユーザーのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 InsecurePasswordsPresentOnIframe	=パスワードフィールドが安全でない (http://) iframe 内にあり、ユーザーのログイン情報の盗難を許すセキュリティ上の危険性があります。
 # LOCALIZATION NOTE: "%1$S" is the URI of the insecure mixed content resource
 LoadingMixedActiveContent2		=安全なページ上で (安全でない) 混在アクティブコンテンツ “%1$S” を読み込んでいます
 LoadingMixedDisplayContent2		=安全なページ上で (安全でない) 混在表示コンテンツ “%1$S” を読み込んでいます
@@ -87,26 +68,23 @@ IneligibleResource		=“%1$S” は CORS が有効ではなく同一生成元でもないため integrity チェックに適格ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity". "%1$S" is the invalid hash algorithm found in the attribute.
 UnsupportedHashAlg		=integrity 属性に未サポートのハッシュアルゴリズムが指定されています: “%1$S”
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "integrity"
 NoValidMetadata			=integrity 属性に正しいメタデータが含まれていません。
 
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "RC4".
 WeakCipherSuiteWarning		=このサイトは非推奨の安全でない暗号方式の RC4 を使用しています。
 
-DeprecatedTLSVersion		=このサイトは 2020 年 3 月に無効化される非推奨バージョンの TLS を使用しています。TLS 1.2 または 1.3 にアップグレードしてください。
-
 DeprecatedTLSVersion2		=このサイトは非推奨バージョンの TLS を使用しています。TLS 1.2 または 1.3 にアップグレードしてください。
 
 #XCTO: nosniff
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options: nosniff".
 MimeTypeMismatch2		=MIME タイプ (“%2$S”) の不一致により “%1$S” からのリソースがブロックされました (X-Content-Type-Options: nosniff)。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options" and also do not translate "nosniff".
 XCTOHeaderValueMissing		=X-Content-Type-Options ヘッダー警告: 値は “%1$S” です。“nosniff” を送信することを意味しますか?
-
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "X-Content-Type-Options" and also do not translate "nosniff".
 XTCOWithMIMEValueMissing	=“%1$S” からのリソースは、不明または不正な MIME タイプもしくは MIME タイプの指定が足りないため描画されませんでした (X-Content-Type-Options: nosniff)。
 
 BlockScriptWithWrongMimeType2	=許可されていない MIME タイプ (“%2$S”) により “%1$S” からのスクリプトがブロックされました。
 WarnScriptWithWrongMimeType	=“%1$S” からのスクリプトが読み込まれました。しかし、この MIME タイプ (“%2$S”) は正しい JavaScript の MIME タイプではありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "importScripts()"
 BlockImportScriptsWithWrongMimeType	=MIME タイプ (“%2$S”) が許可されていないため、“%1$S” からの importScripts() でのスクリプトの読み込みがブロックされました。
 BlockWorkerWithWrongMimeType	=MIME タイプ (“%2$S”) が許可されていないため、“%1$S” からの Worker の読み込みがブロックされました。
--- a/netwerk/necko.properties
+++ b/netwerk/necko.properties
@@ -29,40 +29,26 @@ RepostFormData		=このウェブページは新しい URL に自動転送されています。入力したフォームデータをその URL に送信しますか?
 DirTitle		=%1$S の一覧
 DirGoUp			=上位のディレクトリーへ移動
 ShowHidden		=隠しファイルを表示する
 DirColName		=名前
 DirColSize		=サイズ
 DirColMTime		=最終更新日時
 DirFileLabel		=ファイル: 
 
-# (^^; 表現イマイチだがすでに使われていないので無視
-PhishingAuth		=“%1$S” を訪れようとしています。このサイトはあなたが違うサイトを訪れていると思わせようとしている可能性があります。十分に注意してください。
-PhishingAuthAccept	=理解し十分に注意を払います
-
 SuperfluousAuth		=サイト “%1$S” にユーザー名 “%2$S” でログインしようとしていますが、ウェブサイトは認証を必要としていません。このサイトはあなたをだまそうとしている可能性があります。\n\nサイト “%1$S” に接続しますか?
 AutomaticAuth		=サイト “%1$S” にユーザー名 “%2$S” でログインしようとしています。
 
 TrackerUriBlocked	=コンテンツブロッキングが有効なため、“%1$S” のリソースがブロックされました。
 UnsafeUriBlocked	=セーフブラウジング機能により “%1$S” のリソースがブロックされました。
 CookieBlockedByPermission	=Cookie のカスタム許可設定により “%1$S” の Cookie またはストレージへのアクセスがブロックされました。
 CookieBlockedTracker	=コンテンツブロッキングが有効なため、トラッカーによる “%1$S” の Cookie またはストレージへのアクセスがブロックされました。
 CookieBlockedAll	=すべてのストレージへのアクセスをブロック中のため “%1$S” の Cookie またはストレージへのアクセスがブロックされました。
 CookieBlockedForeign	=すべてのサードパーティストレージへのアクセスをブロック中で、なおかつコンテンツブロッキングが有効なため、“%1$S” の Cookie またはストレージへのアクセスがブロックされました。
 
-# LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForOriginOnTrackerByStorageAccessAPI): %3$S, %2$S and %1$S are URLs.
-CookieAllowedForOriginOnTrackerByStorageAccessAPI	=“%1$S” のトラッカー “%2$S” により開かれた “%3$S” へのストレージアクセスが許可されました。
-
-# LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForTrackerByStorageAccessAPI): %2$S and %1$S are URLs.
-CookieAllowedForTrackerByStorageAccessAPI	=“%1$S” のトラッカー “%2$S” へのストレージアクセスが許可されました。
-# LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForOriginOnTrackerByHeuristic): %3$S, %2$S and %1$S are URLs.
-CookieAllowedForOriginOnTrackerByHeuristic	=“%1$S” のトラッカー “%2$S” により開かれた “%3$S” へのストレージアクセスが自動的に許可されました。
-# LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForTrackerByHeuristic): %2$S and %1$S are URLs.
-CookieAllowedForTrackerByHeuristic		=“%1$S” のトラッカー “%2$S” へのストレージアクセスが自動的に許可されました。
-
 # As part of dynamic first-party isolation, third-party resources might be limited to "partitioned" storage access that is separate from the first-party context.
 # This allows e.g. cookies to still be set, and prevents tracking without totally blocking storage access. This message is shown in the web console when this happens
 # to inform developers that their storage is isolated.
 CookiePartitionedForeign			=分離された Cookie またはストレージアクセスが “%1$S” に提供されました。これはサードパーティのコンテキスト内で読み込まれ、ストレージの分離が有効なためです。
 
 # LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForOriginByStorageAccessAPI): %2$S and %1$S are URLs.
 CookieAllowedForOriginByStorageAccessAPI	=“%1$S” の生成元 “%2$S” へのストレージアクセスが許可されました。
 # LOCALIZATION NOTE (CookieAllowedForOriginByHeuristic): %2$S and %1$S are URLs.
--- a/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
+++ b/security/manager/chrome/pipnss/pipnss.properties
@@ -58,19 +58,16 @@ PrivateSlotDescription=PSM Private Keys
 # conversion to UTF-8.
 # length_limit = 32 bytes
 Fips140TokenDescription=Software Security Device (FIPS)
 # LOCALIZATION NOTE (Fips140SlotDescription): string limit is 64 bytes after
 # conversion to UTF-8.
 # length_limit = 64 bytes
 Fips140SlotDescription=FIPS 140 Cryptographic, Key and Certificate Services
 
-HighGrade			=高強度の暗号化
-MediumGrade			=中強度の暗号化
-
 # LOCALIZATION NOTE (nick_template): $1s is the common name from a cert (e.g. "Mozilla"), $2s is the CA name (e.g. VeriSign)
 nick_template			=%1$s の %2$s ID
 #These are the strings set for the ASN1 objects in a certificate.
 # (^^; CertDump.+ は下手にいじらない方が安全か...
 CertDumpCertificate			=Certificate
 CertDumpVersion				=Version
 # LOCALIZATION NOTE (CertDumpVersionValue): %S is a version number (e.g. "3" in "Version 3")
 CertDumpVersionValue			=Version %S
@@ -267,54 +264,41 @@ PSMERR_HostReusedIssuerSerial		=無効な証明書を受信しました。サーバー管理者またはメール送信者に次の情報を知らせてください:\n\nあなたのサーバー証明書は認証局によって発行された他の証明書と同じシリアル番号を持っています。一意なシリアル番号を持つ新しい証明書を取得してください。
 SSLConnectionErrorPrefix2		=%1$S への接続中にエラーが発生しました。%2$S\n
 
 certErrorIntro				=%S は不正なセキュリティ証明書を使用しています。
 
 certErrorTrust_SelfSigned		=自己署名をしているためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_UnknownIssuer		=発行者の証明書が不明であるためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_UnknownIssuer2		=サーバーが適正な中間証明書を送信しない可能性があります。
 certErrorTrust_UnknownIssuer3		=追加のルート証明書をインポートする必要があるでしょう。
-certErrorTrust_UnknownIssuer4		=誰かがこのサイトに偽装しようとしている可能性があります。続行しないでください。
-# LOCALIZATION NOTE (certErrorTrust_UnknownIssuer6): %1$S is replaced by the brand name, %2$S is replaced by host name.
-certErrorTrust_UnknownIssuer6		=ウェブサイトは証明書で同一性を証明します。証明書の発行者が不明、証明書が自己署名、またはサーバーが正しい中間証明書を送信していないため、%1$S は %2$S を信頼しません。
 certErrorTrust_CaInvalid		=不正な認証局の証明書で発行されているためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_Issuer			=発行者の証明書が信頼されていないためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_SignatureAlgorithmDisabled	=安全ではない署名アルゴリズムによって署名されているためこの証明書は信頼されません。
 certErrorTrust_ExpiredIssuer		=発行者の証明書が有効期限切れになっているためこの証明書は信頼されません。
 # (^^; 条件分岐としては上記以外の default
 certErrorTrust_Untrusted		=この証明書は信頼されている提供元から得られたものではありません。
 certErrorTrust_MitM			=TLS プロキシーがあなたの接続を傍受しています。可能なら TLS プロキシーをアンインストールするか、自身のルート証明書を信頼するようデバイスを設定してください。
-certErrorTrust_Symantec1		=GeoTrust および RapidSSL、Symantec、Thawte、VeriSign により発行された証明書はもはや安全とはみなされません。これらの証明書認証局は過去にセキュリティ規則に従いませんでした。
 
 certErrorMismatch			=この証明書は %S には無効です。
-# LOCALIZATION NOTE (certErrorMismatch3, certErrorMismatchSinglePrefix3, certErrorMismatchMultiple3): %1$S is replaced by the brand name, %2$S is replaced by host name.
-certErrorMismatch3			=ウェブサイトは証明書で同一性を証明します。%2$S は無効な証明書を使用しているため、%1$S はこのサイトを信頼しません。
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorMismatchSinglePrefix): %S is replaced by the domain for which the certificate is valid
 certErrorMismatchSinglePrefix		=この証明書は %S にだけ有効なものです。
-certErrorMismatchSinglePrefix3		=ウェブサイトは証明書で同一性を証明します。%2$S は無効な証明書を使用しているため、%1$S はこのサイトを信頼しません。
 certErrorMismatchMultiple		=この証明書は次のドメイン名にだけ有効なものです:
-certErrorMismatchMultiple3		=ウェブサイトは証明書で同一性を証明します。%2$S は無効な証明書を使用しているため、%1$S はこのサイトを信頼しません。この証明書は次のドメイン名にのみ有効です:
 
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorExpiredNow): Do not translate %1$S (date+time of expired certificate) or %2$S (current date+time)
 certErrorExpiredNow			=この証明書の有効期限は %1$S に切れています。現在時刻は %2$S です。
-certErrorExpiredNow3			=ウェブサイトは一定期間有効な証明書で同一性を証明します。%1$S の証明書は %2$S に有効期限が切れました。
 
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorNotYetValidNow): Do not translate %1$S (date+time certificate will become valid) or %2$S (current date+time)
 certErrorNotYetValidNow			=この証明書は %1$S まで有効になりません。現在時刻は %2$S です。
-certErrorNotYetValidNow3		=ウェブサイトは一定期間有効な証明書で同一性を証明します。%1$S の証明書は %2$S まで有効になりません。
 
 certErrorMitM				=ウェブサイトは証明書で同一性を証明します。この証明書は証明書認証局により発行されます。
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorMitM2): %S is brandShortName
 certErrorMitM2				=%S は完全にオープンな証明書認証局 (CA) ストアを運営している非営利組織の Mozilla により後援されています。CA ストアは、証明書認証局がユーザーセキュリティのためのベストプラクティスに確実に従うことを助けます。
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorMitM3): %S is brandShortName
 certErrorMitM3				=%S はユーザーのオペレーティングシステムにより提供されている証明書ではなく、Mozilla CA ストアを使用して接続の安全性を検証します。そのため、ウイルス対策ソフトウェアやネットワークから Mozilla CA ストア以外の CA により発行されたセキュリティ証明書で接続に割り込まれた場合、その接続は危険とみなされます。
 
-# LOCALIZATION NOTE (certErrorSymantecDistrustDescription1): %S will be replaced by the domain for which the certificate is valid.
-certErrorSymantecDistrustDescription1	=ウェブサイトは認証局から発行された証明書で同一性を証明します。多くのブラウザーはもはや GeoTrust および RapidSSL、Symantec、Thawte、VeriSign により発行された証明書を信頼しません。%S はこれらのうちいずれかの認証局からの証明書を使用しているため、ウェブサイトの同一性を証明できません。
-
 certErrorSymantecDistrustAdministrator	=この問題をウェブサイトの管理者に知らせることもできます。
 
 # LOCALIZATION NOTE (certErrorCodePrefix3): %S is replaced by the error code.
 certErrorCodePrefix3		=エラーコード: %S
 
 P12DefaultNickname		=インポートされた証明書
 CertUnknown			=不明
 CertNoEmailAddress		=(メールアドレスなし)
--- a/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
+++ b/security/manager/chrome/pippki/pippki.properties
@@ -75,12 +75,11 @@ password_not_set			=(設定なし)
 failed_pw_change			=マスターパスワードを変更できませんでした。
 incorrect_pw				=入力されたマスターパスワードが正しくありません。再度確認してください。
 pw_change_ok				=マスターパスワードが正常に変更されました。
 pw_erased_ok				=警告! マスターパスワードが削除されました。
 pw_not_wanted				=警告! マスターパスワードが使用されません。
 pw_empty_warning			=ウェブとメールのパスワード、フォームのデータ、秘密鍵が保護されません。
 pw_change2empty_in_fips_mode		=現在 FIPS モードです。FIPS モードでは空のマスターパスワードは使えません。
 enable_fips				=FIPS を有効にする
-disable_fips				=FIPS を無効にする
 
 resetPasswordConfirmationTitle		=マスターパスワードのリセット
 resetPasswordConfirmationMessage	=パスワードはリセットされました。
--- a/security/manager/security/certificates/certManager.ftl
+++ b/security/manager/security/certificates/certManager.ftl
@@ -206,16 +206,19 @@ cert-not-verified-cert-revoked = この証明書はすでに失効しているため、有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-cert-expired = この証明書は期限が切れているため、有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-cert-not-trusted = この証明書を信頼していないため、有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-issuer-not-trusted = 発行者を信頼していないため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-issuer-unknown = 発行者が不明であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-ca-invalid = 認証局の証明書が無効であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified_algorithm-disabled = 安全ではない署名アルゴリズムによって署名されているため、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 cert-not-verified-unknown = 原因不明の問題により、この証明書の有効性を検証できませんでした。
 
+# Used to indicate that the user chose not to send a client authentication certificate to a server that requested one in a TLS handshake.
+send-no-client-certificate = 送信するクライアント証明書がありません。
+
 ## Add Security Exception dialog
 
 add-exception-branded-warning = { -brand-short-name } が例外的に信頼する証明書としてこのサイトの証明書を登録しようとしています。
 add-exception-invalid-header = このサイトでは不正な証明書が使用されており、サイトの識別情報を確認できません。
 add-exception-domain-mismatch-short = 他のサイトの証明書です
 add-exception-domain-mismatch-long = 他のサイト用の証明書が使われています。誰かがこのサイトを偽装しようとしています。
 add-exception-expired-short = 証明書の有効期限を過ぎています
 add-exception-expired-long = このサイトの証明書は現在有効ではありません。この証明書は盗難または紛失した可能性があり、誰かがこのサイトを偽装するために使用している可能性があります。
--- a/toolkit/chrome/global/aboutWebrtc.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/aboutWebrtc.properties
@@ -142,32 +142,33 @@ discarded_packets_label		=破棄されたパケット
 decoder_label			=デコーダー
 encoder_label			=エンコーダー
 received_label			=受信
 packets				=パケット数
 lost_label			=紛失
 jitter_label			=ジッター
 sent_label			=送信
 
+show_tab_label		=タブを表示
+
 frame_stats_heading	=動画フレーム統計
 n_a			=N/A
 width_px		=幅 (px)
 height_px		=高さ (px)
 consecutive_frames	=連続フレーム数
 time_elapsed		=経過時間 (秒)
 estimated_framerate	=予測フレームレート
 rotation_degrees	=回転 (度)
 first_frame_timestamp	=先頭フレームの受信時刻
 last_frame_timestamp	=末尾フレームの受信時刻
 # SSRCs are identifiers that represent endpoints in an RTP stream
 # This is an SSRC on the local side of the connection that is receiving RTP
 local_receive_ssrc	=ローカル受信 SSRC
 # This is an SSRC on the remote side of the connection that is sending RTP
 remote_send_ssrc	=リモート送信 SSRC
-
 # An option whose value will not be displayed but instead noted as having been
 # provided
 configuration_element_provided = 提供済み
 # An option whose value will not be displayed but instead noted as having not
 # been provided
 configuration_element_not_provided = 未提供
 # The options set by the user in about:config that could impact a WebRTC call
 custom_webrtc_configuration_heading = ユーザー設定の WebRTC オプション
--- a/toolkit/chrome/global/autocomplete.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/autocomplete.properties
@@ -1,17 +1,16 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE (searchWithEngine, searchInPrivateWindowWithEngine): %S will
 # be replaced with the search engine provider's name. This format was chosen
 # because the provider can also end with "Search" (e.g.: MSN Search).
 searchWithEngine	=%S で検索
-
 searchInPrivateWindowWithEngine	=プライベートウィンドウの %S で検索
 
 # LOCALIZATION NOTE (searchInPrivateWindow): Used when the private browsing
 # engine is the same as the default engine.
 searchInPrivateWindow	=プライベートウィンドウで検索
 
 # LOCALIZATION NOTE (switchToTab2): This is the same as the older switchToTab
 # string that it's replacing, except it uses title case, so "Switch" and "Tab"
--- a/toolkit/chrome/global/browser.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/browser.properties
@@ -1,14 +1,7 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-browsewithcaret.checkMsg		= 次回からはこのダイアログを表示しない
-browsewithcaret.checkWindowTitle	= キャレットブラウズモード
-browsewithcaret.checkLabel		= F7 キーを押すとキャレットブラウズモードのオンとオフが切り替わります。このモードをオンにするとウェブページ中を移動可能なカーソル(キャレット)が表示され、キーボードでテキストを選択できるようになります。キャレットブラウズモードをオンにしますか?
-browsewithcaret.checkButtonLabel	= はい
-
-plainText.wordWrap			= 長い行を折り返す
-
 formPostSecureToInsecureWarning.title	= セキュリティ警告
 formPostSecureToInsecureWarning.message	= あなたがこのページで入力した情報は、安全でない接続を通して送られようとしており、第三者に傍受される可能性があります。\n\n本当にこの情報を送信してもよろしいですか?
 formPostSecureToInsecureWarning.continue	= 続ける
--- a/toolkit/chrome/global/charsetMenu.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/charsetMenu.dtd
@@ -1,6 +1,5 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY charsetMenu2.label	"テキストエンコーディング">
-<!ENTITY charsetMenu2.accesskey	"c">
--- a/toolkit/chrome/global/charsetMenu.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/charsetMenu.properties
@@ -26,18 +26,16 @@
 
 # Auto-Detect (sub)menu
 charsetMenuCharsets = 文字エンコーディング
 charsetMenuAutodet = 自動判別
 # 'A' is reserved for Arabic:
 charsetMenuAutodet.key = D
 charsetMenuAutodet.off = (解除)
 charsetMenuAutodet.off.key = o
-charsetMenuAutodet.ja = 日本語
-charsetMenuAutodet.ja.key = J
 charsetMenuAutodet.ru = ロシア語
 charsetMenuAutodet.ru.key = R
 charsetMenuAutodet.uk = ウクライナ語
 charsetMenuAutodet.uk.key = U
 
 # Globally-relevant
 UTF-8.key        = U
 UTF-8            = Unicode
@@ -99,26 +97,16 @@ ISO-8859-7       = ギリシャ語 (ISO)
 # Hebrew
 windows-1255.key = H
 windows-1255     = ヘブライ語
 # LOCALIZATION NOTE (ISO-8859-8): The value for this item should begin with
 # the same word for Hebrew as the value for windows-1255 so that this item 
 # sorts right after that one in the collation order for your locale.
 ISO-8859-8       = ヘブライ語 (ISO-Visual)
 
-# Japanese
-Shift_JIS.key    = J
-Shift_JIS        = 日本語 (Shift_JIS)
-EUC-JP.key       = p
-EUC-JP           = 日本語 (EUC-JP)
-ISO-2022-JP.key  = n
-ISO-2022-JP      = 日本語 (ISO-2022-JP)
-
-# UI string in anticipation of bug 1543077; deliberately not in use yet
-
 # Japanese (NOT AN ENCODING NAME)
 Japanese.key     = J
 Japanese         = 日本語
 
 # Korean
 EUC-KR.key       = K
 EUC-KR           = 韓国語
 
--- a/toolkit/chrome/global/commonDialog.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/commonDialog.dtd
@@ -1,14 +1,10 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY header.label		"簡潔な題名">
-<!ENTITY message.label		"ここにサンプルテキストを書きます。">
-
 <!ENTITY editfield0.label	"ユーザー名:">
 <!ENTITY editfield1.label	"パスワード:">
-<!ENTITY checkbox.label		"チェック">
 <!ENTITY copyCmd.label		"コピー">
 <!ENTITY copyCmd.accesskey	"C">
 <!ENTITY selectAllCmd.label	"すべて選択">
 <!ENTITY selectAllCmd.accesskey	"A">
--- a/toolkit/chrome/global/commonDialogs.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/commonDialogs.properties
@@ -1,18 +1,16 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 Alert			=警告
 Confirm			=確認
 ConfirmCheck		=確認
 Prompt			=プロンプト
-PromptUsernameAndPassword2=ユーザー名とパスワードを入力してください
-PromptPassword2		=パスワードを入力してください
 # LOCALIZATION NOTE - %S is brandFullName
 PromptUsernameAndPassword3	=ユーザー名とパスワードを入力してください - %S
 # LOCALIZATION NOTE - %S is brandFullName
 PromptPassword3			=パスワードを入力してください - %S
 Select			=選択
 OK			=OK
 Cancel			=キャンセル
 Yes			=はい(&Y)
--- a/toolkit/chrome/global/dialogOverlay.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/dialogOverlay.dtd
@@ -2,9 +2,8 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- WARNING!!! This file is obsoleted by the dialog.xml widget -->
 
 <!-- OK Cancel Buttons -->
 <!ENTITY okButton.label		"OK">
 <!ENTITY cancelButton.label	"キャンセル">
-<!ENTITY helpButton.label	"ヘルプ">
--- a/toolkit/chrome/global/editMenuOverlay.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/editMenuOverlay.dtd
@@ -1,36 +1,11 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY editMenu.label			"編集">
-<!ENTITY editMenu.accesskey		"e">
-<!ENTITY undoCmd.label			"元に戻す">
-<!ENTITY undoCmd.key			"Z">
-<!ENTITY undoCmd.accesskey		"u">
-<!ENTITY redoCmd.label			"やり直し">
-<!ENTITY redoCmd.key			"Y">
-<!ENTITY redoCmd.accesskey		"r">
-<!ENTITY cutCmd.label			"切り取り">
-<!ENTITY cutCmd.key			"X">
-<!ENTITY cutCmd.accesskey		"t">
-<!ENTITY copyCmd.label			"コピー">
-<!ENTITY copyCmd.key			"C">
-<!ENTITY copyCmd.accesskey		"c">
-<!ENTITY pasteCmd.label			"貼り付け">
-<!ENTITY pasteCmd.key			"V">
-<!ENTITY pasteCmd.accesskey		"p">
-<!ENTITY deleteCmd.label		"削除">
-<!ENTITY deleteCmd.accesskey		"d">
-<!ENTITY selectAllCmd.label		"すべて選択">
-<!ENTITY selectAllCmd.key		"A">
-<!ENTITY selectAllCmd.accesskey		"a">
-
 <!ENTITY findCmd.label			"検索">
 <!ENTITY findCmd.key			"F">
 <!ENTITY findCmd.accesskey		"F">
 <!ENTITY findAgainCmd.label		"次を検索">
 <!ENTITY findAgainCmd.key		"G">
 <!ENTITY findAgainCmd.key2		"VK_F3">
 <!ENTITY findAgainCmd.accesskey		"g">
-<!ENTITY findPreviousCmd.label		"前を検索">
-<!ENTITY findPreviousCmd.accesskey	"v">
--- a/toolkit/chrome/global/narrate.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/narrate.properties
@@ -1,16 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-# Narrate, meaning "read the page out loud". This is the name of the feature
-# and it is the label for the popup button.
-narrate			=読み上げ
-
 # "Listen, which allows users to listen to Firefox reading the text,
 # instead of having to read it themselves." This is the name
 # of the feature and it is the label for the popup button.
 listen			=聴く
 back			=戻る
 start			=開始
 stop			=停止
 forward			=進む
--- a/toolkit/chrome/global/notification.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/notification.dtd
@@ -1,16 +1,14 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY closeNotification.tooltip	"このメッセージを閉じます">
 
 <!ENTITY checkForUpdates		"更新を確認する...">
 
-<!ENTITY learnMore			"詳細...">
-
 <!ENTITY learnMoreNoEllipsis		"詳細">
 
 <!ENTITY defaultButton.label		"OK!">
 <!ENTITY defaultButton.accesskey	"O">
 
 <!ENTITY moreActionsButton.accessibleLabel	"他の操作">
--- a/toolkit/chrome/global/printdialog.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/printdialog.properties
@@ -2,43 +2,32 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # These strings are used in the native GTK, Mac and Windows print dialogs.
 
 # GTK titles:
 printTitleGTK		=印刷
 optionsTabLabelGTK	=オプション
-printFramesTitleGTK	=フレームの印刷
 
 # Mac titles:
 optionsTitleMac		=オプション:
 appearanceTitleMac	=アピアランス:
-framesTitleMac		=フレーム:
 pageHeadersTitleMac	=ページヘッダー:
 pageFootersTitleMac	=ページフッター:
 
 # Windows titles:
 optionsTitleWindows	=オプション
-printFramesTitleWindows	=フレームを印刷
 
 # TRANSLATOR NOTE: For radio button labels and check button labels, an underscore _
 # before a character will turn that character into an accesskey in the GTK dialog.
 # e.g. "_As laid out" will make A the accesskey.
 # In the Windows labels, use an ampersand (&).
 # On Mac, underscores will be stripped.
 
-# (^^; アクセスキーの扱い要注意
-asLaidOut		=画面上の表示通りに印刷(_A)
-asLaidOutWindows	=画面表示に合わせる(&L)
-selectedFrame		=選択したフレームだけを印刷(_S)
-selectedFrameWindows	=選択されたフレーム(&F)
-separateFrames		=フレームごとに別のページとして印刷(_P)
-separateFramesWindows	=フレームごとに別々に(&E)
-
 shrinkToFit		=拡大率を無視してページ幅に合わせて印刷(_H)
 selectionOnly		=選択した部分だけを印刷(_O)
 printBGOptions		=背景の印刷
 printBGColors		=背景色を印刷(_C)
 printBGImages		=背景画像を印刷(_M)
 headerFooter		=ヘッダーとフッター
 left			=左
 center			=中央
@@ -47,20 +36,16 @@ headerFooterBlank	=-- なし --
 headerFooterTitle	=タイトル
 headerFooterURL		=URL
 headerFooterDate	=印刷日時
 headerFooterPage	=ページ #
 headerFooterPageTotal	=ページ #/#
 headerFooterCustom	=ユーザー設定...
 customHeaderFooterPrompt=ヘッダー/フッターとして使用するテキストを入力してください
 
-# (^m^) 要確認
-# These are for the summary view in the Mac dialog:
-summaryFramesTitle		=フレームのプリント
-
 # These are for the summary view in the Mac dialog:
 summarySelectionOnlyTitle	=選択範囲のプリント
 summaryShrinkToFitTitle		=用紙に合わせて縮小
 summaryPrintBGColorsTitle	=背景色のプリント
 summaryPrintBGImagesTitle	=背景画像のプリント
 summaryHeaderTitle		=ページヘッダー
 summaryFooterTitle		=ページヘッダー
 summaryNAValue			=N/A
--- a/toolkit/chrome/global/textcontext.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/textcontext.dtd
@@ -1,25 +1,12 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY cutCmd.label			"切り取り">
-<!ENTITY cutCmd.accesskey		"t">
-<!ENTITY copyCmd.label			"コピー">
-<!ENTITY copyCmd.accesskey		"c">
-<!ENTITY pasteCmd.label			"貼り付け">
-<!ENTITY pasteCmd.accesskey		"p">
-<!ENTITY undoCmd.label			"元に戻す">
-<!ENTITY undoCmd.accesskey		"u">
-<!ENTITY selectAllCmd.label		"すべて選択">
-<!ENTITY selectAllCmd.accesskey		"a">
-<!ENTITY deleteCmd.label		"削除">
-<!ENTITY deleteCmd.accesskey		"d">
-
 <!ENTITY spellAddToDictionary.label	"辞書に追加">
 <!ENTITY spellAddToDictionary.accesskey	"o">
 <!ENTITY spellUndoAddToDictionary.label	"辞書への追加を元に戻す">
 <!ENTITY spellUndoAddToDictionary.accesskey	"n">
 <!ENTITY spellCheckToggle.label		"スペルチェックを行う">
 <!ENTITY spellCheckToggle.accesskey	"g">
 <!ENTITY spellNoSuggestions.label	"(修正候補がありません)">
 <!ENTITY spellDictionaries.label	"言語">
--- a/toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/videocontrols.dtd
@@ -17,29 +17,16 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (volumeScrubber.label): This label is exposed to
      accessibility software to clarify what the slider is for. -->
 <!ENTITY volumeScrubber.label "音量スライダー">
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (pictureInPicture.label): This string is used as part of
 the Picture-in-Picture video toggle button when the mouse is hovering it. -->
 <!ENTITY pictureInPicture.label "ピクチャーインピクチャー">
 
-<!ENTITY stats.media "メディア">
-<!ENTITY stats.size "サイズ">
-<!ENTITY stats.activity "再生状態">
-<!ENTITY stats.activityPaused "一時停止">
-<!ENTITY stats.activityPlaying "再生中">
-<!ENTITY stats.activityEnded "再生終了">
-<!ENTITY stats.activitySeeking "(シーク中)">
-<!ENTITY stats.volume "音量">
-<!ENTITY stats.framesParsed "解析済みフレーム">
-<!ENTITY stats.framesDecoded "デコード済みフレーム">
-<!ENTITY stats.framesPresented "再生済みフレーム">
-<!ENTITY stats.framesPainted "描画済みフレーム">
-
 <!-- LOCALIZATION NOTE (pictureInPictureToggle.label): This string is used as the
 label for a variation of the Picture-in-Picture video toggle button when the mouse is
 hovering over the video. -->
 <!ENTITY pictureInPictureToggle.label "ピクチャーインピクチャーで観る">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (pictureInPictureExplainer): This string is used as part of
 a variation of the Picture-in-Picture video toggle button. When using this variation,
 this string appears below the toggle when the mouse hovers the toggle. -->
 <!ENTITY pictureInPictureExplainer "&brandShortName; で他の操作をしている間も動画を前面に表示して再生します。">
@@ -48,23 +35,16 @@ this string appears below the toggle whe
 <!ENTITY error.network "ネットワークエラーが発生したため動画の再生を中止しました。">
 <!ENTITY error.decode "ファイルが壊れているため動画を再生できません。">
 <!ENTITY error.srcNotSupported "この動画のファイル形式または MIME タイプはサポートされていません。">
 <!ENTITY error.noSource2 "サポートされたファイル形式および MIME タイプの動画が見つかりませんでした。">
 <!ENTITY error.generic "原因不明のエラーが発生したため動画の再生を中止しました。">
 
 <!ENTITY status.pictureInPicture "この動画はピクチャーインピクチャーモードで再生されています。">
 
-<!-- LOCALIZATION NOTE (scrubberScale.nameFormat): the #1 string is the current
-media position, and the #2 string is the total duration. For example, when at
-the 5 minute mark in a 6 hour long video, #1 would be "5:00" and #2 would be
-"6:00:00", result string would be "5:00 of 6:00:00 elapsed".
- -->
-<!ENTITY scrubberScale.nameFormat "#1 / #2">
-
 <!-- LOCALIZATION NOTE (positionAndDuration.nameFormat): the #1 string is the current
 media position, and the #2 string is the total duration. For example, when at
 the 5 minute mark in a 6 hour long video, #1 would be "5:00" and #2 would be
 "6:00:00", result string would be "5:00 / 6:00:00".
 Note that #2 is not always avaiable. For example, when at the 5 minute mark in an
 unknown duration video, #1 would be "5:00" and string which is surrounded by <span>
 would be deleted, result string would be "5:00".
 -->
--- a/toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/downloads/downloads.properties
@@ -88,19 +88,16 @@ timePair3				=%1$S %2$S
 # example: 1m left; 11h left
 timeLeftSingle3				=残り %1$S
 # LOCALIZATION NOTE (timeLeftDouble3): %1$S time left; %2$S time left sub units
 # example: 11h 2m left; 1d 22h left
 timeLeftDouble3				=残り %1$S %2$S
 timeFewSeconds2				=残り数秒
 timeUnknown2				=残り時間不明
 
-# LOCALIZATION NOTE (doneSize): #1 size number; #2 size unit
-doneSize				=#1 #2
-
 # LOCALIZATION NOTE (doneScheme2): #1 URI scheme like data: jar: about:
 doneScheme2				=%1$S リソース
 # LOCALIZATION NOTE (doneFileScheme): Special case of doneScheme for file:
 # This is used as an eTLD replacement for local files, so make it lower case
 doneFileScheme				=ローカルファイル
 
 # LOCALIZATION NOTE (yesterday): Displayed time for files finished yesterday
 yesterday				=昨日
--- a/toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/downloads/unknownContentType.properties
@@ -6,15 +6,19 @@
 title			=%S を開く
 saveDialogTitle		=保存ファイル名を入力してください...
 defaultApp		=%S (既定)
 chooseAppFilePickerTitle=プログラムの選択
 badApp			=選択されたプログラム (“%S”) が見つかりません。ファイル名を確認するか、他のプログラムを選択してください。
 badApp.title		=プログラムが見つかりません
 badPermissions		=適切なアクセス権限がないため、ファイルを保存できませんでした。他の保存フォルダーを選択してください。
 badPermissions.title	=ファイルを保存する権限がありません
-selectDownloadDir	=ダウンロードフォルダーを選択してください
 unknownAccept.label	=ファイルを保存
 unknownCancel.label	=キャンセル
 fileType		=%S ファイル
 # LOCALIZATION NOTE (orderedFileSizeWithType): first %S is type, second %S is size, and third %S is unit
 orderedFileSizeWithType	=%1$S (%2$S %3$S)
 pdfHandlerDescription	=Portable Document Format
+avifExtHandlerDescription=AV1 Image File (AVIF)
+pdfExtHandlerDescription=Portable Document Format (PDF)
+svgExtHandlerDescription=Scalable Vector Graphics (SVG)
+webpExtHandlerDescription=WebP Image
+xmlExtHandlerDescription=Extensible Markup Language (XML)
--- a/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.dtd
@@ -1,73 +1,6 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- addon actions -->
-<!ENTITY cmd.enableAddon.label			"有効化">
-<!ENTITY cmd.enableAddon.accesskey		"E">
-<!ENTITY cmd.disableAddon.label			"無効化">
-<!ENTITY cmd.disableAddon.accesskey		"D">
-
-<!ENTITY cmd.askToActivate.label		"実行時に確認する">
-<!ENTITY cmd.askToActivate.tooltip		"このアドオンの使用を毎回確認します">
-<!ENTITY cmd.alwaysActivate.label		"常に有効化する">
-<!ENTITY cmd.alwaysActivate.tooltip		"このアドオンは常に使用します">
-<!ENTITY cmd.neverActivate.label		"無効化する">
-<!ENTITY cmd.neverActivate.tooltip		"このアドオンは使用しません">
-<!ENTITY cmd.stateMenu.tooltip			"アドオン実行時の状態を変更します">
-
-<!ENTITY cmd.uninstallAddon.label		"削除">
-<!ENTITY cmd.uninstallAddon.accesskey		"R">
-<!ENTITY cmd.showPreferencesWin.label		"設定">
-<!ENTITY cmd.showPreferencesWin.tooltip		"このアドオンの設定を変更します">
-<!ENTITY cmd.showPreferencesUnix.label		"設定">
-<!ENTITY cmd.showPreferencesUnix.tooltip	"このアドオンの設定を変更します">
-
-<!ENTITY cmd.showReleaseNotes.label		"リリースノートを表示">
-<!ENTITY cmd.showReleaseNotes.tooltip		"この更新のリリースノートを表示します">
-<!ENTITY cmd.hideReleaseNotes.label		"リリースノートを隠す">
-<!ENTITY cmd.hideReleaseNotes.tooltip		"この更新のリリースノートを隠します">
-<!ENTITY cmd.findReplacement.label		"代わりのアドオンを探す">
-
-<!-- download/install progress -->
-<!ENTITY progress.cancel.tooltip		"キャンセル">
-
-<!ENTITY addon.details.label			"詳細">
-<!ENTITY addon.details.tooltip			"このアドオンの詳細を表示します">
-<!ENTITY addon.unknownDate			"不明">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (addon.legacy.label): This appears in a badge next
-     to the add-on name for extensions that are not webextensions, which
-     will stop working in Firefox 57. -->
-<!ENTITY addon.legacy.label			"旧式"><!-- en-US: "LEGACY" -->
-<!ENTITY addon.privateBrowsing.label		"プライベートウィンドウでも有効">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (addon.disabled.postfix): This is used in a normal list
-     to signify that an add-on is disabled, in the form
-     "<Addon name> <1.0> (disabled)" -->
-<!ENTITY addon.disabled.postfix			"(無効)">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (addon.update.postfix): This is used in the available
-     updates list to signify that an item is an update, in the form
-     "<Addon name> <1.1> Update". It is fine to use constructs like brackets if
-     necessary -->
-<!ENTITY addon.update.postfix			"更新">
-<!ENTITY addon.undoAction.label			"元に戻す">
-<!ENTITY addon.undoAction.tooltip		"この操作を元に戻します">
-<!ENTITY addon.undoRemove.label			"元に戻す">
-<!ENTITY addon.undoRemove.tooltip		"このアドオンをインストールされたままにします">
-
-<!ENTITY addon.install.label			"インストール">
-<!ENTITY addon.install.tooltip			"このアドオンをインストールします">
-<!ENTITY addon.updateNow.label			"今すぐ更新">
-<!ENTITY addon.updateNow.tooltip		"このアドオンの更新をインストールします">
-<!ENTITY addon.includeUpdate.label		"更新するアドオンに含める">
-<!ENTITY addon.updateAvailable.label		"更新可能です">
-<!ENTITY addon.checkingForUpdates.label		"更新を確認しています...">
-<!ENTITY addon.releaseNotes.label		"リリースノート:">
-<!ENTITY addon.loadingReleaseNotes.label	"読み込み中...">
-<!ENTITY addon.errorLoadingReleaseNotes.label	"エラーが発生したためリリースノートを読み込めませんでした。">
-
-<!ENTITY addon.createdBy.label			"作成者: ">
-
-<!ENTITY settings.path.button.label		"参照...">
-
-<!-- addon actions -->
-<!ENTITY setting.learnmore			"詳細...">
+<!ENTITY setting.learnmore	"詳細...">
--- a/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/extensions/extensions.properties
@@ -1,23 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-#LOCALIZATION NOTE (uninstallNotice) %S is the add-on name
-uninstallNotice			=%S が削除されました。
-
-#LOCALIZATION NOTE (numReviews): Semicolon-separated list of plural forms.
-# See: http://developer.mozilla.org/en/docs/Localization_and_Plurals
-# #1 is the number of reviews
-numReviews			=レビュー数: #1
-
-#LOCALIZATION NOTE (dateUpdated) %S is the date the addon was last updated
-dateUpdated			=更新日: %S
-
 #LOCALIZATION NOTE (notification.incompatible) %1$S is the add-on name, %2$S is brand name, %3$S is application version
 notification.incompatible	=%1$S は %2$S %3$S と互換性がありません。
 #LOCALIZATION NOTE (notification.unsigned, notification.unsignedAndDisabled) %1$S is the add-on name, %2$S is brand name
 notification.unsignedAndDisabled	=%1$S は %2$S での使用が検証できないため無効化されています。
 notification.unsigned		=%1$S は %2$S での使用が検証できません。配布元を確認して慎重に使用してください。
 notification.unsigned.link	=詳細情報
 #LOCALIZATION NOTE (notification.blocked) %1$S is the add-on name
 notification.blocked		=%1$S はセキュリティまたは安定性に問題があるため無効化されています。
@@ -42,27 +31,16 @@ notification.downloadError.retry		=再試行
 notification.downloadError.retry.tooltip	=このアドオンのダウンロードを再び試みます
 #LOCALIZATION NOTE (notification.installError) %1$S is the add-on name.
 notification.installError			=%1$S のインストール中にエラーが発生しました。
 notification.installError.retry			=再試行
 notification.installError.retry.tooltip		=このアドオンのダウンロードとインストールを再び試みます
 #LOCALIZATION NOTE (notification.gmpPending) %1$S is the add-on name.
 notification.gmpPending				=%1$S はすぐにインストールされます。
 
-#LOCALIZATION NOTE (contributionAmount2) %S is the currency amount recommended for contributions
-contributionAmount2		=寄付希望額: %S
-
-installDownloading		=ダウンロードしています
-installDownloaded		=ダウンロード完了
-installDownloadFailed		=ダウンロード中にエラーが発生しました
-installVerifying		=検証しています
-installInstalling		=インストールしています
-installFailed			=インストール中にエラーが発生しました
-installCancelled		=インストールをキャンセルしました
-
 #LOCALIZATION NOTE (details.notification.incompatible) %1$S is the add-on name, %2$S is brand name, %3$S is application version
 details.notification.incompatible	=%1$S は %2$S %3$S と互換性がありません。
 #LOCALIZATION NOTE (details.notification.unsigned, details.notification.unsignedAndDisabled) %1$S is the add-on name, %2$S is brand name
 details.notification.unsignedAndDisabled	=%1$S は %2$S での使用が検証できないため無効化されています。
 details.notification.unsigned		=%1$S は %2$S での使用が検証できません。配布元を確認して慎重に使用してください。
 details.notification.unsigned.link	=詳細情報
 #LOCALIZATION NOTE (details.notification.blocked) %1$S is the add-on name
 details.notification.blocked		=%1$S はセキュリティまたは安定性に問題があるため無効化されています。
@@ -79,37 +57,25 @@ details.notification.vulnerableUpdatable.link	=今すぐ更新する
 #LOCALIZATION NOTE (details.notification.vulnerableNoUpdate) %1$S is the add-on name
 details.notification.vulnerableNoUpdate		=%1$S は安全ではありません。注意が必要です。
 details.notification.vulnerableNoUpdate.link	=詳細情報
 #LOCALIZATION NOTE (details.notification.restartless-uninstall) %1$S is the add-on name.
 details.notification.restartless-uninstall	=%1$S はこのタブを閉じると削除されます。
 #LOCALIZATION NOTE (details.notification.gmpPending) %1$S is the add-on name
 details.notification.gmpPending		=%1$S はすぐにインストールされます。
 
-installFromFile.dialogTitle		=インストールするアドオンを選択してください
-installFromFile.filterName		=アドオン
-
-uninstallAddonTooltip			=このアドオンを削除します
-enableAddonTooltip			=このアドオンを有効化します
-disableAddonTooltip			=このアドオンを無効化します
-
 type.extension.name	=拡張機能
 type.themes.name	=テーマ
 type.locale.name	=言語パック
 type.plugin.name	=プラグイン
 type.dictionary.name	=辞書
 type.service.name	=サービス
 type.legacy.name	=旧式の拡張機能
 type.unsupported.name	=未サポート
 
-#LOCALIZATION NOTE(legacyWarning.description) %S is the brandShortName
-legacyWarning.description	=%S によるサポートが終了した拡張機能があります。
-#LOCALIZATION NOTE(legacyThemeWarning.description) %S is the brandShortName
-legacyThemeWarning.description	=%S によるサポートが終了したテーマがあります。
-
 #LOCALIZATION NOTE(listHeading.discover) %S is the brandShortName
 listHeading.discover	=%S のパーソナライズ
 listHeading.extension	=拡張機能の管理
 listHeading.shortcuts	=拡張機能のショートカットキーの管理
 listHeading.theme	=テーマの管理
 listHeading.plugin	=プラグインの管理
 listHeading.locale	=言語パックの管理
 listHeading.dictionary	=スペルチェック辞書の管理
--- a/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/profile/profileSelection.properties
@@ -2,32 +2,28 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE: These strings are used for startup/profile problems and the profile manager.
 
 # Application not responding
 # LOCALIZATION NOTE (restartTitle, restartMessageNoUnlocker2, restartMessageUnlocker, restartMessageNoUnlockerMac, restartMessageUnlockerMac): Messages displayed when the application is running but is not responding to commands. %S is the application name.
 restartTitle			=%S の終了
-restartMessageNoUnlocker	=%S は起動していますが応答しません。新しいウィンドウを開くにはまず既存の %S プロセスを終了させるか、コンピューターを再起動させなければなりません。
 restartMessageNoUnlocker2	=%S は起動していますが応答しません。%S を使用するには、まず既存の %S プロセスを終了させ、端末を再起動するか別のプロファイルを使用しなければなりません。
 restartMessageUnlocker		=%S は起動していますが応答しません。新しいウィンドウを開くには既存の %S プロセスを終了させなければなりません。
 restartMessageNoUnlockerMac	=すでに別の %S を開いています。同時に複数の %S を開くことはできません。
 restartMessageUnlockerMac	=すでに別の %S を開いています。この %S を開くために実行中のものを終了させます。
 
 # Profile manager
 # LOCALIZATION NOTE (profileTooltip): First %S is the profile name, second %S is the path to the profile folder.
 profileTooltip			=プロファイル: ‘%S’ - パス: ‘%S’
 
 pleaseSelectTitle		=プロファイルの選択
 pleaseSelect			=%S で使用するプロファイルを選択するか、新しいプロファイルを作成してください。
 
-profileLockedTitle		=使用中のプロファイル
-profileLocked2			=現在使用中であるため %S はプロファイル “%S” を使用できません。\n\n起動中の %S を終了するか、別のプロファイルを選択してください。
-
 renameProfileTitle		=プロファイル名の変更
 renameProfilePrompt		=プロファイル “%S” の変更後の名前を入力してください:
 
 profileNameInvalidTitle		=無効なプロファイル名
 profileNameInvalid		=プロファイル名として “%S” を使用することはできません。
 
 chooseFolder			=プロファイルフォルダーの選択
 profileNameEmpty		=名前のないプロファイルは作成できません。
@@ -36,17 +32,16 @@ invalidChar			=プロファイル名には “%S” といった文字は使用できません。名前を変更してください。
 deleteTitle			=プロファイルの削除
 deleteProfileConfirm		=プロファイルを削除するとプロファイルの一覧から削除され、元には戻せません。\nプロファイルの登録だけでなくあなたのユーザー設定や証明書などユーザーデータの入っているプロファイルデータファイルすべてを削除することもできます。この場合にはプロファイルフォルダー “%S” 自体もすべて削除され、元には戻せません。\nプロファイルのデータファイルも一緒に削除してよろしいですか?
 deleteFiles			=ファイルもすべて削除
 dontDeleteFiles			=プロファイル登録だけ削除
 
 profileCreationFailed		=プロファイルは作成できませんでした。おそらく選択されたフォルダーは書き込み可能ではありません。
 profileCreationFailedTitle	=プロファイル作成失敗
 profileExists			=この名前のプロファイルはすでに存在します。他の名前を指定してください。
-profileExistsTitle		=既存プロファイルとの重複
 profileFinishText		=新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
 profileFinishTextMac		=新しいプロファイルを作成するには [完了] をクリックしてください。
 profileMissing			=あなたの %S プロファイルを読み込めませんでした。プロファイルが存在しないかアクセスできません。
 profileMissingTitle		=プロファイルが見つかりません
 profileDeletionFailed		=プロファイルを削除できませんでした。おそらく使用中です。
 profileDeletionFailedTitle	=削除失敗
 
 # Profile reset
--- a/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
+++ b/toolkit/chrome/mozapps/update/updates.properties
@@ -2,63 +2,26 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # LOCALIZATION NOTE: The 1st %S is brandShortName and 2nd %S is update version
 # where update version from the update xml
 # example: MyApplication 10.0.5
 updateName			=%1$S %2$S
 
-# LOCALIZATION NOTE: When present
-# %1$S is the brandShortName. Ex: MyApplication
-# %2$S is the update version - provided by the update xml. Ex: version 10.0.5
-# %3$S is the build identifier - provided by the update xml. Ex: 20081022033543
-updateNightlyName		=%1$S %2$S %3$S nightly
-intro_major			=%1$S %2$S に今すぐアップグレードしますか?
-intro_minor			=%1$S のセキュリティと安定性を向上する更新が公開されています:
-
-# LOCALIZATION NOTE: When present %S is brandShortName
-# (^^; %1$0.S is a special replacement to generate nothing for %1$S without error
-verificationError		=%1$0.S更新パッケージの完全性が確認できませんでした。
-updaterIOErrorTitle		=ソフトウェアを更新できませんでした
-updaterIOErrorMsg		=更新をインストールできませんでした。%S が他には起動していないことを確認した後にもう一度 %S を再起動してみてください。
-okButton			=OK
-okButton.accesskey		=O
-askLaterButton			=後で確認する
-askLaterButton.accesskey	=A
-
 noThanksButton			=更新しない
 noThanksButton.accesskey	=N
-updateButton_minor		=%S を更新する
-updateButton_minor.accesskey	=U
-updateButton_major		=新しいバージョンを入手する
-updateButton_major.accesskey	=G
-backButton			=戻る
-backButton.accesskey		=B
-acceptTermsButton		=同意する
-acceptTermsButton.accesskey	=A
 # NOTE: The restartLaterButton string is also used in
 # mozapps/extensions/content/blocklist.js
 restartLaterButton		=後で再起動
 restartLaterButton.accesskey	=L
 restartNowButton		=%S を再起動
 restartNowButton.accesskey	=R
 
-# LOCALIZATION NOTE: %S is the date the update was installed from the local
-# updates.xml for displaying update history
-statusSucceededFormat		=インストールしました: %S
-
 statusFailed			=インストールできませんでした
-hideButton			=隠す
-hideButton.accesskey		=H
-
-applyingUpdate			=更新を適用しています...
-
-updatesfound_minor.title	=更新が見つかりました
-updatesfound_major.title	=新しいバージョンが見つかりました
 
 installSuccess			=更新を正常にインストールしました
 installPending			=次の起動時にインストールします
 patchApplyFailure		=更新をインストールできませんでした (パッチを適用できませんでした)
 elevationFailure		=この更新をインストールするのに必要な権限がありません。システムの管理者に問い合わせてください。
 
 check_error-200			=更新情報 XML ファイルが整形式になっていません (200)
 check_error-403			=アクセス拒否されました (403)
--- a/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
+++ b/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
@@ -1,14 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-rememberValue				=パスワードマネージャーにこの値を保存する。
-
 rememberPassword			=パスワードマネージャーにこのパスワードを保存する。
 savePasswordTitle			=確認
 # LOCALIZATION NOTE (saveLoginMsg, saveLoginMsgNoUser):
 # %1$S is brandShortName, %2$S is the login's hostname.
 saveLoginMsg				=%2$S のログイン情報を %1$S に保存しますか?
 saveLoginMsgNoUser			=%2$S のパスワードを %1$S に保存しますか?
 saveLoginButtonAllow.label		=保存する
 saveLoginButtonAllow.accesskey		=S
@@ -41,41 +39,36 @@ notNowButtonText			=今回は記憶しない(&N)
 neverForSiteButtonText			=このサイトでは記憶しない(&V)
 rememberButtonText			=記憶する(&R)
 passwordChangeTitle			=パスワード変更の確認
 # LOCALIZATION NOTE (updatePasswordMsg):
 # String is the username for the login.
 updatePasswordMsg			=記憶されている “%S” のパスワードを更新しますか?
 updatePasswordMsgNoUser			=記憶されているパスワードを更新しますか?
 userSelectText2				=更新するログイン情報を選択してください:
-removeLoginPrompt			=このログイン情報を削除してもよろしいですか?
-removeLoginTitle			=ログイン情報の削除
 loginsDescriptionAll2			=このコンピューターには以下のサイトのログイン情報が保存されています
 
 # LOCALIZATION NOTE (useASecurelyGeneratedPassword):
 # Shown in the autocomplete popup to allow filling a generated password into a password field.
 useASecurelyGeneratedPassword		=安全に生成されたパスワードを使用
 # LOCALIZATION NOTE (generatedPasswordWillBeSaved):
 # %S will contain the brandShorterName. This informs the user that the generated password will be automatically saved.
 generatedPasswordWillBeSaved		=このウェブサイトのパスワードとして %S に保存されます。
 # LOCALIZATION NOTE (loginHostAge):
 # This is used to show the context menu login items with their age.
 # 1st string is the username for the login, 2nd is the login's age.
 loginHostAge				=%1$S (%2$S)
 # LOCALIZATION NOTE (noUsername):
 # String is used on the context menu when a login doesn't have a username.
 noUsername				=ユーザー名なし
-duplicateLoginTitle			=ログイン情報が存在します
-duplicateLogin				=重複するログイン情報がすでに存在しています。
 
 # LOCALIZATION NOTE (displaySameOrigin):
 # String is used on the autocomplete row when the login origin is a domain match with the document origin
 displaySameOrigin			=このウェブサイトから
 
 # LOCALIZATION NOTE (insecureFieldWarningDescription2):
 # %1$S will contain insecureFieldWarningLearnMore and look like a link to indicate that clicking will open a tab with support information.
 insecureFieldWarningDescription2	=この接続は安全ではありません。ここに入力したログイン情報は漏洩する可能性があります。%1$S
-insecureFieldWarningDescription3	=ここに入力したログイン情報は漏洩する可能性があります。%1$S
 insecureFieldWarningLearnMore		=詳細
 
 # LOCALIZATION NOTE (viewSavedLogins.label):
 # This label is used in the footer of login autocomplete menus.
 viewSavedLogins.label			=保存されたログイン情報を表示
--- a/toolkit/crashreporter/aboutcrashes.ftl
+++ b/toolkit/crashreporter/aboutcrashes.ftl
@@ -1,14 +1,13 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 crash-reports-title = クラッシュレポート
-
 submit-all-button-label = すべて送信
 delete-button-label = すべて消去
 delete-confirm-title = 本当によろしいですか?
 delete-unsubmitted-description = これは未送信のクラッシュレポートをすべて削除します。この操作は元に戻せません。
 delete-submitted-description = これは送信したクラッシュレポートのリストを削除しますが、送信したデータは削除しません。この操作は元に戻せません。
 
 crashes-unsubmitted-label = 未送信のクラッシュレポート
 id-heading = レポート ID
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
@@ -5,54 +5,44 @@
 addons-window =
     .title = アドオンマネージャー
 addons-page-title = アドオンマネージャー
 search-header =
     .placeholder = addons.mozilla.org を検索
     .searchbuttonlabel = 検索
 search-header-shortcut =
     .key = f
-loading-label =
-    .value = 読み込み中...
 list-empty-installed =
     .value = この種類のアドオンはインストールされていません
 list-empty-available-updates =
     .value = 更新は見つかりませんでした
 list-empty-recent-updates =
     .value = 最近更新されたアドオンはありません
 list-empty-find-updates =
     .label = 更新を確認
 list-empty-button =
     .label = アドオンについて知る
-install-addon-from-file =
-    .label = ファイルからアドオンをインストール...
-    .accesskey = I
 help-button = アドオンのサポート
 sidebar-help-button-title =
     .title = アドオンのサポート
 preferences =
     { PLATFORM() ->
         [windows] { -brand-short-name } オプション
        *[other] { -brand-short-name } 設定
     }
-tools-menu =
-    .tooltiptext = アドオンツール
 sidebar-preferences-button-title =
     .title =
         { PLATFORM() ->
             [windows] { -brand-short-name } オプション
            *[other] { -brand-short-name } 設定
         }
 show-unsigned-extensions-button =
     .label = 一部の拡張機能を検証できませんでした
 show-all-extensions-button =
     .label = すべての拡張機能を表示
-debug-addons =
-    .label = アドオンをデバッグ
-    .accesskey = B
 cmd-show-details =
     .label = 詳細情報を表示
     .accesskey = S
 cmd-find-updates =
     .label = 更新を確認
     .accesskey = F
 cmd-preferences =
     .label =
@@ -73,19 +63,16 @@ cmd-disable-theme =
     .accesskey = W
 cmd-install-addon =
     .label = インストール
     .accesskey = I
 cmd-contribute =
     .label = 寄付
     .accesskey = C
     .tooltiptext = このアドオンの開発者に寄付します
-discover-title = アドオンとは何ですか?
-discover-description = アドオンは、あなたに合わせて { -brand-short-name } に機能を追加したり { -brand-short-name } のスタイルを変えたりするものです。各種のサイドバーや天気予報、テーマなどをインストールして、あなただけの { -brand-short-name } に作り変えてみてください。
-discover-footer = インターネットに接続されていれば、この画面で人気のアドオンを紹介します。ぜひ、お試しください。
 detail-version =
     .label = バージョン
 detail-last-updated =
     .label = 更新日
 detail-contributions-description = このアドオンの開発者が開発を継続するための少額の寄付によるサポートを求めています。
 detail-contributions-button = Contribute
     .title = このアドオンの開発に寄付する
     .accesskey = C
@@ -97,25 +84,22 @@ detail-update-default =
 detail-update-automatic =
     .label = オン
     .tooltiptext = 更新を自動的にインストールします
 detail-update-manual =
     .label = オフ
     .tooltiptext = 更新を手動でインストールします
 # Used as a description for the option to allow or block an add-on in private windows.
 detail-private-browsing-label = プライベートウィンドウでの実行
-detail-private-browsing-description2 = 許可した場合、プライベートブラウジング中でも拡張機能がユーザーのオンライン行動にアクセスできます。<label data-l10n-name="detail-private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
 # Some add-ons may elect to not run in private windows by setting incognito: not_allowed in the manifest.  This
 # cannot be overridden by the user.
 detail-private-disallowed-label = プライベートウィンドウでは許可されていません
-detail-private-disallowed-description = この拡張機能はプライベートブラウジング中は動作しません。<label data-l10n-name="detail-private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
 detail-private-disallowed-description2 = この拡張機能はプライベートブラウジング中は動作しません。<a data-l10n-name="learn-more">詳細情報</a>
 # Some special add-ons are privileged, run in private windows automatically, and this permission can't be revoked
 detail-private-required-label = プライベートウィンドウへのアクセスが必要です
-detail-private-required-description = この拡張機能はプライベートブラウジング中にユーザーのオンライン行動にアクセスします。<label data-l10n-name="detail-private-browsing-learn-more">詳細情報</label>
 detail-private-required-description2 = この拡張機能はプライベートブラウジング中にユーザーのオンライン行動にアクセスします。<a data-l10n-name="learn-more">詳細情報</a>
 detail-private-browsing-on =
     .label = 許可する
     .tooltiptext = プライベートブラウジングモードでも有効にします
 detail-private-browsing-off =
     .label = 許可しない
     .tooltiptext = プライベートブラウジングモードでは無効にします
 detail-home =
@@ -161,25 +145,16 @@ legacy-extensions =
     .value = 旧式の拡張機能
 legacy-extensions-description = これらの拡張機能は、現在の { -brand-short-name } 標準に適さないため無効化されています。 <label data-l10n-name="legacy-learn-more">アドオンシステムの変更についての詳細</label>
 private-browsing-description2 =
     { -brand-short-name } がプライベートブラウジングでの拡張機能の動作を変更しています。
     プライベートウィンドウでは、{ -brand-short-name } に新たに追加した拡張機能は既定で実行されません。
     拡張機能の設定で有効にしない限り、プライベートブラウジング中は拡張機能が動作せず、ユーザーのオンライン行動にもアクセスできません。
     この変更は、ユーザーのプライベートブラウジングの秘密を守るために行われました。
     <label data-l10n-name="private-browsing-learn-more">拡張機能の設定を管理する方法について学ぶ</label>
-extensions-view-discopane =
-    .name = おすすめ
-    .tooltiptext = { extensions-view-discopane.name }
-extensions-view-recent-updates =
-    .name = 最近の更新
-    .tooltiptext = { extensions-view-recent-updates.name }
-extensions-view-available-updates =
-    .name = 更新可能
-    .tooltiptext = { extensions-view-available-updates.name }
 addon-category-discover = おすすめ
 addon-category-discover-title =
     .title = おすすめ
 addon-category-extension = 拡張機能
 addon-category-extension-title =
     .title = 拡張機能
 addon-category-theme = テーマ
 addon-category-theme-title =
@@ -197,125 +172,73 @@ addon-category-available-updates = 更新可能
 addon-category-available-updates-title =
     .title = 更新可能
 addon-category-recent-updates = 最近の更新
 addon-category-recent-updates-title =
     .title = 最近の更新
 
 ## These are global warnings
 
-extensions-warning-safe-mode-label =
-    .value = セーフモードによりすべてのアドオンが無効化されています。
-extensions-warning-safe-mode-container =
-    .tooltiptext = { extensions-warning-safe-mode-label.value }
-extensions-warning-check-compatibility-label =
-    .value = アドオンの互換性確認は無効化されています。互換性のないアドオンがインストールされています。
-extensions-warning-check-compatibility-container =
-    .tooltiptext = { extensions-warning-check-compatibility-label.value }
-extensions-warning-check-compatibility-enable =
-    .label = 有効化
-    .tooltiptext = アドオンの互換性の確認を有効化します
-extensions-warning-update-security-label =
-    .value = 更新のセキュリティ確認が無効化されています。更新により危険にさらされる可能性があります。
-extensions-warning-update-security-container =
-    .tooltiptext = { extensions-warning-update-security-label.value }
-extensions-warning-update-security-enable =
-    .label = 有効化
-    .tooltiptext = アドオンの更新のセキュリティ確認を有効化します
 extensions-warning-safe-mode = セーフモードによりすべてのアドオンが無効化されています。
 extensions-warning-check-compatibility = アドオンの互換性確認は無効化されています。互換性のないアドオンがインストールされています。
 extensions-warning-check-compatibility-button = 有効化
     .title = アドオンの互換性の確認を有効化します
 extensions-warning-update-security = 更新のセキュリティ確認が無効化されています。更新により危険にさらされる可能性があります。
 extensions-warning-update-security-button = 有効化
     .title = アドオンの更新のセキュリティ確認を有効化します
 
 ## Strings connected to add-on updates
 
-extensions-updates-check-for-updates =
-    .label = 今すぐ更新を確認
-    .accesskey = C
-extensions-updates-view-updates =
-    .label = 最近更新したアドオンを表示
-    .accesskey = V
 addon-updates-check-for-updates = 今すぐ更新を確認
     .accesskey = C
 addon-updates-view-updates = 最近更新したアドオンを表示
     .accesskey = V
 
 # This menu item is a checkbox that toggles the default global behavior for
 # add-on update checking.
 
-extensions-updates-update-addons-automatically =
-    .label = アドオンを自動的に更新
-    .accesskey = A
 addon-updates-update-addons-automatically = アドオンを自動的に更新
     .accesskey = A
 
 ## Specific add-ons can have custom update checking behaviors ("Manually",
 ## "Automatically", "Use default global behavior"). These menu items reset the
 ## update checking behavior for all add-ons to the default global behavior
 ## (which itself is either "Automatically" or "Manually", controlled by the
 ## extensions-updates-update-addons-automatically.label menu item).
 
-extensions-updates-reset-updates-to-automatic =
-    .label = すべてのアドオンを自動的に更新
-    .accesskey = R
-extensions-updates-reset-updates-to-manual =
-    .label = すべてのアドオンを手動で更新
-    .accesskey = R
 addon-updates-reset-updates-to-automatic = すべてのアドオンを自動的に更新
     .accesskey = R
 addon-updates-reset-updates-to-manual = すべてのアドオンを手動で更新
     .accesskey = R
 
 ## Status messages displayed when updating add-ons
 
-extensions-updates-updating =
-    .value = 更新を確認しています
-extensions-updates-installed =
-    .value = アドオンが更新されました。
-extensions-updates-downloaded =
-    .value = アドオンの更新がダウンロードされました。
-extensions-updates-restart =
-    .label = 再起動して更新を完了してください
-extensions-updates-none-found =
-    .value = 更新は見つかりませんでした
-extensions-updates-manual-updates-found =
-    .label = 更新可能なアドオンを表示
-extensions-updates-update-selected =
-    .label = 更新をインストール
-    .tooltiptext = このリストの更新可能なアドオンをインストールします
 addon-updates-updating = 更新を確認しています
 addon-updates-installed = アドオンが更新されました。
 addon-updates-none-found = 更新は見つかりませんでした
 addon-updates-manual-updates-found = 更新可能なアドオンを表示
 
 ## Add-on install/debug strings for page options menu
 
 addon-install-from-file = ファイルからアドオンをインストール...
     .accesskey = I
 addon-install-from-file-dialog-title = インストールするアドオンを選択してください
 addon-install-from-file-filter-name = アドオン
 addon-open-about-debugging = アドオンをデバッグ
     .accesskey = B
 
 ## Extension shortcut management
 
-manage-extensions-shortcuts =
-    .label = 拡張機能のショートカットキーの管理
-    .accesskey = S
 # This is displayed in the page options menu
 addon-manage-extensions-shortcuts = 拡張機能のショートカットキーの管理
     .accesskey = S
 shortcuts-no-addons = 有効な拡張機能がありません。
 shortcuts-no-commands = 次の拡張機能にはショートカットがありません:
 shortcuts-input =
     .placeholder = ショートカットキーを入力してください
-shortcuts-browserAction = 拡張機能を有効化
 shortcuts-browserAction2 = ツールバーボタンを有効化
 shortcuts-pageAction = ページ操作を有効化
 shortcuts-sidebarAction = サイドバーの表示を切り替え
 shortcuts-modifier-mac = Ctrl, Alt または ⌘ を含む
 shortcuts-modifier-other = Ctrl または Alt を含む
 shortcuts-invalid = 不正な組み合わせです
 shortcuts-letter = 文字を入力してください
 shortcuts-system = { -brand-short-name } のショートカットは上書きできません
@@ -329,18 +252,16 @@ shortcuts-duplicate-warning-message = { $shortcut } が他の場所でも使用されています。ショートカットキーが重複していると予期しない動作の原因となることがあります。
 # Variables:
 #   $addon (string) - Name of the add-on
 shortcuts-exists = すでに { $addon } が使用しています
 shortcuts-card-expand-button =
     { $numberToShow ->
        *[other] さらに { $numberToShow } 個表示
     }
 shortcuts-card-collapse-button = 折りたたむ
-go-back-button =
-    .tooltiptext = 前のページへ戻ります
 header-back-button =
     .title = 前のページへ戻ります
 
 ## Recommended add-ons page
 
 # Explanatory introduction to the list of recommended add-ons. The action word
 # ("recommends") in the final sentence is a link to external documentation.
 discopane-intro =
@@ -376,31 +297,28 @@ addon-options-button =
 ## Add-on actions
 
 report-addon-button = 報告
 remove-addon-button = 削除
 # The link will always be shown after the other text.
 remove-addon-disabled-button = 削除不可の <a data-l10n-name="link">理由</a>
 disable-addon-button = 無効化
 enable-addon-button = 有効化
-expand-addon-button = 他のオプション
 # This is used for the toggle on the extension card, it's a checkbox and this
 # is always its label.
 extension-enable-addon-button-label =
     .aria-label = 有効
 preferences-addon-button =
     { PLATFORM() ->
         [windows] オプション
        *[other] 設定
     }
 details-addon-button = 詳細
 release-notes-addon-button = リリースノート
 permissions-addon-button = 許可設定
-addons-enabled-heading = 有効
-addons-disabled-heading = 無効
 extension-enabled-heading = 有効
 extension-disabled-heading = 無効
 theme-enabled-heading = 有効
 theme-disabled-heading = 無効
 plugin-enabled-heading = 有効
 plugin-disabled-heading = 無効
 dictionary-enabled-heading = 有効
 dictionary-disabled-heading = 無効
@@ -409,16 +327,21 @@ locale-disabled-heading = 無効
 ask-to-activate-button = 実行時に確認
 always-activate-button = 常に有効化
 never-activate-button = 無効化
 addon-detail-author-label = 作者
 addon-detail-version-label = バージョン
 addon-detail-last-updated-label = 最終更新日
 addon-detail-homepage-label = ホームページ
 addon-detail-rating-label = 評価
+
+# Message for add-ons with a staged pending update.
+install-postponed-message = この拡張機能は { -brand-short-name } の再起動時に更新されます。
+install-postponed-button = 今すぐ更新
+
 # The average rating that the add-on has received.
 # Variables:
 #   $rating (number) - A number between 0 and 5. The translation should show at most one digit after the comma.
 five-star-rating =
     .title = 評価: { NUMBER($rating, maximumFractionDigits: 1) } / 5
 # This string is used to show that an add-on is disabled.
 # Variables:
 #   $name (string) - The name of the add-on
@@ -437,33 +360,24 @@ pending-uninstall-undo-button = 元に戻す
 addon-detail-updates-label = 自動更新の許可
 addon-detail-updates-radio-default = 既定
 addon-detail-updates-radio-on = オン
 addon-detail-updates-radio-off = オフ
 addon-detail-update-check-label = 更新の確認
 install-update-button = 更新
 # This is the tooltip text for the private browsing badge in about:addons. The
 # badge is the private browsing icon included next to the extension's name.
-addon-badge-private-browsing-allowed =
-    .title = プライベートウィンドウでの実行
-# This is the tooltip text for the private browsing badge in about:addons. The
-# badge is the private browsing icon included next to the extension's name.
 addon-badge-private-browsing-allowed2 =
     .title = プライベートウィンドウでの実行
     .aria-label = { addon-badge-private-browsing-allowed2.title }
 addon-detail-private-browsing-help = 許可した場合、この拡張機能はプライベートブラウジング中であってもユーザーのオンライン行動にアクセスできます。<a data-l10n-name="learn-more">詳細情報</a>
 addon-detail-private-browsing-allow = 許可する
 addon-detail-private-browsing-disallow = 許可しない
 # This is the tooltip text for the recommended badge for an extension in about:addons. The
 # badge is a small icon displayed next to an extension when it is recommended on AMO.
-addon-badge-recommended =
-    .title = おすすめ
-    .alt = おすすめ
-# This is the tooltip text for the recommended badge for an extension in about:addons. The
-# badge is a small icon displayed next to an extension when it is recommended on AMO.
 addon-badge-recommended2 =
     .title = { -brand-product-name } は Mozilla が定めた安全性とパフォーマンスの基準に適合する拡張機能のみをおすすめします
     .aria-label = { addon-badge-recommended2.title }
 available-updates-heading = 更新可能
 recent-updates-heading = 最近の更新
 release-notes-loading = 読み込み中...
 release-notes-error = リリースノートの読み込み中にエラーが発生しました。
 addon-permissions-empty = この拡張機能は許可設定を必要としません。
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutGlean.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutGlean.ftl
@@ -1,3 +1,14 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+### "Glean" and "Glean SDK" should remain in English.
+
+about-glean-page-title = Glean について
+about-glean-description = <a data-l10n-name="glean-sdk-doc-link">Glean SDK</a> は Mozilla 製品で利用されているデータ収集ライブラリーです。このページは、<a data-l10n-name="fog-debug-doc-link">Glean SDK でデバッグとログ状態の設定変更</a> を必要とする開発者およびテスター向けです。
+about-glean-warning = このインターフェースの使用を誤ると { -brand-short-name } がクラッシュする可能性があります。
+
+tag-pings-label = 送信したすべての Ping にこのタグを付ける
+log-pings-label = 送信前に Ping ペイロードを記録しますか?
+send-pings-label = 名前付き Ping を送信
+controls-button-label = 設定を送信
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutHttpsOnlyError.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutHttpsOnlyError.ftl
@@ -18,8 +18,9 @@ about-httpsonly-title = { -brand-short-name } が潜在的なセキュリティの問題を検出しました
 #   $websiteUrl (String) - Url of the website that failed to load. Example: www.example.com
 about-httpsonly-explanation-unavailable = HTTPS-Only モードでブラウジングしていますが、安全な HTTPS バージョンの <em>{ $websiteUrl }</em> が利用できません。
 about-httpsonly-explanation-question = この問題の原因は?
 about-httpsonly-explanation-nosupport = おそらく、ウェブサイトが HTTPS をサポートしていないだけでしょう。
 about-httpsonly-explanation-risk = また、攻撃者が関係している可能性もあります。ウェブサイトへ移動することにした場合でも、パスワードやメールアドレス、クレジットカードなどの取り扱いに注意が必要な情報を入力してはいけません。
 
 about-httpsonly-button-accept-and-continue = 危険性を承知の上で続ける
 about-httpsonly-button-go-back = 戻る
+about-httpsonly-link-learn-more = 詳細情報...
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutNetworking.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutNetworking.ftl
@@ -1,69 +1,13 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-title = About Networking
-warning = これは実験段階です。ネットワーク技術に詳しい方以外は使用しないでください。
-show-next-time-checkbox = 次回も警告を表示する
-ok = OK
-http = HTTP
-sockets = Sockets
-dns = DNS
-websockets = WebSockets
-refresh = 更新
-auto-refresh = 3 秒ごとに自動更新する
-hostname = ホスト名
-port = ポート番号
-http2 = HTTP/2
-ssl = SSL
-active = アクティブ
-idle = 待機
-host = ホスト
-tcp = TCP
-sent = 送信データ量
-received = 受信データ量
-family = 系統
-trr = TRR
-addresses = アドレス
-expires = 期限 (秒)
-messages-sent = 送信メッセージ
-messages-received = 受信メッセージ
-bytes-sent = 送信バイト数
-bytes-received = 受信バイト数
-logging = HTTP ログ
-log-tutorial = このツールの使い方は <a data-l10n-name="logging">HTTP Logging</a> を参照してください。
-current-log-file = 現在のログファイル:
-current-log-modules = 現在のログモジュール:
-set-log-file = ログファイルを設定
-set-log-modules = ログモジュールを設定
-start-logging = 記録開始
-stop-logging = 記録終了
-dns-lookup = DNS 照会
-dns-lookup-button = 解決
-dns-domain = ドメイン:
-dns-lookup-table-column = IP アドレス
-rcwn = RCWN 統計
-rcwn-status = RCWN 状態
-rcwn-cache-won-count = キャッシュ使用カウント
-rcwn-net-won-count = ネットワーク使用カウント
-total-network-requests = ネットワーク要求カウント合計
-rcwn-operation = キャッシュ操作
-rcwn-perf-open = 開く
-rcwn-perf-read = 読む
-rcwn-perf-write = 書く
-rcwn-perf-entry-open = エントリーを開く
-rcwn-avg-short = 短期平均
-rcwn-avg-long = 長期平均
-rcwn-std-dev-long = 長期標準偏差
-rcwn-cache-slow = キャッシュ遅滞カウント
-rcwn-cache-not-slow = キャッシュ非遅滞カウント
-
-about-networking-title = About Networking
+about-networking-title = ネットワーク通信
 about-networking-http = HTTP
 about-networking-sockets = Sockets
 about-networking-dns = DNS
 about-networking-dns-clear-cache-button = DNS キャッシュを消去
 about-networking-dns-suffix = DNS サフィックス
 about-networking-websockets = WebSockets
 about-networking-refresh = 更新
 about-networking-auto-refresh = 3 秒ごとに自動更新する
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
@@ -70,16 +70,19 @@ app-basics-safebrowsing-key-google = Google Safebrowsing キー
 app-basics-key-mozilla = Mozilla Location Service キー
 app-basics-safe-mode = セーフモード
 show-dir-label =
     { PLATFORM() ->
         [macos] Finder に表示
         [windows] フォルダーを開く
        *[other] ディレクトリーを開く
     }
+environment-variables-title = 環境変数
+environment-variables-name = 変数名
+environment-variables-value = 値
 experimental-features-title = 実験的な機能
 experimental-features-name = 機能名
 experimental-features-value = 値
 modified-key-prefs-title = 変更された重要な設定
 modified-prefs-name = 設定名
 modified-prefs-value = 値
 user-js-title = user.js 設定ファイル
 user-js-description = このプロファイルには、{ -brand-short-name } では作成されない設定値が含まれた <a data-l10n-name="user-js-link">user.js 設定ファイル</a> があります。
@@ -97,18 +100,16 @@ graphics-crash-guards-title = クラッシュガードが無効化した機能
 graphics-workarounds-title = 回避策
 # Windowing system in use on Linux (e.g. X11, Wayland).
 graphics-window-protocol = ウィンドウプロトコル
 # Desktop environment in use on Linux (e.g. GNOME, KDE, XFCE, etc).
 graphics-desktop-environment = デスクトップ環境
 place-database-title = Places データベース
 place-database-integrity = 完全性
 place-database-verify-integrity = 完全性を検証
-js-title = JavaScript
-js-incremental-gc = インクリメンタル GC
 a11y-title = アクセシビリティ
 a11y-activated = 有効
 a11y-force-disabled = アクセシビリティの無効化
 a11y-handler-used = アクセシブルハンドラーの使用
 a11y-instantiator = アクセシビリティのインスタンス生成
 library-version-title = ライブラリーのバージョン
 copy-text-to-clipboard-label = テキストをクリップボードにコピー
 copy-raw-data-to-clipboard-label = 生データをクリップボードにコピー
@@ -128,17 +129,16 @@ clear-startup-cache-label = 起動時キャッシュを消去...
 startup-cache-dialog-title = 起動時キャッシュの消去
 startup-cache-dialog-body = { -brand-short-name } を再起動して起動時キャッシュを消去します。この操作で { -brand-short-name } の設定が変更されたり、追加した拡張機能が削除されることはありません。
 restart-button-label = 再起動
 
 ## Media titles
 
 audio-backend = 音声バックエンド
 max-audio-channels = 最大チャンネル数
-channel-layout = 優先チャンネルレイアウト
 sample-rate = 優先サンプルレート
 roundtrip-latency = 往復遅延時間 (標準偏差)
 media-title = メディア
 media-output-devices-title = 出力デバイス
 media-input-devices-title = 入力デバイス
 media-device-name = デバイス名
 media-device-group = グループ
 media-device-vendor = ベンダー
@@ -252,17 +252,16 @@ bug-link = Bug { $bugNumber }
 # Variables
 #   $bugNumber (string) - Bug number on Bugzilla
 support-blocklisted-bug = 既知の問題によりブロックリストに追加: <a data-l10n-name="bug-link">bug { $bugNumber }</a>
 # Variables
 # $failureCode (string) - String that can be searched in the source tree.
 unknown-failure = ブロックリストに掲載。失敗コード { $failureCode }
 d3d11layers-crash-guard = D3D11 コンポジター
 d3d11video-crash-guard = D3D11 動画デコーダー
-d3d9video-crash-buard = D3D9 動画デコーダー
 d3d9video-crash-guard = D3D9 動画デコーダー
 glcontext-crash-guard = OpenGL
 wmfvpxvideo-crash-guard = WMF VPX 動画デコーダー
 reset-on-next-restart = 次回起動時にリセット
 gpu-process-kill-button = GPU プロセスを終了
 gpu-device-reset = ハードウェアリセット
 gpu-device-reset-button = ハードウェアリセットを実行
 uses-tiling = タイリングの使用
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutTelemetry.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutTelemetry.ftl
@@ -1,14 +1,13 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 about-telemetry-ping-data-source = Ping データソース:
-about-telemetry-show-current-ping-data = 現在の Ping データ
 about-telemetry-show-current-data = 現在のデータ
 about-telemetry-show-archived-ping-data = 保存された Ping データ
 about-telemetry-show-subsession-data = 送信データを表示
 about-telemetry-choose-ping = Ping の選択:
 about-telemetry-archive-ping-type = Ping 形式
 about-telemetry-archive-ping-header = Ping
 about-telemetry-option-group-today = 今日
 about-telemetry-option-group-yesterday = 昨日
@@ -67,17 +66,16 @@ about-telemetry-histogram-stats = サンプル数 { $sampleCount }、平均 = { $prettyAverage }、合計 = { $sum }
 # Variables:
 #   $telemetryServerOwner (String): the value of the toolkit.telemetry.server_owner preference. Typically "Mozilla"
 about-telemetry-page-subtitle = このページは、Telemetry によって収集されたパフォーマンスとハードウェア、使用状況、カスタマイズについての情報を表示します。この情報は、{ -brand-full-name } の改善のため { $telemetryServerOwner } に送信されます。
 about-telemetry-settings-explanation = Telemetry は { about-telemetry-data-type }を収集しています。アップロードは<a data-l10n-name="upload-link">{ about-telemetry-upload-type }</a>です。
 # Variables:
 #   $name (String): ping name, e.g. “saved-session”
 #   $timeStamp (String): ping localized timestamp, e.g. “2017/07/08 10:40:46”
 about-telemetry-ping-details = 情報の各ピースは “<a data-l10n-name="ping-link">ping</a>” にバンドルして送信されます。あなたは { $name }、{ $timestamp } の ping を調べています。
-about-telemetry-ping-details-current = 情報の各ピースは “<a data-l10n-name="ping-link">ping</a>” にバンドルして送信されます。あなたは現在の ping を調べています。
 about-telemetry-data-details-current = 情報の各ピースは “<a data-l10n-name="ping-link">ping</a>” にバンドルして送信されます。あなたは現在のデータを調べています。
 # string used as a placeholder for the search field
 # More info about it can be found here:
 # https://firefox-source-docs.mozilla.org/toolkit/components/telemetry/telemetry/data/main-ping.html
 # Variables:
 #   $selectedTitle (String): the section name from the structure of the ping.
 about-telemetry-filter-placeholder =
     .placeholder = { $selectedTitle } 内を検索
@@ -94,18 +92,16 @@ about-telemetry-no-search-results = { $sectionName } セクションに “{ $currentSearchText }” は見つかりませんでした。
 # Variables:
 #   $searchTerms (String): the searched terms
 about-telemetry-no-search-results-all = どのセクションにも “{ $searchTerms }” は見つかりませんでした。
 # This message is displayed when a section is empty.
 # Variables:
 #   $sectionName (String): is replaced by the section name.
 about-telemetry-no-data-to-display = 現在 “{ $sectionName }” に利用可能なデータがありません。
 # used as a tooltip for the “current” ping title in the sidebar
-about-telemetry-current-ping-sidebar = 現在の ping
-# used as a tooltip for the “current” ping title in the sidebar
 about-telemetry-current-data-sidebar = 現在のデータ
 # used in the “Ping Type” select
 about-telemetry-telemetry-ping-type-all = すべて
 # button label to copy the histogram
 about-telemetry-histogram-copy = コピー
 # these strings are used in the “Slow SQL Statements” section
 about-telemetry-slow-sql-main = メインスレッド上の動作の遅い SQL 文
 about-telemetry-slow-sql-other = ヘルパースレッド上の動作の遅い SQL 文
--- a/toolkit/toolkit/about/abuseReports.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/abuseReports.ftl
@@ -54,56 +54,41 @@ abuse-report-messagebar-action-remove-extension = はい、削除します
 abuse-report-messagebar-action-keep-extension = いいえ、保持します
 abuse-report-messagebar-action-remove-theme = はい、削除します
 abuse-report-messagebar-action-keep-theme = いいえ、保持します
 abuse-report-messagebar-action-retry = 再試行
 abuse-report-messagebar-action-cancel = キャンセル
 
 ## Abuse report reasons (optionally paired with related examples and/or suggestions)
 
-abuse-report-damage-reason = コンピューターとデータに損害を与える
-
 abuse-report-damage-reason-v2 = コンピューターに損害を与えた、または個人データを漏洩させた
 abuse-report-damage-example = 例: マルウェアを忍び込ませたりデータを盗んだりする
 
-abuse-report-spam-reason = スパムや広告を発信する
-
 abuse-report-spam-reason-v2 = スパムを含む、または不要な広告を挿入した
 abuse-report-spam-example = 例: ウェブページに広告を挿入する
 
-abuse-report-settings-reason = ユーザーに確認せずに検索エンジンやホームページ、新しいタブの設定を変更する
-
 abuse-report-settings-reason-v2 = ユーザーに確認せずに検索エンジンやホームページ、新しいタブの設定を変更した
 abuse-report-settings-suggestions = 拡張機能を報告する前に設定を変更してみてください:
 abuse-report-settings-suggestions-search = 既定の検索設定を変更する
 abuse-report-settings-suggestions-homepage = ホームページと新しいタブの設定を変更する
 
-abuse-report-deceptive-reason = 説明とは違うものに偽装する
-
 abuse-report-deceptive-reason-v2 = 説明とは違うものだった
 abuse-report-deceptive-example = 例: 実際の動作とは違う説明やイメージ
 
-abuse-report-broken-reason-extension = 動作しない、ウェブサイトの表示を崩す、{ -brand-product-name } の動作を遅くする
-abuse-report-broken-reason-theme = 動作しない、またはブラウザーの表示が崩れる
-
 abuse-report-broken-reason-extension-v2 = 動作しない、ウェブサイトの表示を崩す、{ -brand-product-name } の動作を遅くする
 abuse-report-broken-reason-theme-v2 = 動作しない、またはブラウザーの表示を崩す
 abuse-report-broken-example = 例: 機能の動作が遅い、使うのが困難、まったく動作しない、ウェブサイトの一部が読み込まれない、または表示が異常
 abuse-report-broken-suggestions-extension =
   拡張機能のバグを見つけたのかもしれません。ここに報告するのもよいですが、動作の問題を解決する最善の方法は、拡張機能の開発者に問い合わせることです。
   開発者の情報を得るには、<a data-l10n-name="support-link">その拡張機能のウェブサイト</a> を訪れてください。
 abuse-report-broken-suggestions-theme =
   テーマのバグを見つけたのかもしれません。ここに報告するのもよいですが、動作の問題を解決する最善の方法は、テーマの作者に問い合わせることです。
   作者の情報を得るには、<a data-l10n-name="support-link">そのテーマのウェブサイト</a> を訪れてください。
 
-abuse-report-policy-reason = 不愉快または暴力的、違法なコンテンツ
-
 abuse-report-policy-reason-v2 = 不愉快または暴力的、違法なコンテンツを含む
 abuse-report-policy-suggestions =
   注意: 著作権や商標の問題は別のプロセスで報告してください。
   <a data-l10n-name="report-infringement-link">こちらの説明に従って問題を報告</a> してください。
 
-abuse-report-unwanted-reason = 不要な拡張機能なのに削除できない
-
 abuse-report-unwanted-reason-v2 = 不要なのに削除の方法が分からない
 abuse-report-unwanted-example = 例: 別のプログラムがユーザーの許可なくインストールした
 
 abuse-report-other-reason = その他
--- a/toolkit/toolkit/featuregates/features.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/featuregates/features.ftl
@@ -1,37 +1,20 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 # The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
 # by various online articles and is technical in nature.
-experimental-features-css-masonry =
-    .label = CSS Masonry レイアウト
-
-# The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
-# by various online articles and is technical in nature.
 experimental-features-css-masonry2 =
     .label = CSS: Masonry レイアウト
 experimental-features-css-masonry-description = 実験的な CSS Masonry レイアウト機能のサポートを有効にします。この機能の解説は <a data-l10n-name="explainer">こちらの説明</a> を参照してください。フィードバックを提供するには、<a data-l10n-name="w3c-issue">GitHub issue</a> または <a data-l10n-name="bug">こちらのバグ</a> にコメントしてください。
 
 # The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
 # by various online articles and is technical in nature.
-experimental-features-web-gpu =
-    .label = WebGPU
-experimental-features-web-gpu-description = ウェブ上でグラフィックスと計算を扱うための実験的な API です。
-
-# The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
-# by various online articles and is technical in nature.
-experimental-features-avif =
-    .label = AVIF
-experimental-features-avif-description = AVIF (AV1 Image File Format) の実験的なサポートです。
-
-# The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
-# by various online articles and is technical in nature.
 experimental-features-web-gpu2 =
     .label = Web API: WebGPU
 experimental-features-web-gpu-description2 = この新しい API は、ユーザーの端末やコンピューターに搭載された <a data-l10n-name="wikipedia">Graphics Processing Unit (GPU)</a> を使用するグラフィックス描画と計算を扱うための低レベルサポートを提供します。WebGPU の <a data-l10n-name="spec">仕様</a> はまだ策定中です。詳細は <a data-l10n-name="bugzilla">bug 1602129</a> を参照してください。
 
 # The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
 # by various online articles and is technical in nature.
 experimental-features-media-avif =
     .label = メディア: AVIF
@@ -101,16 +84,20 @@ experimental-features-cookie-samesite-no
 experimental-features-cookie-samesite-none-requires-secure2-description = “SameSite=None” 属性が指定された Cookie は secure 属性を必要とします。この機能は “Cookie: 既定で SameSite=Lax” を必要とします。
 
 # about:home should be kept in English, as it refers to the the URI for
 # the internal default home page.
 experimental-features-abouthome-startup-cache =
     .label = about:home 起動時キャッシュ
 experimental-features-abouthome-startup-cache-description = 起動時に既定で読み込まれる初期 about:home ドキュメントのキャッシュ。このキャッシュの目的は起動時のパフォーマンスを向上させることです。
 
+experimental-features-print-preview-tab-modal =
+    .label = 印刷プレビューの再設計
+experimental-features-print-preview-tab-modal-description = 再設計された印刷プレビューを導入し、macOS でも印刷プレビューが利用可能になりました。この再設計により、機能がうまく動作しなかったり印刷関連の設定がすべて含まれていない可能性があります。すべての印刷関連の設定にアクセスするには、印刷パネルから “システムダイアログを使用して印刷...” を選択してください。
+
 # The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
 # by various online articles and is technical in nature.
 experimental-features-cookie-samesite-schemeful =
     .label = Cookie: SameSite でスキームも区別
 experimental-features-cookie-samesite-schemeful-description = 同じドメインで異なるスキーム (例: http://example.com と https://example.com) の Cookie を同一サイトではなく別のサイトとして扱います。セキュリティが向上しますが、コンテンツが機能しなくなる可能性があります。
 
 # "Service Worker" is an API name and is usually not translated.
 experimental-features-devtools-serviceworker-debugger-support =
--- a/toolkit/toolkit/global/processTypes.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/global/processTypes.ftl
@@ -1,18 +1,14 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 process-type-web = ウェブコンテンツ
 
-# process used to run privileged pages,
-# such as about:home
-process-type-privileged = 特権コンテンツ
-
 # process used to run privileged about pages,
 # such as about:home
 process-type-privilegedabout = 特権 About ページ
 
 # process used to run privileged mozilla pages,
 # such as accounts.firefox.com
 process-type-privilegedmozilla = 特権 Mozilla コンテンツ
 
--- a/toolkit/toolkit/global/videocontrols.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/global/videocontrols.ftl
@@ -1,3 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+videocontrols-scrubber =
+    .aria-label = 再生位置
+# This label is used by screenreaders and other assistive technology to indicate
+# to users how much of the video has been loaded from the network. It will be
+# followed by the percentage of the video that has loaded (e.g. "Loading: 13%").
+videocontrols-buffer-bar-label = 読み込み中:
+videocontrols-volume-control =
+    .aria-label = 音量
--- a/toolkit/toolkit/main-window/autocomplete.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/main-window/autocomplete.ftl
@@ -6,11 +6,28 @@
 
 # Variables:
 #   $browser (String) - Browser name to import logins from.
 #   $host (String) - Host name of the current site.
 autocomplete-import-logins =
     <div data-l10n-name="line2">{ $host } および他のサイトのログイン情報を</div>
     <div data-l10n-name="line1">{ $browser } からインポートします</div>
 
-## (^m^) https://support.mozilla.org/kb/import-data-another-browser
 autocomplete-import-logins-info =
     .tooltiptext = 詳細情報
+
+## Variables:
+##   $host (String) - Host name of the current site.
+
+autocomplete-import-logins-chrome =
+    <div data-l10n-name="line1">{ $host } および他のサイトのログイン情報を</div>
+    <div data-l10n-name="line2">Google Chrome からインポートします</div>
+autocomplete-import-logins-chromium =
+    <div data-l10n-name="line1">{ $host } および他のサイトのログイン情報を</div>
+    <div data-l10n-name="line2">Chromium からインポートします</div>
+autocomplete-import-logins-chromium-edge =
+    <div data-l10n-name="line1">{ $host } および他のサイトのログイン情報を</div>
+    <div data-l10n-name="line2">Microsoft Edge からインポートします</div>
+
+##
+
+## (^m^) リンク先: https://support.mozilla.org/kb/import-data-another-browser
+autocomplete-import-learn-more = 詳細情報
--- a/toolkit/toolkit/printing/printPreview.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/printing/printPreview.ftl
@@ -26,18 +26,16 @@ printpreview-shrink-to-fit =
     .label = 用紙に合わせて縮小
 printpreview-custom =
     .label = ユーザー設定...
 printpreview-print =
     .label = 印刷...
     .accesskey = P
 printpreview-of =
     .value = /
-printpreview-custom-prompt =
-    .value = 拡大/縮小を設定...
 printpreview-custom-scale-prompt-title = 拡大/縮小の設定
 printpreview-page-setup =
     .label = ページ設定...
     .accesskey = u
 printpreview-page =
     .value = ページ:
     .accesskey = a
 
--- a/toolkit/toolkit/printing/printUI.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/printing/printUI.ftl
@@ -1,45 +1,108 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 printui-title = 印刷
 
+# Dialog title to prompt the user for a filename to save print to PDF.
+printui-save-to-pdf-title = 名前を付けて保存
+
 # Variables
 # $sheetCount (integer) - Number of paper sheets
 printui-sheets-count =
     { $sheetCount ->
         [one] { $sheetCount } 枚
        *[other] { $sheetCount } 枚
     }
 
 printui-page-range-all = すべて
 printui-page-range-custom = 指定範囲
 printui-page-range-label = ページ指定
 printui-page-range-picker =
   .aria-label = ページ範囲を選択してください
 printui-page-custom-range =
   .aria-label = ページ範囲を入力してください
 
+# This label is displayed before the first input field indicating
+# the start of the range to print.
+printui-range-start = ページ指定
+# This label is displayed between the input fields indicating
+# the start and end page of the range to print.
+printui-range-end = –
+
 # Section title for the number of copies to print
 printui-copies-label = 部数
 
 printui-orientation = 用紙の向き
 printui-landscape = 横
 printui-portrait = 縦
 
 # Section title for the printer or destination device to target
-printui-destination-label = Destination
+printui-destination-label = プリンター
+
+printui-destination-pdf-label = PDF に保存
 
 printui-more-settings = 詳細設定
 printui-less-settings = 簡易設定
 
+printui-paper-size-label = 用紙サイズ
+
 # Section title (noun) for the print scaling options
 printui-scale = 倍率
-printui-scale-fit-to-page = 用紙に合わせる
+printui-scale-fit-to-page = 用紙全体に合わせる
+printui-scale-fit-to-page-width = 用紙幅に合わせる
 # Label for input control where user can set the scale percentage
 printui-scale-pcent = 倍率
 
+# Section title for miscellaneous print options
+printui-options = オプション
+printui-headers-footers-checkbox = ヘッダーとフッターを印刷する
+printui-backgrounds-checkbox = 背景画像を印刷する
+
+printui-color-mode-label = カラーモード
+printui-color-mode-color = カラー
+printui-color-mode-bw = モノクロ
+
+printui-margins = 余白
+printui-margins-default = 既定
+printui-margins-min = 最少
+printui-margins-none = なし
+
 printui-system-dialog-link = システムダイアログを使用して印刷...
 
 printui-primary-button = 印刷
+printui-primary-button-save = 保存
 printui-cancel-button = キャンセル
+
+printui-loading = プレビューの準備中です
+
+# Reported by screen readers and other accessibility tools to indicate that
+# the print preview has focus.
+printui-preview-label =
+    .aria-label = 印刷プレビュー
+
+## Paper sizes that may be supported by the Save to PDF destination:
+## (^m^) /widget/nsPrinterListBase.cpp (Bug 1659781)
+
+printui-paper-a5 = A5
+printui-paper-a4 = A4
+printui-paper-a3 = A3
+printui-paper-a2 = A2
+printui-paper-a1 = A1
+printui-paper-a0 = A0
+printui-paper-b5 = B5 (ISO)
+printui-paper-b4 = B4 (ISO)
+printui-paper-jis-b5 = B5 (JIS)
+printui-paper-jis-b4 = B4 (JIS)
+printui-paper-letter = レター (8.5"x11")
+printui-paper-legal = リーガル (8.5"x14")
+printui-paper-tabloid = タブロイド (11"x17")
+
+## Error messages shown when a user has an invalid input
+
+printui-error-invalid-scale = 倍率は 10 から 200 までの間の数字を入力してください。
+
+# Variables
+# $numPages (integer) - Number of pages
+printui-error-invalid-range = ページ範囲は 1 から { $numPages } までの間の数字を入力してください。
+printui-error-invalid-start-overflow = ページ範囲は開始ページと終了ページを逆に指定することができません。