101.0+: sync mail, chat, calendar with en-US rev14761:f2435cb18056 (2022-05-17) default tip
authorMasahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Sun, 22 May 2022 16:44:08 +0900
changeset 1863 86667f08ab5477021d4bb1de178c40ad1135626d
parent 1862 b630c52cee1f135a180ae5d3a7cf2120fc23b9a3
push id685
push userchimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp
push dateSun, 22 May 2022 07:45:24 +0000
bugs101
101.0+: sync mail, chat, calendar with en-US rev14761:f2435cb18056 (2022-05-17)
calendar/calendar/preferences.ftl
calendar/chrome/calendar/calendar.dtd
calendar/chrome/calendar/calendar.properties
calendar/chrome/lightning/lightning.dtd
chat/accounts.dtd
chat/imtooltip.properties
chat/matrix.properties
mail/chrome/messenger-smime/msgCompSMIMEOverlay.dtd
mail/chrome/messenger/AccountManager.dtd
mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
mail/chrome/messenger/activity.dtd
mail/chrome/messenger/addons.properties
mail/chrome/messenger/addressbook/abCard.dtd
mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
mail/chrome/messenger/am-smime.dtd
mail/chrome/messenger/fieldMapImport.dtd
mail/chrome/messenger/filter.properties
mail/chrome/messenger/importDialog.dtd
mail/chrome/messenger/messenger.dtd
mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
mail/chrome/messenger/messengercompose/messengercompose.dtd
mail/chrome/messenger/preferences/preferences.properties
mail/messenger/aboutAddonsExtra.ftl
mail/messenger/aboutImport.ftl
mail/messenger/aboutRights.ftl
mail/messenger/accountCentral.ftl
mail/messenger/accountManager.ftl
mail/messenger/accountcreation/accountSetup.ftl
mail/messenger/addressbook/abCardDAVDialog.ftl
mail/messenger/addressbook/aboutAddressBook.ftl
mail/messenger/addressbook/fieldMapImport.ftl
mail/messenger/addressbook/vcard.ftl
mail/messenger/appmenu.ftl
mail/messenger/menubar.ftl
mail/messenger/messenger.ftl
mail/messenger/messengercompose/messengercompose.ftl
mail/messenger/openpgp/keyWizard.ftl
mail/messenger/openpgp/oneRecipientStatus.ftl
mail/messenger/openpgp/openpgp-frontend.ftl
mail/messenger/openpgp/openpgp.ftl
mail/messenger/otr/add-finger.ftl
mail/messenger/otr/am-im-otr.ftl
mail/messenger/otr/finger.ftl
mail/messenger/preferences/connection.ftl
mail/messenger/preferences/dock-options.ftl
mail/messenger/preferences/preferences.ftl
mail/messenger/preferences/sendoptions.ftl
mail/messenger/shortcuts.ftl
--- a/calendar/calendar/preferences.ftl
+++ b/calendar/calendar/preferences.ftl
@@ -96,22 +96,16 @@ week-4-label =
 week-5-label =
     .label = 5 週間
 week-6-label =
     .label = 6 週間
 previous-weeks-label =
     .value = 前に表示する週の数:
     .accesskey = P
 todaypane-legend = Today ペイン
-# Note: "Upcoming" is the name of a section and the translation must match the
-# translation of that section name (calendar.upcoming.button.label). Also,
-# it should be upper case (as a proper name) if the target language permits.
-soon-label =
-    .value = 近日中セクションの表示期間:
-    .accesskey = U
 agenda-days =
     .value = 日程の表示期間:
     .accesskey = g
 event-task-legend = 予定と ToDo
 default-length-label =
     .value = 予定と ToDo のデフォルト期間:
     .accesskey = E
 task-start-label =
--- a/calendar/chrome/calendar/calendar.dtd
+++ b/calendar/chrome/calendar/calendar.dtd
@@ -8,17 +8,16 @@
 
 <!ENTITY calendar.newevent.button.tooltip		"新規予定を作成します" >
 <!ENTITY calendar.newtask.button.tooltip		"新規 ToDo を作成します" >
 
 <!ENTITY calendar.unifinder.showcompletedtodos.label	"完了した ToDo を表示">
 
 <!ENTITY calendar.today.button.label			"今日">
 <!ENTITY calendar.tomorrow.button.label			"明日">
-<!ENTITY calendar.upcoming.button.label			"近日中">
 
 <!ENTITY calendar.events.filter.all.label		"すべての予定">
 <!ENTITY calendar.events.filter.today.label		"今日の予定">
 <!ENTITY calendar.events.filter.future.label		"今後すべての予定">
 <!ENTITY calendar.events.filter.current.label		"選択した日の予定">
 <!ENTITY calendar.events.filter.currentview.label	"現在のビューの予定">
 <!ENTITY calendar.events.filter.next7Days.label		"1 週間後までの予定">
 <!ENTITY calendar.events.filter.next14Days.label	"2 週間後までの予定">
@@ -364,18 +363,16 @@
 <!ENTITY calendarproperties.unsubscribe.accesskey	"U">
 
 <!-- Calendar Publish Dialog -->
 <!ENTITY calendar.publish.dialog.title			"カレンダーの公開">
 <!ENTITY calendar.publish.url.label			"公開 URL">
 <!ENTITY calendar.publish.publish.button		"公開">
 <!ENTITY calendar.publish.close.button			"閉じる">
 
-<!ENTITY calendar.publish.example.url.description	"例:  http://www.myserver.com/webdav/test.ics">
-
 <!-- Select Calendar Dialog -->
 <!ENTITY calendar.select.dialog.title			"カレンダーの選択">
 
 <!-- Error reporting -->
 <!ENTITY calendar.error.detail				"詳細...">
 <!ENTITY calendar.error.code				"エラーコード:">
 <!ENTITY calendar.error.description			"説明:">
 <!ENTITY calendar.error.title				"エラーが発生しました">
--- a/calendar/chrome/calendar/calendar.properties
+++ b/calendar/chrome/calendar/calendar.properties
@@ -187,19 +187,17 @@ tooltipCompleted=完了:
 New=新規
 Open=開く
 filepickerTitleImport=読み込み
 filepickerTitleExport=書き出し
 
 # Filters for export/import/open file picker.  %1$S will be replaced with
 # wildmat used to filter files by extension, such as (*.html; *.htm).
 filterIcs=iCalendar ファイル (%1$S)
-filterXml=XML ドキュメント (%1$S)
 filterHtml=HTML ファイル (%1$S)
-filterOutlookCsv=CSV ファイル (Outlook) (%1$S)
 
 # Remote calendar errors
 genericErrorTitle=カレンダーの取得エラー
 httpPutError=カレンダーファイルの公開に失敗しました。\nステータスコード: %1$S: %2$S
 otherPutError=カレンダーファイルの公開に失敗しました。\nステータスコード: 0x%1$S
 
 # LOCALIZATION NOTE (readOnlyMode):
 # used for an message like 'There has been an error reading data for calendar: Home. It has been...'
@@ -244,106 +242,18 @@ caldavRequestStatusCodeString409=現在のリソースと矛盾しています。
 caldavRequestStatusCodeString412=前提条件を満たしていません。
 caldavRequestStatusCodeString500=サーバー内部でエラーが発生しました。
 caldavRequestStatusCodeString502=ゲートウェイまたはプロキシー設定が不正です。
 caldavRequestStatusCodeString503=サーバー内部でエラーが発生しました (一時的に利用できません)。
 caldavRedirectTitle=カレンダー %1$S の URL を更新しますか?
 caldavRedirectText=%1$S へのリクエストが新しい URL にリダイレクトされます。URL を次の値に変更してもよろしいですか?
 caldavRedirectDisableCalendar=カレンダーを無効化
 
-
-# LOCALIZATION NOTE (likelyTimezone):
-#   Translators, please put the most likely timezone(s) where the people using
-#   your locale will be.  Use the Olson ZoneInfo timezone name *in English*,
-#   ie "Europe/Paris", (continent or ocean)/(largest city in timezone).
-#   Order does not matter, except if two historically different zones now match,
-#   such as America/New_York and America/Toronto, will only find first listed.
-#   (Particularly needed to guess the most relevant timezones if there are
-#    similar timezones at the same June/December GMT offsets with alphabetically
-#    earlier ZoneInfo timezone names.  Sample explanations for English below.)
-# for english-US:
-#   America/Los_Angeles likelier than America/Dawson
-#   America/New_York    likelier than America/Detroit (NY for US-EasternTime)
-# for english:
-#   Europe/London   likelier than Atlantic/Canary
-#   Europe/Paris    likelier than Africa/Ceuta (for WestEuropeanTime)
-#   America/Halifax likelier than America/Glace_Bay (Canada-AtlanticTime)
-#   America/Mexico_City likelier than America/Cancun
-#   America/Argentina/Buenos_Aires likelier than America/Araguaina
-#   America/Sao_Paolo (may not recognize: summer-time dates change every year)
-#   Asia/Singapore  likelier than Antarctica/Casey
-#   Asia/Tokyo      likelier than Asia/Dili
-#   Africa/Lagos likelier than Africa/Algiers (for WestAfricanTime)
-#   Africa/Johannesburg likelier than Africa/Blantyre (for SouthAfricanStdTime)
-#   Africa/Nairobi likelier than Africa/Addis_Ababa (for EastAfricanTime)
-#   Australia/Brisbane likelier than Antarctica/DumontDUrville
-#   Australia/Sydney likelier than Australia/Currie or Australia/Hobart
-#   Pacific/Auckland likelier than Antarctica/McMurdo
-likelyTimezone=America/New_York, America/Chicago, America/Denver, America/Phoenix, America/Los_Angeles, America/Anchorage, America/Adak, Pacific/Honolulu, America/Puerto_Rico, America/Halifax, America/Mexico_City, America/Argentina/Buenos_Aires, America/Sao_Paulo, Europe/London, Europe/Paris, Asia/Singapore, Asia/Tokyo, Africa/Lagos, Africa/Johannesburg, Africa/Nairobi, Australia/Brisbane, Australia/Sydney, Pacific/Auckland
-
-# Guessed Timezone errors and warnings.
-# Testing note:
-# * remove preference for calendar.timezone.default in userprofile/prefs.js
-# * repeat
-#   - set OS timezone to a city (windows: click right on clock in taskbar)
-#   - restart
-#   - observe guess in error console and verify whether guessed timezone city
-#     makes sense for OS city.
-#
-# 'Warning: Operating system timezone "E. South America Standard Time"
-#  no longer matches ZoneInfo timezone "America/Sao_Paulo".'
-# Testing notes:
-# - Brasil DST change dates are set every year by decree, so likely out of sync.
-# - Only appears on OSes from which timezone can be obtained
-#   (windows; or TZ env var, /etc/localtime target path, or line in
-#    /etc/timezone or /etc/sysconfig/clock contains ZoneInfo timezone id).
-# - Windows: turning off "Automatically adjust clock for daylight saving time"
-#   can also trigger this warning.
-WarningOSTZNoMatch=警告: オペレーティングシステムのタイムゾーン "%1$S" が\n内蔵の ZoneInfo のタイムゾーン "%2$S" と一致しなくなりました。
-
-# "Skipping Operating System timezone 'Pacific/New_Country'."
-# Testing note: not easily testable.  May occur someday if (non-windows)
-# OS uses different version of ZoneInfo database which has a timezone name
-# that is not included in our current ZoneInfo database (or if the mapping
-# mapping from windows to ZoneInfo timezone ids does).
-SkippingOSTimezone=オペレーティングシステムのタイムゾーン '%1$S' を無視します。
-
-# "Skipping locale timezone 'America/New_Yawk'."
-# Testing note: Skipping occurs if a likelyTimezone id is unknown or misspelled.
-SkippingLocaleTimezone=ロケールのタイムゾーン '%1$S' を無視します。
-
-# Testing note: "No match" timezones include Bucharest on W2k.
-# Brazil timezones may be "No match" (change every year, so often out of date,
-# and changes are often more than a week different).
-warningUsingFloatingTZNoMatch=警告: "floating" タイムゾーンを使用します。\nオペレーティングシステムのタイムゾーンと一致するものが ZoneInfo のタイムゾーンにありませんでした。
-
-# "Warning:  Using guessed timezone
-#    America/New York (UTC-0500/-0400).
-#    [rfc2445 summer daylight saving shift rules for timezone]
-#  This ZoneInfo timezone almost matches/seems to match..."
-#  This ZoneInfo timezone was chosen based on ... "
-WarningUsingGuessedTZ=警告:  推測されるタイムゾーン\n  %1$S (UTC%2$S) を使用します。\n%3$S\n%4$S
-
-# Testing note: "Almost match" timezones include Cairo on W2k.
-TZAlmostMatchesOSDifferAtMostAWeek=この ZoneInfo のタイムゾーンがオペレーティングシステムのタイムゾーンとほぼ一致します。\nこのタイムゾーンでは、サマータイム時間と標準時間の移行日が長くて 1 週間程度\nオペレーティングシステムのタイムゾーンの移行日と異なります。\nそのため、開始日の相違、規則の相違、グレゴリオ暦ではない暦からの近似といった、データの食い違いがある可能性があります。
-
-TZSeemsToMatchOS=この ZoneInfo のタイムゾーンは、今年のオペレーティングシステムのタイムゾーンと一致しているようです。
-
-# LOCALIZATION NOTE (TZFromOS):
-# used for a display of a chosen timezone
-#    %1$S will be replaced with the name of a timezone
-TZFromOS=この ZoneInfo のタイムゾーンは、オペレーティングシステムのタイムゾーン\nID "%1$S" を基に選択されました。
-
-# Localization note (TZFromLocale): Substitute name of your locale language.
-TZFromLocale=この ZoneInfo のタイムゾーンは、オペレーティングシステムのタイムゾーンとの\n一致を、使用されることが多いと考えられるタイムゾーンから調べて選択されました。
-
-TZFromKnownTimezones=この ZoneInfo のタイムゾーンは、オペレーティングシステムのタイムゾーンとの\n一致を、タイムゾーン ID のアルファベット順に調べて選択されました。
-
 # Print Layout
-tasksWithNoDueDate =締め切りのない ToDo
+tasksWithNoDueDate=締め切りのない ToDo
 
 # Providers
 caldavName=CalDAV
 compositeName=Composite
 icsName=iCalendar (ICS)
 memoryName=一時的 (メモリー)
 storageName=ローカル (SQLite)
 
@@ -649,23 +559,20 @@ datetimeIntervalTaskWithoutStartDate=締切日時: %1$S %2$S
 # LOCALIZATION NOTE (dragLabelTasksWithOnlyEntryDate
 #                    dragLabelTasksWithOnlyDueDate)
 # Labels that appear while dragging a task with only
 # entry date OR due date
 dragLabelTasksWithOnlyEntryDate=着手日
 dragLabelTasksWithOnlyDueDate=締切日
 
 deleteTaskLabel=ToDo を削除
-deleteTaskMessage=本当にこの ToDo を削除しますか?
 deleteTaskAccesskey=l
 deleteItemLabel=削除
-deleteItemMessage=本当にこの項目を削除しますか?
 deleteItemAccesskey=l
 deleteEventLabel=予定を削除
-deleteEventMessage=本当にこの予定を削除しますか?
 deleteEventAccesskey=l
 
 #(^m^) plural forms.
 calendarPropertiesEveryMinute=#1 分ごと
 
 # LOCALIZATION NOTE (extractUsing)
 # Used in message header
 #    %1$S will be replaced with language name from languageNames.properties
--- a/calendar/chrome/lightning/lightning.dtd
+++ b/calendar/chrome/lightning/lightning.dtd
@@ -91,16 +91,18 @@
 <!ENTITY lightning.imipbar.btnSendSeries.tooltiptext		"一連の招待の返答を主催者へ送信します">
 <!ENTITY lightning.imipbar.btnDontSend.label			"返答を送信しない">
 <!ENTITY lightning.imipbar.btnDontSend.tooltiptext		"返答を主催者へ送信せずに参加状態を変更します">
 <!ENTITY lightning.imipbar.btnDontSendSeries.tooltiptext	"返答を主催者へ送信せずに一連の招待の参加状態を変更します">
 
 <!-- Lightning specific keybindings -->
 <!ENTITY lightning.keys.event.showCalendar.key		"C">
 <!ENTITY lightning.keys.event.showTasks.key		"D">
+
+<!-- Lightning specific keybindings -->
 <!ENTITY lightning.keys.event.new			"I">
 <!ENTITY lightning.keys.todo.new			"D">
 
 <!-- Account Central page -->
 <!-- (^a^) mail/chrome/messenger/msgAccountCentral.dtd と表現をそろえる -->
 <!ENTITY lightning.acctCentral.newCalendar.label	"新規カレンダーを作成する">
 
 <!-- today-pane-specific -->
--- a/chat/accounts.dtd
+++ b/chat/accounts.dtd
@@ -1,41 +1,33 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- Account manager window for Instantbird -->
 <!ENTITY accounts.title				"アカウント - &brandShortName;">
-<!ENTITY accountManager.width			"450">
 <!-- Instant messaging account status window for Thunderbird -->
 <!ENTITY accountsWindow.title			"インスタントメッセージの状態">
-<!ENTITY accountsWindow2.style			"width: 41em; height: 27em;"><!-- en-US: "width: 41em; height: 27em;" -->
 
 <!ENTITY accountManager.newAccount.label	"新規アカウント">
 <!ENTITY accountManager.newAccount.accesskey	"N">
 <!ENTITY accountManager.close.label		"ウインドウを閉じる">
 <!ENTITY accountManager.close.accesskey		"l">
 <!-- This should match account.commandkey in instantbird.dtd -->
 <!ENTITY accountManager.close.commandkey	"a">
 <!-- This title must be short, displayed with a big font size -->
 <!ENTITY accountManager.noAccount.title		"アカウントが設定されていません">
 <!ENTITY accountManager.noAccount.description	"“&accountManager.newAccount.label;” ボタンをクリックし、&brandShortName; に従ってアカウントを設定してください。">
 <!ENTITY account.autoSignOn.label		"起動時に自動ログインする">
 <!ENTITY account.autoSignOn.accesskey		"S">
 <!ENTITY account.connect.label			"接続">
 <!ENTITY account.connect.accesskey		"o">
 <!ENTITY account.disconnect.label		"切断">
 <!ENTITY account.disconnect.accesskey		 "i">
-<!ENTITY account.delete.label			"削除">
-<!ENTITY account.delete.accesskey		"D">
 <!ENTITY account.edit.label			"情報を見る">
 <!ENTITY account.edit.accesskey			"P">
-<!ENTITY account.moveup.label			"上へ移動">
-<!ENTITY account.movedown.label			"下へ移動">
 <!ENTITY account.cancelReconnection.label	"再接続をキャンセル">
 <!ENTITY account.cancelReconnection.accesskey	"A">
 <!ENTITY account.copyDebugLog.label		"デバッグログをコピー">
 <!ENTITY account.copyDebugLog.accesskey		"C">
-<!ENTITY account.showDebugLog.label		"デバッグログを表示">
-<!ENTITY account.showDebugLog.accesskey		"H">
 <!ENTITY account.connecting			"接続中...">
 <!ENTITY account.disconnecting			"切断中...">
 <!ENTITY account.disconnected			"未接続">
--- a/chat/imtooltip.properties
+++ b/chat/imtooltip.properties
@@ -1,12 +1,10 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 buddy.username=ユーザー名
 buddy.account=アカウント
 contact.tags=タグ
 
-otr.tag=OTR 状態
-
 encryption.tag=暗号化状態
 message.status=メッセージが暗号化されています
--- a/chat/matrix.properties
+++ b/chat/matrix.properties
@@ -9,17 +9,16 @@
 matrix.usernameHint=Matrix ID
 
 # LOCALIZATION NOTE (options.*):
 #   These are the protocol specific options shown in the account manager and
 #   account wizard windows.
 options.saveToken=アクセストークンを格納
 options.deviceDisplayName=端末の表示名
 options.homeserver=サーバー
-
 options.backupPassphrase=バックアップ鍵のパスフレーズ
 
 # LOCALIZATION NOTE (options.encryption.*):
 #   These are strings used to build the status information of the encryption
 #   storage, shown in the account manager. %S is one of the statuses and the
 #   strings are combined with a pipe (|) between.
 options.encryption.enabled=暗号化関数: %S
 options.encryption.secretStorage=秘密ストレージ: %S
@@ -138,22 +137,16 @@ command.addalias=%S &lt;alias&gt;: 部屋の別名を作成します。&lt;alias&gt; に '#localname:domain' の書式で指定してください。別名を追加する権限が必要です。
 command.removealias=%S &lt;alias&gt;: 部屋の別名を削除します。&lt;alias&gt; に '#localname:domain' の書式で指定してください。別名を削除する権限が必要です。
 command.upgraderoom=%S &lt;newVersion&gt;: 部屋を &lt;newVersion&gt; に指定したバージョンにアップグレードします。部屋をアップグレードする権限が必要です。
 command.me=%S &lt;action&gt;: &lt;action&gt; に指定したアクションを実行します。
 command.msg=%S &lt;userId&gt; &lt;message&gt;: &lt;userId&gt; のユーザーへ &lt;message&gt; に記述したダイレクトメッセージを送信します。
 command.join=%S &lt;roomId&gt;: &lt;roomId&gt; に指定した部屋に参加します。
 
 # LOCALIZATION NOTE (message.*):
 #    These are shown as system messages in the conversation.
-#    %S is the reason string for the particular action.
-#    Used within context of ban, kick and withdrew invite.
-message.reason=理由: %S
-
-# LOCALIZATION NOTE (message.*):
-#    These are shown as system messages in the conversation.
 #    %1$S is the name of the user who banned.
 #    %2$S is the name of the user who got banned.
 message.banned=%1$S が %2$S を立ち入り禁止にしました。
 #    Same as message.banned but with a reason.
 #    %3$S is the reason the user was banned.
 message.bannedWithReason=%1$S が %2$S を立ち入り禁止にしました。理由: %3$S
 #    %1$S is the name of the user who accepted the invitation.
 #    %2$S is the name of the user who sent the invitation.
@@ -240,16 +233,20 @@ message.encryptionStart=この会話のメッセージはエンドツーエンド暗号化されます。
 message.verification.request2=%1$S が %2$S の検証を求めています。
 #    %1$S is the name of the user who cancelled the verification request.
 #    %2$S is the reason given why the verification was cancelled.
 message.verification.cancel2=%1$S が次の理由により検証をキャンセルしました: %2$S
 message.verification.done=検証が完了しました。
 message.decryptionError=このメッセージのコンテンツを復号できませんでした。他の端末から暗号鍵を要求するには、このメッセージを右クリックしてください。
 message.decrypting=復号しています...
 message.redacted=メッセージが編集されました。
+#    %1$S is the username of the user that reacted.
+#    %2$S is the username of the user that sent the message the reaction was added to.
+#    %3$S is the content (typically an emoji) of the reaction.
+message.reaction=%1$S が %2$S に %3$S のリアクションをしました。
 
 #    Label in the message context menu
 message.action.requestKey=鍵を再要求
 message.action.redact=編集
 message.action.report=メッセージを報告
 message.action.retry=送信を再試行
 message.action.cancel=メッセージをキャンセル
 
--- a/mail/chrome/messenger-smime/msgCompSMIMEOverlay.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger-smime/msgCompSMIMEOverlay.dtd
@@ -1,36 +1,10 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!--LOCALIZATION NOTE msgCompSMIMEOverlay.dtd UI for s/mime hooks in message composition -->
 
-<!ENTITY menu_securityDoNotEncrypt.label	"暗号化しない">
-<!ENTITY menu_securityDoNotEncrypt.accesskey	"o">
-
-<!-- not yet used
-<!ENTITY menu_securityEncryptOptional.label	"暗号化を許可">
-<!ENTITY menu_securityEncryptOptional.accesskey	"w">
--->
-
-<!ENTITY menu_securityEncryptRequire2.label	"暗号化が必要">
-<!ENTITY menu_securityEncryptRequire.accesskey	"E">
-
-<!ENTITY menu_securitySign.label		"このメッセージにデジタル署名">
-<!ENTITY menu_securitySign.accesskey		"M">
-
-<!ENTITY menu_securityTech.label		"暗号化技術">
-<!ENTITY menu_securityTech.accesskey		"T">
-
 <!ENTITY menu_techPGP.label			"OpenPGP">
 <!ENTITY menu_techPGP.accesskey			"O">
 <!ENTITY menu_techSMIME.label			"S/MIME">
 <!ENTITY menu_techSMIME.accesskey		"S">
-
-<!ENTITY menu_securityStatus.label		"セキュリティ情報を見る">
-<!ENTITY menu_securityStatus.accesskey		"I">
-
-<!ENTITY securityButton.label			"セキュリティ">
-<!ENTITY securityButton.tooltip			"セキュリティ設定を確認または変更">
-
-<!ENTITY menu_viewSecurityStatus.label		"メッセージのセキュリティ情報">
-<!ENTITY menu_viewSecurityStatus.accesskey	"I">
--- a/mail/chrome/messenger/AccountManager.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/AccountManager.dtd
@@ -1,37 +1,23 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- extracted from AccountManager.xhtml -->
 
 <!ENTITY accountManagerTitle.label	"アカウント設定">
-<!ENTITY  accountManagerCloseButton.label	"閉じる">
+<!ENTITY accountManagerCloseButton.label	"閉じる">
 
 <!ENTITY accountActionsButton.label	"アカウント操作">
 <!ENTITY accountActionsButton.accesskey	"A">
 <!ENTITY addMailAccountButton.label	"メールアカウントを追加...">
 <!ENTITY addMailAccountButton.accesskey	"A">
 <!ENTITY addIMAccountButton.label	"チャットアカウントを追加...">
 <!ENTITY addIMAccountButton.accesskey	"C">
 <!ENTITY addFeedAccountButton.label	"フィードアカウントを追加...">
 <!ENTITY addFeedAccountButton.accesskey	"F">
-<!ENTITY addOtherAccountButton.label	"他のサービスのアカウントを追加...">
-<!ENTITY addOtherAccountButton.accesskey	"O">
 <!ENTITY setDefaultButton.label		"デフォルトアカウントに設定">
 <!ENTITY setDefaultButton.accesskey	"D">
 <!ENTITY removeButton.label		"アカウントを削除">
 <!ENTITY removeButton.accesskey		"R">
 
 <!ENTITY addonsButton.label		"拡張機能とテーマ">
-
-<!-- AccountManager.xhtml -->
-<!-- LOCALIZATION NOTE : this is part of an inline-style attribute on the account
-     setting dialog, which specifies the width and height in em units of the dialog.
-     Localizers ONLY can increase these widths if they are having difficulty getting
-     panel content to fit.
-     1ch = The width of the "0" (ZERO, U+0030) glyph for the current font.
-     1em = The height of the font.
-     XUL/FE DEVELOPERS: DO NOT MODIFY THIS VALUE. It represents the correct size of
-     this window for en-US. -->
-<!ENTITY accountManager.size "width: 65em; height: 50em;"><!-- en-US: width: 105ch; height: 55em;-->
-<!ENTITY accountTree.width "width: 19em;"><!-- en-US: width: 32ch; -->
--- a/mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/AccountWizard.dtd
@@ -2,27 +2,16 @@
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!-- Entities for AccountWizard -->
 
 <!ENTITY windowTitle.label		"アカウントアシスタント">
 <!ENTITY accountWizard.size		"width: 42em; height: 39em;"><!-- (^^; en-US: width: 40em; height: 38em; -->
 
-<!-- Entities for Account Type page -->
-
-<!ENTITY accountSetupInfo2.label	"メッセージを受信するには、初めにアカウントを設定する必要があります。">
-<!ENTITY accountTypeTitle.label		"アカウントの種類">
-<!ENTITY accountTypeDesc2.label		"アカウント設定に必要な情報を入力してください。入力する情報が分からない場合は、システムの管理者またはインターネットサービスプロバイダーに問い合わせてください。">
-<!ENTITY accountTypeDirections.label	"設定するアカウントの種類を選択してください:">
-<!ENTITY accountTypeMail.label		"メールアカウント">
-<!ENTITY accountTypeMail.accesskey	"m">
-<!ENTITY accountTypeNews.label		"ニュースグループアカウント">
-<!ENTITY accountTypeNews.accesskey	"w">
-
 <!-- Entities for Identity page -->
 
 <!ENTITY identityTitle.label		"差出人情報">
 <!ENTITY identityDesc.label		"メッセージの差出人を表す情報を入力してください。これはアカウントごとに別のものを設定して使い分けることができます。"><!-- (^^; 表現変更 en-US: Each account has an identity, which is the information that identifies you to others when they receive your messages. -->
 
 <!-- LOCALIZATION NOTE (fullnameDesc.label) : do not translate two of "&quot;" in below line -->
 <!ENTITY fullnameDesc.label		"あなたの名前を入力してください。ここで設定した名前が送信するメッセージの “差出人” (From) に表示されます。">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (fullnameExample.label) : use following directions for below line
@@ -34,92 +23,29 @@
 <!ENTITY fullnameLabel.accesskey	"Y">
 
 <!ENTITY emailLabel.label		"メールアドレス:">
 <!ENTITY emailLabel.accesskey		"E">
 
 <!-- Entities for Incoming Server page -->
 
 <!ENTITY incomingTitle.label		"受信サーバー情報">
-<!ENTITY incomingServerTypeDesc.label	"メール受信サーバーの種類を選択してください。">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (imapType.label) : Do not translate "IMAP" in below line -->
-<!ENTITY imapType.label			"IMAP">
-<!ENTITY imapType.accesskey		"I">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (popType.label) : Do not translate "POP" in below line -->
-<!ENTITY popType.label			"POP">
-<!ENTITY popType.accesskey		"P">
-<!ENTITY leaveMsgsOnSrvr.label		"サーバーにメッセージを残す">
-<!ENTITY leaveMsgsOnSrvr.accesskey	"L">
-<!ENTITY portNum.label			"ポート番号:">
-<!ENTITY portNum.accesskey		"o">
-<!ENTITY defaultPortLabel.label		"デフォルト:">
-<!ENTITY defaultPortValue.label		"">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (incomingServerNameDesc.label) : Do not translate "&quot;pop.example.net&quot;" in below line -->
-<!ENTITY incomingServer.description	"メール受信サーバーの名前を入力してください。(例: mail.example.jp)">
-<!ENTITY incomingServer.label		"メール受信サーバー:">
-<!ENTITY incomingServer.accesskey	"S">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (incomingUsername.description) : do not translate "&quot;jsmith&quot;" in below line -->
-<!ENTITY incomingUsername.description	"プロバイダーに指定された受信サーバーのユーザー名を入力してください。(例: &quot;jsmith&quot;)">
 <!ENTITY incomingUsername.label		"ユーザー名:">
-<!ENTITY incomingUsername.accesskey	"U">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (newsServerNameDesc.label) : Do not translate "NNTP" or the "&quot;" entities in below line -->
 <!ENTITY newsServerNameDesc.label	"ニュース (NNTP) サーバーの名前を入力してください。(例: news.example.jp)">
 <!ENTITY newsServerLabel.label		"ニュースサーバー:">
 <!ENTITY newsServerLabel.accesskey	"S">
 
-<!-- Entities for Outgoing Server page -->
-
-<!ENTITY outgoingTitle.label		"送信サーバー情報">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (outgoingServer.description) : Do not translate "SMTP" and "&quot;smtp.example.net&quot;" in below line -->
-<!ENTITY outgoingServer.description	"メール送信 (SMTP) サーバーの名前を入力してください。(例: smtp.example.jp)">
-<!ENTITY outgoingServer.label		"メール送信サーバー:">
-<!ENTITY outgoingServer.accesskey	"S">
-<!ENTITY outgoingUsername.description	"プロバイダーに指定された送信サーバーのユーザー名を入力してください (一般的に受信サーバーのユーザー名と同じです)。">
-<!ENTITY outgoingUsername.label		"送信サーバーのユーザー名:">
-<!ENTITY outgoingUsername.accesskey	"U">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (modifyOutgoing.suffix) : This string will be appended after each of
-     haveSmtp1.suffix3, haveSmtp2.suffix3, haveSmtp3.suffix3 .
--->
-<!ENTITY modifyOutgoing.suffix		"メール送信サーバーの設定は “アカウント設定” で変更できます。">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (haveSmtp1.prefix and haveSmtp1.suffix3) : Do not translate "SMTP" and "&quot;" in
-     these variables. Also, translate haveSmtp1.prefix and haveSmtp1.suffix3 as a single sentence, inserting
-     text after the "&quot;" entity in haveSmtp1.suffix3, if required grammatically.
--->
-<!ENTITY haveSmtp1.prefix		"他のアカウントで設定済みのメール送信 (SMTP) サーバー &quot;">
-<!ENTITY haveSmtp1.suffix3		"&quot; を使用します。">
-
-<!-- LOCALIZATION NOTE (haveSmtp2.prefix and haveSmtp2.suffix3) : Do not translate "SMTP" and "&quot;" in
-     these variables. Also, translate haveSmtp2.prefix and haveSmtp2.suffix3 as a single sentence, inserting
-     text after the "&quot;" entity in haveSmtp2.suffix3, if required grammatically.
--->
-<!ENTITY haveSmtp2.prefix		"メール送信 (SMTP) サーバーのユーザー名には &quot;">
-<!ENTITY haveSmtp2.suffix3		"&quot; が使用されます。">
-<!-- LOCALIZATION NOTE (haveSmtp3.prefix and haveSmtp3.suffix3) : Do not translate "SMTP" and "&quot;" in
-     these variables. Also, translate haveSmtp3.prefix and haveSmtp3.suffix3 as a single sentence, inserting
-     text after the "&quot;" entity in haveSmtp3.suffix3, if required grammatically.
--->
-<!ENTITY haveSmtp3.prefix		"送信 (SMTP) サーバー &quot;">
-<!ENTITY haveSmtp3.suffix3		"&quot; が受信サーバーと同一であるため、送信サーバーへのアクセスにも受信サーバーのユーザー名を使用します。">
-
 <!-- Entities for Account name page -->
 
 <!ENTITY accnameTitle.label		"アカウント名">
 <!-- LOCALIZATION NOTE (accnameDesc.label) : do not translate any "&quot;" in below line -->
 <!ENTITY accnameDesc.label		"このアカウントに分かりやすい名前を付けてください。(例: 仕事用、プライベート、ニュース)">
 <!ENTITY accnameLabel.label		"アカウント名:">
 <!ENTITY accnameLabel.accesskey		"A">
 
 <!-- Entities for Done (Congratulations) page -->
 
 <!ENTITY completionTitle.label		"設定完了">
 <!ENTITY completionText.label		"以下の設定情報が正しいか確認してください。">
-<!ENTITY serverTypePrefix.label		"メール受信サーバーの種類:">
-<!ENTITY serverNamePrefix.label		"メール受信サーバー名:">
-<!ENTITY smtpServerNamePrefix.label	"メール送信 (SMTP) サーバー名:">
 <!ENTITY newsServerNamePrefix.label	"ニュース (NNTP) サーバー名:">
-<!ENTITY downloadOnLogin.label		"今すぐメッセージをダウンロード">
-<!ENTITY downloadOnLogin.accesskey	"D">
-<!ENTITY deferStorageDesc.label		"共通受信トレイを使用するアカウントのメールはすべてまとめて保存されます。このアカウントで送受信するメールを個別のディレクトリーに分けて保存する場合はチェックを外してください。"><!-- (^^; Uncheck this checkbox to store mail for this account in its own directory. That will make this account appear as a top-level account. Otherwise, it will be part of the Local Folders Global Inbox account. -->
-<!ENTITY deferStorage.label		"共通受信トレイを使用する (&quot;ローカルフォルダー&quot; にメールを保存)"><!-- (^^; Use Global Inbox (store mail in Local Folders) -->
-<!ENTITY deferStorage.accesskey		"G">
 <!ENTITY clickFinish.label		"“完了” をクリックすると、設定を保存してアカウントを作成します。">
 <!ENTITY clickFinish.labelMac		"“完了” をクリックすると、設定を保存してアカウントを作成します。">
--- a/mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/FilterEditor.dtd
@@ -1,15 +1,13 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY window.title			"フィルターの設定">
-
-<!ENTITY filterEditorDialog.dimensions	"width: 100ch;"><!-- en-US: "width: 100ch;" -->
 <!ENTITY filterName.label		"フィルター名:">
 <!ENTITY filterName.accesskey		"i">
 
 <!ENTITY junk.label			"迷惑メール">
 <!ENTITY notJunk.label			"非迷惑メール">
 
 <!ENTITY lowestPriorityCmd.label	"最低">
 <!ENTITY lowPriorityCmd.label		"低">
--- a/mail/chrome/messenger/activity.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/activity.dtd
@@ -5,33 +5,14 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (window.width2, window.height): These values should be
 close to the golden ratio (1.618:1) while making sure it's wide enough for long
 file names and tall enough to hint that there are more activities in the list -->
 <!ENTITY window.width2			"485">
 <!ENTITY window.height			"300">
 
 <!ENTITY activity.title			"イベントログの管理"><!-- (^^; en-US: Activity Manager-->
 
-<!ENTITY cmd.pause.label		"一時停止">
-<!ENTITY cmd.pause.accesskey		"P">
-<!ENTITY cmd.resume.label		"再開">
-<!ENTITY cmd.resume.accesskey		"R">
-<!ENTITY cmd.cancel.label		"キャンセル">
-<!ENTITY cmd.cancel.accesskey		"C">
-<!ENTITY cmd.undo.label			"取り消す">
-<!ENTITY cmd.undo.accesskey		"U">
-<!ENTITY cmd.recover.label		"復旧">
-<!ENTITY cmd.recover.accesskey		"v">
-<!ENTITY cmd.retry.label		"再試行">
-<!ENTITY cmd.retry.accesskey		"R">
-<!ENTITY cmd.removeFromList.label	"リストから削除">
-<!ENTITY cmd.removeFromList.accesskey	"e">
-
 <!ENTITY cmd.close.commandkey		"w">
 <!ENTITY cmd.close2.commandkey		"j">
 <!ENTITY cmd.close2Unix.commandkey	"y">
 <!ENTITY cmd.clearList.label		"ログを消去">
 <!ENTITY cmd.clearList.tooltip		"完了およびキャンセル、失敗した項目を一覧から削除します">
 <!ENTITY cmd.clearList.accesskey	"C">
-<!ENTITY cmd.find.commandkey		"f">
-<!ENTITY cmd.search.commandkey		"k">
-
-<!ENTITY searchBox.label		"検索...">
--- a/mail/chrome/messenger/addons.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/addons.properties
@@ -28,17 +28,22 @@ xpinstallDisabledMessage		=ソフトウェアのインストールは現在無効になっています。“有効にする” をクリックしてからもう一度やり直してください。
 xpinstallDisabledButton			=有効にする
 xpinstallDisabledButton.accesskey	=n
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonInstallBlockedByPolicy)
 # This message is shown when the installation of an add-on is blocked by
 # enterprise policy. %1$S is replaced by the name of the add-on.
 # %2$S is replaced by the ID of add-on. %3$S is a custom message that
 # the administration can add to the message.
-addonInstallBlockedByPolicy		=%1$S (%2$S) のインストールがシステム管理者によりブロックされました。%3$S
+addonInstallBlockedByPolicy		=システム管理者により、%1$S (%2$S) のインストールがブロックされました。%3$S
+
+# LOCALIZATION NOTE (addonDomainBlockedByPolicy)
+# This message is shown when the installation of add-ons from a domain
+# is blocked by enterprise policy.
+addonDomainBlockedByPolicy		=システム管理者により、このサイトからコンピューターにソフトウェアをインストールがすることが許可されていません。
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonPostInstall.message2)
 # %S is replaced with the localized named of the extension that was
 # just installed.
 addonPostInstall.message2		=%S が追加されました。
 
 # LOCALIZATION NOTE (addonDownloadingAndVerifying):
 # Semicolon-separated list of plural forms. See:
@@ -180,16 +185,17 @@ webextPerms.description.experiment	=%S とコンピューターへの完全に無制限なアクセス
 webextPerms.description.find		=開いているすべてのタブのテキストの読み取り
 webextPerms.description.geolocation	=ユーザーの位置情報へのアクセス
 webextPerms.description.history		=ブラウジング履歴へのアクセス
 webextPerms.description.management	=拡張機能の使用状況の監視とテーマの管理
 webextPerms.description.messagesModify	=表示されたメッセージの読み取りと編集
 webextPerms.description.messagesMove2	=メッセージのコピーまたは移動 (ゴミ箱への移動を含む)
 webextPerms.description.messagesDelete	=メッセージの完全削除
 webextPerms.description.messagesRead	=メッセージの読み取りとマーク付け、タグ付け
+webextPerms.description.messagesTags	=メッセージタグの作成と変更、削除
 # LOCALIZATION NOTE (webextPerms.description.nativeMessaging)
 # %S will be replaced with the name of the application
 webextPerms.description.nativeMessaging	=%S とは別のアプリケーションとのメッセージ交換
 webextPerms.description.notifications	=通知の表示
 webextPerms.description.pkcs11		=暗号認証サービスの提供
 webextPerms.description.privacy		=プライバシー設定の読み取りと変更
 webextPerms.description.proxy		=ブラウザーのプロキシー設定の制御
 webextPerms.description.sessions	=最近閉じたタブへのアクセス
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/abCard.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/abCard.dtd
@@ -35,19 +35,17 @@
 <!ENTITY preferDisplayName.accesskey	"y">
 <!ENTITY NickName.label			"ニックネーム:">
 <!ENTITY NickName.accesskey		"N">
 
 <!ENTITY PrimaryEmail.label		"メールアドレス:">
 <!ENTITY PrimaryEmail.accesskey		"E">
 <!ENTITY SecondEmail.label		"別のメールアドレス:">
 <!ENTITY SecondEmail.accesskey		"i">
-<!ENTITY PreferMailFormat.label		"使用メール形式:">
-<!ENTITY PreferMailFormat.accesskey	"v">
-<!ENTITY PlainText.label		"テキスト">
+<!ENTITY PlainText.label		"プレーンテキスト">
 <!ENTITY HTML.label			"HTML">
 <!ENTITY Unknown.label			"不明">
 <!ENTITY chatName.label                 "チャットネーム:">
 
 <!ENTITY WorkPhone.label		"勤務先:">
 <!ENTITY WorkPhone.accesskey		"k">
 <!ENTITY HomePhone.label		"自宅:">
 <!ENTITY HomePhone.accesskey		"m">
--- a/mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/addressbook/abMainWindow.dtd
@@ -106,16 +106,17 @@ because displayed names don't have the c
 <!ENTITY exportCmd.label			"書き出す...">
 <!ENTITY exportCmd.accesskey			"E">
 
 <!-- Address Book Toolbar and Context Menus -->
 <!ENTITY newContactButton.label			"新規連絡先">
 <!ENTITY newContactButton.accesskey		"C">
 <!ENTITY newlistButton.label			"新規リスト">
 <!ENTITY newlistButton.accesskey		"L">
+
 <!ENTITY showAsDefault.label			"初期表示ディレクトリー">
 <!ENTITY showAsDefault.accesskey		"S">
 <!ENTITY editPropertiesButton.label		"編集">
 <!ENTITY propertiesContext.label		"情報を見る">
 <!ENTITY propertiesContext.accesskey		"i">
 <!ENTITY abPropertiesContext.label		"情報を見る">
 <!ENTITY abPropertiesContext.accesskey		"i">
 <!ENTITY syncContext.label			"サーバーと同期">
--- a/mail/chrome/messenger/am-smime.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/am-smime.dtd
@@ -1,37 +1,28 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
 <!ENTITY e2eTitle.label			"エンドツーエンド暗号化">
 <!ENTITY e2eLearnMore.label		"詳細情報">
 
 <!ENTITY e2eEnc.description		"エンドツーエンド暗号化をしないメッセージのコンテンツは、ご利用のメールプロバイダーや監視システムに容易にさらされます。">
-<!ENTITY e2eeReqWarning.description	"送信メッセージを暗号化する必要がある場合は、あなたの公開鍵またはすべての受信者の証明書を用意しなければなりません。">
-
-<!ENTITY e2eSigning.description		"デジタル署名により、メッセージの送信者があなたであり、コンテンツが改変されていないことを受信者が検証できます。">
 <!ENTITY e2eTechPref.description	"優先される暗号化技術:">
 
-<!ENTITY doNotEncrypt.label			"デフォルトで暗号化を有効にしない">
-<!ENTITY doNotEncrypt.accesskey			"N">
-<!ENTITY requireEncryptMessage.label		"デフォルトで暗号化を必須にする">
-<!ENTITY requireEncryptMessage.accesskey	"u">
 <!ENTITY encryptionCert2.message		"暗号化のための個人証明書:">
 <!ENTITY digitalSign.certificate.button		"選択...">
 <!ENTITY digitalSign.certificate.accesskey	"S">
 <!ENTITY digitalSign.certificate_clear.button	"消去">
 <!ENTITY digitalSign.certificate_clear.accesskey	"C">
 <!ENTITY encryption.certificate.button		"選択...">
 <!ENTITY encryption.certificate.accesskey	"t">
 <!ENTITY encryption.certificate_clear.button	"消去">
 <!ENTITY encryption.certificate_clear.accesskey	"e">
 <!ENTITY signingGroupTitle.label		"デジタル署名">
-<!ENTITY signMessage2.label			"デフォルトでデジタル署名を追加する">
-<!ENTITY signMessage.accesskey			"D">
 <!ENTITY signingCert2.message			"デジタル署名のための個人証明書:">
 
 <!ENTITY sendingDefaults.label		"メッセージ送信のデフォルト設定">
 
 <!ENTITY technologyAutomatic.label	"利用可能な鍵または証明書をもとに自動的に選択する">
 
 <!ENTITY certificates2.label		"S/MIME">
 <!ENTITY manageCerts3.label		"S/MIME 証明書の管理">
--- a/mail/chrome/messenger/fieldMapImport.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/fieldMapImport.dtd
@@ -1,14 +1,12 @@
 <!-- This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
    - License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
    - file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
 
-<!ENTITY fieldMapImport.size			"width: 40em; height: 30em;"><!-- en-US: "width: 40em; height: 30em;" -->
-
 <!ENTITY fieldMapImport.next.label		"続ける">
 <!ENTITY fieldMapImport.next.accesskey		"N">
 <!ENTITY fieldMapImport.previous.label		"戻る">
 <!ENTITY fieldMapImport.previous.accesskey	"P">
 <!ENTITY fieldMapImport.text			"左右に表示されたアドレス帳のフィールドを “上へ” ボタンと “下へ” ボタンで適切に合わせてください。">
 <!ENTITY fieldMapImport.up.label		"上へ">
 <!ENTITY fieldMapImport.up.accesskey		"U">
 <!ENTITY fieldMapImport.down.label		"下へ">
--- a/mail/chrome/messenger/filter.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/filter.properties
@@ -6,17 +6,16 @@ mustSelectFolder		=フォルダーを選択してください。
 enterValidEmailAddress		=正しい転送先メールアドレスを入力してください。
 pickTemplateToReplyWith		=適用するテンプレートを選択してください。
 mustEnterName			=フィルターの名前を入力してください。
 cannotHaveDuplicateFilterTitle	=フィルター名の重複
 cannotHaveDuplicateFilterMessage=入力した名前のフィルターがすでに存在します。別のフィルター名を入力してください。
 mustHaveFilterTypeTitle		=フィルターイベントが選択されていません
 mustHaveFilterTypeMessage	=このフィルターを適用するには少なくとも 1 個のイベントを選択しなければなりません。一時的にどのイベントでもフィルターを実行したくないときは、メッセージフィルターダイアログで有効のチェックを外してください。
 deleteFilterConfirmation	=本当に選択したフィルターを削除してもよろしいですか?
-untitledFilterName		=フィルター名なし
 matchAllFilterName		=すべてのメッセージ
 filterListBackUpMsg		=フィルターの定義ファイル msgFilterRules.dat が壊れています。古い定義ファイルの名前を rulesbackup.dat に変更し、新しいフィルター定義ファイルを作成します。
 customHeaderOverflow		=カスタムヘッダーの数が 50 を超えています。カスタムヘッダーを一部削除してからやり直してください。
 filterCustomHeaderOverflow	=フィルター定義のカスタムヘッダーが 50 を超えています。フィルター定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダーの数を減らしてください。
 invalidCustomHeader		=カスタムヘッダーには ':'、印刷不可能な文字、非 ASCII 文字、8 ビット ASCII 文字などは使用できません。フィルター定義ファイル msgFilterRules.dat を修正して、カスタムヘッダーから無効な文字を削除してください。
 continueFilterExecution		=フィルター %S の評価に失敗しました。フィルターの評価を続けますか?
 promptTitle			=フィルター処理の実行中
 promptMsg			=メッセージのフィルター処理を実行中です。\nフィルターの評価を続けますか?
--- a/mail/chrome/messenger/importDialog.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/importDialog.dtd
@@ -19,19 +19,16 @@ LOCALIZATION NOTE : Do not translate any
 <!ENTITY importFeeds.accesskey		"d">
 <!ENTITY importAddressbook.label	"アドレス帳">
 <!ENTITY importAddressbook.accesskey	"A">
 <!ENTITY importSettings.label		"設定">
 <!ENTITY importSettings.accesskey	"S">
 <!ENTITY importFilters.label		"フィルター"><!-- (^^; Mail.app: ルール -->
 <!ENTITY importFilters.accesskey	"F">
 
-<!ENTITY  window.width			"51em"><!-- en-US: 40em -->
-<!ENTITY  window.macWidth		"45em"><!-- en-US: 45em -->
-
 <!ENTITY importTitle.label		"&brandShortName; 読み込みアシスタント">
 <!ENTITY importShortDesc.label		"他のソフトからメール、アドレス帳、設定やフィルターを読み込みます">
 
 <!ENTITY importDescription1.label	"このアシスタントは、他のメールソフトや一般的な形式のアドレス帳からメッセージ、アドレス帳、購読フィード、設定、フィルターなどを &brandShortName; に読み込みます。">
 <!ENTITY importDescription2.label	"読み込み後は &brandShortName; のメールやアドレス帳からアクセスできるようになります。">
 
 <!ENTITY selectDescription.label	"読み込み元のファイル形式を選択してください:">
 <!ENTITY selectDescriptionB.label	"既存のアカウントを選択するか新しいアカウントを作成してください:">
--- a/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/messenger.dtd
@@ -22,18 +22,16 @@
 <!-- LOCALIZATION NOTE (moveToNewWindow.label):
      Menu option to cause the current tab to be migrated to a new Thunderbird
      window.
      -->
 <!ENTITY moveToNewWindow.label			"新規ウインドウへ移動">
 <!ENTITY moveToNewWindow.accesskey		"W">
 <!ENTITY newVirtualFolderCmd.label		"検索フォルダー...">
 <!ENTITY newVirtualFolderCmd.accesskey		"S">
-<!ENTITY newOtherAccountsCmd.label		"他のサービスのアカウント...">
-<!ENTITY newOtherAccountsCmd.accesskey		"O">
 <!ENTITY newCreateEmailAccountCmd.label		"新規メールアカウントを取得...">
 <!ENTITY newCreateEmailAccountCmd.accesskey	"G">
 <!ENTITY newExistingEmailAccountCmd.label	"既存のメールアカウント...">
 <!ENTITY newExistingEmailAccountCmd.accesskey	"E">
 <!ENTITY newIMAccountCmd.label			"チャットアカウント...">
 <!ENTITY newIMAccountCmd.accesskey		"C">
 <!ENTITY newFeedAccountCmd.label		"フィードアカウント...">
 <!ENTITY newFeedAccountCmd.accesskey		"d">
@@ -46,18 +44,16 @@
 <!ENTITY  newContactCmd.label			"アドレス帳の連絡先...">
 <!ENTITY  newContactCmd.accesskey		"C">
 <!ENTITY openMenuCmd.label			"開く">
 <!ENTITY openMenuCmd.accesskey			"O">
 <!ENTITY openMessageFileCmd.label		"メッセージファイル...">
 <!ENTITY openMessageFileCmd.accesskey		"M">
 <!ENTITY saveAsMenu.label			"別名で保存">
 <!ENTITY saveAsMenu.accesskey			"S">
-<!ENTITY saveAsFileCmd.label			"ファイル">
-<!ENTITY saveAsFileCmd.accesskey		"F">
 <!ENTITY saveAsFileCmd.key			"s">
 <!ENTITY saveAsTemplateCmd.label		"テンプレート">
 <!ENTITY saveAsTemplateCmd.accesskey		"T">
 <!ENTITY getNewMsgForCmd.label			"新着メッセージを受信">
 <!ENTITY getNewMsgForCmd.accesskey		"w">
 <!ENTITY getAllNewMsgCmdPopupMenu.label		"すべてのアカウント">
 <!ENTITY getAllNewMsgCmdPopupMenu.accesskey	"A">
 <!ENTITY getNewMsgCurrentAccountCmdPopupMenu.label	"現在のアカウント">
--- a/mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/messengercompose/composeMsgs.properties
@@ -401,22 +401,16 @@ errorCloudFileUpload.title	=アップロードエラー
 ## %2$S is the name of the file that failed to upload.
 errorCloudFileUpload.message	=%2$S ファイルを %1$S にアップロードできません。
 errorCloudFileQuota.title	=クォータエラー
 
 ## LOCALIZATION NOTE(errorCloudFileQuota.message):
 ## %1$S is the name of the online storage service being uploaded to.
 ## %2$S is the name of the file that could not be uploaded due to exceeding the storage limit.
 errorCloudFileQuota.message	=%2$S ファイルをアップロードすると %1$S の容量上限を超えます。
-errorCloudFileNameLimit.title	=ファイル名エラー
-
-## LOCALIZATION NOTE(errorCloudFileNameLimit.message):
-## %1$S is the name of the online storage service being uploaded to.
-## %2$S is the name of the file that could not be uploaded due to the excess file name length
-errorCloudFileNameLimit.message	=%2$S のファイル名が 120 文字を超えています。これは %1$S で使用できるファイル名の長さの最大値を超えます。このファイルの名前を 120 文字以下に変更して再度アップロードしてください。
 errorCloudFileLimit.title	=ファイルサイズエラー
 
 ## LOCALIZATION NOTE(errorCloudFileLimit.message):
 ## %1$S is the name of the online storage service being uploaded to.
 ## %2$S is the name of the file that could not be uploaded due to size restrictions.
 errorCloudFileLimit.message	=%2$S ファイルのサイズが %1$S の最大サイズを超えています。
 errorCloudFileOther.title	=不明なエラー
 
@@ -426,32 +420,16 @@ errorCloudFileOther.message	=%1$S との通信中に不明なエラーが発生しました。
 errorCloudFileDeletion.title	=削除エラー
 
 ## LOCALIZATION NOTE(errorCloudFileDeletion.message):
 ## %1$S is the name of the online storage service that the file is to be deleted from.
 ## %2$S is the name of the file that failed to be deleted.
 errorCloudFileDeletion.message	=%1$S からの %2$S ファイル削除時にエラーが発生しました。
 errorCloudFileUpgrade.label	=アップグレード
 
-## LOCALIZATION NOTE(cloudAttachmentCountHeader): A line of text describing how
-## many uploaded files have been appended to this message.  Emphasis should be
-## on sharing as opposed to attaching. This item is used as a header to a list,
-## hence the colon.  This header is only displayed in HTML emails.
-## Using PluralForm (so don't replace the #1).
-## (^m^) メッセージ本文に挿入されるため en-US のまま。
-#cloudAttachmentCountHeader	=#1 個のファイルをこのメールにリンクしました:
-cloudAttachmentCountHeader	=I've linked #1 file(s) to this email:
-
-## LOCALIZATION NOTE(cloudAttachmentListItem): A line of text describing a cloud
-## attachment to be inserted into the message body. Do not translate the words
-## %1$S, %2$S, %3$S, or %4$S. %1$S is the attachment name, %2$S is its size,
-## %3$S is the name of the cloud storage service, and %4$S is the link to the
-## attachment.
-cloudAttachmentListItem		=* %1$S (%2$S) hosted on %3$S: %4$S
-
 ## LOCALIZATION NOTE(stopShowingUploadingNotification): This string is used in the Filelink
 ## upload notification bar to allow the user to dismiss the notification permanently.
 # (^m^) Bug 742524
 stopShowingUploadingNotification.accesskey	=N
 stopShowingUploadingNotification.label		=今後は表示しない
 
 replaceButton.label		=置換...
 replaceButton.accesskey		=x
--- a/mail/chrome/messenger/messengercompose/messengercompose.dtd
+++ b/mail/chrome/messenger/messengercompose/messengercompose.dtd
@@ -17,19 +17,16 @@
 <!ENTITY newContact.label		"連絡先...">
 <!ENTITY newContact.accesskey		"C">
 <!ENTITY attachMenu.label		"添付">
 <!ENTITY attachMenu.accesskey		"h">
 <!ENTITY attachCloudCmd.label		"Filelink">
 <!ENTITY attachCloudCmd.accesskey	"i">
 <!ENTITY attachPageCmd.label		"ウェブページ...">
 <!ENTITY attachPageCmd.accesskey	"W">
-<!--LOCALIZATION NOTE attachVCardCmd.label Don't translate the term 'vCard' -->
-<!ENTITY attachVCardCmd.label		"vCard">
-<!ENTITY attachVCardCmd.accesskey	"P">
 <!ENTITY remindLater.label		"添付忘れを通知">
 <!ENTITY remindLater.accesskey		"L">
 <!ENTITY closeCmd.label			"閉じる">
 <!ENTITY closeCmd.key			"W">
 <!ENTITY closeCmd.accesskey		"c">
 <!ENTITY saveCmd.label			"保存">
 <!ENTITY saveCmd.key			"S">
 <!ENTITY saveCmd.accesskey		"s">
@@ -145,26 +142,16 @@
 <!--LOCALIZATION NOTE attachVCard.label Don't translate the term 'vCard' -->
 <!ENTITY attachVCard.label		"vCard を添付">
 <!ENTITY attachVCard.accesskey		"v">
 
 <!ENTITY returnReceiptMenu.label	"開封確認の返送を求める"><!-- en-US: Return Receipt -->
 <!ENTITY returnReceiptMenu.accesskey	"t">
 <!ENTITY dsnMenu.label			"配信状態通知の返送を求める"><!-- en-US: Delivery Status Notification -->
 <!ENTITY dsnMenu.accesskey		"N">
-<!ENTITY deliveryFormatMenu.label	"送信形式">
-<!ENTITY deliveryFormatMenu.accesskey	"F">
-<!ENTITY autoFormatCmd.label		"自動判別">
-<!ENTITY autoFormatCmd.accesskey	"a">
-<!ENTITY plainTextFormatCmd.label	"プレーンテキスト">
-<!ENTITY plainTextFormatCmd.accesskey	"p">
-<!ENTITY htmlFormatCmd.label		"HTML のみ">
-<!ENTITY htmlFormatCmd.accesskey	"r">
-<!ENTITY bothFormatCmd.label		"テキストと HTML">
-<!ENTITY bothFormatCmd.accesskey	"l">
 <!ENTITY priorityMenu.label		"重要度">
 <!ENTITY priorityMenu.accesskey		"p">
 <!ENTITY priorityButton.title		"重要度">
 <!ENTITY priorityButton.tooltiptext	"メッセージの重要度を変更します">
 <!ENTITY priorityButton.label		"重要度:">
 <!ENTITY lowestPriorityCmd.label	"最低">
 <!ENTITY lowestPriorityCmd.accesskey	"l">
 <!ENTITY lowPriorityCmd.label		"低">
@@ -218,17 +205,16 @@
 <!ENTITY copyButton.tooltip		"コピー">
 <!ENTITY pasteButton.tooltip		"ペースト">
 <!ENTITY printButton.tooltip		"このメッセージをプリントします">
 
 <!-- Headers -->
 <!--LOCALIZATION NOTE headersSpaces.style is for aligning  the From:, To: and
     Subject: rows. It should be larger than the largest Header label  -->
 <!ENTITY headersSpace2.style		"width: 8em;"><!-- (^m^) 以下の項目名が判別できればよい en-US: "width:8em" -->
-<!ENTITY extraRecipients.tooltip	"他の種類の宛先入力">
 <!ENTITY fromAddr2.label		"差出人">
 <!ENTITY fromAddr.accesskey		"r">
 <!ENTITY replyAddr2.label		"Reply-To">
 <!ENTITY newsgroupsAddr2.label		"Newsgroup">
 <!ENTITY followupAddr2.label		"Followup-To">
 <!ENTITY subject2.label			"件名">
 <!ENTITY subject.accesskey		"S">
 <!ENTITY attachmentBucketCloseButton.tooltip	"添付ペインを隠す">
--- a/mail/chrome/messenger/preferences/preferences.properties
+++ b/mail/chrome/messenger/preferences/preferences.properties
@@ -1,22 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-#### Add HTML and Plain Text Domain Names for sendOption
-html_domainsAddDomainTitle	=HTML 形式のメールを送るドメイン名を追加
-html_domainsAddDomain		=HTML メール使用ドメイン名:
-plaintext_domainsAddDomainTitle	=プレーンテキストでメールを送るドメイン名を追加
-plaintext_domainsAddDomain	=プレーンテキスト使用ドメイン名:
-
-domainNameErrorTitle		=ドメイン名エラー
-#### LOCALIZATION NOTE: do not translate %S
-domainDuplicationError		=ドメイン名 %S はすでに送信メールの形式を指定されています。
-
 #### Junk
 confirmResetJunkTrainingTitle	=判別基準データ消去の確認
 confirmResetJunkTrainingText	=本当に学習フィルターの判別基準データをリセットしますか?
 
 #### Downloads
 desktopFolderName		=デスクトップ
 myDownloadsFolderName		=ダウンロード
 chooseAttachmentsFolderTitle	=添付ファイルの保存先を選択:
--- a/mail/messenger/aboutAddonsExtra.ftl
+++ b/mail/messenger/aboutAddonsExtra.ftl
@@ -2,9 +2,8 @@
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 add-on-options-button =
     .title = アドオンのオプション
 add-on-search-alternative-button-label = 代替アドオンを見つける
 atn-addons-heading-search-input =
     .placeholder = addons.thunderbird.net を検索
-sidebar-preferences-button-title = { -brand-short-name } の設定
--- a/mail/messenger/aboutImport.ftl
+++ b/mail/messenger/aboutImport.ftl
@@ -1,18 +1,21 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, you can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 import-page-title = 設定とデータの読み込み
 
 ## Header
 
+import-start = インポートツール
+import-start-desc = 設定やデータをアプリケーションまたはファイルから読み込みます。
 import-from-app = アプリケーションから読み込み
 import-from-app-desc = アカウント、アドレス帳、カレンダーおよび他のデータの読み込み元を選んでください:
+import-from-file = ファイルから読み込み
 import-address-book = アドレス帳ファイルから読み込み
 import-calendar = カレンダーファイルから読み込み
 export-profile = 書き出し
 
 ## Buttons
 
 button-cancel = キャンセル
 button-back = 戻る
@@ -21,16 +24,24 @@ button-export = 書き出す
 
 ## Import from app steps
 
 app-name-thunderbird = Thunderbird
 app-name-seamonkey = SeaMonkey
 app-name-outlook = Outlook
 app-name-becky = Becky! Internet Mail
 app-name-apple-mail = Apple Mail
+source-file = ファイルから読み込み
+
+## Import from file selections
+
+file-profile = バックアップしたプロファイル (.zip) の読み込み
+file-calendar = カレンダーの読み込み
+file-addressbook = アドレス帳の読み込み
+
 # Variables:
 #   $app (String) - The name of the app to import from
 profiles-pane-title = { $app } からの読み込み
 profiles-pane-desc = 読み込み元の場所を選択してください
 profile-file-picker-dir = プロファイルフォルダーを選択する
 profile-file-picker-zip = zip ファイルを選択する (2GB サイズ制限)
 items-pane-title = 読み込む項目を選択してください
 items-pane-source = ソースの場所:
@@ -61,17 +72,16 @@ calendar-items-loading = 項目の読み込み中...
 calendar-items-filter-input =
     .placeholder = 項目の絞り込み...
 calendar-select-all-items = すべてを選択
 calendar-deselect-all-items = @@すべての選択を解除@@
 calendar-import-into-new-calendar = 新規カレンダーを作成する
 
 ## Import dialog
 
-progress-pane-title = 読み込んでいます
 progress-pane-importing = 読み込み中
 progress-pane-exporting = 書き出し中
 progress-pane-finished-desc = 完了。
 progress-pane-restart-desc = 再起動して読み込みを完了してください。
 error-pane-title = エラー
 error-message-zip-file-too-big = 選択された zip ファイルのサイズが 2GB を超えています。まず zip ファイルを展開し、その展開したフォルダーからデータを読み込んでください。
 error-message-extract-zip-file-failed = zip ファイルの展開に失敗しました。手動で zip ファイルを展開し、その展開したフォルダーからデータを読み込んでください。
 error-message-failed = 予期せず読み込みに失敗しました。エラーの詳細はエラーコンソールに出力されています。
--- a/mail/messenger/aboutRights.ftl
+++ b/mail/messenger/aboutRights.ftl
@@ -8,17 +8,16 @@ rights-intro-point-1 = { -brand-short-name } は <a data-l10n-name="mozilla-public-license-link">Mozilla Public License</a> の条項下で提供されます。これにより、あなたは { -brand-short-name } を使用、複製、配布することができます。あなたはまた、{ -brand-short-name } のソースコードを必要に応じて修正することもできます。Mozilla Public License では、あなたが修正したバージョンを配布することも認めています。
 rights-intro-point-2 = Mozilla Foundation とその関係団体の商標およびロゴについては、Thunderbird の製品名およびロゴを含めこれに限定されず、何らの権利もあなたに与えるものではありません。商標について詳しくは <a data-l10n-name="mozilla-trademarks-link">Mozilla 商標ポリシー</a> をご確認ください。
 rights-intro-point-3 = クラッシュレポーターなど { -brand-short-name } の一部の機能には、{ -vendor-short-name } へフィードバックを送信するオプションがあります。あなたがフィードバックの送信を選択することにより、{ -vendor-short-name } がそのフィードバックを製品の改善および { -vendor-short-name } ウェブサイトでの公開、配布のために使用する許可を { -vendor-short-name } に与えるものとします。
 rights-intro-point-4 = あなたの個人情報と { -brand-short-name } を通して { -vendor-short-name } へ送信されるフィードバックの取り扱いについては <a data-l10n-name="mozilla-privacy-policy-link">{ -brand-short-name } プライバシーポリシー</a> をご確認ください。
 rights-intro-point-4-unbranded = この製品に関する適切なプライバシーポリシーをここに記述すること。
 rights-intro-point-5 = { -brand-short-name } の一部の機能は、ウェブベースの情報サービスを利用します。ただし、それらのサービスが 100% 正確であることやエラーが起きないことは保証できません。それらのサービスを利用する機能を無効化する方法を含め、詳しくは <a data-l10n-name="mozilla-service-terms-link">サービス利用規約</a> をご確認ください。
 rights-intro-point-5-unbranded = この製品がウェブサービスと連携する場合、適切なサービス利用規約を <a data-l10n-name="mozilla-website-services-link">ウェブサイトサービス</a> セクションからリンクさせること。
 rights-intro-point-6 = 特定の形式の動画コンテンツを再生するため、{ -brand-short-name } がサードパーティからコンテンツ復号モジュールをダウンロードします。
 rights-webservices-header = { -brand-full-name } ウェブベースの情報サービス
-rights-webservices = { -brand-full-name } は、搭載された機能のために用意されたウェブベースの情報サービス (以下「本サービス」と呼びます) を利用しており、これらは下記の通り { -brand-short-name } のバイナリー版とともに利用できます。本サービスのいずれかをご利用になりたくない場合、または以下の利用規約を受け入れられない場合は、その機能またはサービスを無効化できます。 <a data-l10n-name="mozilla-disable-service-link">機能やサービスを無効化する手順</a> をお読みください。その他の機能やサービスはアプリケーションの設定から無効化できます。
 rights-webservices2 = { -brand-full-name } は、搭載された機能のために用意されたウェブベースの情報サービス (以下「本サービス」と呼びます) を利用しており、これらは下記の通り { -brand-short-name } のバイナリー版とともに利用できます。本サービスのいずれかをご利用になりたくない場合、または以下の利用規約を受け入れられない場合は、その機能またはサービスを無効化できます。 <a data-l10n-name="mozilla-disable-service-link">機能やサービスを無効化する手順</a> をお読みください。その他の機能やサービスはアプリケーションの設定から無効化できます。
 rights-locationawarebrowsing = <strong>位置情報検出機能:</strong> この機能は常にオプトインです。位置情報があなたの許可なしに送信されることはありません。この機能を完全に無効にしたい場合は以下の手順に従ってください:
 rights-locationawarebrowsing-term-1 = URL バーに次の文字列を入力します: <code>about:config</code>
 rights-locationawarebrowsing-term-2 = フィルター欄に geo.enabled と入力します。
 rights-locationawarebrowsing-term-3 = geo.enabled 設定をダブルクリックして値を false に変更してください。
 rights-locationawarebrowsing-term-4 = 位置情報検出機能が無効になります。
 rights-webservices-unbranded = この製品と連携するウェブサイトサービスの概要と、可能であればそれを無効化する手順をここに記述すること。
 rights-webservices-term-unbranded = この製品に関する適切なサービス利用規約をここに記述すること。
--- a/mail/messenger/accountCentral.ftl
+++ b/mail/messenger/accountCentral.ftl
@@ -1,70 +1,54 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 account-central-title = Welcome to { -brand-full-name }
 account-settings = アカウント設定
-
 #   $accounts (Number) - the number of configured accounts
-setup-title = { $accounts ->
-    [0]      セットアップするアカウントを選んでください
-    *[other] 別のアカウントをセットアップ
-}
+setup-title =
+    { $accounts ->
+        [0]      セットアップするアカウントを選んでください
+        *[other] 別のアカウントをセットアップ
+    }
 about-title = { -brand-full-name } について
 resources-title = 製品情報
-
 release-notes =
     .title = { -brand-full-name } について
-
 email-label = メール
     .aria-label = 既存のメールアカウントに接続します
 email-description = { -brand-short-name } に既存のメールアカウントを設定します。このアプリケーションからあなたのメールを利便性が高く効果的な方法で読むことができます。
-
 calendar-label = カレンダー
     .aria-label = 新規カレンダーを作成します
 calendar-description = { -brand-short-name } であなたの予定を整理できます。リモートのカレンダーに接続することにより、あなたの予定をお持ちのすべての端末と同期します。
-
 chat-label = チャット
     .aria-label = チャットアカウントに接続します
 chat-description = { -brand-short-name } で複数のインスタントメッセージアカウントに接続し、様々なプラットフォームのサポートを提供します。
-
 filelink-label = Filelink
     .aria-label = Filelink をセットアップします
 filelink-description = { -brand-short-name } に便利な Filelink クラウドアカウントをセットアップすると、サイズの大きな添付ファイルを簡単に送信できます。
-
 addressbook-label = アドレス帳
     .aria-label = 新規アドレス帳を作成します
 addressbook-description = { -brand-short-name } でアドレス帳のすべての連絡先を整理できます。リモートのアドレス帳に接続して連絡先を同期することもできます。
-
 feeds-label = フィード
     .aria-label = フィードに接続します
 feeds-description = { -brand-short-name } を RSS/Atom フィードに接続して、世の中のニュースや更新情報を受け取れます。
-
 newsgroups-label = ニュースグループ
     .aria-label = ニュースグループに接続します
 newsgroups-description = { -brand-short-name } をお好みのすべてのニュースグループに接続できます。
-
 import-title = 別のアプリケーションから読み込む
-import-paragraph = { -brand-short-name } に他のメールアプリケーションからメールメッセージやフィード購読、環境設定、メッセージフィルターを、一般的なアドレス帳形式からアドレス帳を読み込むことができます。
-
 import-paragraph2 = { -brand-short-name } に他のメールアプリケーションからメールメッセージやフィード購読、設定、メッセージフィルターを、一般的なアドレス帳形式からアドレス帳を読み込むことができます。
-
 import-label = データを読み込む
     .aria-label = 他のアプリケーションからデータを読み込みます
-
 about-paragraph = Thunderbird は、オープンソースでクロスプラットフォームを特徴とし、ビジネスでも個人でも無料で利用できる人気のメール・カレンダークライアントです。私たちはそのセキュリティを守りつつ、さらに改善していきたいと考えています。皆さんからの寄付によって、開発者の雇用、インフラストラクチャの購入、改良の継続が可能となります。
-
 about-paragraph-consider-donation = <b>Thunderbird はあなたのようなユーザーに支えられています! Thunderbird を気に入っていただけた方は寄付をご検討ください。</b> Thunderbird を存続可能にするため、あなたができる最善の方法は<a data-l10n-name="donation-link">寄付をしていただくこと</a>です。
-
 explore-link = 機能紹介
 support-link = サポート
 involved-link = 参加協力
 developer-link = 開発者ドキュメント
-
 read = メッセージを読む
 compose = メッセージを作成
 search = メッセージを検索
 filter = メッセージフィルターを管理
 nntp-subscription = ニュースグループ購読を管理
 rss-subscription = フィード購読を管理
 e2e = エンドツーエンド暗号化
--- a/mail/messenger/accountManager.ftl
+++ b/mail/messenger/accountManager.ftl
@@ -1,10 +1,14 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-open-preferences-sidebar-button = { -brand-short-name } の設定
 open-preferences-sidebar-button2 = { -brand-short-name } の設定
 open-addons-sidebar-button = アドオンとテーマ
 account-action-add-newsgroup-account =
     .label = ニュースグループアカウントを追加...
     .accesskey = N
+server-change-restart-required = サーバー名やユーザー名の変更を適用するには再起動が必要です。
+edit-vcard-dialog-accept-button = 保存
+    .accesskey = S
+edit-vcard-dialog-cancel-button = キャンセル
+    .accesskey = C
--- a/mail/messenger/accountcreation/accountSetup.ftl
+++ b/mail/messenger/accountcreation/accountSetup.ftl
@@ -32,18 +32,16 @@ account-setup-email-info-icon =
     .title = 既存のメールアドレスです
 account-setup-email-warning-icon =
     .title = メールアドレスが正しくありません
 account-setup-password-label = パスワード
     .accesskey = P
     .title = 任意です。ユーザー名の検証にのみ使用されます
 account-provisioner-button = 新規メールアドレスを取得
     .accesskey = G
-account-setup-password-toggle =
-    .title = パスワードを表示または隠します
 account-setup-password-toggle-show =
     .title = パスワードを平文で表示します
 account-setup-password-toggle-hide =
     .title = パスワードを隠します
 account-setup-remember-password = パスワードを記憶する
     .accesskey = m
 account-setup-exchange-label = ログイン名
     .accesskey = l
@@ -119,31 +117,24 @@ account-setup-getting-started = はじめにお読みください
 
 # Variables:
 #  $count (Number) - Number of available protocols.
 account-setup-results-area-title =
     { $count ->
         [one] 利用可能な設定
         *[other] 利用可能な設定
     }
-# Note: IMAP is the name of a protocol.
-account-setup-result-imap = IMAP
 account-setup-result-imap-description = フォルダーとメールがサーバー上で同期されます
-# Note: POP3 is the name of a protocol.
-account-setup-result-pop = POP3
 account-setup-result-pop-description = フォルダーとメールがあなたのコンピュータに保存されます
-# Note: Exchange is the name of a product.
-account-setup-result-exchange = Exchange
 # Note: Exchange, Office365 are the name of products.
 account-setup-result-exchange2-description = Microsoft Exchange サーバーまたは Office365 クラウドサービスを使用します
 account-setup-incoming-title = 受信
 account-setup-outgoing-title = 送信
 account-setup-username-title = ユーザー名
 account-setup-exchange-title = サーバー
-account-setup-result-smtp = SMTP
 account-setup-result-no-encryption = 暗号化なし
 account-setup-result-ssl = SSL/TLS
 account-setup-result-starttls = STARTTLS
 account-setup-result-outgoing-existing = 既存の送信 SMTP サーバーを使用
 # Variables:
 #  $incoming (String): The email/username used to log into the incoming server
 #  $outgoing (String): The email/username used to log into the outgoing server
 account-setup-result-username-different = 受信: { $incoming }、送信: { $outgoing }
@@ -157,19 +148,16 @@ account-setup-find-settings-failed = { -brand-short-name } がメールアカウントの設定を見つけられませんでした。
 account-setup-exchange-config-unverifiable = 設定を検証できませんでした。ユーザー名とパスワードが正しい場合は、サーバー管理者があなたの選択した設定を無効化している可能性があります。別のプロトコルを選択してみてください。
 account-setup-provisioner-error = { -brand-short-name } でアカウントのセットアップ中にエラーが発生しました。プロバイダーからのメールアカウントの設定情報を参照して手動で設定してください。
 
 ## Manual configuration area
 
 account-setup-manual-config-title = 手動設定
 account-setup-incoming-server-legend = 受信サーバー
 account-setup-protocol-label = プロトコル:
-protocol-imap-option = { account-setup-result-imap }
-protocol-pop-option = { account-setup-result-pop }
-protocol-exchange-option = { account-setup-result-exchange }
 account-setup-hostname-label = ホスト名:
 account-setup-port-label = ポート番号:
     .title = 自動検出するにはポート番号を 0 に設定してください
 account-setup-auto-description = 空欄のフィールドは { -brand-short-name } が自動検出を試みます。
 account-setup-ssl-label = 接続の保護:
 account-setup-outgoing-server-legend = 送信サーバー
 
 ## Incoming/Outgoing SSL Authentication options
--- a/mail/messenger/addressbook/abCardDAVDialog.ftl
+++ b/mail/messenger/addressbook/abCardDAVDialog.ftl
@@ -1,14 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, you can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-carddav-window =
-    .title = 新規 CardDAV アドレス帳
 carddav-window-title = 新規 CardDAV アドレス帳
 carddav-dialog =
     .buttonlabelaccept = 続ける
     .buttonaccesskeyaccept = C
 carddav-username-label =
     .value = ユーザー名:
     .accesskey = U
 carddav-location-label =
--- a/mail/messenger/addressbook/aboutAddressBook.ftl
+++ b/mail/messenger/addressbook/aboutAddressBook.ftl
@@ -119,24 +119,43 @@ about-addressbook-confirm-delete-contact
 about-addressbook-confirm-delete-contacts =
     { $count ->
          [one] { $name } の連絡先を削除してもよろしいですか?
         *[other] 選択された { $count } 件の連絡先を削除してもよろしいですか?
     }
 
 ## Details
 
+about-addressbook-write-action-button = 作成
+about-addressbook-event-action-button = 予定
+about-addressbook-search-action-button = 検索
 about-addressbook-begin-edit-contact-button = 編集
+about-addressbook-delete-edit-contact-button = 削除
 about-addressbook-cancel-edit-contact-button = キャンセル
 about-addressbook-save-edit-contact-button = 保存
+about-addressbook-add-contact-to = 追加先:
 about-addressbook-details-email-addresses-header = メールアドレス
 about-addressbook-details-phone-numbers-header = 電話番号
 about-addressbook-details-home-address-header = 自宅アドレス
 about-addressbook-details-work-address-header = 勤務先アドレス
+about-addressbook-details-addresses-header = アドレス
+about-addressbook-details-notes-header = 備考
 about-addressbook-details-other-info-header = 他の情報
+about-addressbook-entry-type-work = 勤務先
+about-addressbook-entry-type-home = 自宅
+about-addressbook-entry-type-fax = Fax
+about-addressbook-entry-type-cell = 携帯電話
+about-addressbook-entry-type-pager = ポケットベル
+about-addressbook-entry-name-birthday = 誕生日
+about-addressbook-entry-name-anniversary = 記念日
+about-addressbook-entry-name-title = 役職
+about-addressbook-entry-name-department = 部署
+about-addressbook-entry-name-organization = 組織
+about-addressbook-entry-name-website = ウェブサイト
+about-addressbook-entry-name-time-zone = タイムゾーン
 about-addressbook-unsaved-changes-prompt-title = 変更が保存されていません
 about-addressbook-unsaved-changes-prompt = 編集ビューを閉じる前に変更を保存しますか?
 
 # Photo dialog
 
 about-addressbook-photo-drop-target = 写真をここにドロップまたはペーストするか、クリックしてファイルを選択してください
 about-addressbook-photo-drop-loading = 写真を読み込んでいます...
 about-addressbook-photo-drop-error = 写真の読み込みに失敗しました。
--- a/mail/messenger/addressbook/fieldMapImport.ftl
+++ b/mail/messenger/addressbook/fieldMapImport.ftl
@@ -1,12 +1,10 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-import-ab-csv-window =
-    .title = テキストファイルからアドレス帳を読み込む
 import-ab-csv-dialog-title = テキストファイルからアドレス帳を読み込む
 #   $recordNumber (Number) - The current record number of the preview data.
 import-ab-csv-preview-record-number = 読み込みデータのレコード番号 { $recordNumber } のプレビュー
 import-ab-csv-dialog =
     .buttonlabelaccept = 読み込む
     .buttonaccesskeyaccept = I
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/mail/messenger/addressbook/vcard.ftl
@@ -0,0 +1,25 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, you can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+# Fieldsets
+
+vcard-fieldset-name = 氏名
+
+# N VCard Field
+
+vcard-n-prefix = 敬称 (接頭)
+vcard-n-add-prefix =
+    .title = 氏名の前に敬称を付けます
+vcard-n-firstname = 名
+vcard-n-add-firstname =
+    .title = 名を追加します
+vcard-n-middlename = ミドルネーム
+vcard-n-add-middlename =
+    .title = ミドルネームを追加します
+vcard-n-lastname = 姓
+vcard-n-add-lastname =
+    .title = 姓を追加します
+vcard-n-suffix = 敬称 (接尾)
+vcard-n-add-suffix =
+    .title = 氏名の後に敬称を付けます
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/mail/messenger/appmenu.ftl
@@ -0,0 +1,16 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+## View / Layout
+
+appmenu-font-size-value = フォントサイズ
+appmenuitem-font-size-enlarge =
+  .tooltiptext = フォントサイズを大きくします
+appmenuitem-font-size-reduce =
+  .tooltiptext = フォントサイズを小さくします
+# Variables:
+# $size (String) - The current font size.
+appmenuitem-font-size-reset =
+  .label = { $size }px
+  .tooltiptext = フォントサイズをリセットします
--- a/mail/messenger/menubar.ftl
+++ b/mail/messenger/menubar.ftl
@@ -3,21 +3,16 @@
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 toolbar-context-menu-menu-bar =
     .toolbarname = メニューバー
     .accesskey = M
 
 ## Tools Menu
 
-# Since v89 we dropped the platforms distinction between Options or Preferences
-# and consolidated everything with Preferences.
-menu-tools-preferences =
-    .label = 設定
-    .accesskey = P
 menu-tools-settings =
     .label = 設定
     .accesskey = e
 menu-addons-and-themes =
     .label = アドオンとテーマ
     .accesskey = A
 
 ## Help Menu
@@ -50,16 +45,28 @@ toolbar-undelete-button =
 ## View
 
 menu-view-repair-text-encoding =
     .label = テキストエンコーディングを修復
     .accesskey = c
 
 ## View / Layout
 
+menu-font-size-label =
+    .label = フォントサイズ
+    .accesskey = o
+menuitem-font-size-enlarge =
+    .label = フォントサイズを大きくする
+    .accesskey = I
+menuitem-font-size-reduce =
+    .label = フォントサイズを小さくする
+    .accesskey = D
+menuitem-font-size-reset =
+    .label = フォントサイズをリセット
+    .accesskey = R
 mail-uidensity-label =
     .label = UI 密度
     .accesskey = D
 mail-uidensity-compact =
     .label = コンパクト
     .accesskey = C
 mail-uidensity-normal =
     .label = 通常
--- a/mail/messenger/messenger.ftl
+++ b/mail/messenger/messenger.ftl
@@ -83,20 +83,16 @@ redirect-msg-menuitem =
     .label = リダイレクト
     .accesskey = D
 menu-file-save-as-file =
     .label = ファイル...
     .accesskey = F
 
 ## AppMenu
 
-# Since v89 we dropped the platforms distinction between Options or Preferences
-# and consolidated everything with Preferences.
-appmenu-preferences =
-    .label = 設定
 appmenu-save-as-file =
     .label = ファイル...
 appmenu-settings =
     .label = 設定
 appmenu-addons-and-themes =
     .label = アドオンとテーマ
 appmenu-help-enter-troubleshoot-mode =
     .label = トラブルシューティングモード...
@@ -126,16 +122,32 @@ other-action-redirect-msg =
     .label = リダイレクト
 message-header-msg-flagged =
     .title = スター付き
     .aria-label = スター付き
 message-header-msg-not-flagged =
     .title = スターなし
     .aria-label = スターなし
 
+## Message header cutomize panel
+
+message-header-customize-panel-title = メッセージヘッダー設定
+message-header-customize-button-style =
+    .value = ボタンのスタイル
+    .accesskey = B
+message-header-button-style-default =
+    .label = アイコンとテキスト
+message-header-button-style-text =
+    .label = テキストのみ
+message-header-button-style-icons =
+    .label = アイコンのみ
+message-header-large-subject =
+    .label = 件名を拡大表示する
+    .accesskey = s
+
 ## Action Button Context Menu
 
 toolbar-context-menu-manage-extension =
     .label = 拡張機能の管理
     .accesskey = E
 toolbar-context-menu-remove-extension =
     .label = 拡張機能を削除
     .accesskey = v
@@ -171,34 +183,16 @@ no-reply-reply-anyway-button = 強制返信する
 
 ## error messages
 
 decrypt-and-copy-failures = { $failures } / { $total } 通のメッセージが復号できなかったためコピーされませんでした。
 
 ## Spaces toolbar
 
 # (^m^) menubar.ftl の menu-spaces-toolbar-button と同じ
-spaces-toolbar =
-    .toolbarname = スペースツールバー
-spaces-toolbar-button-mail =
-    .title = メールタブに切り替えます
-spaces-toolbar-button-address-book =
-    .title = アドレス帳タブに切り替えます
-spaces-toolbar-button-calendar =
-    .title = カレンダータブに切り替えます
-spaces-toolbar-button-tasks =
-    .title = ToDo タブに切り替えます
-spaces-toolbar-button-chat =
-    .title = チャットタブに切り替えます
-spaces-toolbar-button-settings =
-    .title = 設定タブに切り替えます
-spaces-toolbar-button-collapse =
-    .title = スペースツールバーを折りたたみます
-spaces-toolbar-button-reveal =
-    .title = スペースツールバーを表示します
 spaces-toolbar-element =
     .toolbarname = スペースツールバー
     .aria-label = スペースツールバー
     .aria-description = 異なるスペースに切り替えるための垂直ツールバーです。矢印キーを使って利用可能なボタンへ移動してください。
 spaces-toolbar-button-mail2 =
     .title = メール
 spaces-toolbar-button-address-book2 =
     .title = アドレス帳
@@ -225,53 +219,57 @@ spaces-context-new-window-item =
 spaces-context-switch-tab-item =
     .label = { $tabName }に切り替える
 settings-context-open-settings-item =
     .label = 設定を開く
 settings-context-open-account-settings-item =
     .label = アカウント設定を開く
 settings-context-open-addons-item =
     .label = アドオンマネージャーを開く
+settings-context-open-settings-item2 =
+    .label = 設定
+settings-context-open-account-settings-item2 =
+    .label = アカウント設定
+settings-context-open-addons-item2 =
+    .label = アドオンとテーマ
 
 ## Spaces toolbar pinned tab menupopup
 
 spaces-toolbar-pinned-tab-button =
     .tooltiptext = スペースメニュー
 spaces-pinned-button-menuitem-mail =
     .label = メールタブを表示
 spaces-pinned-button-menuitem-address-book =
     .label = アドレス帳タブを表示
 spaces-pinned-button-menuitem-calendar =
     .label = カレンダータブを表示
 spaces-pinned-button-menuitem-tasks =
     .label = ToDo タブを表示
 spaces-pinned-button-menuitem-chat =
     .label = チャットタブを表示
-spaces-pinned-button-menuitem-reveal =
-    .label = スペースツールバーを表示
 spaces-pinned-button-menuitem-settings =
     .label = 設定を開く
 spaces-pinned-button-menuitem-show =
     .label = スペースツールバーを表示
 # Variables:
 # $count (Number) - Number of unread messages.
 chat-button-unread-messages = { $count }
     .title = { $count ->
         [one] 1 件の未読メッセージ
         *[other] { $count } 件の未読メッセージ
     }
 ## Spaces toolbar customize panel
 
-spaces-context-customize =
+menuitem-customize-label =
     .label = カスタマイズ...
 spaces-customize-panel-title = スペースツールバー設定
 spaces-customize-background-color = 背景のカラー
 spaces-customize-icon-color = ボタンのカラー
 # The background color used on the buttons of the spaces toolbar when they are
 # `current`, meaning the related space/tab is active and visible.
 spaces-customize-accent-background-color = 選択されたボタンの背景カラー
 # The icon color used on the buttons of the spaces toolbar when they are
 # `current`, meaning the related space/tab is active and visible.
 spaces-customize-accent-text-color = 選択されたボタンのカラー
 spaces-customize-button-restore = 初期設定に戻す
     .accesskey = R
-spaces-customize-button-save = 完了
+customize-panel-button-save = 完了
     .accesskey = D
--- a/mail/messenger/messengercompose/messengercompose.ftl
+++ b/mail/messenger/messengercompose/messengercompose.ftl
@@ -1,12 +1,30 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
+## Send Format
+
+compose-send-format-menu =
+    .label = 送信形式
+    .accesskey = F
+compose-send-auto-menu-item =
+    .label = 自動選択
+    .accesskey = A
+compose-send-both-menu-item =
+    .label = HTML 形式とプレーンテキスト形式
+    .accesskey = B
+compose-send-html-menu-item =
+    .label = HTML 形式のみ
+    .accesskey = H
+compose-send-plain-menu-item =
+    .label = プレーンテキスト形式のみ
+    .accesskey = P
+
 ## Addressing widget
 
 #   $type (String) - the type of the addressing row
 remove-address-row-button =
     .title = { $type } フィールドを削除します
 #   $type (String) - the type of the addressing row
 #   $count (Number) - the number of address pills currently present in the addressing row
 address-input-type-aria-label =
@@ -60,41 +78,41 @@ trigger-attachment-picker-key = A
 toggle-attachment-pane-key = M
 menuitem-toggle-attachment-pane =
     .label = 添付ペイン
     .accesskey = m
     .acceltext = { ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ toggle-attachment-pane-key }
 toolbar-button-add-attachment =
     .label = 添付
     .tooltiptext = 添付ファイルを追加します ({ ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ trigger-attachment-picker-key })
-add-attachment-notification-reminder =
-    .label = 添付ファイルを追加...
-    .tooltiptext = { toolbar-button-add-attachment.tooltiptext }
 add-attachment-notification-reminder2 =
     .label = 添付ファイルを追加...
     .accesskey = A
     .tooltiptext = { toolbar-button-add-attachment.tooltiptext }
 menuitem-attach-files =
     .label = ファイル...
     .accesskey = F
     .acceltext = { ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ trigger-attachment-picker-key }
 context-menuitem-attach-files =
     .label = ファイルを添付...
     .accesskey = F
     .acceltext = { ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ trigger-attachment-picker-key }
+# Note: Do not translate the term 'vCard'.
+context-menuitem-attach-vcard =
+    .label = 自分の vCard
+    .accesskey = C
+context-menuitem-attach-openpgp-key =
+    .label = 自分の OpenPGP 公開鍵
+    .accesskey = K
 #   $count (Number) - the number of attachments in the attachment bucket
 attachment-bucket-count-value =
     { $count ->
          [one] 添付ファイル { $count } 個
         *[other] 添付ファイル { $count } 個
     }
-expand-attachment-pane-tooltip =
-    .tooltiptext = 添付ペインを表示します ({ ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ toggle-attachment-pane-key })
-collapse-attachment-pane-tooltip =
-    .tooltiptext = 添付ペインを隠します ({ ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ toggle-attachment-pane-key })
 attachment-area-show =
     .title = 添付ペインを表示 ({ ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ toggle-attachment-pane-key })
 attachment-area-hide =
     .title = 添付ペインを隠す ({ ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ toggle-attachment-pane-key })
 drop-file-label-attachment = 添付に追加する
 drop-file-label-inline = インラインに挿入する
 
 ## Reorder Attachment Panel
@@ -108,56 +126,70 @@ move-attachment-right-panel-button =
 move-attachment-last-panel-button =
     .label = 末尾へ移動
 button-return-receipt =
     .label = 開封確認
     .tooltiptext = このメッセージの開封確認の返送を求めます
 
 ## Encryption
 
-message-to-be-signed-icon =
-    .alt = メッセージに署名
-message-to-be-encrypted-icon =
-    .alt = メッセージを暗号化
+encryption-menu =
+    .label = セキュリティ
+    .accesskey = c
+encryption-toggle =
+    .label = 暗号化
+    .tooltiptext = このメッセージにエンドツーエンド暗号化を使用します
+encryption-options-openpgp =
+    .label = OpenPGP
+    .tooltiptext = OpenPGP 暗号設定を表示または変更します
+encryption-options-smime =
+    .label = S/MIME
+    .tooltiptext = S/MIME 暗号設定を表示または変更します
+signing-toggle =
+  .label = デジタル署名
+  .tooltiptext = このメッセージにデジタル署名を付与します
+menu-openpgp =
+    .label = OpenPGP
+    .accesskey = O
+menu-smime =
+    .label = S/MIME
+    .accesskey = S
+menu-encrypt =
+    .label = 暗号化
+    .accesskey = E
+menu-encrypt-subject =
+    .label = 件名を暗号化
+    .accesskey = B
+menu-sign =
+    .label = デジタル署名
+    .accesskey = i
+menu-manage-keys =
+    .label = 鍵アシスタント
+    .accesskey = A
+menu-view-certificates =
+    .label = 受信者の証明書を表示
+    .accesskey = V
+menu-open-key-manager =
+    .label = 鍵マネージャー
+    .accesskey = M
+openpgp-key-issue-notification-one = { $addr } の鍵の問題を解決するにはエンドツーエンド暗号化が必要です。
+openpgp-key-issue-notification-many = 受信者 { $count } 名の鍵の問題を解決するにはエンドツーエンド暗号化が必要です。
+smime-cert-issue-notification-one = { $addr } の証明書の問題を解決するにはエンドツーエンド暗号化が必要です。
+smime-cert-issue-notification-many = 受信者 { $count } 名の証明書の問題を解決するにはエンドツーエンド暗号化が必要です。
+key-notification-disable-encryption =
+    .label = 暗号化しない
+    .accesskey = D
+    .tooltiptext = エンドツーエンド暗号化を無効にします
+key-notification-resolve =
+    .label = 解決...
+    .accesskey = R
+    .tooltiptext = OpenPGP 鍵アシスタントを開きます
 
 ## Addressing Area
 
-to-compose-address-row-label =
-    .value = 宛先
-#   $key (String) - the shortcut key for this field
-to-compose-show-address-row-menuitem =
-    .label = { to-compose-address-row-label.value } フィールド
-    .accesskey = T
-    .acceltext = { ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ $key }
-to-compose-show-address-row-label =
-    .value = { to-compose-address-row-label.value }
-    .tooltiptext = { to-compose-address-row-label.value } フィールドを表示します ({ to-compose-show-address-row-menuitem.acceltext })
-cc-compose-address-row-label =
-    .value = Cc
-#   $key (String) - the shortcut key for this field
-cc-compose-show-address-row-menuitem =
-    .label = { cc-compose-address-row-label.value } フィールド
-    .accesskey = C
-    .acceltext = { ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ $key }
-cc-compose-show-address-row-label =
-    .value = { cc-compose-address-row-label.value }
-    .tooltiptext = { cc-compose-address-row-label.value } フィールドを表示します ({ cc-compose-show-address-row-menuitem.acceltext })
-bcc-compose-address-row-label =
-    .value = Bcc
-#   $key (String) - the shortcut key for this field
-bcc-compose-show-address-row-menuitem =
-    .label = { bcc-compose-address-row-label.value } フィールド
-    .accesskey = B
-    .acceltext = { ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ $key }
-bcc-compose-show-address-row-label =
-    .value = { bcc-compose-address-row-label.value }
-    .tooltiptext = { bcc-compose-address-row-label.value } フィールドを表示します ({ bcc-compose-show-address-row-menuitem.acceltext })
-#   $count (Number) - the count of addresses in the "To" and "Cc" fields.
-many-public-recipients-info = 宛先および Cc フィールドの {$count} 件の受信者は互いのアドレスを見られます。代わりに Bcc フィールドを使用すると受信者アドレスの開示を避けられます。
-#   $count (Number) - the count of addresses in the "To" and "Cc" fields.
 to-address-row-label =
     .value = 宛先
 #   $key (String) - the shortcut key for this field
 show-to-row-main-menuitem =
     .label = 宛先フィールド
     .accesskey = T
     .acceltext = { ctrl-cmd-shift-pretty-prefix }{ $key }
 # No acceltext should be shown.
@@ -308,8 +340,22 @@ cloud-file-rename-error-with-custom-message-title = { $provider } 上で { $filename } ファイルの名前変更に失敗しました
 # $provider (string) - name of the online storage service that reported the error
 cloud-file-rename-not-supported = { $provider } はすでにアップロードされているファイルの名前変更をサポートしていません。
 # $filename (string) - name of the file that was renamed and caused the error
 cloud-file-attachment-error-title = Filelink 添付エラー
 cloud-file-attachment-error = Filelink 添付の { $filename } の更新に失敗しました。ローカルの元ファイルが移動または削除されています。
 # $filename (string) - name of the file that was renamed and caused the error
 cloud-file-account-error-title = Filelink アカウントエラー
 cloud-file-account-error = Filelink 添付の { $filename } の更新に失敗しました。この Filelink アカウントは削除されています。
+
+## Link Preview
+
+link-preview-title = リンクプレビュー
+link-preview-description = リンクをペーストすると、{ -brand-short-name } にリンク先の埋め込みプレビューを追加できます
+link-preview-autoadd = 可能であれば自動的にリンクプレビューを追加する
+link-preview-replace-now = このリンク先のリンクプレビューを追加しますか?
+link-preview-yes-replace = 追加する
+
+## Dictionary selection popup
+
+spell-add-dictionaries =
+    .label = スペルチェック辞書を追加...
+    .accesskey = A
--- a/mail/messenger/openpgp/keyWizard.ftl
+++ b/mail/messenger/openpgp/keyWizard.ftl
@@ -1,187 +1,127 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 #   $identity (String) - the email address of the currently selected identity
 key-wizard-dialog-window =
     .title = { $identity } のための OpenPGP 鍵を追加
-
 key-wizard-button =
     .buttonlabelaccept = 続ける
     .buttonlabelhelp = 戻る
-
 key-wizard-warning = このメールアドレスに紐づいた <b>個人鍵をすでに所有している場合には</b>、その鍵を読み込んでください。既存の鍵を読み込まないと、あなたの既存の鍵で暗号化されたメールは、保管しているものも今後受信するものも読めなくなります。
-
 key-wizard-learn-more = 詳細情報
-
 radio-create-key =
     .label = 新規 OpenPGP 鍵を生成
     .accesskey = C
-
 radio-import-key =
     .label = 既存の OpenPGP 鍵を読み込む
     .accesskey = I
-
 radio-gnupg-key =
     .label = GnuPG 経由で外部の鍵を利用 (例: スマートカードに保存された鍵)
     .accesskey = U
 
 ## Generate key section
 
 openpgp-generate-key-title = OpenPGP 鍵を生成
-
 openpgp-generate-key-info = <b>注意: 鍵の生成が完了するまで数分かかることがあります</b>。鍵の生成の途中でアプリケーションを終了させないでください。鍵の生成中に、ウェブブラウザーを使用する、もしくはディスクアクセスが激しい処理を行うと「乱数プール」が満たされ、処理が早く終わります。鍵の生成が終了したらお知らせします。
-
 openpgp-keygen-expiry-title = 鍵の有効期限
-
 openpgp-keygen-expiry-description = 新しく生成する鍵の有効期限を指定します。必要があれば、後から変更も可能です。
-
 radio-keygen-expiry =
     .label = 鍵の有効期限
     .accesskey = e
-
 radio-keygen-no-expiry =
     .label = 無期限
     .accesskey = d
-
 openpgp-keygen-days-label =
     .label = 日後
 openpgp-keygen-months-label =
     .label = か月後
 openpgp-keygen-years-label =
     .label = 年後
-
 openpgp-keygen-advanced-title = 高度な設定
-
 openpgp-keygen-advanced-description = OpenPGP 鍵の高度な設定を行います。
-
 openpgp-keygen-keytype =
     .value = 鍵のタイプ:
     .accesskey = t
-
 openpgp-keygen-keysize =
     .value = 鍵長:
     .accesskey = s
-
 openpgp-keygen-type-rsa =
     .label = RSA
-
 openpgp-keygen-type-ecc =
     .label = ECC (楕円曲線暗号)
-
 openpgp-keygen-button = 鍵を生成
-
 openpgp-keygen-progress-title = あなたの新しい OpenPGP 鍵を生成中です...
-
 openpgp-keygen-import-progress-title = あなたの既存の OpenPGP 鍵を読み込んでいます...
-
 openpgp-import-success = OpenPGP 鍵の読み込みが完了しました!
-
 openpgp-import-success-title = 読み込みプロセス完了
-
 openpgp-import-success-description = 読み込んだあなたの既存の OpenPGP 鍵を利用するには、このダイアログを閉じ、アカウント設定から鍵を選択してください。
-
 openpgp-keygen-confirm =
     .label = 確認
-
 openpgp-keygen-dismiss =
     .label = キャンセル
-
 openpgp-keygen-cancel =
     .label = 処理をキャンセルします...
-
 openpgp-keygen-import-complete =
     .label = 閉じる
     .accesskey = C
-
 openpgp-keygen-missing-username = 選択されたアカウントまたは差出人の名前が設定されていません。アカウント設定の “あなたの名前” フィールドに名前を入力してください。
 openpgp-keygen-long-expiry = 有効期限を 100 年以上先に設定することはできません。
 openpgp-keygen-short-expiry = 有効期限を 1 日以内に設定することはできません。
-
 openpgp-keygen-ongoing = 既に鍵の生成は進行中です!
-
 openpgp-keygen-error-core = OpenPGP コアサービスを初期化できません
-
 openpgp-keygen-error-failed = OpenPGP 鍵の生成に予期せず失敗しました
-
 #   $identity (String) - the newly generate OpenPGP Key
 openpgp-keygen-error-revocation = OpenPGP 鍵の生成に成功しましたが、鍵 { $key } の失効証明書を生成できませんでした
-
 openpgp-keygen-abort-title = 鍵の生成を中止しますか?
 openpgp-keygen-abort = 現在 OpenPGP 鍵の生成が進行中です。キャンセルしますか?
-
 #   $identity (String) - the name and email address of the currently selected identity
 openpgp-key-confirm = { $identity } の公開鍵と秘密鍵を生成しますか?
 
 ## Import Key section
 
 openpgp-import-key-title = 既存の OpenPGP 個人鍵を読み込む
-
 openpgp-import-key-legend = 以前にバックアップされたファイルを選択
-
 openpgp-import-key-description = 他の OpenPGP ソフトウェアで生成された個人鍵を読み込めます。
-
 openpgp-import-key-info = 他のソフトウェアでは、個人鍵のことをあなた自身の鍵、秘密鍵、プライベート鍵、鍵ペアなどと呼んでいるかもしれません。
-
 #   $count (Number) - the number of keys found in the selected files
-openpgp-import-key-list-amount = { $count ->
-    [one]   読み込む可能な鍵が 1 個あります。
-   *[other] 読み込む可能な鍵が { $count } 個あります。
-}
-
+openpgp-import-key-list-amount-2 =
+    { $count ->
+        [one]   { -brand-short-name } に読み込む可能な鍵が 1 個あります。
+       *[other] { -brand-short-name } に読み込む可能な鍵が { $count } 個あります。
+    }
 openpgp-import-key-list-description = どの鍵をあなたの個人鍵として利用するか確認してください。あなた自身が作成し、あなた自身の差出人情報が表示される鍵のみを個人鍵として利用可能です。後からこの設定を鍵の情報を見るダイアログから変更することもできます。
-
 openpgp-import-key-list-caption = 個人鍵として利用するとマークされた鍵は、エンドツーエンド暗号化セクションに表示されます。それ以外の鍵は、鍵マネージャーの中で利用可能です。
-
 openpgp-passphrase-prompt-title = パスフレーズが必要です
-
 #   $identity (String) - the id of the key being imported
 openpgp-passphrase-prompt = 以下の鍵のロックを解除するためにパスフレーズを入力してください: { $key }
-
 openpgp-import-key-button =
     .label = 読み込むファイルを選択...
     .accesskey = S
-
 import-key-file = OpenPGP 鍵ファイルを読み込む
-
 import-key-personal-checkbox =
     .label = この鍵を個人鍵として利用する
-
 gnupg-file = GnuPG ファイル
-
 import-error-file-size = <b>エラー!</b> 5MB より大きいファイルはサポートしていません。
-
 #   $error (String) - the reported error from the failed key import method
 import-error-failed = <b>エラー!</b> ファイルの読み込みに失敗しました。{ $error }
-
 #   $error (String) - the reported error from the failed key import method
 openpgp-import-keys-failed = <b>エラー!</b> 鍵の読み込みに失敗しました。{ $error }
-
 openpgp-import-identity-label = 差出人
-
 openpgp-import-fingerprint-label = フィンガープリント
-
 openpgp-import-created-label = 作成日
-
 openpgp-import-bits-label = ビット
-
 openpgp-import-key-props =
     .label = 鍵の情報を見る
     .accesskey = K
 
 ## External Key section
 
 openpgp-external-key-title = 外部の GnuPG 鍵
-
 openpgp-external-key-description = 鍵 ID を入力して、外部の GnuPG を設定してください。
-
 openpgp-external-key-info = また、対応する公開鍵を鍵マネージャーから読み込んで受け入れる必要があります。
-
 openpgp-external-key-warning = <b>外部の GnuPG 鍵は 1 個しか設定できません</b>。以前に設定した鍵は置換されます。
-
 openpgp-save-external-button = 鍵 ID を保存
-
 openpgp-external-key-label = 秘密鍵 ID:
-
 openpgp-external-key-input =
     .placeholder = 123456789341298340
--- a/mail/messenger/openpgp/oneRecipientStatus.ftl
+++ b/mail/messenger/openpgp/oneRecipientStatus.ftl
@@ -24,8 +24,24 @@ openpgp-key-own = 受け入れる (個人鍵)
 openpgp-key-secret-not-personal = 利用不可
 openpgp-key-verified = 受け入れる (検証済み)
 openpgp-key-unverified = 受け入れる (未検証)
 openpgp-key-undecided = 受け入れない (未決定)
 openpgp-key-rejected = 受け入れない (拒絶)
 openpgp-key-expired = 有効期限切れ
 
 openpgp-intro = 鍵 { $key } が利用可能です
+
+openpgp-pubkey-import-id = ID: { $kid }
+openpgp-pubkey-import-fpr = フィンガープリント: { $fpr }
+openpgp-pubkey-import-intro =
+    { $num ->
+      [one] ファイルに以下の公開鍵が 1 個含まれています:
+      *[other] ファイルに以下の公開鍵が { $num } 個含まれています:
+    }
+openpgp-pubkey-import-accept =
+    { $num ->
+      [one] 表示されたすべてのメールアドレスのデジタル署名の検証およびメッセージの暗号化のために、この鍵を受け入れますか?
+      *[other] 表示されたすべてのメールアドレスのデジタル署名の検証およびメッセージの暗号化のために、これらの鍵を受け入れますか?
+    }
+pubkey-import-button =
+    .buttonlabelaccept = 読み込む
+    .buttonaccesskeyaccept = I
--- a/mail/messenger/openpgp/openpgp-frontend.ftl
+++ b/mail/messenger/openpgp/openpgp-frontend.ftl
@@ -1,65 +1,51 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 openpgp-manage-keys-openpgp-cmd =
     .label = OpenPGP 鍵マネージャー
     .accesskey = O
-
 openpgp-ctx-decrypt-open =
     .label = 復号して開く
     .accesskey = D
 openpgp-ctx-decrypt-save =
     .label = 復号して別名で保存...
     .accesskey = C
 openpgp-ctx-import-key =
     .label = OpenPGP 鍵を読み込む
     .accesskey = I
 openpgp-ctx-verify-att =
     .label = 署名を検証
     .accesskey = V
-
 openpgp-has-sender-key = このメッセージには送信者の OpenPGP 公開鍵が含まれています。
-openpgp-be-careful-new-key =
-    警告: このメッセージに含まれる新しい OpenPGP 公開鍵は、{ $email } のものとしてあなたが以前に受け入れた公開鍵と異なります。
-
+openpgp-be-careful-new-key = 警告: このメッセージに含まれる新しい OpenPGP 公開鍵は、{ $email } のものとしてあなたが以前に受け入れた公開鍵と異なります。
 openpgp-import-sender-key =
     .label = 読み込む...
-
 openpgp-search-keys-openpgp =
     .label = OpenPGP 鍵を検索
-
 openpgp-missing-signature-key = このメッセージはあなたが所有していない鍵で署名されています。
-
 openpgp-search-signature-key =
     .label = 検索...
-
 # Don't translate the terms "OpenPGP" and "MS-Exchange"
 openpgp-broken-exchange-opened = このメッセージは、おそらく MS-Exchange によって破損した OpenPGP メッセージです。このメッセージはローカルファイルから開かれたため修復できません。メッセージをメールフォルダーにコピーして自動修復を試みてください。
 openpgp-broken-exchange-info = このメッセージは、おそらく MS-Exchange によって破損した OpenPGP メッセージです。メッセージの内容が意図したものでない場合、自動修復を試みることができます。
 openpgp-broken-exchange-repair =
     .label = メッセージを修復
 openpgp-broken-exchange-wait = しばらくお待ちください...
-
 openpgp-cannot-decrypt-because-mdc =
     これは、古く脆弱性のあるメカニズムによって暗号化されたメッセージです。
     そのため、メッセージの内容を傍受するために通信途中で書き換えられているおそれがあります。
     この危険性を回避するため、メッセージの内容は表示されません。
-
 openpgp-cannot-decrypt-because-missing-key =
     このメッセージの復号のために必要な鍵は利用できません。
-
 openpgp-partially-signed =
     このメッセージの一部のみが OpenPGP によってデジタル署名されています。
     検証ボタンをクリックすると、保護されていない部分が隠され、デジタル署名の状態が表示されます。
-
 openpgp-partially-encrypted =
     このメッセージの一部のみが OpenPGP によって暗号化されています。
     既に表示されているメッセージの可読部分は暗号化されていません。
     復号ボタンをクリックすると、暗号化された部分の内容が表示されます。
-
 openpgp-reminder-partial-display = 注意: 以下に表示されているメッセージは元のメッセージの一部のみです。
-
 openpgp-partial-verify-button = 検証
 openpgp-partial-decrypt-button = 復号
-
+openpgp-unexpected-key-for-you = 警告: このメッセージにあなたのメールアドレスを参照する未知の OpenPGP 鍵が含まれています。これがあなた自身の鍵でない場合は、他の通信相手を騙そうとしている可能性があります。
--- a/mail/messenger/openpgp/openpgp.ftl
+++ b/mail/messenger/openpgp/openpgp.ftl
@@ -1,14 +1,25 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 e2e-intro-description = 暗号化またはデジタル署名されたメッセージを送信するには、OpenPGP あるいは S/MIME のどちらかの暗号化技術を設定する必要があります。
 e2e-intro-description-more = OpenPGP を有効化するためのあなたの個人鍵か、S/MIME を有効化するためのあなたの個人証明書を選択してください。どちらの場合にも、対応する秘密鍵を所有している必要があります。
+e2e-signing-description = デジタル署名により、メッセージがあなたにより送信され内容が改変されていないことを受信者が検証できます。暗号化されたメッセージはデフォルトで常に署名されます。
+e2e-sign-message =
+    .label = 暗号化されていないメッセージに署名する
+    .accesskey = u
+e2e-disable-enc =
+    .label = 新規メッセージの暗号化を無効にする
+    .accesskey = D
+e2e-enable-enc =
+    .label = 新規メッセージの暗号化を有効にする
+    .accesskey = n
+e2e-enable-description = メッセージの暗号化は個別に無効化できます。
 e2e-advanced-section = 詳細設定
 e2e-attach-key =
     .label = OpenPGP デジタル署名の追加時に自分の公開鍵を添付する
     .accesskey = p
 e2e-encrypt-subject =
     .label = OpenPGP メッセージの件名を暗号化する
     .accesskey = b
 e2e-encrypt-drafts =
@@ -40,52 +51,49 @@ openpgp-key-gen-key-type-rsa =
 openpgp-key-gen-key-type-ecc =
     .label = ECC (楕円曲線暗号)
 openpgp-generate-key =
     .label = 鍵を生成
     .tooltiptext = 暗号化、署名のための新しい OpenPGP 準拠の鍵を生成します
 openpgp-advanced-prefs-button-label =
     .label = 高度な設定...
 openpgp-keygen-desc = <a data-l10n-name="openpgp-keygen-desc-link">注意: 鍵の生成が完了するまで数分かかることがあります</a>。鍵の生成の途中でアプリケーションを終了させないでください。鍵の生成中に、ウェブブラウザーを使用する、もしくはディスクアクセスが激しい処理を行うと「乱数プール」が満たされ、処理が早く終わります。鍵の生成が終了したらお知らせします。
-
+openpgp-key-created-label =
+    .label = 作成日
 openpgp-key-expiry-label =
     .label = 有効期限
-
 openpgp-key-id-label =
     .label = 鍵 ID
-
 openpgp-cannot-change-expiry = この鍵は複雑な構造をしているため、有効期限が変更できません。
 
 openpgp-key-man-title =
     .title = OpenPGP 鍵マネージャー
 openpgp-key-man-generate =
     .label = 新規鍵ペア
     .accesskey = K
 openpgp-key-man-gen-revoke =
     .label = 失効証明書
     .accesskey = R
 openpgp-key-man-ctx-gen-revoke-label =
     .label = 失効証明書を生成し保存します
-
 openpgp-key-man-file-menu =
     .label = ファイル
     .accesskey = F
 openpgp-key-man-edit-menu =
     .label = 編集
     .accesskey = E
 openpgp-key-man-view-menu =
     .label = 表示
     .accesskey = V
 openpgp-key-man-generate-menu =
     .label = 生成
     .accesskey = G
 openpgp-key-man-keyserver-menu =
     .label = 鍵サーバー
     .accesskey = K
-
 openpgp-key-man-import-public-from-file =
     .label = ファイルから公開鍵を読み込む
     .accesskey = I
 openpgp-key-man-import-secret-from-file =
     .label = ファイルから秘密鍵を読み込む
 openpgp-key-man-import-sig-from-file =
     .label = ファイルから失効証明書を読み込む
 openpgp-key-man-import-from-clipbrd =
@@ -98,96 +106,88 @@ openpgp-key-man-export-to-file =
     .label = 公開鍵をファイルに書き出す
     .accesskey = E
 openpgp-key-man-send-keys =
     .label = 公開鍵をメールで送信
     .accesskey = S
 openpgp-key-man-backup-secret-keys =
     .label = 秘密鍵をファイルにバックアップ保存
     .accesskey = B
-
 openpgp-key-man-discover-cmd =
     .label = オンラインで鍵を検索
     .accesskey = D
 openpgp-key-man-discover-prompt = 鍵サーバーあるいは WKD プロトコルを使用してオンラインで OpenPGP 鍵を検索するため、メールアドレスか鍵 ID を入力してください。
 openpgp-key-man-discover-progress = 検索中...
 
 openpgp-key-copy-key =
     .label = 公開鍵をコピー
     .accesskey = C
-
 openpgp-key-export-key =
     .label = 公開鍵をファイルに書き出す
     .accesskey = E
-
 openpgp-key-backup-key =
     .label = 秘密鍵をファイルにバックアップ保存
     .accesskey = B
-
 openpgp-key-send-key =
     .label = 公開鍵をメールで送信
     .accesskey = S
-
 openpgp-key-man-copy-key-ids =
     .label = { $count ->
                [one] 鍵 ID をクリップボードにコピー
                *[other] 鍵 ID をクリップボードにコピー
              }
     .accesskey = K
-
 openpgp-key-man-copy-fprs =
     .label = { $count ->
                [one] フィンガープリントをクリップボードにコピー
                *[other] フィンガープリントをクリップボードにコピー
              }
     .accesskey = F
-
 openpgp-key-man-copy-to-clipboard =
     .label = { $count ->
                [one] 公開鍵をクリップボードにコピー
                *[other] 公開鍵をクリップボードにコピー
              }
     .accesskey = P
-
 openpgp-key-man-ctx-expor-to-file-label =
     .label = 鍵をファイルに書き出します
-
 openpgp-key-man-ctx-copy =
     .label = コピー
     .accesskey = C
-
 openpgp-key-man-ctx-copy-fprs =
     .label = { $count ->
                [one] フィンガープリント
                *[other] フィンガープリント
              }
     .accesskey = F
-
 openpgp-key-man-ctx-copy-key-ids =
     .label = { $count ->
                [one] 鍵 ID
                *[other] 鍵 ID
              }
     .accesskey = K
-
 openpgp-key-man-ctx-copy-public-keys =
     .label = { $count ->
                [one] 公開鍵
                *[other] 公開鍵
              }
     .accesskey = P
-
 openpgp-key-man-close =
     .label = ウインドウを閉じる
 openpgp-key-man-reload =
     .label = 鍵キャッシュを再読み込み
     .accesskey = R
 openpgp-key-man-change-expiry =
     .label = 有効期限を変更
     .accesskey = E
+openpgp-key-man-refresh-online =
+    .label = オンラインで更新
+    .accesskey = R
+openpgp-key-man-ignored-ids =
+    .label = メールアドレス
 openpgp-key-man-del-key =
     .label = 鍵を削除
     .accesskey = D
 openpgp-delete-key =
     .label = 鍵を削除
     .accesskey = D
 openpgp-key-man-revoke-key =
     .label = 鍵を失効
@@ -217,43 +217,55 @@ openpgp-key-man-select-all =
     .label = すべての鍵を選択
     .accesskey = A
 openpgp-key-man-empty-tree-tooltip =
     .label = 検索語句を上のボックスに入力してください
 openpgp-key-man-nothing-found-tooltip =
     .label = 検索条件に一致する鍵が見つかりませんでした
 openpgp-key-man-please-wait-tooltip =
     .label = 鍵の読み込み中です。しばらくお待ちください...
-
 openpgp-key-man-filter-label =
     .placeholder = 鍵を検索
-
 openpgp-key-man-select-all-key =
     .key = A
 openpgp-key-man-key-details-key =
     .key = I
-
+openpgp-ign-addr-intro = 次の選択されたメールアドレスについて、この鍵を使用して受け入れます:
 openpgp-key-details-title =
     .title = 
         { PLATFORM() ->
             [macos] 鍵の情報
            *[other] 鍵のプロパティ
         }
+openpgp-key-details-doc-title =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] 鍵の情報
+       *[other] 鍵のプロパティ
+    }
 openpgp-key-details-signatures-tab =
     .label = 証明書
 openpgp-key-details-structure-tab =
     .label = 構造
 openpgp-key-details-uid-certified-col =
     .label = ユーザー ID / 署名
-openpgp-key-details-user-id2-label = 鍵の所有者
+openpgp-key-details-key-id-label = 鍵 ID
+openpgp-key-details-user-id2-label = 主張された鍵の所有者
+openpgp-key-details-user-id3-label = 請求された鍵の所有者
 openpgp-key-details-id-label =
     .label = ID
 openpgp-key-details-key-type-label = タイプ
 openpgp-key-details-key-part-label =
     .label = 鍵の種別
+openpgp-key-details-attr-ignored = 警告: この鍵は、その一部のプロパティが安全ではなく無視されるため、期待どおりに動作しません。
+openpgp-key-details-attr-upgrade-sec = 安全でないプロパティをアップグレードしてください。
+openpgp-key-details-attr-upgrade-pub = この鍵の所有者に安全でないプロパティをアップグレードするよう伝えてください。
+openpgp-key-details-upgrade-unsafe =
+    .label = 安全でないプロパティをアップグレード
+    .accesskey = P
+openpgp-key-details-upgrade-ok = 鍵のアップグレードが完了しました。アップグレードした公開鍵を通信相手と共有してください。
 openpgp-key-details-algorithm-label =
     .label = アルゴリズム
 openpgp-key-details-size-label =
     .label = 鍵長
 openpgp-key-details-created-label =
     .label = 作成日
 openpgp-key-details-created-header = 作成
 openpgp-key-details-expiry-label =
@@ -261,111 +273,89 @@ openpgp-key-details-expiry-label =
 openpgp-key-details-expiry-header = 有効期限
 openpgp-key-details-usage-label =
     .label = 利用法
 openpgp-key-details-fingerprint-label = フィンガープリント
 openpgp-key-details-legend-secret-missing = (!) マークが付いた鍵は秘密鍵が利用できません。
 openpgp-key-details-sel-action =
     .label = 操作を選択...
     .accesskey = S
-openpgp-key-details-also-known-label = 鍵の所有者によって主張される他の名前:
 openpgp-card-details-close-window-label =
     .buttonlabelaccept = ウインドウを閉じる
 openpgp-acceptance-label =
     .label = 鍵の受け入れ
 openpgp-acceptance-rejected-label =
     .label = 受け入れません。この鍵を拒絶します。
 openpgp-acceptance-undecided-label =
     .label = まだ決定していません。
 openpgp-acceptance-unverified-label =
     .label = 受け入れます。しかし、この鍵が正しいか検証していません。
 openpgp-acceptance-verified-label =
     .label = 受け入れます。この鍵のフィンガープリントが正しいことを検証しました。
 key-accept-personal =
     あなたはこの鍵の公開鍵と秘密鍵の両方を所有しています。この鍵をあなたの個人鍵として利用できます。
     この鍵が他の人からもらったものである場合には、あなたの個人鍵としては利用しないでください。
-key-personal-warning = この鍵はあなた自身で作成したものであり、なおかつ表示された鍵の所有者はあなた自身ですか?
 openpgp-personal-no-label =
     .label = いいえ。この鍵は個人鍵として利用しません。
 openpgp-personal-yes-label =
     .label = はい。この鍵を個人鍵として利用します。
-
 openpgp-copy-cmd-label =
     .label = コピー
 
 ## e2e encryption settings
 
+#   $identity (String) - the email address of the currently selected identity
+openpgp-description-no-key = <b>{ $identity }</b> の個人 OpenPGP 鍵が { -brand-short-name } 内にありません
 #   $count (Number) - the number of configured keys associated with the current identity
 #   $identity (String) - the email address of the currently selected identity
-openpgp-description = { $count ->
-    [0]     <b>{ $identity }</b> のための個人鍵がありません。
-    [one]   <b>{ $identity }</b> のための個人鍵が { $count } 個あります。
-   *[other] <b>{ $identity }</b> のための個人鍵が { $count } 個あります。
-}
-
+openpgp-description-has-keys =
+    { $count ->
+        [one]   <b>{ $identity }</b> に関連付けられた個人 OpenPGP 鍵が { -brand-short-name } 内に { $count } 個見つかりました
+       *[other] <b>{ $identity }</b> に関連付けられた個人 OpenPGP 鍵が { -brand-short-name } 内に { $count } 個見つかりました
+    }
 #   $key (String) - the currently selected OpenPGP key
 openpgp-selection-status-have-key = 鍵 ID <b>{ $key }</b> を利用するよう設定されています。
-
 #   $key (String) - the currently selected OpenPGP key
 openpgp-selection-status-error = 鍵 ID <b>{ $key }</b> を利用するよう設定されていますが、この鍵は失効しています。
-
 openpgp-add-key-button =
     .label = 鍵を追加...
     .accesskey = A
-
 e2e-learn-more = 詳細情報
-
 openpgp-keygen-success = OpenPGP 鍵の生成が完了しました!
-
 openpgp-keygen-import-success = OpenPGP 鍵の読み込みが完了しました!
-
 openpgp-keygen-external-success = 外部 GnuPG 鍵 ID を保存しました!
 
 ## OpenPGP Key selection area
 
 openpgp-radio-none =
     .label = なし
-
 openpgp-radio-none-desc = この差出人では OpenPGP を利用しません。
-
 openpgp-radio-key-not-usable = この鍵は秘密鍵が足りないため個人鍵として使用できません!
 openpgp-radio-key-not-accepted = この鍵を使用するには個人鍵として承認しなければなりません!
 openpgp-radio-key-not-found = この鍵を見つけられませんでした! 使用したい場合はこの鍵を { -brand-short-name } に読み込んでください。
-
 #   $key (String) - the expiration date of the OpenPGP key
 openpgp-radio-key-expires = 有効期限: { $date }
-
 #   $key (String) - the expiration date of the OpenPGP key
 openpgp-radio-key-expired = 有効期限切れ: { $date }
-
 openpgp-key-expires-within-6-months-icon =
     .title = 鍵が 6 か月以内に失効します
-
 openpgp-key-has-expired-icon =
     .title = 鍵が有効期限切れです
-
 openpgp-key-expand-section =
     .tooltiptext = 詳細情報
-
 openpgp-key-revoke-title = 鍵を失効
-
 openpgp-key-edit-title = OpenPGP 鍵を変更
-
 openpgp-key-edit-date-title = 有効期限を延長
-
 openpgp-manager-description = OpenPGP 鍵マネージャーから、あなたの通信相手の公開鍵と、上に表示されていないすべての他の鍵を表示、管理できます。
-
 openpgp-manager-button =
     .label = OpenPGP 鍵マネージャー
     .accesskey = K
-
 openpgp-key-remove-external =
     .label = 外部鍵 ID を除去
     .accesskey = E
-
 key-external-label = 外部 GnuPG 鍵
 
 # Strings in keyDetailsDlg.xhtml
 key-type-public = 公開鍵
 key-type-primary = 主鍵
 key-type-subkey = 副鍵
 key-type-pair = 鍵ペア (秘密鍵および公開鍵)
 key-expiry-never = 無期限
@@ -373,26 +363,24 @@ key-usage-encrypt = 暗号化
 key-usage-sign = 署名
 key-usage-certify = 証明
 key-usage-authentication = 認証
 key-does-not-expire = 鍵の有効期限は無期限です
 key-expired-date = 鍵の有効期限が { $keyExpiry } に切れています
 key-expired-simple = 鍵が有効期限切れです
 key-revoked-simple = 鍵が失効しています
 key-do-you-accept = この鍵をデジタル署名の検証とメッセージの暗号化のために受け入れますか?
-key-accept-warning = 悪意のある鍵を受け入れないよう注意してください。メール以外の通信手段で、あなたの通信相手の鍵のフィンガープリントを検証してください。
+key-verification = メール以外の安全な通信手段で鍵のフィンガープリントを検証し、本当に { $addr } の鍵であることを確認してください。
 
 # Strings enigmailMsgComposeOverlay.js
 cannot-use-own-key-because = あなたの個人鍵に問題があるためメッセージを送信できませんでした。{ $problem }
 cannot-encrypt-because-missing = 以下の受信者の鍵に問題があるためエンドツーエンド暗号化によるメッセージを送信できませんでした: { $problem }
 window-locked = メッセージ作成ウインドウがロックされているため、送信がキャンセルされました。
 
 # Strings in mimeDecrypt.jsm
-mime-decrypt-encrypted-part-attachment-label = 暗号化されたメッセージ部
-# Strings in mimeDecrypt.jsm
 mime-decrypt-encrypted-part-concealed-data = これは暗号化されたメッセージの一部です。添付ファイルをクリックして別のウインドウで開きます。
 
 # Strings in keyserver.jsm
 keyserver-error-aborted = 中止されました
 keyserver-error-unknown = 原因不明のエラーが発生しました
 keyserver-error-server-error = 鍵サーバーからエラーが報告されました。
 keyserver-error-import-error = ダウンロードした鍵の読み込みに失敗しました。
 keyserver-error-unavailable = 鍵サーバーが利用できません。
@@ -409,41 +397,16 @@ wkd-message-body-process =
     現時点では何も行う必要はありません。
 
 # Strings in persistentCrypto.jsm
 converter-decrypt-body-failed =
     以下の件名のメッセージを復号できませんでした。
     { $subject }
     別のパスフレーズを試しますか? それともメッセージをスキップしますか?
 
-# Strings in gpg.jsm
-unknown-signing-alg = 未知の署名アルゴリズム (ID: { $id })
-unknown-hash-alg = 未知の暗号学的ハッシュ (ID: { $id })
-
-# Strings in keyUsability.jsm
-expiry-key-expires-soon =
-    あなたの鍵 { $desc } は { $days } 日以内に失効します。
-    新しい鍵ペアを生成し、その鍵を利用するようアカウント設定を変更することを推奨します。
-expiry-keys-expire-soon =
-    以下のあなたの鍵は { $days } 日以内に失効します: { $desc }
-    新しい鍵ペアを生成し、それらの鍵を利用するようアカウント設定を変更することを推奨します。
-expiry-key-missing-owner-trust =
-    あなたの秘密鍵 { $desc } は信用度を失っています。
-    鍵の “所有者による信用度” の設定を “絶対的に信用” に変更することを推奨します。
-expiry-keys-missing-owner-trust =
-    以下のあなたの秘密鍵は信用度を失っています。
-    { $desc }
-    鍵の “所有者による信用度” の設定を “絶対的に信用” に変更することを推奨します。
-expiry-open-key-manager = OpenPGP 鍵マネージャーを開く
-expiry-open-key-properties = 
-    { PLATFORM() ->
-        [macos] 鍵の情報を見る
-       *[other] 鍵のプロパティを開く
-    }
-
 # Strings filters.jsm
 filter-folder-required = 対象のフォルダーを指定してください。
 filter-decrypt-move-warn-experimental =
     警告 - “メッセージを恒久的に復号する” フィルターは、メッセージを破損する可能性があります。
     はじめに “復号したメッセージのコピーを作成する” フィルターを試験的に利用し、その結果に問題がないことを確認したうえで “メッセージを恒久的に復号する” フィルターを使用することを強く推奨します。
 filter-term-pgpencrypted-label = OpenPGP 暗号化
 filter-key-required = 受信者の鍵を選択してください。
 filter-key-not-found = ‘{ $desc }’ に対する暗号化の鍵を見つけることができません。
@@ -524,67 +487,59 @@ key-ring-enc-sub-keys-revoked = 鍵 { $userId } (鍵 ID { $keyId }) のすべての暗号化用の副鍵は失効しています。
 key-ring-enc-sub-keys-expired = 鍵 { $userId } (鍵 ID { $keyId }) のすべての暗号化用の副鍵は有効期限切れです。
 
 # Strings in gnupg-keylist.jsm
 keyring-photo = 写真
 user-att-photo = ユーザーの特徴 (JPEG 画像)
 
 # Strings in key.jsm
 already-revoked = この鍵は既に失効しています。
-
 #   $identity (String) - the id and associated user identity of the key being revoked
 revoke-key-question =
     鍵 ‘{ $identity }’ を失効させようとしています。
     この鍵で署名できなくなるほか、鍵の失効後は他の人がその鍵で暗号化できなくなります。失効後も、既存の古いメッセージの復号には使用できます。
     本当に失効させますか?
-
 #   $keyId (String) - the id of the key being revoked
 revoke-key-not-present =
     この失効証明書に適合する鍵 (0x{ $keyId }) を所有していません!
     鍵を持っていない場合、失効証明書よりも前に公開鍵を鍵サーバーなどから読み込む必要があります!
-
 #   $keyId (String) - the id of the key being revoked
 revoke-key-already-revoked = 鍵 0x{ $keyId } は既に失効しています。
-
 key-man-button-revoke-key = 鍵を失効(&R)
-
 openpgp-key-revoke-success = 鍵を失効させました。
-
 after-revoke-info =
     鍵が正常に失効されました。
     メールで送信する、鍵サーバーへアップロードするなどして、この公開鍵を再度通信相手と共有してください。そうすることにより、あなたの鍵が失効していることが周知されます。
     ソフトウェアが失効証明書を認識すると、あなたの古い鍵の利用を停止するでしょう。
     同じメールアドレスに対する新しい鍵を利用しているのであれば、新しい公開鍵を添付してメッセージを送信することで、失効した古い鍵についての情報も周知されます。
 
 # Strings in keyRing.jsm & decryption.jsm
 key-man-button-import = 読み込む(&I)
-
 delete-key-title = OpenPGP 鍵を削除
-
 delete-external-key-title = 外部 GnuPG 鍵を除去
-
 delete-external-key-description = この外部 GnuPG 鍵 ID を除去しますか?
-
 key-in-use-title = 利用中の OpenPGP 鍵です
-
 delete-key-in-use-description = 処理を進められません! 削除のために選択した鍵はこの差出人で現在利用中です。違う鍵を選択するか、何も選択せずにもう一度試してください。
-
 revoke-key-in-use-description = 処理を進められません! 失効のために選択した鍵はこの差出人で現在利用中です。違う鍵を選択するか、何も選択せずにもう一度試してください。
 
 # Strings used in errorHandling.jsm
 key-error-key-spec-not-found = メールアドレス ‘{ $keySpec }’ に適合する鍵が鍵束の中にありません。
 key-error-key-id-not-found = 指定された鍵 ID ‘{ $keySpec }’ が鍵束の中にありません
 key-error-not-accepted-as-personal = ID ‘{ $keySpec }’ の鍵があなたの個人鍵であると確認していません。
 
 # Strings used in enigmailKeyManager.js & windows.jsm
 need-online = 選択された機能はオフラインモードでは使用できません。オンラインでもう一度試してください。
 
 # Strings used in keyRing.jsm & keyLookupHelper.jsm
 no-key-found = 指定された検索条件に適合する鍵を見つけられませんでした。
 
+# Strings used in keyRing.jsm & keyLookupHelper.jsm
+no-key-found2 = 指定された検索条件に適合する利用可能な鍵を見つけられませんでした。
+no-update-found = オンラインで見つけた鍵はすでに持っています。
+
 # Strings used in keyRing.jsm & GnuPGCryptoAPI.jsm
 fail-key-extract = エラー - 鍵の展開コマンドに失敗しました
 
 # Strings used in keyRing.jsm
 fail-cancel = エラー - ユーザーの操作により鍵サーバーからの鍵の読み込みが中止されました。
 not-first-block = エラー - 最初の OpenPGP ブロックは公開鍵ではありません。
 import-key-confirm = メッセージに埋め込まれた鍵を読み込みますか?
 fail-key-import = エラー - 鍵の読み込みに失敗しました。
@@ -622,20 +577,18 @@ expiry-too-short = 有効期限を 1 日以内に設定することはできません。
 expiry-too-long = 有効期限を 100 年以上先に設定することはできません。
 key-confirm = ‘{ $id }’ の公開鍵と秘密鍵を生成しますか?
 key-man-button-generate-key = 鍵を生成(&G)
 key-abort = 鍵の生成を中止しますか?
 key-man-button-generate-key-abort = 鍵の生成を中止(&A)
 key-man-button-generate-key-continue = 鍵の生成を継続(&C)
 
 # Strings used in enigmailMessengerOverlay.js
-
 failed-decrypt = エラー - 復号に失敗しました
 fix-broken-exchange-msg-failed = このメッセージを修復できませんでした。
-
 attachment-no-match-from-signature = 署名ファイル ‘{ $attachment }’ は添付ファイルに適合しませんでした
 attachment-no-match-to-signature = 添付ファイル ‘{ $attachment }’ は署名ファイルに適合しませんでした
 signature-verified-ok = 添付ファイル ‘{ $attachment }’ の署名は正常に検証されました
 signature-verify-failed = 添付ファイル ‘{ $attachment }’ の署名を検証できませんでした
 decrypt-ok-no-sig =
     警告
     復号は成功しましたが、署名を正常に検証できませんでした。
 msg-ovl-button-cont-anyway = それでも続行する(&C)
@@ -666,42 +619,31 @@ minimal-line-wrapping =
 sending-news =
     暗号化メッセージの送信を中止しました。
     ニュースグループの宛先が含まれるため、このメッセージを暗号化できませんでした。メッセージを暗号化せずにもう一度送信してください。
 send-to-news-warning =
     警告: ニュースグループ宛に暗号化メッセージを送信しようとしています。
     メッセージが購読者全員の鍵で暗号化されているなど、購読者全員がメッセージを復号できる環境でない限り、ニュースグループ宛に暗号化メッセージを送信することに意味はありません。そのような状況にあると確認できる場合のみ、このメッセージを送信してください。
     続行しますか?
 save-attachment-header = 復号した添付ファイルを保存
-no-temp-dir =
-    一時フォルダーが見つかりませんでした。
-    TEMP 環境変数を設定してください。
 possibly-pgp-mime = おそらく PGP/MIME 形式で暗号化あるいは署名されたメッセージです。‘復号/検証’ 機能で検証してください
 cannot-send-sig-because-no-own-key = このメッセージにデジタル署名できませんでした。<{ $key }> のためのエンドツーエンド暗号化が設定されていません
 cannot-send-enc-because-no-own-key = このメッセージを暗号化できませんでした。<{ $key }> のためのエンドツーエンド暗号化が設定されていません
 
-compose-menu-attach-key =
-    .label = 自分の公開鍵を添付
-    .accesskey = A
-compose-menu-encrypt-subject =
-    .label = 件名を暗号化
-    .accesskey = b
-
 # Strings used in decryption.jsm
 do-import-multiple =
     以下の鍵を読み込みますか?
     { $key }
 do-import-one = { $name } ({ $id }) を読み込みますか?
 cant-import = 公開鍵の読み込み中にエラーが発生しました。
 unverified-reply = インデントされた (返信) 部分がおそらく変更されています。
 key-in-message-body = メッセージに鍵が含まれています。“鍵を読み込む” をクリックして鍵を読み込んでください。
 sig-mismatch = エラー - 署名が一致しません。
 invalid-email = エラー - 無効なメールアドレスです。
-attachment-pgp-key =
-    開こうとしている添付ファイル ‘{ $name }’ は OpenPGP 鍵ファイルです。“読み込む” をクリックして鍵を読み込むか、“表示” をクリックしてファイルの内容をウインドウに表示してください。
+attachment-pgp-key = 開こうとしている添付ファイル ‘{ $name }’ は OpenPGP 鍵ファイルです。“読み込む” をクリックして鍵を読み込むか、“表示” をクリックしてファイルの内容をウインドウに表示してください。
 dlg-button-view = 表示(&V)
 
 # Strings used in enigmailMsgHdrViewOverlay.js
 decrypted-msg-with-format-error = 復号されたメッセージ (古い Exchange サーバーによる PGP フォーマットの破損を修復しているため、復号結果を正しく読むことができない可能性があります)。
 
 # Strings used in encryption.jsm
 not-required = エラー - 暗号化は必要ありません。
 
--- a/mail/messenger/otr/add-finger.ftl
+++ b/mail/messenger/otr/add-finger.ftl
@@ -1,14 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-otr-add-finger =
-    .title = OTR 鍵のフィンガープリント追加
 otr-add-finger-title = OTR 鍵のフィンガープリント追加
 # Variables:
 #   $name (String) - name of a chat contact person
 # Do not translate 'OTR' (name of an encryption protocol)
 otr-add-finger-description = { $name } さんの OTR 鍵フィンガープリントを入力してください。
 otr-add-finger-fingerprint = フィンガープリント:
 otr-add-finger-tooltip-error = 不正な文字が入力されました。数字と ABCDEF の文字のみが入力できます
 otr-add-finger-input =
--- a/mail/messenger/otr/am-im-otr.ftl
+++ b/mail/messenger/otr/am-im-otr.ftl
@@ -1,26 +1,23 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 account-encryption =
     .label = エンドツーエンド暗号化
 account-otr-label = オフレコメッセージ (OTR)
-account-otr-description = { -brand-short-name } は 1 対 1 の会話のエンドツーエンド暗号化に対応しています。これは、第三者による会話の盗聴を防ぎます。エンドツーエンド暗号化は、相手も OTR に対応したソフトウェアを使用している場合のみ使用されます。
 account-otr-description2 = { -brand-short-name } は OTR に基づいた 1 対 1 の会話のエンドツーエンド暗号化に対応しています。これは、第三者による会話の盗聴を防ぎます。このようなエンドツーエンド暗号化は、相手も OTR に対応したソフトウェアを使用している場合のみ使用されます。
 otr-encryption-title = 検証された暗号
 otr-encryption-caption = OTR チャットで相手があなたの身元を確認できるようにするため、外部 (帯域外) の通信チャンネル等であなたの OTR フィンガープリントを共有してください。
 otr-fingerprint-label = あなたのフィンガープリント:
 view-fingerprint-button =
     .label = 連絡先のフィンガープリントを管理
     .accesskey = F
 otr-settings-title = OTR 設定
-otr-log =
-    .label = OTR 暗号化されたメッセージを会話ログに含める
 otr-require-encryption =
     .label = 1 対 1 の会話はエンドツーエンド暗号化を必須にする
 otr-require-encryption-info =
     エンドツーエンド暗号化を必須にすると、1 対 1 の会話のメッセージは暗号化されない限り送信されません。
     暗号化されていないメッセージを受信した場合、通常の会話に表示されず、ログにも残りません。
 otr-verify-nudge =
     .label = 未確認の連絡先を確認するため常に通知する
 otr-not-yet-available = まだ利用できません
--- a/mail/messenger/otr/finger.ftl
+++ b/mail/messenger/otr/finger.ftl
@@ -1,15 +1,12 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
-otr-finger =
-    .buttonlabelaccept = 閉じる
-    .title = 使用された OTR フィンガープリント
 otr-finger-title = 使用された OTR フィンガープリント
 finger-intro = エンドツーエンド暗号化された会話の OTR 鍵フィンガープリント
 finger-screen-name =
     .label = 連絡先
 finger-verified =
     .label = 身元確認状態
 finger-fingerprint =
     .label = フィンガープリント
--- a/mail/messenger/preferences/connection.ftl
+++ b/mail/messenger/preferences/connection.ftl
@@ -16,18 +16,16 @@ connection-dns-over-https-url-custom =
 connection-dns-over-https-custom-label = URL を指定
 connection-dialog-window =
     .title = インターネット接続
     .style =
         { PLATFORM() ->
             [macos] width: 46em !important
            *[other] width: 54em !important
         }
-connection-disable-extension =
-    .label = 拡張機能を無効化
 disable-extension-button = 拡張機能を無効化
 # Variables:
 #   $name (String) - The extension that is controlling the proxy settings.
 #
 # The extension-icon is the extension's icon, or a fallback image. It should be
 # purely decoration for the actual extension name, with alt="".
 proxy-settings-controlled-by-extension = 拡張機能 <img data-l10n-name="extension-icon" alt="" /> { $name } が { -brand-short-name } のインターネットへの接続方式の設定を変更しています。
 connection-proxy-legend = インターネット接続に使用するプロキシーの設定
--- a/mail/messenger/preferences/dock-options.ftl
+++ b/mail/messenger/preferences/dock-options.ftl
@@ -15,10 +15,9 @@ dock-icon-legend = アプリケーションアイコンのバッジ
 dock-icon-show-label =
     .value = アイコンにバッジを付ける:
 count-unread-messages-radio =
     .label = 未読メッセージ数を表示する
     .accesskey = u
 count-new-messages-radio =
     .label = 新着メッセージ数を表示する
     .accesskey = n
-notification-settings-info = バッジはシステム環境設定の通知ペインで無効化できます。
 notification-settings-info2 = バッジはシステム設定の通知ペインで無効化できます。
--- a/mail/messenger/preferences/preferences.ftl
+++ b/mail/messenger/preferences/preferences.ftl
@@ -1,15 +1,14 @@
 # This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
 # License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
 # file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
 
 close-button =
     .aria-label = 閉じる
-preferences-doc-title = 設定
 preferences-doc-title2 = 設定
 category-list =
     .aria-label = カテゴリー
 pane-general-title = 一般
 category-general =
     .tooltiptext = { pane-general-title }
 pane-compose-title = 編集
 category-compose =
@@ -145,17 +144,16 @@ mail-play-sound-label =
         }
 mail-play-button =
     .label = 再生
     .accesskey = P
 change-dock-icon = アプリケーションアイコンの設定を変更します
 app-icon-options =
     .label = アプリケーションアイコンのオプション...
     .accesskey = n
-notification-settings = 通知とデフォルトサウンドはシステム環境設定の通知ペインで無効化できます。
 notification-settings2 = 通知とデフォルトサウンドはシステム設定の通知ペインで無効化できます。
 animated-alert-label =
     .label = デスクトップ通知を表示する
     .accesskey = S
 customize-alert-label =
     .label = カスタマイズ...
     .accesskey = C
 biff-use-system-alert =
@@ -409,16 +407,19 @@ auto-save-label =
     .accesskey = A
 auto-save-end = 分ごとに下書きとして自動保存する
 
 ##
 
 warn-on-send-accel-key =
     .label = キーボードショートカットでメッセージを送信するときは確認する
     .accesskey = C
+add-link-previews =
+    .label = URL のペースト時にリンクプレビューを追加する
+    .accesskey = i
 spellcheck-label =
     .label = 送信前にスペルチェックを行う
     .accesskey = C
 spellcheck-inline-label =
     .label = 自動スペルチェックを有効にする
     .accesskey = E
 language-popup-label =
     .value = 辞書の言語:
@@ -440,20 +441,29 @@ bg-color-label =
     .value = 背景カラー:
     .accesskey = B
 restore-html-label =
     .label = デフォルトに戻す
     .accesskey = R
 default-format-label =
     .label = デフォルトで本文テキストの代わりに段落書式を使用する
     .accesskey = P
-format-description = 送信するメッセージの形式を設定します。
-send-options-label =
-    .label = 送信テキスト形式...
-    .accesskey = S
+compose-send-format-title = 送信テキスト形式
+compose-send-automatic-option =
+    .label = 自動選択
+compose-send-automatic-description = メッセージ内にスタイル書式が使われていない場合はプレーンテキスト形式で送信します。使われている場合は、プレーンテキストへのフォールバックありの HTML 形式で送信します。
+compose-send-both-option =
+    .label = HTML とプレーンテキスト形式
+compose-send-both-description = 受信者側のメールアプリケーションで表示形式を決定します。
+compose-send-html-option =
+    .label = HTML 形式のみ
+compose-send-html-description = 一部の受信者はプレーンテキストへのフォールバックなしでメッセージを読めない可能性があります。
+compose-send-plain-option =
+    .label = プレーンテキスト形式のみ
+compose-send-plain-description = 一部のスタイル書式がプレーンの代替書式に変換されますが、他の編集機能は無効化されます。
 autocomplete-description = 以下に登録されているメールアドレスを宛先等の入力時に自動補完する:
 ab-label =
     .label = ローカルのアドレス帳
     .accesskey = L
 directories-label =
     .label = LDAP サーバー:
     .accesskey = D
 directories-none-label =
@@ -658,18 +668,18 @@ chat-custom-sound-label =
     .label = 次のサウンドファイルを使用する
     .accesskey = U
 chat-browse-sound-button =
     .label = 選択...
     .accesskey = B
 theme-label =
     .value = テーマ:
     .accesskey = T
-style-thunderbird =
-    .label = Thunderbird
+style-mail =
+    .label = { -brand-short-name }
 style-bubbles =
     .label = Bubbles
 style-dark =
     .label = Dark
 style-paper =
     .label = Paper Sheets
 style-simple =
     .label = Simple
@@ -682,40 +692,21 @@ chat-variant-label =
 # This is used to determine the width of the search field in about:preferences,
 # in order to make the entire placeholder string visible
 #
 # Please keep the placeholder string short to avoid truncation.
 #
 # Notice: The value of the `.style` attribute is a CSS string, and the `width`
 # is the name of the CSS property. It is intended only to adjust the element's width.
 # Do not translate.
-search-preferences-input =
-    .style = width: 15.4em
-    .placeholder = 設定を検索
-
-## Preferences UI Search Results
-
-# This is used to determine the width of the search field in about:preferences,
-# in order to make the entire placeholder string visible
-#
-# Please keep the placeholder string short to avoid truncation.
-#
-# Notice: The value of the `.style` attribute is a CSS string, and the `width`
-# is the name of the CSS property. It is intended only to adjust the element's width.
-# Do not translate.
 search-preferences-input2 =
     .style = width: 15.4em
     .placeholder = 設定内を検索
 
 ## Settings UI Search Results
 
 search-results-header = 検索結果
 # `<span data-l10n-name="query"></span>` will be replaced by the search term.
-search-results-empty-message = { PLATFORM() ->
-    [windows] “<span data-l10n-name="query"></span>” オプションについての検索結果はありません。
-    *[other] “<span data-l10n-name="query"></span>” 設定についての検索結果はありません。
-}
-# `<span data-l10n-name="query"></span>` will be replaced by the search term.
 search-results-empty-message2 = { PLATFORM() ->
-    [windows] “<span data-l10n-name="query"></span>” オプションについての検索結果はありません。
-    *[other] “<span data-l10n-name="query"></span>” 設定についての検索結果はありません。
+    [windows] “<span data-l10n-name="query"></span>” オプションの検索結果はありません。
+    *[other] “<span data-l10n-name="query"></span>” 設定の検索結果はありません。
 }
 search-results-help-link = 助けが必要な方は、<a data-l10n-name="url">{ -brand-short-name } サポート</a> をご利用ください
deleted file mode 100644
--- a/mail/messenger/preferences/sendoptions.ftl
+++ /dev/null
@@ -1,37 +0,0 @@
-# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
-# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
-# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
-
-sendoptions-dialog-window =
-    .title = 送信テキスト形式
-send-mail-title = テキスト形式
-auto-downgrade-label =
-    .label = 可能な限りプレーンテキストでメッセージを送信する
-    .accesskey = t
-default-html-format-label = プレーンテキスト形式を使用している受信者に HTML 形式のメールを送信しようとしたとき:
-html-format-ask =
-    .label = 処理方法を確認する
-    .accesskey = k
-html-format-convert =
-    .label = プレーンテキストに変換して送信する
-    .accesskey = C
-html-format-send-html =
-    .label = 受信者によらず HTML のまま送信する
-    .accesskey = S
-html-format-send-both =
-    .label = プレーンテキストと HTML の両方を送信する
-    .accesskey = e
-default-html-format-info = ヒント: 受信者の使用するメール形式はアドレス帳で設定します。
-html-tab-label =
-    .label = HTML メール使用ドメイン
-    .accesskey = H
-plain-tab-label =
-    .label = プレーンテキスト使用ドメイン
-    .accesskey = P
-send-message-domain-label = 以下のリストのいずれかのドメイン名を持つアドレスにメッセージを送信する場合、{ -brand-short-name } が自動的に適切な形式を選んで送信します。
-add-domain-button =
-    .label = 追加...
-    .accesskey = A
-delete-domain-button =
-    .label = 削除
-    .accesskey = D
new file mode 100644
--- /dev/null
+++ b/mail/messenger/shortcuts.ftl
@@ -0,0 +1,95 @@
+# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
+# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
+# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.
+
+## Shortcuts
+
+# Variables:
+#  $key (String) - The shortcut key.
+shortcut-key = { $key }
+meta-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌘ { $key }
+       *[other] Meta+{ $key }
+    }
+ctrl-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌃ { $key }
+       *[other] Ctrl+{ $key }
+    }
+shift-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⇧ { $key }
+       *[other] Shift+{ $key }
+    }
+alt-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌥ { $key }
+       *[other] Alt+{ $key }
+    }
+meta-ctrl-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌃ ⌘ { $key }
+       *[other] Meta+Ctrl+{ $key }
+    }
+meta-alt-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌥ ⌘ { $key }
+       *[other] Meta+Alt+{ $key }
+    }
+ctrl-alt-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌃ ⌥ { $key }
+       *[other] Ctrl+Alt+{ $key }
+    }
+meta-ctrl-alt-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌃ ⌥ ⌘ { $key }
+       *[other] Meta+Ctrl+Alt+{ $key }
+    }
+meta-shift-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⇧ ⌘ { $key }
+       *[other] Meta+Shift+{ $key }
+    }
+ctrl-shift-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌃ ⇧ { $key }
+       *[other] Ctrl+Shift+{ $key }
+    }
+meta-ctrl-shift-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌃ ⇧ ⌘ { $key }
+       *[other] Meta+Ctrl+Shift+{ $key }
+    }
+alt-shift-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌥ ⇧ { $key }
+       *[other] Alt+Shift+{ $key }
+    }
+meta-shift-alt-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌥ ⇧ ⌘ { $key }
+       *[other] Meta+Alt+Shift{ $key }
+    }
+ctrl-shift-alt-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌃ ⌥ ⇧ { $key }
+       *[other] Ctrl+Alt+Shift{ $key }
+    }
+meta-ctrl-shift-alt-shortcut-key =
+    { PLATFORM() ->
+        [macos] ⌃ ⌥ ⇧ ⌘ { $key }
+       *[other] Meta+Ctrl+Alt+Shift{ $key }
+    }
+# Variables:
+#  $title (String): The title coming from the original element.
+#  $shortcut (String): The shortcut generated from the keystroke combination.
+button-shortcut-string =
+    .title = { $title } ({ $shortcut })
+# Variables:
+#  $label (String): The text label coming from the original element.
+#  $shortcut (String): The shortcut generated from the keystroke combination.
+menuitem-shortcut-string =
+    .label = { $label }
+    .acceltext = { $shortcut }