chat/matrix.properties
author Francesco Lodolo (:flod) <flod@lodolo.net>
Thu, 08 Dec 2022 15:22:22 +0100
changeset 1978 101dccefe077350d44d3b13322e2ccb1fbb4ecdd
parent 1886 0a10529bb437038f806ef178d2babd15eb2d00e4
permissions -rw-r--r--
Bug 1586984 - Add empty FTL files to repository to avoid English fallback

# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.

# LOCALIZATION NOTE (matrix.usernameHint):
#  This is displayed inside the accountUsernameInfoWithDescription
#  string defined in imAccounts.properties when the user is
#  configuring a Matrix account.
matrix.usernameHint=Matrix ID

# LOCALIZATION NOTE (options.*):
#   These are the protocol specific options shown in the account manager and
#   account wizard windows.
options.saveToken=アクセストークンを格納
options.deviceDisplayName=端末の表示名
options.homeserver=サーバー
options.backupPassphrase=バックアップ鍵のパスフレーズ

# LOCALIZATION NOTE (options.encryption.*):
#   These are strings used to build the status information of the encryption
#   storage, shown in the account manager. %S is one of the statuses and the
#   strings are combined with a pipe (|) between.
options.encryption.enabled=暗号化関数: %S
options.encryption.secretStorage=秘密ストレージ: %S
options.encryption.keyBackup=暗号化鍵のバックアップ: %S
options.encryption.crossSigning=クロス署名: %S
options.encryption.statusOk=OK
options.encryption.statusNotOk=準備中
options.encryption.needBackupPassphrase=プロトコルオプションにバックアップ鍵のパスフレーズを入力してください。
options.encryption.setUpSecretStorage=秘密ストレージをセットアップするには、別のクライアントを使用した後、生成されたバックアップ鍵のパスフレーズを "一般" タブに入力してください。
options.encryption.setUpBackupAndCrossSigning=暗号化鍵のバックアップとクロス署名を有効にするには、バックアップ鍵のパスフレーズを "一般" タブに入力するか、以下のいずれかのセッション ID を検証してください。
# %1$S is the session ID, %2$S is the session display name
options.encryption.session=%1$S (%2$S)

# LOCALIZATION NOTE (connection.*):
#   These will be displayed in the account manager in order to show the progress
#   of the connection.
#   (These will be displayed in account.connection.progress from
#    accounts.properties, which adds … at the end, so do not include
#    periods at the end of these messages.)
connection.requestAuth=あなたの承認を待っています
connection.requestAccess=認証を完了しています

# LOCALIZATION NOTE (connection.error.*):
#   These will show in the account manager if an error occurs during the
#   connection attempt.
connection.error.noSupportedFlow=サーバーが提供するログインフローと互換性がありません
connection.error.authCancelled=認証処理をキャンセルしました。
connection.error.sessionEnded=セッションがログアウトされました。
connection.error.serverNotFound=与えられた Matrix アカウントの Matrix サーバーを識別できませんでした。

# LOCALIZATION NOTE (chatRoomField.*):
#   These are the name of fields displayed in the 'Join Chat' dialog
#   for Matrix accounts.
#   The _ character won't be displayed; it indicates the next
#   character of the string should be used as the access key for this
#   field.
chatRoomField.room=部屋(_R)

# LOCALIZATION NOTE (tooltip.*):
#    These are the descriptions given in a tooltip with information received
#    from the "User" object.
# The human readable name of the user.
tooltip.displayName=表示名
# %S is the timespan elapsed since the last activity.
tooltip.timespan=%S前
tooltip.lastActive=待機時間

# LOCALIZATION NOTE (powerLevel.*):
#    These are the string representations of different standard power levels and strings.
#    %S are one of the power levels, Default/Moderator/Admin/Restricted/Custom.
powerLevel.default=既定
powerLevel.moderator=モデレーター
powerLevel.admin=管理者
powerLevel.restricted=制限付き
powerLevel.custom=カスタム
#    %1$S is the power level name
#    %2$S is the power level number
powerLevel.detailed=%1$S (%2$S)
powerLevel.defaultRole=既定の役割: %S
powerLevel.inviteUser=ユーザーを招待する: %S
powerLevel.kickUsers=ユーザーを追い出す: %S
powerLevel.ban=ユーザーを立ち入りにする: %S
powerLevel.roomAvatar=部屋アバターを変更する: %S
powerLevel.mainAddress=部屋のメインアドレスを変更する: %S
powerLevel.history=履歴の表示を切り替える: %S
powerLevel.roomName=部屋名を変更する: %S
powerLevel.changePermissions=許可設定を変更する: %S
powerLevel.server_acl=m.room.server_acl イベントを送信する: %S
powerLevel.upgradeRoom=部屋をアップグレードする: %S
powerLevel.remove=メッセージを削除する: %S
powerLevel.events_default=既定の予定: %S
powerLevel.state_default=設定を変更する: %S
powerLevel.encryption=部屋の暗号化を有効にする: %S
powerLevel.topic=部屋のトピックを設定する: %S

# LOCALIZATION NOTE (detail.*):
#    These are the string representations of different matrix properties.
#    %S will typically be strings with the actual values.
# Example placeholder: "Foo bar"
detail.name=部屋名: %S
# Example placeholder: "My first room"
detail.topic=トピック: %S
# Example placeholder: "5"
detail.version=部屋バージョン: %S
# Example placeholder: "#thunderbird:mozilla.org"
detail.roomId=部屋 ID: %S
# %S are all admin users. Example: "@foo:example.com, @bar:example.com"
detail.admin=管理者: %S
# %S are all moderators. Example: "@lorem:mozilla.org, @ipsum:mozilla.org"
detail.moderator=モデレーター: %S
# Example placeholder: "#thunderbird:matrix.org"
detail.alias=別名: %S
# Example placeholder: "can_join"
detail.guest=ゲストアクセス: %S
# This is a heading, followed by the powerLevel.* strings
detail.power=権限レベル:

# LOCALIZATION NOTE (command.*):
#   These are the help messages for each command, the %S is the command name
#   Each command first gives the parameter it accepts and then a description of
#   the command.
command.ban=%S &lt;userId&gt; [&lt;reason&gt;]: &lt;userId&gt; のユーザーを部屋への立ち入り禁止にします。任意で理由のメッセージ &lt;reason&gt; を添えられます。ユーザーを立ち入り禁止にする権限が必要です。
command.invite=%S &lt;userId&gt;: &lt;userId&gt; のユーザーを部屋に招待します。
command.kick=%S &lt;userId&gt; [&lt;reason&gt;]: &lt;userId&gt; のユーザーを部屋から追い出します。任意で理由のメッセージ &lt;reason&gt; を添えられます。ユーザーを追い出す権限が必要です。
command.nick=%S &lt;display_name&gt;: 自分の表示名を &lt;display_name&gt; に変更します。
command.op=%S &lt;userId&gt; [&lt;power level&gt;]: &lt;userId&gt; のユーザーの権限レベルを設定します。&lt;power level&gt; には整数値を指定します (ユーザー: 0、モデレーター: 50、管理者: 100)。値を指定しない場合の既定値は 50 になります。メンバーの権限レベルを変更する権限が必要です。自分以外の管理者に対して実行することはできません。
command.deop=%S &lt;userId&gt;: &lt;userId&gt; のユーザーの権限レベルを 0 (ユーザー) にリセットします。メンバーの権限レベルを変更する権限が必要です。自分以外の管理者に対して実行することはできません。
command.leave=%S: 現在の部屋から退室します。
command.topic=%S &lt;topic&gt;: 部屋のトピックを &lt;topic&gt; に設定します。部屋のトピックを変更する権限が必要です。
command.unban=%S &lt;userId&gt;: &lt;userId&gt; のユーザーの立ち入り禁止を解除します。ユーザーを立ち入り禁止にする権限が必要です。
command.visibility=%S [&lt;visibility&gt;]: 現在のホームサーバーの部屋ディレクトリーにおける部屋の可視属性を設定します。&lt;visibility&gt; には整数値を指定します (非公開: 0、公開: 1)。値を指定しない場合の既定値は非公開 (0) になります。部屋の表示属性を変更する権限が必要です。
command.guest=%S &lt;guest access&gt; &lt;history visibility&gt;: ゲストユーザーについて、現在の部屋へのアクセス許可と履歴の表示を設定します。2 個の整数値のうち、1 番目の &lt;guest access&gt; はゲストアクセス (不許可: 0、許可: 1)、2 番目の &lt;history visibility&gt; は履歴の表示 (不可視: 0、可視:1) を指定します。履歴の表示を変更する権限が必要です。
command.roomname=%S &lt;name&gt;: 部屋の名前を設定します。部屋名を変更する権限が必要です。
command.detail=%S: 部屋の詳細情報を表示します。
command.addalias=%S &lt;alias&gt;: 部屋の別名を作成します。&lt;alias&gt; に '#localname:domain' の書式で指定してください。別名を追加する権限が必要です。
command.removealias=%S &lt;alias&gt;: 部屋の別名を削除します。&lt;alias&gt; に '#localname:domain' の書式で指定してください。別名を削除する権限が必要です。
command.upgraderoom=%S &lt;newVersion&gt;: 部屋を &lt;newVersion&gt; に指定したバージョンにアップグレードします。部屋をアップグレードする権限が必要です。
command.me=%S &lt;action&gt;: &lt;action&gt; に指定したアクションを実行します。
command.msg=%S &lt;userId&gt; &lt;message&gt;: &lt;userId&gt; のユーザーへ &lt;message&gt; に記述したダイレクトメッセージを送信します。
command.join=%S &lt;roomId&gt;: &lt;roomId&gt; に指定した部屋に参加します。

# LOCALIZATION NOTE (message.*):
#    These are shown as system messages in the conversation.
#    %1$S is the name of the user who banned.
#    %2$S is the name of the user who got banned.
message.banned=%1$S が %2$S を立ち入り禁止にしました。
#    Same as message.banned but with a reason.
#    %3$S is the reason the user was banned.
message.bannedWithReason=%1$S が %2$S を立ち入り禁止にしました。理由: %3$S
#    %1$S is the name of the user who accepted the invitation.
#    %2$S is the name of the user who sent the invitation.
message.acceptedInviteFor=%1$S が %2$S からの招待を受け入れました。
#    %S is the name of the user who accepted an invitation.
message.acceptedInvite=$S が招待を受け入れました。
#    %1$S is the name of the user who invited.
#    %2$S is the name of the user who got invited.
message.invited=%1$S が %2$S を招待しました。
#    %1$S is the name of the user who changed their display name.
#    %2$S is the old display name.
#    %3$S is the new display name.
message.displayName.changed=%1$S が表示名を %2$S から %3$S に変更しました。
#    %1$S is the name of the user who set their display name.
#    %2$S is the newly set display name.
message.displayName.set=%1$S が表示名を %2$S に設定しました。
#    %1$S is the name of the user who removed their display name.
#    %2$S is the old display name which has been removed.
message.displayName.remove=%1$S が表示名 %2$S を削除しました。
#    %S is the name of the user who has joined the room.
message.joined=%S が部屋に参加しました。
#    %S is the name of the user who has rejected the invitation.
message.rejectedInvite=%S が招待を拒否しました。
#    %S is the name of the user who has left the room.
message.left=%S が部屋から退室しました。
#    %1$S is the name of the user who unbanned.
#    %2$S is the name of the user who got unbanned.
message.unbanned=%1$S が %2$S の立ち入り禁止を解除しました。
#    %1$S is the name of the user who kicked.
#    %2$S is the name of the user who got kicked.
message.kicked=%1$S が %2$S を追い出しました。
#    Same as message.kicked but with a third parameter for the reason.
#    %3$S is the reason for the kick.
message.kickedWithReason=%1$S が %2$S を追い出しました。理由: %3$S
#    %1$S is the name of the user who withdrew invitation.
#    %2$S is the name of the user whose invitation has been withdrawn.
message.withdrewInvite=%1$S が %2$S の招待を取り下げました。
#    Same as message.withdrewInvite but with a third parameter for the reason.
#    %3$S is the reason the invite was withdrawn.
message.withdrewInviteWithReason=%1$S が %2$S の招待を取り下げました。理由: %3$S
#    %S is the name of the user who has removed the room name.
message.roomName.remove=%S が部屋名を削除しました。
#    %1$S is the name of the user who changed the room name.
#    %2$S is the new room name.
message.roomName.changed=%1$S が部屋名を %2$S に変更しました。
#    %1$S is the name of the user who changed the power level.
#    %2$S is a list of "message.powerLevel.fromTo" strings representing power level changes separated by commas
#    power level changes, separated by commas if there are multiple changes.
message.powerLevel.changed=%1$S が %2$S の権限レベルを変更しました。
#    %1$S is the name of the target user whose power level has been changed.
#    %2$S is the old power level.
#    %3$S is the new power level.
message.powerLevel.fromTo=%1$S が %2$S から %3$S へ
#    %S is the name of the user who has allowed guests to join the room.
message.guest.allowed=%S の部屋へのゲスト参加が許可されました。
#    %S is the name of the user who has prevented guests to join the room.
message.guest.prevented=%S の部屋へのゲスト参加が拒否されました。
#    %S is the name of the user who has made future room history visible to anyone.
message.history.anyone=%S が今後の部屋の履歴を誰でも見られるようにしました。
#    %S is the name of the user who has made future room history visible to all room members.
message.history.shared=%S が今後の部屋の履歴をすべての部屋メンバーに見られるようにしました。
#    %S is the name of the user who has made future room history visible to all room members, from the point they are invited.
message.history.invited=%S が今後の部屋の履歴を招待された時点からすべての部屋メンバーに見られるようにしました。
#    %S is the name of the user who has made future room history visible to all room members, from the point they joined.
message.history.joined=%S が今後の部屋の履歴を参加した時点からすべての部屋メンバーに見られるようにしました。
#    %1$S is the name of the user who changed the address.
#    %2$S is the old address.
#    %3$S is the new address.
message.alias.main=%1$S この部屋のメインアドレスを %2$S から %3$S へ変更しました。
#    %1$S is the name of the user who added the address.
#    %2$S is a comma delimited list of added addresses.
message.alias.added=%1$S がこの部屋の別名アドレスとして %2$S を追加しました。
#    %1$S is the name of the user who removed the address.
#    %2$S is a comma delimited list of removed addresses.
message.alias.removed=%1$S がこの部屋の別名アドレス %2$S を削除しました。
#    %1$S is the name of the user that edited the alias addresses.
#    %2$S is a comma delimited list of removed addresses.
#    %3$S is a comma delmited list of added addresses.
message.alias.removedAndAdded=%1$S がこの部屋の別名アドレス %2$S を削除し、%3$S を追加しました。
message.spaceNotSupported=このルームはサポートされていないスペースです。
message.encryptionStart=この会話のメッセージはエンドツーエンド暗号化されます。
#    %1$S is the name of the user who sent the verification request.
#    %2$S is the name of the user that is receiving the verification request.
message.verification.request2=%1$S が %2$S の検証を求めています。
#    %1$S is the name of the user who cancelled the verification request.
#    %2$S is the reason given why the verification was cancelled.
message.verification.cancel2=%1$S が次の理由により検証をキャンセルしました: %2$S
message.verification.done=検証が完了しました。
message.decryptionError=このメッセージのコンテンツを復号できませんでした。他の端末から暗号鍵を要求するには、このメッセージを右クリックしてください。
message.decrypting=復号しています...
message.redacted=メッセージが編集されました。
#    %1$S is the username of the user that reacted.
#    %2$S is the username of the user that sent the message the reaction was added to.
#    %3$S is the content (typically an emoji) of the reaction.
message.reaction=%1$S が %2$S に %3$S のリアクションをしました。

#    Label in the message context menu
message.action.requestKey=鍵を再要求
message.action.redact=編集
message.action.report=メッセージを報告
message.action.retry=送信を再試行
message.action.cancel=メッセージをキャンセル

# LOCALIZATION NOTE (error.*)
#    These are strings shown as system messages when an action the user took fails.
error.sendMessageFailed=メッセージの送信中にエラーが発生しました: "%1$S"