suite/chrome/mailnews/filter.properties
author Masahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Mon, 08 Jul 2019 23:29:15 +0900
changeset 1423 0bd3a81dfbace73b7df094f652f5e99e8e52b27b
parent 1411 a44377d454f6aa2387b8fd8e3e8aabb5509eb89c
permissions -rw-r--r--
68.0+: sync mail with en-US rev11685:ed07d51a9cdb (2019-07-05, late-l10n)

# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.

mustSelectFolder		= フォルダーを選択してください。
enterValidEmailAddress		= 正しい転送先メールアドレスを入力してください。
pickTemplateToReplyWith		= 適用するテンプレートを選択してください。
mustEnterName			= フィルターの名前を入力してください。
cannotHaveDuplicateFilterTitle	= フィルター名の重複
cannotHaveDuplicateFilterMessage= 入力した名前のフィルターがすでに存在します。別のフィルター名を入力してください。
mustHaveFilterTypeTitle		= フィルターイベントが選択されていません
mustHaveFilterTypeMessage	= このフィルターを適用するには少なくとも 1 個のイベントを選択しなければなりません。一時的にどのイベントでもフィルターを実行したくないときは、メッセージフィルターダイアログで有効のチェックを外してください。
deleteFilterConfirmation	= 本当に選択したフィルターを削除してもよろしいですか?
untitledFilterName		= フィルター名なし
matchAllFilterName		= すべてのメッセージ
filterListBackUpMsg		= フィルターの定義ファイル msgFilterRules.dat が壊れています。古い定義ファイルの名前を rulesbackup.dat に変更し、新しいフィルター定義ファイルを作成します。
customHeaderOverflow		= カスタムヘッダーの数が 50 を超えています。カスタムヘッダーを一部削除してからやり直してください。
filterCustomHeaderOverflow	= フィルター定義のカスタムヘッダーが 50 を超えています。フィルター定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダーの数を減らしてください。
invalidCustomHeader		= カスタムヘッダーには ':'、印刷不可能な文字、非 ASCII 文字、8 ビット ASCII 文字などは使用できません。フィルター定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダーから無効な文字を削除してください。
continueFilterExecution		= フィルター %S の評価に失敗しました。フィルターの評価を続けますか?
promptTitle			= フィルター処理をしています
promptMsg			= メッセージのフィルター処理を実行中です。\nフィルターの評価を続けますか?
stopButtonLabel			= 停止
continueButtonLabel		= 継続
cannotEnableFilter		= このフィルターはご利用のバージョンのソフトウェアでサポートされていないため、有効にすることができません。
# LOCALIZATION NOTE(cannotEnableIncompatFilter)
# %S=the name of the application
# (^^; 表現変更 This filter was probably created by a newer or incompatible version of %S. You cannot enable this filter because we don't know how to apply it.
cannotEnableIncompatFilter	=このフィルターはご使用のバージョンの %S でサポートされていないため、有効にすることができません。
# LOCALIZATION NOTE(contextPeriodic.label): Semi-colon list of plural forms.
# #1=the number of minutes
contextPeriodic.label		=定期的、#1 分ごと
# LOCALIZATION NOTE(filterFailureWarningPrefix)
# %1$S=filter error action
# %2$S=error code as hexadecimal string.
filterFailureWarningPrefix	= フィルター処理失敗: "%1$S" 適用中のエラーコード=%2$S:

filterFailureSendingReplyError		=返信の送信エラー
filterFailureSendingReplyAborted	=返信の送信を中止しました
filterFailureMoveFailed			=移動に失敗しました
filterFailureCopyFailed			=コピーに失敗しました

searchTermsInvalidTitle		= 無効な検索条件
# LOCALIZATION NOTE(searchTermsInvalidRule)
# %1$S=search attribute name from the invalid rule
# %2$S=search operator from the bad rule
searchTermsInvalidRule		= 無効な検索条件 "%1$S %2$S" が含まれているためフィルターを保存できません。
# LOCALIZATION NOTE(filterActionOrderExplanation)
# Keep the \n\n that mean 2 linebreaks.
filterActionOrderExplanation	= メッセージがこのフィルターと一致した時、この順序でフィルターが実行されます:\n\n
filterActionOrderTitle		= 実際の動作順
## LOCALIZATION NOTE(filterActionItem):
# %1$S=sequence number of the action, %2$S=action text, %3$S=action argument
filterActionItem		= %1$S. %2$S %3$S\n

# for junk mail logging / mail filter logging
# LOCALIZATION NOTE(junkLogDetectStr)
# %1$S=author, %2$S=subject, %3$S=date
junkLogDetectStr		= 迷惑メールを検出しました。差出人: %1$S 題名: %2$S 日時: %3$S
# LOCALIZATION NOTE(logMoveStr)
# %1$S=message id, %2$S=folder URI
logMoveStr			= メッセージを移動しました。メッセージ ID: %1$S 移動先: %2$S
# LOCALIZATION NOTE(logCopyStr)
# %1$S=message id, %2$S=folder URI
logCopyStr			= メッセージをコピーしました。メッセージ ID: %1$S コピー先: %2$S
# LOCALIZATION NOTE(filterLogLine):
# %1$S=timestamp %2$S=log message
filterLogLine			=[%1$S] %2$S
# LOCALIZATION NOTE(filterMessage):
# %1$S=filter name, %1$S=log message
filterMessage			=フィルターからのメッセージ "%1$S": %2$S
# LOCALIZATION NOTE(filterLogDetectStr)
# %1$S=filter name %2$S=author, %3$S=subject, %4$S=date
filterLogDetectStr		= メッセージに "%1$S" フィルターを適用しました。差出人: %2$S 題名: %3$S 日時: %4$S
filterMissingCustomAction	= カスタムアクションはありません
filterAction2			= 重要度を変更しました
filterAction3			= 削除しました
filterAction4			= 既読にしました
filterAction5			= 無視スレッドに設定しました
filterAction6			= 注目スレッドに設定しました
filterAction7			= フラグを付けました
filterAction8			= タグを付けました
filterAction9			= 返信しました
filterAction10			= 転送しました
filterAction11			= 実行を中止しました
filterAction12			= POP3 サーバーから削除しました
filterAction13			= POP3 サーバーに残しました
filterAction14			= 迷惑メールスコアを設定しました
filterAction15			= POP3 サーバーから本文を取得しました
filterAction16			= フォルダーにコピーしました
filterAction17			= タグを付けました
filterAction18			= 無視するサブスレッドに設定しました
filterAction19			= 未読にしました
# LOCALIZATION NOTE(filterAutoNameStr)
# %1$S=Header or item to match, e.g. "From", "Tag", "Age in days", etc.
# %2$S=Operator, e.g. "Contains", "is", "is greater than", etc.
# %3$S=Value, e.g. "Steve Jobs", "Important", "42", etc.
filterAutoNameStr=%1$S %2$S: %3$S