suite/chrome/mailnews/pref/prefs.properties
author ABE Hiroki (hATrayflood)
Mon, 24 Feb 2020 09:17:59 +0100
changeset 1522 dacec133938590be1df71621d3fc867f10fe3db4
parent 1228 bc41dc7dfa5e86f9900ac3833dad9e0c0db7e798
permissions -rw-r--r--
Bug 1608199 - Port devtools/client/styleeditor.dtd to Fluent, part 3.

# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.

#
# The following are used by the Account Wizard
#
enterValidEmail			=正しいメールアドレスを入力してください。
accountNameExists		=この名前を持つアカウントがすでに存在します。別のアカウント名を入力してください。
accountNameEmpty		=アカウント名は入力必須です。
modifiedAccountExists		=このユーザー名とサーバー名のアカウントがすでに存在します。別のユーザー名またはサーバー名を入力してください。
userNameChanged			=ユーザー名を変更しました。このアカウントのメールアドレスやユーザー名も更新しなくてよいか確認してください。
serverNameChanged		=サーバー名を変更しました。フィルターが設定されているフォルダーが新しいサーバーにあるか確認してください。
# LOCALIZATION NOTE (junkSettingsBroken): %1$S is the account name
junkSettingsBroken		=アカウント "%1$S" の迷惑メール設定に問題があります。アカウント設定を保存する前にこれらの設定を見直してください。
# LOCALIZATION NOTE (localDirectoryChanged): %1$S is program name (&brandShortName;)
localDirectoryChanged		=ローカルディレクトリー設定の変更を適用するため、%1$S を今すぐ再起動する必要があります。
localDirectoryRestart		=再起動
userNameEmpty			=ユーザー名を空にすることはできません。
# LOCALIZATION NOTE (localDirectoryInvalid): %1$S is path to folder
localDirectoryInvalid		=ローカルディレクトリーのパス "%1$S" は無効です。別のディレクトリーを選択してください。
# LOCALIZATION NOTE (localDirectoryNotAllowed): %1$S is path to folder
localDirectoryNotAllowed	=ローカルディレクトリーのパス "%1$S" はメッセージの保存場所に相応しくありません。別のディレクトリーを選択してください。
# if the user chooses to cancel the wizard when no accounts are there throw a message
# LOCALIZATION NOTE (cancelWizard)
# do not localize "\n\n"
cancelWizard			=アカウントアシスタントを終了します。よろしいですか?\n\n入力した情報はすべて失われ、アカウントは作成されません。
accountWizard			=アカウントアシスタント
WizardExit			=終了
WizardContinue			=キャンセル
# when the wizard already has a domain (Should we say something different?)
enterValidServerName		=正しいサーバー名を入力してください。
failedRemoveAccount		=アカウントを削除できませんでした。
#LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S is server name, %2$S is user name
accountName			=%1$S - %2$S

# LOCALIZATION NOTE: confirmDeferAccountWarning: do not localize "\n\n", it means a new empty line in the string.
confirmDeferAccountWarning	=このアカウントの新着メールを別のアカウントの受信トレイに保存する場合、このアカウントでダウンロード済みのメールにアクセスできなくなります。このアカウントにメールが保存されている場合は、予めメールを別のアカウントにコピーしておく必要があります。\n\nこのアカウントのフォルダーに保存するように設定しているフィルターは、予め削除するか保存先を変更する必要があります。特別なフォルダー (送信済みトレイ、下書き、テンプレート、アーカイブ、迷惑メール) をこのアカウントのフォルダーに設定している別のアカウントがある場合、別のアカウントのフォルダーに変更する必要があります。\n\nそれでもまだ、このアカウントのメールを別のアカウントに保存するように設定しますか?
# (^^; en-US: Defer Account?
confirmDeferAccountTitle	=本当に変更しますか?

directoryAlreadyUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
directoryParentUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーの親ディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
directoryChildUsedByOtherAccount	=ローカルディレクトリー設定で指定されたディレクトリーのサブディレクトリーはすでに "%S" アカウントで使用されています。別のディレクトリーを選択してください。
#Provide default example values for sample email address
exampleEmailUserName		=user
exampleEmailDomain		=example.jp
emailFieldText			=メールアドレス:
#LOCALIZATION NOTE: defaultEmailText: %1$S is user name, %2$S is domain
defaultEmailText		=このアカウントで使用するメールアドレスを入力してください。(例: "%1$S@%2$S")
#LOCALIZATION NOTE: customizedEmailText: %1$S is provider, %2$S is email username, %3$S is sample email, %4$S is sample username
customizedEmailText		=%1$S %2$S を入力してください。(例: %1$S のメールアドレスが "%3$S" であれば %2$S は "%4$S" になります)

# account manager stuff
prefPanel-server		=サーバー設定
prefPanel-copies		=送信控えと特別なフォルダー
prefPanel-synchronization	=同期とディスク領域
prefPanel-diskspace		=ディスク領域
prefPanel-addressing		=編集とアドレス入力
prefPanel-junk			=迷惑メール
## LOCALIZATION NOTE (prefPanel-smtp): Don't translate "SMTP"
prefPanel-smtp			=送信 (SMTP) サーバー

# account manager multiple identity support
#LOCALIZATION NOTE: accountName: %1$S
identity-list-title		=%1$S の差出人情報

identityDialogTitleAdd		=新規差出人情報
## LOCALIZATION NOTE (identityDialogTitleEdit): %S is the identity name
identityDialogTitleEdit		=%S の編集

identity-edit-req		=正しいメールアドレスを入力してください。
identity-edit-req-title		=差出人情報を作成できませんでした

## LOCALIZATION NOTE (identity-delete-confirm): %S is the identity name
# and should be put on a new line. The new line is produced with the "\n" string.
identity-delete-confirm		=この差出人情報を削除してもよろしいですか?\n%S
## LOCALIZATION NOTE (identity-delete-confirm-title): %S is the account name
identity-delete-confirm-title	=差出人情報の削除: %S
identity-delete-confirm-button	=削除

choosefile			=ファイルを選択

forAccount			="%S" アカウントの設定です。

removeFromServerTitle		=メッセージの自動完全削除の確認
removeFromServer		=この設定は古いメッセージをリモートサーバーとローカルストレージの両方から完全に削除します。設定してもよろしいですか?

confirmSyncChangesTitle		=同期設定の変更確認
confirmSyncChanges		=メッセージ同期設定が変更されました。\n\n変更を保存してもよろしいですか?
confirmSyncChangesDiscard	=破棄