104.0+: sync dom, toolkit with en-US rev14832:c7aaa4d8e0ae (2022-08-04)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Tue, 09 Aug 2022 23:04:00 +0900
changeset 1875 f5c00a879d17357ffc376c223a3a0bc87a6e1b32
parent 1874 d461baaa4182d40f28488a147954d55dc3d14c45
child 1876 095fd806fb90ebc0a17e87b4593f03a159363164
push id696
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateTue, 09 Aug 2022 14:04:45 +0000
bugs104
104.0+: sync dom, toolkit with en-US rev14832:c7aaa4d8e0ae (2022-08-04)
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/security/csp.properties
toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutGlean.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
toolkit/toolkit/featuregates/features.ftl
toolkit/toolkit/global/browser-utils.ftl
toolkit/toolkit/pictureinpicture/pictureinpicture.ftl
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -321,27 +321,30 @@ ModuleSourceLoadFailed			=モジュールのソース “%S” の読み込みに失敗しました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "<script>".
 ScriptSourceMalformed			=<script> のソース URI の書式が正しくありません: “%S”。
 ModuleSourceMalformed			=モジュールのソース URI の書式が正しくありません: “%S”。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "<script>".
 ScriptSourceNotAllowed			=この document では <script> のソース URI は許可されていません: “%S”。
 ModuleSourceNotAllowed			=この document ではモジュールのソース URI は許可されていません: “%S”。
 WebExtContentScriptModuleSourceNotAllowed	=WebExtension コンテンツスクリプトは  moz-extension URL のモジュールしか読み込みません。次の URL は対象外です: “%S”
 ModuleResolveFailure			=モジュール指定 “%S” の解決時にエラーが発生しました。モジュール指定の相対パスは “./” または “../”, “/” のいずれかで始まらなければなりません。
+ModuleResolveFailureNoWarn		=モジュール指定 “%S” の解決時にエラーが発生しました。
+ModuleResolveFailureWarnRelative	=モジュール指定 “%S” の解決時にエラーが発生しました。モジュール指定の相対パスは “./” または “../”, “/” のいずれかで始まらなければなりません。
 ImportMapInvalidTopLevelKey		=import map 内に不正なトップレベルキー  “%S”  が提供されています。
 ImportMapEmptySpecifierKeys		=specifier キーを空文字列にすることはできません。
 ImportMapAddressesNotStrings		=アドレスは文字列でなければなりません。
 ImportMapInvalidAddress			=アドレス “%S” が正しくありません。
 # %1$S is the specifier key, %2$S is the URL.
 ImportMapAddressNotEndsWithSlash	=specifier キー “%1$S” に不正なアドレスが与えられました。“%1$S”  がスラッシュ記号で終わっているため、アドレス “%2$S” も同様にする必要があります。
 ImportMapScopePrefixNotParseable	=scope プレフィックス URL “%S” がパースできませんでした。
 ImportMapResolutionBlockedByNullEntry	=specifier “%S” の解決が null エントリーによりブロックされました。
 ImportMapResolutionBlockedByAfterPrefix	=specifier “%S” の解決は、プレフィックスの後の substring が import map 内のアドレスの相対 URL としてパースできなかったためブロックされました。
 ImportMapResolutionBlockedByBacktrackingPrefix	=specifier “%S” の解決は、パースされた URL が import map 内のアドレスで始まっていないためブロックされました。
 ImportMapResolveInvalidBareSpecifier	=specifier “%S” は露出していますが、どこにも再マップされていません。
+ImportMapResolveInvalidBareSpecifierWarnRelative	=specifier “%S” は露出していますが、どこにも再マップされていません。モジュール指定の相対パスは “./” または “../”, “/” のいずれかで始まらなければなりません。
 # LOCALIZATION NOTE: %1$S is the invalid property value and %2$S is the property name.
 InvalidKeyframePropertyValue		=Keyframe のプロパティ値 “%1$S” は “%2$S” の構文として正しくありません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "ReadableStream".
 ReadableStreamReadingFailed		=ReadableStream からのデータの読み込みに失敗しました: “%S”。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "registerProtocolHandler"
 RegisterProtocolHandlerPrivateBrowsingWarning	=registerProtocolHandler はプライベートブラウジングモード内部で使用できません。
 MotionEventWarning			=モーションセンサーの使用は推奨されません。
 OrientationEventWarning			=方位センサーの使用は推奨されません。
--- a/dom/chrome/security/csp.properties
+++ b/dom/chrome/security/csp.properties
@@ -38,20 +38,33 @@ ignoringDuplicateSrc		=重複ソースを無視しました: %1$S
 ignoringSrcFromMetaCSP		=ソースを無視しました (meta 要素経由で与えられた時点では未サポートです): ‘%1$S’
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringSrcWithinScriptStyleSrc):
 # %1$S is the ignored src
 # script-src and style-src are directive names and should not be localized
 ignoringSrcWithinScriptStyleSrc	=script-src または style-src: に nonce-source または hash-source が指定された “%1$S” を無視しました。
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringSrcForStrictDynamic):
 # %1$S is the ignored src
 # script-src, as well as 'strict-dynamic' should not be localized
-ignoringSrcForStrictDynamic	=script-src: ‘strict-dynamic’ が指定された  “%1$S” を無視します。
+ignoringSrcForStrictDynamic	=script-src: ‘strict-dynamic’ が指定された “%1$S” を無視しました。
+# LOCALIZATION NOTE (ignoringSrcWithinNonceOrHashDirective):
+# %1$S is the ignored src (e.g. "unsafe-inline")
+# %2$S is the directive (e.g. "script-src-elem")
+ignoringSrcWithinNonceOrHashDirective	=%2$S: に nonce-source または hash-source が指定された “%1$S” を無視しました。
+# LOCALIZATION NOTE (ignoringScriptSrcForStrictDynamic):
+# %1$S is the ignored src
+# %2$S is the directive src (e.g. "script-src-elem")
+# 'strict-dynamic' should not be localized
+ignoringScriptSrcForStrictDynamic	=%2$S: ‘strict-dynamic’ が指定された “%1$S” を無視しました。
 # LOCALIZATION NOTE (ignoringStrictDynamic):
 # %1$S is the ignored src
-ignoringStrictDynamic		=ソース “%1$S” を無視します (script-src 内のみでサポートされます)。
+ignoringStrictDynamic		=ソース “%1$S” を無視しました (script-src 内のみでサポートされます)。
+# LOCALIZATION NOTE (ignoringUnsafeEval):
+# %1$S is the csp directive (e.g. script-src-elem)
+# 'unsafe-eval' and 'wasm-unsafe-eval' should not be localized
+ignoringUnsafeEval		=“%1$S” 内の ‘unsafe-eval’ または ‘wasm-unsafe-eval’ を無視しました。
 # LOCALIZATION NOTE (strictDynamicButNoHashOrNonce):
 # %1$S is the csp directive that contains 'strict-dynamic'
 # 'strict-dynamic' should not be localized
 strictDynamicButNoHashOrNonce	=有効な nonce またはハッシュ値が指定されていない “%1$S” 内の ‘strict-dynamic’ キーワードは、すべてのスクリプトの読み込みをブロックします。
 # LOCALIZATION NOTE (reportURInotHttpsOrHttp2):
 # %1$S is the ETLD of the report URI that is not HTTP or HTTPS
 reportURInotHttpsOrHttp2	=レポート URI (%1$S) が HTTP または HTTPS の URI ではありません。
 # LOCALIZATION NOTE (reportURInotInReportOnlyHeader):
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
@@ -288,21 +288,27 @@ release-notes-addon-button = リリースノート
 permissions-addon-button = 許可設定
 extension-enabled-heading = 有効
 extension-disabled-heading = 無効
 theme-enabled-heading = 有効
 theme-disabled-heading = 無効
 theme-disabled-heading2 = 保存されたテーマ
 theme-monochromatic-heading = カラーテーマ
 theme-monochromatic-subheading = { -brand-product-name } の新しいカラーテーマが期間限定で利用できます。
+# Refers to the button label for the colorways card when a user does not have a colorway theme enabled.
 theme-colorways-button = カラーテーマを試す
 colorway-collection-independent-voices-subheading = { -brand-short-name } に自分らしさを加えましょう。
 # Variables:
 #   $expiryDate (string) - date on which the colorway collection expires.
 colorway-collection-expiry-date-span = 有効期限 { DATETIME($expiryDate, month: "long", day: "numeric") }
+# Refers to the button label for the colorways card when a user has a colorway theme enabled.
+theme-colorways-button-colorway-enabled = カラーテーマを変更
+# Variables:
+#   $expiryDate (string) - date on which the colorway collection expires. When formatting this, you may omit the year, only exposing the month and day, as colorway collections will always expire within a year.
+colorway-collection-expiry-label = 有効期限 { DATETIME($expiryDate, month: "long", day: "numeric") }
 plugin-enabled-heading = 有効
 plugin-disabled-heading = 無効
 dictionary-enabled-heading = 有効
 dictionary-disabled-heading = 無効
 locale-enabled-heading = 有効
 locale-disabled-heading = 無効
 sitepermission-enabled-heading = 有効
 sitepermission-disabled-heading = 無効
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutGlean.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutGlean.ftl
@@ -7,8 +7,9 @@
 about-glean-page-title = Glean について
 about-glean-description = <a data-l10n-name="glean-sdk-doc-link">Glean SDK</a> は Mozilla 製品で利用されているデータ収集ライブラリーです。このページは、<a data-l10n-name="fog-debug-doc-link">Glean SDK でデバッグとログ状態の設定変更</a> を必要とする開発者およびテスター向けです。
 about-glean-warning = このインターフェースの使用を誤ると { -brand-short-name } がクラッシュする可能性があります。
 
 tag-pings-label = 送信したすべての Ping にこのタグを付ける
 log-pings-label = 送信前に Ping ペイロードを記録しますか?
 send-pings-label = 名前付き Ping を送信
 controls-button-label = 設定を送信
+controls-button-label-verbose = 設定を適用して Ping を送信
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutSupport.ftl
@@ -150,17 +150,18 @@ media-device-name = デバイス名
 media-device-group = グループ
 media-device-vendor = ベンダー
 media-device-state = 状態
 media-device-preferred = 優先
 media-device-format = 形式
 media-device-channels = チャンネル
 media-device-rate = レート
 media-device-latency = 遅延
-media-capabilities-title = メディア性能
+media-capabilities-title = メディア機能
+media-codec-support-info = コーデックサポート情報
 # List all the entries of the database.
 media-capabilities-enumerate = データベースを列挙
 
 ##
 
 intl-title = 国際化とローカライズ
 intl-app-title = アプリケーションの設定
 intl-locales-requested = 要求されたロケール
--- a/toolkit/toolkit/featuregates/features.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/featuregates/features.ftl
@@ -13,17 +13,17 @@ experimental-features-css-masonry-description = 実験的な CSS Masonry レイアウト機能のサポートを有効にします。この機能の解説は <a data-l10n-name="explainer">こちらの説明</a> を参照してください。フィードバックを提供するには、<a data-l10n-name="w3c-issue">GitHub issue</a> または <a data-l10n-name="bug">こちらのバグ</a> にコメントしてください。
 experimental-features-web-gpu2 =
     .label = Web API: WebGPU
 experimental-features-web-gpu-description2 = この新しい API は、ユーザーの端末やコンピューターに搭載された <a data-l10n-name="wikipedia">Graphics Processing Unit (GPU)</a> を使用するグラフィックス描画と計算を扱うための低レベルサポートを提供します。WebGPU の <a data-l10n-name="spec">仕様</a> はまだ策定中です。詳細は <a data-l10n-name="bugzilla">bug 1602129</a> を参照してください。
 
 # The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
 # by various online articles and is technical in nature.
 experimental-features-media-jxl =
     .label = メディア: JPEG XL
-experimental-features-media-jxl-description = この機能を有効にすると、{ -brand-short-name } が JPEG XL (JXL) 形式をサポートします。これは、従来の JPEG ファイルにロスレス変形等のサポートが追加された画像ファイル形式です。詳細は <a data-l10n-name="bugzilla">bug 1539075</a> を参照してください。
+experimental-features-media-jxl-description = この機能を有効にすると、{ -brand-short-name } が JPEG XL (JXL) 形式をサポートします。これは、従来の JPEG ファイルからロスレスで移行できる改良された画像ファイル形式です。詳細は <a data-l10n-name="bugzilla">bug 1539075</a> を参照してください。
 
 # The title of the experiment should be kept in English as it may be referenced
 # by various online articles and is technical in nature.
 experimental-features-css-constructable-stylesheets =
     .label = CSS: 構造化スタイルシート
 experimental-features-css-constructable-stylesheets-description = <a data-l10n-name="mdn-cssstylesheet">CSSStyleSheet</a> インターフェースにコンストラクターが追加され、様々な関連する変更によって、HTML にスタイルシートを追加せずに新しいスタイルシートを直接作成することが可能になりました。これにより、<a data-l10n-name="mdn-shadowdom">Shadow DOM</a> の使用時にも再利用可能なスタイルシートが簡単に作成できます。詳細は <a data-l10n-name="bugzilla">bug 1520690</a> を参照してください。
 
 experimental-features-devtools-compatibility-panel =
--- a/toolkit/toolkit/global/browser-utils.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/global/browser-utils.ftl
@@ -1,3 +1,6 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+# Used for data: URLs where we don't have any useful origin information
+browser-utils-url-data = (データ)
--- a/toolkit/toolkit/pictureinpicture/pictureinpicture.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/pictureinpicture/pictureinpicture.ftl
@@ -10,13 +10,41 @@ pictureinpicture-play =
 pictureinpicture-mute =
     .aria-label = ミュート
 pictureinpicture-unmute =
     .aria-label = ミュート解除
 pictureinpicture-unpip =
     .aria-label = タブに戻す
 pictureinpicture-close =
     .aria-label = 閉じる
+
+## Variables:
+##   $shortcut (String) - Keyboard shortcut to execute the command.
+
+pictureinpicture-pause-cmd =
+    .aria-label = 一時停止
+    .title = 一時停止 (スペースキー)
+pictureinpicture-play-cmd =
+    .aria-label = 再生
+    .title = 再生 (スペースキー)
+pictureinpicture-mute-cmd =
+    .aria-label = ミュート
+    .title = ミュート ({ $shortcut })
+pictureinpicture-unmute-cmd =
+    .aria-label = ミュート解除
+    .title = ミュート解除 ({ $shortcut })
+pictureinpicture-unpip-cmd =
+    .aria-label = タブに戻す
+    .title = タブに戻す
+pictureinpicture-close-cmd =
+    .aria-label = 閉じる
+    .title = 閉じる ({ $shortcut })
+pictureinpicture-subtitles-cmd =
+    .aria-label = 字幕
+    .title = 字幕
+
+##
+
 pictureinpicture-subtitles-label = 字幕
 pictureinpicture-font-size-label = フォントサイズ
 pictureinpicture-font-size-small = 小
 pictureinpicture-font-size-medium = 中
 pictureinpicture-font-size-large = 大