71.0+: sync dom, toolkit with en-US rev12423:5c001af6203f (2019-11-07)
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sun, 17 Nov 2019 18:04:35 +0900
changeset 1459 e879261948a9fbe82f3ce33355dd7657e34d1877
parent 1458 feb20dabb9451c47d10428d2c7dc6cd5ed56a6f1
child 1460 45e00aeb24ed8606a21ce808164286892871b4b9
push id438
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateSun, 17 Nov 2019 09:05:01 +0000
bugs71
71.0+: sync dom, toolkit with en-US rev12423:5c001af6203f (2019-11-07)
dom/chrome/appstrings.properties
dom/chrome/dom/dom.properties
dom/chrome/layout/layout_errors.properties
dom/chrome/netError.dtd
toolkit/chrome/global/autocomplete.properties
toolkit/chrome/global/notification.dtd
toolkit/chrome/global/textcontext.dtd
toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
toolkit/toolkit/about/aboutNetworking.ftl
toolkit/toolkit/about/abuseReports.ftl
toolkit/toolkit/about/certviewer.ftl
--- a/dom/chrome/appstrings.properties
+++ b/dom/chrome/appstrings.properties
@@ -29,15 +29,16 @@ externalProtocolPrompt		=%1$S: プロトコルのリンクを処理するには外部のアプリケーションが必要です。\n\n\n次の URL の読み込みが要求されています。\n\n%2$S\n\nアプリケーション: %3$S\n\n\nこの URL の読み込みが意図していないものである場合、外部アプリケーションの脆弱性を利用しようとしている可能性があります。問題がないと確信できない限りこの要求はキャンセルしてください。\n
 externalProtocolUnknown		=<不明>
 externalProtocolChkMsg		=今後このプロトコルのリンクを同様に処理する。
 externalProtocolLaunchBtn	=アプリケーションを起動
 malwareBlocked			=%S のウェブサイトは攻撃サイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 harmfulBlocked			=%S のウェブサイトは潜在的に有害なサイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 unwantedBlocked			=%S のウェブサイトは望ましくないソフトウェアを配布しているサイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 deceptiveBlocked		=%S のウェブページは詐欺サイトとして報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされています。
 cspBlocked			=このページには、セキュリティポリシーによりページへの読み込みが禁止されたコンテンツが含まれています。
+xfoBlocked			=このページには、このコンテキストへの読み込みを禁止する X-Frame-Options ポリシーが設定されています。
 corruptedContentErrorv2		=%S のウェブサイトで修復不能なネットワークプロトコル違反が発生しました。
 remoteXUL			=このページは、もはやデフォルトでは利用できなくなった未対応の技術が使用されています。
 sslv3Used			=安全でないセキュリティプロトコルの SSLv3 が使用されているため、%S 上のデータの安全性は保証されません。
 weakCryptoUsed			=%S の所有者がウェブサイトを適切に設定していません。あなたの情報が盗まれることを防ぐため、このウェブサイトへの接続は確立されません。
 inadequateSecurityError		=ウェブサイトが不適当なレベルのセキュリティを処理しようとしています。
 blockedByPolicy			=あなたの組織はこのページまたはウェブサイトへのアクセスがブロックされています。
 networkProtocolError		=修復不能なネットワークプロトコル違反に遭遇しました。
--- a/dom/chrome/dom/dom.properties
+++ b/dom/chrome/dom/dom.properties
@@ -333,16 +333,17 @@ LargeAllocationNonGetRequest		=GET 要求によらずにページが読み込まれたため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name. Do not translate `window.opener`.
 LargeAllocationNotOnlyToplevelInTabGroup	=フレーム階層または window.opener を通じてこのブラウジングコンテキストへの参照を持つウインドウが存在するため、Large-Allocation ヘッダーが無視されました。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name
 LargeAllocationNonE10S			=document がプロセスから読み込まれていないため、Large-Allocation ヘッダーは無視されました。
 GeolocationInsecureRequestIsForbidden	=位置情報の要求は安全なコンテキスト内でしか満たすことができません。
 NotificationsInsecureRequestIsForbidden	=通知の許可設定は安全なコンテキスト内でしか要求されません。
 NotificationsCrossOriginIframeRequestIsForbidden	=通知の許可設定はトップレベルのドキュメントまたは同一生成元の iframe からしか要求されません。
 NotificationsRequireUserGesture		=通知の許可設定は短時間実行されるユーザー生成のイベントハンドラー内部からしか要求されません。
+NotificationsRequireUserGestureDeprecationWarning	=通知許可の要求について、短時間実行されるユーザー生成のイベントハンドラーでない外部のものは推奨されません。将来のバージョンでサポートされなくなります。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "Large-Allocation", as it is a literal header name.
 LargeAllocationNonWin32			=このページは Large-Allocation ヘッダーが指定されているため新しいプロセスに読み込まれますが、Large-Allocation プロセスの生成は非 Win32 プラットフォームでは無効です。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "content", "Window", and "window.top"
 WindowContentUntrustedWarning		=window オブジェクトの ‘content’ 属性は推奨されません。代わりに ‘window.top’ を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: The first %S is the tag name of the element that starts the loop, the second %S is the element's ID.
 SVGRefLoopWarning			=ID “%S” を持つ SVG <%S> の参照がループしています。
 # LOCALIZATION NOTE: The first %S is the tag name of the element in the chain where the chain was broken, the second %S is the element's ID.
 SVGRefChainLengthExceededWarning	=ID “%S” を持つ要素で SVG <%S> の参照チェーンが長すぎるため放棄されました。
@@ -392,20 +393,32 @@ MozRequestFullScreenDeprecatedPrefixWarning	=mozRequestFullScreen() は推奨されません。
 MozfullscreenchangeDeprecatedPrefixWarning	=onmozfullscreenchange は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE (MozfullscreenerrorDeprecatedPrefixWarning): Do not translate onmozfullscreenerror.
 MozfullscreenerrorDeprecatedPrefixWarning	=onmozfullscreenerror は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE(External_AddSearchProviderWarning): Do not translate AddSearchProvider.
 External_AddSearchProviderWarning	=AddSearchProvider は推奨されません。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate "MouseEvent.mozPressure" and "PointerEvent.pressure".
 MouseEvent_MozPressureWarning		=MouseEvent.mozPressure は推奨されません。代わりに PointerEvent.pressure を使用してください。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate MathML, align, numalign and denomalign.
-MathML_DeprecatedAlignmentAttributesWarning	=MathML 属性 “align”, “numalign”, “denomalign” は推奨されません。これらは将来のバージョンで削除されます。
+MathML_DeprecatedAlignmentAttributesWarning	=MathML 属性の “align”, “numalign”, “denomalign” は推奨されません。これらは将来のバージョンで削除されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate MathML and bevelled.
+MathML_DeprecatedBevelledAttribute	=MathML 属性の “bevelled” は推奨されません。将来のバージョンで削除されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate thin, medium, thick and linethickness.
 MathML_DeprecatedLineThicknessValueWarning	=linethickness 属性の “thin”, “medium”, “thick” は推奨されない値です。これらは将来のバージョンで削除されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate small, normal, big and mathsize.
 MathML_DeprecatedMathSizeValueWarning	=mathsize 属性の“small”, “normal”, “big” は推奨されない値です。これらは将来のバージョンで削除されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate veryverythinmathspace, verythinmathspace,
 # thinmathspace, mediummathspace, thickmathspace, verythickmathspace, veryverythickmathspace and MathML.
 MathML_DeprecatedMathSpaceValueWarning	=MathML lengths の “veryverythinmathspace”, “verythinmathspace”, “thinmathspace”, “mediummathspace”, “thickmathspace”, “verythickmathspace”, “veryverythickmathspace” は推奨されない値です。これらは将来のバージョンで削除されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate radical, notation and menclose.
 MathML_DeprecatedMencloseNotationRadical	=<menclose> 要素の “notation” 属性の “radical” は推奨されない値です。これは将来のバージョンで削除されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate MathML or mfenced.
+MathML_DeprecatedMfencedElement	=MathML 要素の mfenced は推奨されません。将来のバージョンで削除されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate MathML, subscriptshift and superscriptshift.
+MathML_DeprecatedScriptShiftAttributes		=MathML 属性の “subscriptshift” および “superscriptshift” は推奨されません。これらは将来のバージョンで削除されます。
 # LOCALIZATION NOTE: Do not translate MathML, background, color, fontfamily, fontsize, fontstyle and fontweight.
-MathML_DeprecatedStyleAttributeWarning	=MathML 属性 “background”, “color”, “fontfamily”, “fontsize”, “fontstyle”, “fontweight” は推奨されません。これらは将来のバージョンで削除されます。
+MathML_DeprecatedStyleAttributeWarning	=MathML 属性の “background”, “color”, “fontfamily”, “fontsize”, “fontstyle”, “fontweight” は推奨されません。これらは将来のバージョンで削除されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate MathML and XLink.
+MathML_DeprecatedXLinkAttributeWarning	=XLink 属性の “href”, “type”, “show” および “actuate” は MathML 要素での使用が推奨されません。これらは将来のバージョンで削除されます。
+# LOCALIZATION NOTE: Do not translate title, text, url as they are the names of JS properties.
+WebShareAPI_NeedOneMember		=ShareData 辞書の title, text, url メンバーのうち、少なくともいずれか一つのメンバーが必要です。
+WebShareAPI_Failed			=共有操作が失敗しました。
+WebShareAPI_Aborted			=共有操作が中止されました。
--- a/dom/chrome/layout/layout_errors.properties
+++ b/dom/chrome/layout/layout_errors.properties
@@ -36,9 +36,19 @@ CompositorAnimationWarningTransformSVG				=このコンポジターでは SVG 変形を伴う要素上の ‘transform’ アニメーションを実行できません。
 CompositorAnimationWarningTransformWithGeometricProperties	=同一要素上の位置プロパティを同時にアニメーションする場合、このコンポジターでは ‘transform’ のアニメーションを実行できません。
 CompositorAnimationWarningTransformWithSyncGeometricAnimations	=同時に開始する位置プロパティのアニメーションと同期しなければならないため、このコンポジターでは ‘transform’ のアニメーションを実行できません。
 CompositorAnimationWarningTransformFrameInactive		=フレームに ‘transform’ アニメーションがアクティブであることを示すマークがないため、このコンポジターではアニメーションを実行できません。
 CompositorAnimationWarningTransformIsBlockedByImportantRules	=transform 関連のプロパティが !important 規則により上書きされているため、このコンポジターでは transform アニメーションを実行できません。
 CompositorAnimationWarningOpacityFrameInactive			=フレームに ‘opacity’ アニメーションがアクティブであることを示すマークがないため、このコンポジターではアニメーションを実行できません。
 CompositorAnimationWarningHasRenderingObserver			=要素の描画が -moz-element または SVG clipping/masking により監視されているため、このコンポジターではアニメーションを実行できません。
 
 ## LOCALIZATION NOTE: Do not translate zoom, calc(), "transform", "transform-origin: 0 0"
-ZoomPropertyWarning	=このページは非標準の “zoom” プロパティを使用しています。関連するプロパティの値で calc() を使用するか、"transform" に加えて "transform-origin: 0 0" を使用することを検討してください。
+ZoomPropertyWarning			=このページは非標準の “zoom” プロパティを使用しています。関連するプロパティの値で calc() を使用するか、"transform" に加えて "transform-origin: 0 0" を使用することを検討してください。
+
+## LOCALIZATION NOTE(PrincipalWritingModePropagationWarning):
+## Do not translate <html>, <body>, CSS, "writing-mode", "direction", "text-orientation", :root, and "The Principal Writing Mode" because they are technical terms.
+PrincipalWritingModePropagationWarning	=<html> 要素のレンダリング時に、<html> 要素上で使用されている CSS プロパティ “writing-mode”, “direction”, “text-orientation” は <body> 要素の計算された値から取られ、<html> 要素自身の値からは使用されません。これらのプロパティを :root CSS 疑似クラスで設定することを考慮してください。詳しい情報は、https://www.w3.org/TR/css-writing-modes-3/#principal-flow の “The Principal Writing Mode” を参照してください。
+
+## LOCALIZATION NOTE(ScrollAnchoringDisabledInContainer):
+## %1$S is an integer value with the total number of adjustments
+## %2$S is a floating point value with the average distance adjusted
+## %3$S is a floating point value with the total adjusted distance
+ScrollAnchoringDisabledInContainer	=スクロールアンカーは、連続調整 (%1$S) が多すぎ、移動距離の合計 (平均 %2$S px、合計 %3$S px) が小さすぎるため、スクロールコンテナー内で無効化されています。
--- a/dom/chrome/netError.dtd
+++ b/dom/chrome/netError.dtd
@@ -79,16 +79,19 @@
 <!ENTITY securityOverride.warningContent "
 <p>インターネット接続環境を完全には信頼できない場合や、これまでこのサーバーではこの警告が表示されなかった場合は、このサイトを例外として追加しないでください。</p>
 <p>どうしてもこのサイトを例外として追加したい場合は、暗号化の高度な設定で追加してください。</p>
 ">
 
 <!ENTITY cspBlocked.title		"コンテンツセキュリティポリシーによりブロックされました">
 <!ENTITY cspBlocked.longDesc		"<p>セキュリティポリシーにより読み込みが禁止されたコンテンツが含まれているため、このページの読み込みを中止しました。</p>">
 
+<!ENTITY xfoBlocked.title		"X-Frame-Options ポリシーによりブロックされました">
+<!ENTITY xfoBlocked.longDesc		"<p>このコンテキストへの読み込みを禁止する X-Frame-Options が設定されているため、このページの読み込みを中止しました。</p>">
+
 <!ENTITY corruptedContentErrorv2.title	"コンテンツデータ破損エラー">
 <!ENTITY corruptedContentErrorv2.longDesc	"<p>このページは、データの伝送中にエラーが検出されたため表示できません。</p><ul><li>ウェブサイトの所有者に連絡を取り、この問題を報告してください。</li></ul>">
 
 <!ENTITY remoteXUL.title		"リモート XUL">
 <!ENTITY remoteXUL.longDesc		"<p><ul><li>ウェブサイトの所有者に連絡を取り、この問題を報告してください。</li></ul></p>">
 
 <!ENTITY inadequateSecurityError.title	"接続が安全ではありません">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (inadequateSecurityError.longDesc) - Do not translate
--- a/toolkit/chrome/global/autocomplete.properties
+++ b/toolkit/chrome/global/autocomplete.properties
@@ -1,17 +1,23 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-# LOCALIZATION NOTE (searchWithEngine): %S will be replaced with
-# the search engine provider's name. This format was chosen because
-# the provider can also end with "Search" (e.g.: MSN Search).
+# LOCALIZATION NOTE (searchWithEngine, searchInPrivateWindowWithEngine): %S will
+# be replaced with the search engine provider's name. This format was chosen
+# because the provider can also end with "Search" (e.g.: MSN Search).
 searchWithEngine	=%S で検索
 
+searchInPrivateWindowWithEngine	=プライベートウインドウの %S で検索
+
+# LOCALIZATION NOTE (searchInPrivateWindow): Used when the private browsing
+# engine is the same as the default engine.
+searchInPrivateWindow	=プライベートウインドウで検索
+
 # LOCALIZATION NOTE (switchToTab2): This is the same as the older switchToTab
 # string that it's replacing, except it uses title case, so "Switch" and "Tab"
 # are capitalized.
 switchToTab2		=タブを表示
 
 # LOCALIZATION NOTE (visit): This is shown next to autocomplete entries that are
 # simple URLs or sites, which will be visited when the user selects them.
 visit			=開く
--- a/toolkit/chrome/global/notification.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/notification.dtd
@@ -3,12 +3,14 @@
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY closeNotification.tooltip	"このメッセージを閉じます">
 
 <!ENTITY checkForUpdates		"更新を確認する...">
 
 <!ENTITY learnMore			"詳細...">
 
+<!ENTITY learnMoreNoEllipsis		"詳細">
+
 <!ENTITY defaultButton.label		"OK!">
 <!ENTITY defaultButton.accesskey	"O">
 
 <!ENTITY moreActionsButton.accessibleLabel	"他の操作">
--- a/toolkit/chrome/global/textcontext.dtd
+++ b/toolkit/chrome/global/textcontext.dtd
@@ -24,18 +24,16 @@
 <!ENTITY spellNoSuggestions.label	"(修正候補がありません)">
 <!ENTITY spellDictionaries.label	"言語">
 <!ENTITY spellDictionaries.accesskey	"l">
 
 <!ENTITY searchTextBox.clear.label	"消去">
 
 <!ENTITY fillLoginMenu.label		"ログイン情報を入力">
 <!ENTITY fillLoginMenu.accesskey	"F">
-<!ENTITY fillSuggestedPassword.label	"提案されたパスワードを使用">
-<!ENTITY fillSuggestedPassword.accesskey	"S">
 <!ENTITY fillGeneratedPassword.label	"安全に生成されたパスワードを使用">
 <!ENTITY fillGeneratedPassword.accesskey	"S">
 <!ENTITY fillPasswordMenu.label		"パスワードを入力">
 <!ENTITY fillPasswordMenu.accesskey	"F">
 <!ENTITY fillUsernameMenu.label		"ユーザー名を入力">
 <!ENTITY fillUsernameMenu.accesskey	"F">
 <!ENTITY noLoginSuggestions.label	"(ログイン情報の候補なし)">
 <!ENTITY viewSavedLogins.label		"保存されたログイン情報を表示">
--- a/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
+++ b/toolkit/chrome/passwordmgr/passwordmgr.properties
@@ -43,33 +43,34 @@ passwordChangeTitle			=パスワード変更の確認
 # String is the username for the login.
 updatePasswordMsg			=記憶されている “%S” のパスワードを更新しますか?
 updatePasswordMsgNoUser			=記憶されているパスワードを更新しますか?
 userSelectText2				=更新するログイン情報を選択してください:
 removeLoginPrompt			=このログイン情報を削除してもよろしいですか?
 removeLoginTitle			=ログイン情報の削除
 loginsDescriptionAll2			=このコンピューターには以下のサイトのログイン情報が保存されています
 
-# LOCALIZATION NOTE (useGeneratedPassword):
-# Shown in the autocomplete popup to allow filling a generated password into a password field.
-useGeneratedPassword			=生成されたパスワードを使用
-
 # LOCALIZATION NOTE (useASecurelyGeneratedPassword):
 # Shown in the autocomplete popup to allow filling a generated password into a password field.
 useASecurelyGeneratedPassword		=安全に生成されたパスワードを使用
 # LOCALIZATION NOTE (loginHostAge):
 # This is used to show the context menu login items with their age.
 # 1st string is the username for the login, 2nd is the login's age.
 loginHostAge				=%1$S (%2$S)
 # LOCALIZATION NOTE (noUsername):
 # String is used on the context menu when a login doesn't have a username.
 noUsername				=ユーザー名なし
+
 duplicateLoginTitle			=ログイン情報が存在します
 duplicateLogin				=重複するログイン情報がすでに存在しています。
 
+# LOCALIZATION NOTE (displaySameOrigin):
+# String is used on the autocomplete row when the login origin is a domain match with the document origin
+displaySameOrigin			=このウェブサイトから
+
 # LOCALIZATION NOTE (insecureFieldWarningDescription2):
 # %1$S will contain insecureFieldWarningLearnMore and look like a link to indicate that clicking will open a tab with support information.
 insecureFieldWarningDescription2	=この接続は安全ではありません。ここに入力したログイン情報は漏洩する可能性があります。%1$S
 insecureFieldWarningDescription3	=ここに入力したログイン情報は漏洩する可能性があります。%1$S
 insecureFieldWarningLearnMore		=詳細
 
 # LOCALIZATION NOTE (viewSavedLogins.label):
 # This label is used in the footer of login autocomplete menus.
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutAddons.ftl
@@ -292,19 +292,19 @@ shortcuts-duplicate = ショートカットが重複しています
 #   $shortcut (string) - Shortcut string for the add-on
 shortcuts-duplicate-warning-message = { $shortcut } が他の場所でも使用されています。ショートカットキーが重複していると予期しない動作の原因となることがあります。
 # String displayed when a keyboard shortcut is already used by another add-on
 # Variables:
 #   $addon (string) - Name of the add-on
 shortcuts-exists = すでに { $addon } が使用しています
 shortcuts-card-expand-button =
     { $numberToShow ->
-       *[other] さらに { $numberToShow } 個表示
+      *[other] さらに { $numberToShow } 個表示
     }
-shortcuts-card-collapse-button = Show Less
+shortcuts-card-collapse-button = 折りたたむ
 go-back-button =
     .tooltiptext = 前のページへ戻ります
 
 ## Recommended add-ons page
 
 # Explanatory introduction to the list of recommended add-ons. The action word
 # ("recommends") in the final sentence is a link to external documentation.
 discopane-intro =
@@ -336,16 +336,18 @@ find-more-addons = 他のアドオンを検索
 # used for screen readers.
 addon-options-button =
     .aria-label = 他のオプション
 
 ## Add-on actions
 
 report-addon-button = 報告
 remove-addon-button = 削除
+# The link will always be shown after the other text.
+remove-addon-disabled-button = 削除不可の <a data-l10n-name="link">理由</a>
 disable-addon-button = 無効化
 enable-addon-button = 有効化
 expand-addon-button = 他のオプション
 preferences-addon-button =
     { PLATFORM() ->
         [windows] オプション
        *[other] 設定
     }
@@ -433,14 +435,15 @@ recommended-theme-1 = ご自分で作ってみませんか? <a data-l10n-name="link">Firefox Color で独自のテーマを構築できます。</a>
 
 ## Page headings
 
 extension-heading = 拡張機能の管理
 theme-heading = テーマの管理
 plugin-heading = プラグインの管理
 dictionary-heading = スペルチェック辞書の管理
 locale-heading = 言語パックの管理
+updates-heading = 更新の管理
 discover-heading = { -brand-short-name } のパーソナライズ
 shortcuts-heading = 拡張機能のショートカットキーの管理
 theme-heading-search-label = テーマを探す
 extension-heading-search-label = 拡張機能を探す
 addons-heading-search-input =
     .placeholder = addons.mozilla.org を検索
--- a/toolkit/toolkit/about/aboutNetworking.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/aboutNetworking.ftl
@@ -4,16 +4,17 @@
 
 title = About Networking
 warning = これは実験段階です。ネットワーク技術に詳しい方以外は使用しないでください。
 show-next-time-checkbox = 次回も警告を表示する
 ok = OK
 http = HTTP
 sockets = Sockets
 dns = DNS
+dnssuffix = DNS サフィックス
 websockets = WebSockets
 refresh = 更新
 auto-refresh = 3 秒ごとに自動更新する
 hostname = ホスト名
 port = ポート番号
 http2 = HTTP/2
 ssl = SSL
 active = アクティブ
--- a/toolkit/toolkit/about/abuseReports.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/abuseReports.ftl
@@ -1,12 +1,20 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
+# Localized string used as the dialog window title (a new behavior locked
+# behind the "extensions.abuseReport.openDialog" preference).
+# "Report" is a noun in this case, "Report for AddonName".
+#
+# Variables:
+#   $addon-name (string) - Name of the add-on being reported
+abuse-report-dialog-title = { $addon-name } を報告
+
 abuse-report-title-extension = この拡張機能を { -vendor-short-name } に報告
 abuse-report-title-theme = このテーマを { -vendor-short-name } に報告
 abuse-report-subtitle = どのような問題ですか?
 
 # Variables:
 #   $author-name (string) - Name of the add-on author
 abuse-report-addon-authored-by = 作者: <a data-l10n-name="author-name">{ $author-name }</a>
 
@@ -48,40 +56,55 @@ abuse-report-messagebar-action-keep-extension = いいえ、保持します
 abuse-report-messagebar-action-remove-theme = はい、削除します
 abuse-report-messagebar-action-keep-theme = いいえ、保持します
 abuse-report-messagebar-action-retry = 再試行
 abuse-report-messagebar-action-cancel = キャンセル
 
 ## Abuse report reasons (optionally paired with related examples and/or suggestions)
 
 abuse-report-damage-reason = コンピューターとデータに損害を与える
+
+abuse-report-damage-reason-v2 = コンピューターに損害を与えた、または個人データを漏洩させた
 abuse-report-damage-example = 例: マルウェアを忍び込ませたりデータを盗んだりする
 
 abuse-report-spam-reason = スパムや広告を発信する
+
+abuse-report-spam-reason-v2 = スパムを含む、または不要な広告を挿入した
 abuse-report-spam-example = 例: ウェブページに広告を挿入する
 
 abuse-report-settings-reason = ユーザーに確認せずに検索エンジンやホームページ、新規タブの設定を変更する
+
+abuse-report-settings-reason-v2 = ユーザーに確認せずに検索エンジンやホームページ、新規タブの設定を変更した
 abuse-report-settings-suggestions = 拡張機能を報告する前に設定を変更してみてください:
 abuse-report-settings-suggestions-search = デフォルト検索設定を変更する
 abuse-report-settings-suggestions-homepage = ホームページと新規タブの設定を変更する
 
 abuse-report-deceptive-reason = 説明とは違うものに偽装する
+
+abuse-report-deceptive-reason-v2 = 説明とは違うものだった
 abuse-report-deceptive-example = 例: 実際の動作とは違う説明やイメージ
 
 abuse-report-broken-reason-extension = 動作しない、ウェブサイトの表示を崩す、{ -brand-product-name } の動作を遅くする
 abuse-report-broken-reason-theme = 動作しない、またはブラウザーの表示が崩れる
+
+abuse-report-broken-reason-extension-v2 = 動作しない、ウェブサイトの表示を崩す、{ -brand-product-name } の動作を遅くする
+abuse-report-broken-reason-theme-v2 = 動作しない、またはブラウザーの表示を崩す
 abuse-report-broken-example = 例: 機能の動作が遅い、使うのが困難、まったく動作しない、ウェブサイトの一部が読み込まれない、または表示が異常
 abuse-report-broken-suggestions-extension =
   拡張機能のバグを見つけたのかもしれません。ここに報告するのもよいですが、動作の問題を解決する最善の方法は、拡張機能の開発者に問い合わせることです。
   開発者の情報を得るには、<a data-l10n-name="support-link">その拡張機能のウェブサイト</a> を訪れてください。
 abuse-report-broken-suggestions-theme =
   テーマのバグを見つけたのかもしれません。ここに報告するのもよいですが、動作の問題を解決する最善の方法は、テーマの作者に問い合わせることです。
   作者の情報を得るには、<a data-l10n-name="support-link">そのテーマのウェブサイト</a> を訪れてください。
 
 abuse-report-policy-reason = 不愉快または暴力的、違法なコンテンツ
+
+abuse-report-policy-reason-v2 = 不愉快または暴力的、違法なコンテンツを含む
 abuse-report-policy-suggestions =
   注意: 著作権や商標の問題は別のプロセスで報告してください。
   <a data-l10n-name="report-infringement-link">こちらの説明に従って問題を報告</a> してください。
 
 abuse-report-unwanted-reason = 不要な拡張機能なのに削除できない
+
+abuse-report-unwanted-reason-v2 = 不要なのに削除の方法が分からない
 abuse-report-unwanted-example = 例: 別のアプリケーションがユーザーの許可なくインストールした
 
 abuse-report-other-reason = その他
--- a/toolkit/toolkit/about/certviewer.ftl
+++ b/toolkit/toolkit/about/certviewer.ftl
@@ -11,16 +11,17 @@ certificate-viewer-error-title = 何か問題が発生しました。
 
 ## Certificate information labels
 ## (^^; 未訳
 
 certificate-viewer-algorithm = Algorithm
 certificate-viewer-certificate-authority = Certificate Authority
 certificate-viewer-cipher-suite = Cipher Suite
 certificate-viewer-common-name = Common Name
+certificate-viewer-email-address = Email Address
 # Inc. means Incorporated, e.g GitHub is incorporated in Delaware
 certificate-viewer-inc-country = Inc. Country
 certificate-viewer-country = Country
 certificate-viewer-curve = Curve
 certificate-viewer-distribution-point = Distribution Point
 certificate-viewer-dns-name = DNS Name
 certificate-viewer-exponent = Exponent
 certificate-viewer-id = ID