extensions/irc/chrome/chatzilla.properties
author ABE Hiroki (hATrayflood)
Sun, 01 Dec 2019 09:49:09 +0100
changeset 1467 36813822414983ec4d23dfa77a7c4b5aa4ee7ae1
parent 1355 6e29e5775b04d968bcca9ff0389491fd6818e3a9
permissions -rw-r--r--
Bug 1599303 - Migrate bookmark panel to Fluent, part 2.

# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.

# (^a^) 先頭や末尾の " については http://mxr.mozilla.org/mozilla/source/extensions/venkman/locales/en-US/chrome/venkman.properties の冒頭にあるコメントを見ること。
# bug 485692 , bug 485871 対応のため、*.accesskey を一時的にコメントアウトしています。

### Notes for localizers ###
#
# The following version number is the "localisation version number", and MUST
# match the locale.version in the original locale this is based on. In other
# words, if the locale.version in two files is the same, both files MUST have
# exactly the same list of locale strings.
#
# If you always start with an en-US locale, and replace all strings, you can
# leave this value alone. If you update your locale file based on changes in
# the en-US locale, please remember to always update this in your locale to
# match en-US when you're done.
#
# locale.error is the message is the message displayed to the user if the
# locale version number does not match what ChatZilla is expecting, and will
# have the the following replacements:
#
#   %1$S   ChatZilla version (e.g. "0.9.69").
#   %2$S   Expected locale version (e.g. "0.9.69").
#   %3$S   Locale being loaded (e.g. "fr-FR").
#   %4$S   Actual locale version being (e.g. "0.9.68.2").
#
# In the example above, the user would be using ChatZilla 0.9.69, which
# expects a locale version of 0.9.69. It tried to use the fr-FR locale,
# but found it was only version 0.9.68.3.
#
# Note: the ChatZilla version and expected locale versions may not always be
#       the same. For example, if only non-locale changes have been made, the
#       expected locale version will stay the same. This is to make using
#       localisations between versions easier.
#
### End of notes ###

locale.version  =0.9.93
locale.error    =この ChatZilla バージョン %1$S は、ロケール (言語パック) のバージョン %2$S が必要です。現在選択されているロケール "%3$S" のバージョンは %4$S なので、この ChatZilla に使用すると問題が生じる可能性があります。\n\nChatZilla 用のロケールを更新するか、削除することをお勧めします。
#locale.authors =XXX REPLACE THIS VALUE WITH A SEMICOLON-SEPARATED LIST OF NAMES FOR YOUR LOCALIZATION TEAM XXX
locale.authors  =Chiaki Koufugata;Nyozlla;Youhei Tooyama;dynamis;Atsushi Sakai;Masahiko Imanaka

# Misc

unknown=<不明>
none=<なし>
na=<n/a>

# util.js

msg.alert   =警告
msg.prompt  =入力
msg.confirm =確認

# command.js

### Notes for localizers ###
#
# ChatZilla uses cmd.<command name>.* to construct the command's help,
# parameters and any UI labels. For the command to continue to function, the
# *.params entries MUST NOT BE CHANGED. Hopefully in the future you will be
# able to localize these items as well.
#
### DO NOT LOCALIZE THE *.params STRINGS ###
#
# Note also that, for every command, an accesskey may be specified:
#   EITHER by prefixing the desired accesskey with "&" in the .label string,
#   OR     by specifying a .accesskey string, which is useful if the desired
#          accesskey does not occur in the label.
#
# The following are therefore equivalent:
#    cmd.foo.label = &Foo
# and
#    cmd.foo.label = Foo
#    cmd.foo.accesskey = F
#
#
# All localised strings may contain certain entities for branding purposes.
# The three standard brand entities (brandShortName, brandFullName, vendorName)
# can all be used like this:
#     foo.bar = Some text used in &brandFullName;!
#
### End of notes ###

cmd.add-ons.label       =アドオン
cmd.add-ons.help        =
cmd.jsconsole.label     =JavaScript コンソール
cmd.jsconsole.help      =
cmd.about-config.label  =詳細設定
cmd.about-config.help   =

cmd.about.label =ChatZilla について
#cmd.about.accesskey =V
cmd.about.help  =この ChatZilla のバージョンに関する情報を表示します。

cmd.alias.params =[<alias-name> <command-list>]
cmd.alias.help   =別名 <alias-name> を、<command-list> によって指定されたコマンドのセミコロン (';') 区切りリストの別名として定義します。<command-list> にマイナス記号 ('-') を指定すると、その別名が削除されます。<alias-name> の指定がない場合は、すべての別名のリストが表示されます。

cmd.attach.params =<irc-url>
cmd.attach.help   =<irc-url> によって指定された URL の IRC に接続します。すでに接続されている場合は、<irc-url> が現在のビューになります。そのビューが削除されている場合には作成し直します。<irc-url> の irc:// 部分は省略できます。例: /attach moznet, /attach moznet/chatzilla, /attach irc.mozilla.org/mozbot,isnick

cmd.away.label  =離席 (デフォルト文)
#cmd.away.accesskey =A
cmd.away.format =離席 ($reason)
cmd.away.params =[<reason>]
cmd.away.help   =理由 <reason> に指定した文字列が離席時に表示されて離席とマークされます。<reason> を省略すると、デフォルトメッセージが表示されて離席とマークされます。

cmd.back.label  =復帰
#cmd.back.accesskey =B
cmd.back.params =
cmd.back.help   =あなたが復帰したとマークします。

cmd.ban.label  =立ち入り禁止にする (ban)
cmd.ban.format =$channelName への立ち入り禁止にする (ban)
cmd.ban.params =[<nickname>]
cmd.ban.help   =現在のチャンネルから 1 人のユーザーまたはホストマスクに該当する複数のユーザーを立ち入り禁止にします。<nickname> にはユーザーのニックネームか、そのホストマスクを指定できます。ニックネームやマスクの指定がない場合は、現行の立ち入り禁止リストを表示します。

cmd.cancel.help =/attach または /server コマンド、ファイル転送をキャンセルします。ChatZilla が応答のないネットワークへの接続をくり返し試みているときにネットワークビューで /cancel を使用すると、通常のリトライ回数に達する前にこれをキャンセルします。ファイルの転送を中止するには、ファイル転送ビューで /cancel を使用します。

cmd.ceip.label  =&Customer Experience Improvement Program
#cmd.ceip.accesskey =C
cmd.ceip.params =[<state>]
cmd.ceip.help   =<state> の指定がない場合は、Customer Experience Improvement Program (CEIP) のオプションダイアログを開きます。 <state> に |true| または |on|, |yes|, |1| のいずれかの値を与えた場合、すべての CEIP オプションがオンになります。 |false| または |off|, |no|, |0| のいずれかの値を与えた場合は、すべての CEIP オプションがオフになります。

cmd.charset.params =[<new-charset>]
cmd.charset.help   =現在のビューの文字エンコーディングを <new-charset> に設定します。<new-charset> の指定がない場合は、現在の文字エンコーディングを表示します。

cmd.channel-motif.params =[<motif> [<channel>]]
cmd.channel-motif.help   =指定したチャンネルのメッセージタブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。<motif> がマイナス記号 ('-') の場合は、ネットワークのモチーフに戻ります。<channel> の指定がない場合は、現在のチャンネルに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。

cmd.channel-pref.params =[<pref-name> [<pref-value>]]
cmd.channel-pref.help   =<pref-name> という名前の環境設定の値を、現在のチャンネルの設定値 <pref-value> に適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定の値をデフォルトに戻します。

cmd.clear-view.label  =タブをクリア
#cmd.clear-view.accesskey =E
cmd.clear-view.params =[<view>]
cmd.clear-view.help =現在のビューをクリアして、*すべての* コンテンツを消去します。
cmd.clear-view.key =accel L

cmd.client.help =``*client*'' ビューを表示します。``*client*'' ビューが削除されているときは作成し直します。

cmd.cmd-docommand.params =<cmd-name>
cmd.cmd-docommand.help   =

cmd.cmd-undo.label  =取り消す
#cmd.cmd-undo.accesskey =U
cmd.cmd-undo.key    =accel Z
cmd.cmd-undo.params =
cmd.cmd-undo.help   =入力ボックス内のテキストに行われた変更を取り消します。

cmd.cmd-redo.label  =やり直す
#cmd.cmd-redo.accesskey =R
cmd.cmd-redo.key    =accel Y
cmd.cmd-redo.params =
cmd.cmd-redo.help   =取り消された入力ボックス内のテキストに行われた変更をやり直します。

cmd.cmd-cut.label  =カット
#cmd.cmd-cut.accesskey =T
cmd.cmd-cut.key    =accel X
cmd.cmd-cut.params =
cmd.cmd-cut.help   =選択したテキストをクリップボードにコピーして、そのテキストをソースから削除します。

cmd.cmd-copy.label  =コピー
#cmd.cmd-copy.accesskey =C
cmd.cmd-copy.key    =accel C
cmd.cmd-copy.params =
cmd.cmd-copy.help   =選択したテキストをクリップボードにコピーします。

cmd.cmd-paste.label  =ペースト
#cmd.cmd-paste.accesskey =P
cmd.cmd-paste.key    =accel V
cmd.cmd-paste.params =
cmd.cmd-paste.help   =クリップボードのコンテンツを貼り付けます。

cmd.cmd-delete.label  =削除
#cmd.cmd-delete.accesskey =D
cmd.cmd-delete.key    =VK_DELETE
cmd.cmd-delete.params =
cmd.cmd-delete.help   =選択した部分を削除します。

cmd.cmd-selectall.label  =すべてを選択
#cmd.cmd-selectall.accesskey =A
cmd.cmd-selectall.key    =accel A
cmd.cmd-selectall.params =
cmd.cmd-selectall.help   =現在のビューのすべてのテキストを選択します。

cmd.cmd-copy-link-url.label  =リンクの URL をコピー
#cmd.cmd-copy-link-url.accesskey =U
cmd.cmd-copy-link-url.params =<url>
cmd.cmd-copy-link-url.help   =リンク対象の URL をクリップボードにコピーします。

cmd.cmd-mozilla-prefs.label  =&&brandShortName; の設定...
cmd.cmd-mozilla-prefs.params =
cmd.cmd-mozilla-prefs.help   =

cmd.cmd-prefs.label  =設定...
#cmd.cmd-prefs.accesskey =E
cmd.cmd-prefs.params =
cmd.cmd-prefs.help   =

cmd.cmd-chatzilla-prefs.label  =ChatZilla の設定...
#cmd.cmd-chatzilla-prefs.accesskey =E
cmd.cmd-chatzilla-prefs.params =
cmd.cmd-chatzilla-prefs.help   =

cmd.cmd-chatzilla-opts.label  =オプション...
#cmd.cmd-chatzilla-opts.accesskey =O
cmd.cmd-chatzilla-opts.params =
cmd.cmd-chatzilla-opts.help   =

cmd.commands.params =[<pattern>]
cmd.commands.help   =パターン <pattern> に合致するすべてのコマンド名をリスト表示します。<pattern> の指定がない場合はすべてのコマンド名をリスト表示します。

cmd.create-tab-for-view.params =<view>
cmd.create-tab-for-view.help   =

cmd.custom-away.label  =離席 (ユーザー設定)...
#cmd.custom-away.accesskey =C
cmd.custom-away.help   =離席用のメッセージを作成して使用できます。コマンドの一部として離席用メッセージを指定するときには、|/away| コマンドを使用します。

cmd.sync-font.help      =すべてのビューを現在のフォント設定で同期させます。
cmd.sync-header.help    =すべてのビューを現在のヘッダー表示設定で同期させます。
cmd.sync-log.help       =すべてのビューを現在のログ収集設定で同期させます。
cmd.sync-motif.help     =すべてのビューを現在のモチーフ設定で同期させます。
cmd.sync-timestamp.help =すべてのビューを現在のタイムスタンプ表示設定で同期させます。
cmd.sync-window.help    =すべてのビューを現在の出力ウインドウ設定で同期させます。

cmd.ctcp.params =<target> <code> [<params>]
cmd.ctcp.help   =CTCP コード <code> を <target> (ユーザーまたはチャンネル) に送信します。<params> が指定されている場合は、同時に送信されます。

cmd.default-charset.params =[<new-charset>]
cmd.default-charset.help   =共通設定のデフォルト文字エンコーディングを <new-charset> に設定します。<new-charset> の指定がない場合は、現在の共通設定のデフォルト文字エンコーディングを表示します。

cmd.delayed.params =<delay> <rest>
cmd.delayed.help   =|delay| 秒後、|rest| に指定したコマンドを実行します。

cmd.describe.params =<target> <action>
cmd.describe.help   =|target| に指定したチャンネルやユーザーに対してアクション <action> を実行します。

cmd.dcc-accept.params =[<nickname> [<type> [<file>]]]
cmd.dcc-accept.help   =DCC チャットの受信、またはオファーの送信を受諾します。|nickname| の指定がない場合は、最後に届いたオファーを受諾します (セキュリティ上の理由から、オファーを受け取ってから 10 秒間は動作しません)。<nickname> や <file> には正規表現も使用できます。

cmd.dcc-accept-list.params =
cmd.dcc-accept-list.help   =現在のネットワークの DCC 自動受諾リストを表示します。

cmd.dcc-accept-list-add.params =<nickname>
cmd.dcc-accept-list-add.help   =現在のネットワークの DCC 自動受諾リストに <nickname> を追加します。

cmd.dcc-accept-list-remove.params =<nickname>
cmd.dcc-accept-list-remove.help   =現在のネットワークの DCC 自動受諾リストから <nickname> を削除します。

cmd.dcc-chat.params =[<nickname>]
cmd.dcc-chat.help   =DCC チャットのオファーを、現在のサーバー上の |nickname| に送信します。クエリービュー上では、そのビューのユーザーにオファーを送信する場合は |nickname| を省略できます。
cmd.dcc-chat.label  =DCC チャット
#cmd.dcc-chat.accesskey =D

cmd.dcc-close.format =$userName との接続を切断
cmd.dcc-close.label  =接続を切断
#cmd.dcc-close.accesskey =D
cmd.dcc-close.params =[<nickname> [<type> [<file>]]]
cmd.dcc-close.help   =既存の DCC 接続を閉じます。DCC 接続を閉じるビューから実行する場合は |nickname| を省略できます。|type| と |file| は接続を識別するために必要です。<nickname> や <file> には正規表現も使用できます。

cmd.dcc-decline.params =[<nickname>]
cmd.dcc-decline.help   =DCC チャットの受信、またはオファーの送信を辞退します。|nickname| の指定がない場合は、最後に届いたオファーを拒否します。<nickname> には正規表現も使用できます。

cmd.dcc-list.params =[<type>]
cmd.dcc-list.help   =現在の DCC のオファーと接続に関する情報をリスト表示します。|type| に "chat" または "send" を指定すると、表示する情報を "chat" または "send" に限定します。

cmd.dcc-send.params =[<nickname> [<file>]]
cmd.dcc-send.help   =ファイルを |nickname| に DCC 接続で送信します。クエリービュー上のユーザーに送信する場合は |nickname| を省略できます。送信するファイルは、|file| に直接指定するか、参照ダイアログから選択します。
cmd.dcc-send.label  =ファイルの送信...
#cmd.dcc-send.accesskey =S

cmd.dcc-show-file.params =<file>
cmd.dcc-show-file.help   =ファイルのダウンロード先のフォルダーを開きます。

cmd.delete-view.key    =accel W
cmd.delete-view.label  =タブを閉じる
#cmd.delete-view.accesskey =C
cmd.delete-view.params =[<view>]
cmd.delete-view.help   =現在のビューをクリアし、*すべての* コンテンツを消去し、さらにそのタブバーからアイコンを消去します。この方法でチャンネルビューを削除すると、そのビューから退出することになります。

cmd.dehop.label  =ハーフオペレータ権限を取り上げ
cmd.dehop.params =<nickname> [<...>]
cmd.dehop.help   =現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> からハーフオペレータ権限を取り上げます。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。

cmd.deop.label  =オペレータ権限を取り上げ
cmd.deop.params =<nickname> [<...>]
cmd.deop.help   =現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> からオペレータ権限を取り上げます。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。

cmd.desc.params =[<description>]
cmd.desc.help   =誰かがあなたに /whois を実行したときに返される 'ircname' 行を変更します。これは、ネットワークに接続する *前に* 指定する必要があります。<description> を省略した場合、現在の紹介文が表示されます。

cmd.devoice.label  =発言権限を取り上げ
cmd.devoice.params =<nickname> [<...>]
cmd.devoice.help   =現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> から発言権限を取り上げます。このコマンドの実行にはオペレータ権限 (またはハーフオペレータ権限) が必要です。

cmd.disconnect.format =$networkName との接続を切断
cmd.disconnect.label  =接続を切断
#cmd.disconnect.accesskey =D
cmd.disconnect.params =[<reason>]
cmd.disconnect.help   =このコマンドを実行したアクティブなビューのサーバーとの接続を切断して、理由 <reason> が指定されていればその理由が、指定されていない場合にはデフォルトの理由が提示されます。

cmd.disconnect-all.label  =すべてのネットワークとの接続を切断
#cmd.disconnect-all.accesskey =D
cmd.disconnect-all.params =[<reason>]
cmd.disconnect-all.key    =accel D
cmd.disconnect-all.help   =すべてのネットワークとの接続を切断します。理由 <reason> が指定されていればその理由が、指定されていない場合にはデフォルトの理由が提示されます。

cmd.echo.params =<message>
cmd.echo.help   =現在のビューにメッセージ <message> を表示しますが、サーバーには送信されません。

cmd.enable-plugin.params =<plugin>
cmd.enable-plugin.help   =|disable-plugin| コマンドで無効にしたプラグインを再び有効にするコマンドです。このコマンドはプラグインの enablePlugin 関数を呼び出します。プラグインが自身を正しく有効化することは保証されません。

cmd.eval.params =<expression>
cmd.eval.help   =式 <expression> を JavaScript コードとして評価します。気の弱い人にはお勧めしません。

cmd.evalsilent.params =<expression>
cmd.evalsilent.help   =/eval コマンドと同じです。ただし、[EVAL-IN] と [EVAL-OUT] の行は表示されません。

cmd.except.params =[<nickname>]
cmd.except.help   =チャンネルの立ち入り禁止リストから <nickname> に指定したユーザーまたはホストマスクを例外にします。ニックネームやマスクの指定がない場合は、現行の例外リストを表示します。

cmd.exit.label  =ChatZilla を終了
#cmd.exit.accesskey =X
cmd.exit.params =[<reason>]
cmd.exit.help   =すべてのアクティブなサーバーおよびネットワークから切断して、理由 <reason> が指定されていればその理由を、指定されていない場合にはデフォルトの理由を提示します。切断後に ChatZilla を終了します。

cmd.exit-mozilla.label =終了
#cmd.exit-mozilla.accesskey =X
cmd.exit-mozilla.help  =&brandShortName; を終了します。

cmd.faq.label   =ChatZilla FAQ
#cmd.faq.accesskey =Q

cmd.find.label  =検索...
#cmd.find.accesskey =F
cmd.find.key    =accel F
cmd.find.params =[<rest>]
cmd.find.help   =現在のビュー内のテキストを検索します。

cmd.find-again.label  =次を検索
#cmd.find-again.accesskey =G
cmd.find-again.key    =accel G
cmd.find-again.params =
cmd.find-again.help   =前回検索した文字列の次の該当を検索します。

cmd.focus-input.key  =VK_ESCAPE
cmd.focus-input.help =キーボードのカーソルを入力ボックスに移動させます。

cmd.font-family.params =[<font>]
cmd.font-family.help   =現在のビューに使用されているフォントを設定または表示します。<font> を省略すると、現在のフォントを表示します。値 |default| はデフォルトフォントを使用し、|serif|, |sans-serif|, |monospace| は “設定” ダイアログのフォント設定を使用します。フォント名を直接指定することもできます。

cmd.font-family-default.label    =デフォルトフォント
#cmd.font-family-default.accesskey=F
cmd.font-family-serif.label      =明朝体 (Serif)
#cmd.font-family-serif.accesskey =R
cmd.font-family-sans-serif.label =ゴシック体 (Sans-serif)
#cmd.font-family-sans-serif.accesskey =A
cmd.font-family-monospace.label  =等幅 (Monospace)
#cmd.font-family-monospace.accesskey =N

cmd.font-family-other.format     =その他 ($fontFamily)...
cmd.font-family-other.label      =その他...
#cmd.font-family-other.accesskey =T
cmd.font-family-other.help       =使用するフォント名を指定します。

cmd.font-size.params =[<font-size>]
cmd.font-size.help   =現在のビューに使用されているフォントサイズを設定または表示します。<font-size> を省略すると現在のフォントサイズを表示します。サイズの単位はポイント (pt) です。値 |default| はデフォルトフォントサイズを使用し、|bigger| と |smaller| は現在のサイズよりも一定量だけ大きく/小さくします。

cmd.font-size-bigger.label  =文字を大きく
#cmd.font-size-bigger.accesskey =B
cmd.font-size-bigger.key    =accel +
cmd.font-size-bigger2.key   =accel =
cmd.font-size-smaller.label =文字を小さく
#cmd.font-size-smaller.accesskey =S
cmd.font-size-smaller.key   =accel -

cmd.font-size-default.label =デフォルトサイズ
#cmd.font-size-default.accesskey =Z
cmd.font-size-small.label   =小さめ
#cmd.font-size-small.accesskey =L
cmd.font-size-medium.label  =デフォルト
#cmd.font-size-medium.accesskey =M
cmd.font-size-large.label   =大きめ
#cmd.font-size-large.accesskey =G

cmd.font-size-other.format  =その他 ($fontSize pt)...
cmd.font-size-other.label   =その他...
#cmd.font-size-other.accesskey =O
cmd.font-size-other.help    =使用するフォントサイズを指定します。

cmd.goto-startup.label  =自動接続 URL を開く
cmd.goto-startup.help   =設定されたすべての自動接続 URL を開きます。

cmd.goto-url.label  =リンクを開く
#cmd.goto-url.accesskey =O
cmd.goto-url.format =$label
cmd.goto-url.params =<url> [<anchor>]
cmd.goto-url.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザーウインドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。

cmd.goto-url-newwin.label  =リンクを新規ウインドウで開く
#cmd.goto-url-newwin.accesskey =W
cmd.goto-url-newwin.params =<url> [<anchor>]
cmd.goto-url-newwin.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザーウインドウで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。

cmd.goto-url-newtab.label  =リンクを新規タブで開く
#cmd.goto-url-newtab.accesskey =T
cmd.goto-url-newtab.params =<url> [<anchor>]
cmd.goto-url-newtab.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、最近使用したブラウザーウインドウ内の新規タブに開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。

cmd.goto-url-external.label  =リンクをデフォルトウェブブラウザーで開く
#cmd.goto-url-external.accesskey =B
cmd.goto-url-external.params =<url> [<anchor>]
cmd.goto-url-external.help   =<url> に指定した URL に移動します。<url> が irc: で始まる URL でない場合は、システムのデフォルトに設定されているブラウザーで開きます。<url> が URL の別名の場合は、オプションの <anchor> で URL のページ内の名前付きアンカーを指定できます。

cmd.header.help =ヘッダーバーの表示と非表示を切り替えます。

cmd.help.params =[<pattern>]
cmd.help.help   =パターン <pattern> と合致するすべてのコマンドのヘルプを表示します。<pattern> の指定がない場合、すべてのコマンドのヘルプを表示します。

cmd.hide-view.label  =タブを非表示
#cmd.hide-view.accesskey =H
cmd.hide-view.params =[<view>]
cmd.hide-view.help   =現在のビューのタブバーからアイコンを消去しますが、コンテンツは保存されます。このアイコンは、次回このビューに動きがあったときに再び表示されます。

cmd.homepage.label =ChatZilla ホームページ
#cmd.homepage.accesskey =Z

cmd.hop.label  =ハーフオペレータ権限を与える
cmd.hop.params =<nickname> [<...>]
cmd.hop.help   =現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> にハーフオペレータ権限を与えます。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。

cmd.idle-away.help =内部コマンドが使用します。アイドル状態のとき、自動的にステータスを "away" に設定します。
cmd.idle-back.help =内部コマンドが使用します。アイドル状態から復帰したとき、自動的にステータスを "back" に設定します。

cmd.reconnect.format =$networkName に再接続
cmd.reconnect.label  =再接続
#cmd.reconnect.accesskey =R
cmd.reconnect.params =[<reason>]
cmd.reconnect.help   =現在のビューのネットワークに再接続します。接続を切断するときに理由 <reason> が指定されていればその理由を、指定されていない場合はデフォルトの理由を提示します。

cmd.reconnect-all.label  =すべてのネットワークに再接続
#cmd.reconnect-all.accesskey =R
cmd.reconnect-all.params =[<reason>]
cmd.reconnect-all.help   =すべてのネットワークに再接続します。接続を切断するときに理由 <reason> が指定されていればその理由を、指定されていない場合はデフォルトの理由を提示します。

cmd.toggle-ui.params =<thing>
cmd.toggle-ui.help   =ユーザーインターフェイスの項目を表示または非表示にします。<thing> には tabstrip, userlist, header, status のいずれか 1 つを指定します。

cmd.userlist.label  =ユーザーリスト
#cmd.userlist.accesskey =U
cmd.userlist.key    =accel shift L

cmd.tabstrip.label  =タブバー
#cmd.tabstrip.accesskey =A
cmd.tabstrip.key    =accel shift T

cmd.statusbar.label =ステータスバー
#cmd.statusbar.accesskey =S
cmd.statusbar.key   =accel shift S

cmd.header.label    =ヘッダー
#cmd.header.accesskey =H
cmd.header.key      =accel shift H

cmd.input-text-direction.params =<dir>
cmd.input-text-direction.help   =

cmd.text-direction.params =<dir>
cmd.text-direction.help   =

cmd.rtl.help  =テキストの記述方向を右から左に切り替えます。
cmd.ltr.help  =テキストの記述方向を左から右に切り替えます。

cmd.irtl.help =入力エリアの方向を右から左に切り替えます。
cmd.iltr.help =入力エリアの方向を左から右に切り替えます。

cmd.toggle-text-dir.label  =記述方向を切り替え
#cmd.toggle-text-dir.accesskey =W
#cmd.toggle-text-dir.accesskey =I
cmd.toggle-text-dir.key    =accel shift X

cmd.toggle-pref.params =<pref-name>
cmd.toggle-pref.help   =設定名 <pref-name> に指定した環境設定の真偽値を切り替えます。

cmd.toggle-usort.label =ユーザーをモードで並べ替え
#cmd.toggle-usort.accesskey =M
cmd.toggle-ccm.label   =連続したメッセージを折りたたむ
#cmd.toggle-ccm.accesskey =N
cmd.toggle-copy.label  =重要なメッセージをコピー
#cmd.toggle-copy.accesskey =I
cmd.toggle-umode.label =モードを記号で表示
#cmd.toggle-umode.accesskey =S
cmd.toggle-timestamps.label =タイムスタンプを表示
#cmd.toggle-timestamps.accesskey =T

cmd.unban.label  =立ち入り禁止を解除 (Un-ban)
cmd.unban.format =$channelName への立ち入り禁止を解除 (Un-ban)
cmd.unban.params =<nickname>
cmd.unban.help   =<nickname> に指定した 1 人のユーザーの立ち入り禁止を取り消すか、チャンネルの立ち入り禁止リストからそのマスクを削除します。

cmd.unexcept.params =<nickname>
cmd.unexcept.help   =チャンネルの立ち入り禁止の例外を削除します。

cmd.user.params  =[<username> <description>]
cmd.user.help    =<username> にあなたのユーザー名、<description> に紹介文 (``本名'') を設定します。それぞれ、|name| および |desc| コマンドと同じです。新しいユーザー名と紹介文は、ネットワークに次回接続するときに使用されます。このコマンドをパラメーター無しで実行すると、現在のユーザー名と紹介文が表示されます。

cmd.userlist.help =ユーザーリストの表示と非表示を切り替えます。

cmd.ignore.params =[<mask>]
cmd.ignore.help   =現在のネットワーク用のあなたの無視リストに、<mask> に指定したニックネームまたはホストマスクを追加します。<mask> の指定がない場合、現在無視しているユーザー全員のリストが表示されます。

cmd.install-plugin.params =[<url> [<name>]]
cmd.install-plugin.help   =ChatZilla プラグインをインストールします。
cmd.install-plugin.label  =プラグインをインストール...
#cmd.install-plugin.accesskey =I

cmd.invite.params =<nickname> [<channel-name>]
cmd.invite.help   =ニックネーム <nickname> をチャンネル <channel-name> (省略した場合は現在のチャンネル) に招待します。+i が設定されている場合はオペレータ権限が必要です。

cmd.j.params =<channel-name> [<key>]
cmd.j.help   =このコマンドは /join の別名です。

cmd.join.label  =チャンネルに参加...
#cmd.join.accesskey =J
cmd.join.key    =accel J
cmd.join.params =[<channel-name> [<key>]]
cmd.join.help   =チャンネル <channel-name> に参加します。チャンネル名の最初が '#' の場合はグローバル、'&' の場合はローカル、'+' の場合はモードなしですが、記号がなければグローバルになります。キー <key> が設定されていれば送信します。

cmd.join-charset.params =[<channel-name> <charset> [<key>]]
cmd.join-charset.help   =チャンネル <channel-name> に参加します。チャンネル名の最初が '#' の場合はグローバル、'&' の場合はローカル、'+' の場合はモードなしですが、記号がなければグローバルになります。メッセージは <charset> に指定された文字エンコーディングでエンコードおよびデコードされます。<charset> パラメーターは、/charset コマンドで選択されるデフォルト文字エンコーディングとは無関係です。キー <key> が設定されていれば送信します。

cmd.jump-to-anchor.params =<anchor> [<channel-name>]
cmd.jump-to-anchor.help   =

cmd.kick.format =$channelName から追い出す (Kick)
cmd.kick.label  =追い出す (Kick)
cmd.kick.params =<nickname> [<reason>]
cmd.kick.help   =現在のチャンネルからニックネーム <nickname> を追い出します。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。

cmd.kick-ban.format =$channelName から追放 (Kickban)
cmd.kick-ban.label  =追放する (Kickban)
cmd.kick-ban.params =<nickname> [<reason>]
cmd.kick-ban.help   =現在のチャンネルから *!username@hostmask を追い出し、立ち入り禁止にします。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。

cmd.knock.params =<channel-name> [<reason>]
cmd.knock.help   =<channel-name> で指定したチャンネルに、理由 <reason> を添えて招待するよう依頼します。このコマンドは、すべてのサーバーがサポートしているわけではありません。

cmd.label-user.format =≪ $nickname ≫
cmd.label-user.label  =<不明>
cmd.label-user.params =<指定なし>
cmd.label-user.help   =

cmd.label-user-multi.format =≪ ユーザー数: $userCount ≫
cmd.label-user-multi.label  =<不明>
cmd.label-user-multi.params =<指定なし>
cmd.label-user-multi.help   =

cmd.leave.format =$channelName から退出
cmd.leave.label  =退出する
#cmd.leave.accesskey =L
cmd.leave.params =[<channel-name>] [<reason>]
cmd.leave.help   =現在のチャンネルから退出します。/delete を使用するとそのビューが削除されてコンテンツも失われます。/hide を使用すると一時的に非表示になりますがコンテンツは残ります。多くのサーバーは、オプションパラメーター <reason> をサポートしていません。タブを削除するかどうかは環境設定によります。このコマンドをスクリプトからディスパッチしているときには、<delete-when-done> パラメーターで上書きできます。

cmd.links.help  =現在のサーバーへの “リンク集” を表示します。これは、あなたが接続しているサーバーと直接接続することができる、ネットワーク内の別のサーバーのリストです。

cmd.list.params =[<channel-name>]
cmd.list.help   =あなたが接続しているネットワーク/サーバーのチャンネル名、ユーザー数、トピック情報をリスト表示します。<channel-name> を省略すると、すべてのチャンネルがリスト表示されます。大きなネットワーク上では、完全なリストを要求するとサーバーが接続を切断することがあります。

cmd.list-plugins.params =[<plugin>]
cmd.list-plugins.help   =プラグイン <plugin> の指定がない場合、すべての読み込み済みプラグインの情報をリスト表示します。<plugin> が指定されれば、その情報だけが表示されます。コンソールから使用する場合には、<plugin> に Plugin ID または Index を指定します。

cmd.load.params =<url>
cmd.load.help   =<url> で指定された URL のコンテンツを実行します。|initialScripts| 設定にも情報があります。

cmd.reload-plugin.params =<plugin>
cmd.reload-plugin.help   =前回読み込んだプラグインと同じ URL から、プラグインを再読み込みします。この機能は、現在読み込まれているバージョンのプラグインが無効化できた場合にのみ動作します。

cmd.log.params =[<state>]
cmd.log.help   =現在のチャンネルのログ収集をオンまたはオフにします。<state> の値に |true|, |on|, |yes|, |1| を指定した場合はログ収集がオンになります。値に |false|, |off|, |no|, |0| を指定した場合はオフになります。<state> を省略すると現在のログ収集の状態が表示されます。状態は設定に保存されるので、オンの状態で ChatZilla を終了したときには、次回このチャンネルに参加するとログ収集が再開されます。

cmd.rlist.params =<regexp>
cmd.rlist.help   =あなたが接続しているネットワーク/サーバーのチャンネル名、ユーザー数、トピック情報を、正規表現で絞り込んでリスト表示します。

cmd.reload-ui.help =ChatZilla XUL ファイルを再読み込みします。ChatZilla の開発中に使用されるコマンドです。

cmd.map.help =/links とほぼ同じですが、IRC ネットワークのグラフィカルな "Network Map" を表示します。主にルーティング目的で使用されます。

cmd.match-users.params =<mask>
cmd.match-users.help   =<mask> に指定したホストマスクと合致するすべてのユーザーのリストを表示します。

cmd.me.params =<action>
cmd.me.help   =現在のチャンネルに第三者の発言としてテキスト <action> を送信します。お試しください!

cmd.motd.help   =""MOTD (Message of the Day)" を表示します。これにはネットワークや現在のサーバーに関する情報、利用規約などが記されています。

cmd.mode.params =[<target>] [<modestr> [<param> [<...>]]]
cmd.mode.help   =<target> のチャンネルまたはユーザーモードを <modestr> (<param> があれば追加) に変更します。チャンネルビューから使用する場合は <target> を省略できます。使用できるモードは http://irchelp.org を参照してください。

cmd.motif.params =[<motif>]
cmd.motif.help   =メッセージタブに使用する標準の CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|network-motif|, |channel-motif|, |user-motif| にも情報があります。

cmd.motif-dark.label =暗いモチーフ
#cmd.motif-dark.accesskey =K
cmd.motif-light.label =明るいモチーフ
#cmd.motif-light.accesskey =L

cmd.msg.params =<nickname> <message>
cmd.msg.help   =プライベートメッセージ <message> をニックネーム <nickname> に送信します。

cmd.name.params =[<username>]
cmd.name.help   =あなたが接続中のサーバーが許可すれば、あなたの 'hostmask' の前に表示されるユーザー名を変更します。サーバーによっては、身元認証機関からのユーザー名応答しか信頼しません。この指定は、ネットワークに接続する *前に* 行う必要があります。もし <username> を省略すると、現在のユーザー名が表示されます。

cmd.names.params =[<channel-name>]
cmd.names.help   =チャンネル内のユーザーをリスト表示します。

cmd.network.params =<network-name>
cmd.network.help   =現在のネットワーク名を <network-name> に設定します。

cmd.networks.help  =すべての利用可能なネットワークを、クリック可能なリンクとしてリスト表示します。

cmd.network-motif.params =[<motif> [<network>]]
cmd.network-motif.help   =ネットワーク <network> のメッセージタブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。もし <motif> がマイナス記号 ('-') の場合は、グローバルのモチーフに戻ります。<network> がない場合には、現在のネットワークに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。

cmd.network-pref.params =[<pref-name> [<pref-value>]]
cmd.network-pref.help   =<pref-name> に指定した環境設定の値を、ネットワーク <network> 上の設定値 <pref-value> に適用します。<pref-value> の指定ががない場合は、<pref-name> の現在の値が表示されます。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定が表示されます。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定の値をデフォルトに戻します。

cmd.nick.label  =ニックネームを変更...
#cmd.nick.accesskey =R
cmd.nick.params =[<nickname>]
cmd.nick.help   =あなたのニックネームを指定した <nickname> に変更します。|nickname| を省略すると、入力ダイアログが表示されます。

cmd.notify.params =[<nickname> [<...>]]
cmd.notify.help   =ニックネーム <nickname> の指定がない場合、/notify はあなたの通知リストにあるすべてのユーザーのオンライン状態を表示します。1 つまたは複数の <nickname> を指定した場合は、あなたの通知リストにないニックネームは追加され、すでにリストにあるものは削除されます。

cmd.notice.params =<nickname> <message>
cmd.notice.help   =通知 <message> を <nickname> に送信します。

cmd.op.label  =オペレータ権限を与える
cmd.op.params =<nickname> [<...>]
cmd.op.help   =現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> に、オペレータ権限を与えます。このコマンドの実行にはオペレータ権限が必要です。

cmd.open-at-startup.params =[<toggle>]
cmd.open-at-startup.help   =現在のビューを起動時に自動的に開くビューのリストに追加します。<toggle> を省略すると、現在のビューの状態を表示します。現在の状態を切り替える <toggle> の値には、yes, on, true, 1, no, off, false, 0, toggle のいずれかを使用できます。

cmd.oper.params =<opername> [<password>]
cmd.oper.help   =現在のサーバーから IRC オペレータ権限を要求します。もし <password> がなければ、入力するよう求められます。このテキストフィールドはマスクされているので、他の人が入力文字を見ることはできません。

cmd.print.label  =プリント...
#cmd.print.accesskey =P
cmd.print.key    =accel P
cmd.print.params =
cmd.print.help   =現在のビューをプリントするためのダイアログを開きます。

cmd.save.label  =別名でビューを保存...
#cmd.save.accesskey =A
cmd.save.key    =accel S
cmd.save.params =[<filename> [<savetype>]]
cmd.save.help   =現在のビューを <filename> に指定した名前で保存します。<filename> を省略すると “別名で保存” ダイアログが表示されます。ファイルの種類 <savetype> には |complete|, |htmlonly|, |text| が選択できます。これを省略すると、ファイルの拡張子から推測されます。拡張子が .html, .xhtml, .xhtm, .htm のファイルは完全なビューとして保存され、.txt のファイルは標準テキストになります。その他の拡張子の場合は <savetype> を指定しないとエラーになります。

cmd.say.params =<message>
cmd.say.help   =現在のビューにメッセージ <message> を送信します。入力されたテキストが "/" で始まっていないとき、ChatZilla は自動的にこのコマンドを実行します。

cmd.stats.params =[<params>]
cmd.stats.help   =サーバー統計 (Server Statistic) を要求します。このコマンドをパラメーターなしに実行すると、サーバーで設定された、このコマンドに使用できるパラメーターのリストが表示されます。

cmd.time.params =[<nickname>]
cmd.time.help   =<nickname> のコンピューターに時計の時刻を問い合わせます。IRC クライアントによってはあなたが問い合わせたことを表示しますが、ChatZilla は表示しません。<nickname> の指定が無い場合、ChatZilla はサーバーに時計の時刻を問い合わせます。
cmd.time.label  =時計の時刻を取得
#cmd.time.accesskey =T

cmd.timestamps.params =[<toggle>]
cmd.timestamps.help   =現在のビューのタイムスタンプを表示または非表示にします。<toggle> の値に |true|, |on|, |yes|, |1| のいずれかを指定するとタイムスタンプが表示されます。値に |false|, |off|, |no|, |0| のいずれかを指定するとタイムスタンプが非表示になります。値に |toggle| を指定すると表示と非表示を切り替えます。<toggle> の指定が無い場合、現在の状態を表示します。

cmd.toggle-oas.format =この $viewType を起動時に開く
cmd.toggle-oas.label  =起動時に開く
#cmd.toggle-oas.accesskey =S

cmd.pass.params =<password>
cmd.pass.help   =パスワードで保護されたサーバーに接続するとき、そのサーバーにパスワードを送信します。

cmd.ping.params =<nickname>
cmd.ping.help   =Ping は、ソナー (音波探知機) で距離を測る技術から命名されました。IRC では、誰かにメッセージを送信してから応答を受信するまでの時間を計測します。チャンネルを指定すると、チャンネル上の全員に Ping を打ちます。IRC クライアントによっては Ping の要求を相手に表示しますが、ChatZilla は表示しません。
cmd.ping.label  =ユーザーに Ping
#cmd.ping.accesskey =P

cmd.plugin-pref.params =<plugin> [<pref-name> [<pref-value>]]
cmd.plugin-pref.help =<pref-name> に指定したプラグインの環境設定の値に <pref-value> を適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、<plugin> のすべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定の値をデフォルトに戻します。

cmd.pref.params  =[<pref-name> [<pref-value>]]
cmd.pref.help    =<pref-name> に指定した環境設定の値に <pref-value> を適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定の値をデフォルトに戻します。

cmd.query.label  =プライベートチャットを開く
#cmd.query.accesskey =O
cmd.query.params =<nickname> [<message>]
cmd.query.help   =ニックネーム <nickname> との 1 対 1 のチャットを開きます。メッセージ <message> を指定した場合、<nickname> への最初のプライベートメッセージとして送信されます。

cmd.quit.label  =ChatZilla を終了
#cmd.quit.accesskey =Q
cmd.quit.params =[<reason>]
cmd.quit.help   =ChatZilla を終了します。

cmd.quit-mozilla.label  =終了
#cmd.quit-mozilla.accesskey =Q
cmd.quit-mozilla.help   =&brandShortName; を終了します。

cmd.quote.params =<irc-command>
cmd.quote.help   =IRC サーバーに生のコマンドを送信しますが、何をしているのか分からない場合はお勧めしません。詳細情報は IRC RFC1459 <http://www.irchelp.org/irchelp/rfc1459.html> を参照してください。

cmd.rejoin.params =[<reason>]
cmd.rejoin.help   =現在のビューに表示されているチャンネルに再参加します。チャンネルビューからしか動作しません。
cmd.rejoin.format =$channelName に再参加
cmd.rejoin.label  =再参加

cmd.rename.params =[<label>]
cmd.rename.help   =現在のタブの名前を <label> に変更します。
cmd.rename.label  =タブ名を変更...

cmd.server.params =<hostname> [<port> [<password>]]
cmd.server.help   =<hostname> に指定したホスト名のサーバーのポート番号 <port> (省略した場合は 6667) に接続します。パスワード <password> が指定されていれば送信します。すでに接続している場合は <hostname> のビューが表示されます。このビューが削除されている場合は作成し直します。

cmd.set-current-view.params =<view>
cmd.set-current-view.help   =

cmd.sslserver.params =<hostname> [<port> [<password>]]
cmd.sslserver.help   =<hostname> に指定したホスト名のサーバーのポート番号 <port> (省略した場合は 9999) に SSL 接続します。パスワード <password> が指定されていれば送信します。すでに接続している場合は <hostname> のビューが表示されます。このビューが削除されている場合は作成し直します。

cmd.ssl-exception.params =[<hostname> <port> [<connect>]]
cmd.ssl-exception.help =<hostname> の SSL 証明書を例外に追加するダイアログを開きます。<connect> が true の場合、<hostname> への接続が例外に追加された後で初期化されます。

cmd.squery.params =<service> [<commands>]
cmd.squery.help   =コマンド <commands> をサービス <service> に送信します。

cmd.stalk.params =[<text>]
cmd.stalk.help   =警告を表示したい単語のリストに <text> を追加します。<text> に合致するニックネームの人が発言したとき、または誰かが <text> を含むフレーズを発言したときに、ChatZilla はウインドウをアクティブにし (OS によります)、タスクバーのアイコンを点滅させます (OS によります)。<text> の指定がない場合は、追跡単語のリストが表示されます。

cmd.status.help =現在のビューの状態に関する情報を表示します。

cmd.statusbar.help =ステータスバーの表示と非表示を切り替えます。

cmd.supports.help =現在のサーバーの能力を、005 numeric の返り値でリスト表示します。

cmd.testdisplay.help =サンプルのテキストを表示します。スタイルのプレビューに使用します。

cmd.topic.params =[<new-topic>]
cmd.topic.help   =あなたがチャンネルオペレータ (chanop) のとき、またはチャンネルが 'private topic' モード (+t) ではないときに新しいトピック <new-topic> を指定すると、トピックは <new-topic> に変更されます。<new-topic> が指定されて *いない* 場合は、現在のトピックが表示されます。

cmd.tabstrip.help =チャンネルのタブバーの表示と非表示を切り替えます。

cmd.unalias.params =<alias-name>
cmd.unalias.help   =別名を削除します。

cmd.unignore.params =<mask>
cmd.unignore.help   =現在のネットワーク用のあなたの無視リストから、<mask> に指定したニックネームまたはホストマスクを削除します。

cmd.unstalk.params =<text>
cmd.unstalk.help   =あなたが警告を表示したい単語のリストから <text> を削除します。

cmd.urls.params =[<number>]
cmd.urls.help   =ChatZilla に最近表示された URL を <number> に指定した件数だけ表示します。<number> を省略した場合のデフォルトは 10 件です。

cmd.userhost.params =<nickname> [<...>]
cmd.userhost.help   =すべての <nickname> の hostmask の取得を要求します。

cmd.userip.params =<nickname> [<...>]
cmd.userip.help   =すべての <nickname> の IP アドレスの取得を要求します。

cmd.disable-plugin.params =<plugin>
cmd.disable-plugin.help   =このコマンドはプラグインの disablePlugin 関数を呼び出します (もし存在すれば)。プラグインが自身を正しく無効化することは保証されません。

cmd.usermode.params =[<new-mode>]
cmd.usermode.help   =現在のユーザーモードを <new-mode> に変更または表示します。

cmd.user-motif.params =[<motif> [<user>]]
cmd.user-motif.help   =<user> で指定したユーザーのメッセージタブに使用する CSS ファイルを設定します。モチーフ <motif> には .css ファイルの URL、または "dark", "light" のショートカットが使用できます。<motif> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、ネットワークのモチーフに戻ります。<user> を省略した場合は、現在のユーザーに適用します。ChatZilla に使用できるスタイルシートの詳細は、ChatZilla ホームページ <http://www.mozilla.org/projects/rt-messaging/chatzilla/> を参照してください。|motif| にも情報があります。

cmd.user-pref.params =[<pref-name> [<pref-value>]]
cmd.user-pref.help   =<pref-name> に指定した環境設定の値をユーザー <user> の設定値 <pref-value> に適用します。<pref-value> を省略すると、<pref-name> の現在の値を表示します。<pref-name> と <pref-value> の両方を省略した場合は、すべての環境設定を表示します。<pref-value> にマイナス記号 ('-') を指定した場合は、その環境設定をデフォルトに戻します。

cmd.websearch.help   =現在選択されているテキストをウェブ検索します。
cmd.websearch.params =<selected-text>
cmd.websearch.format ="$selectedText" をウェブ検索"
cmd.websearch.label  =ウェブ検索

cmd.version.label  =バージョン情報を取得
#cmd.version.accesskey =V
cmd.version.params =[<nickname>]
cmd.version.help   =使用している IRC クライアントをニックネーム <nickname> に問い合わせます。IRC クライアントによってはあなたが問い合わせたことを表示しますが、ChatZilla は表示しません。<nickname> を指定しない場合、ChatZilla はサーバーが使用中の IRC サーバーソフトウェアのバージョンを問い合わせます。

cmd.voice.label  =発言権限を与える
cmd.voice.params =<nickname> [<...>]
cmd.voice.help   =現在のチャンネルにいるニックネーム <nickname> に、発言権限を与えます。このコマンドの実行にはオペレータ権限 (またはハーフオペレータ権限) が必要です。

cmd.who.params =<rest>
cmd.who.help   =<rest> に指定したパターンに合致する名前、ホスト、または紹介文情報を持っているユーザーをリスト表示します。

cmd.whois.label  =ユーザー情報 (Who is)
#cmd.whois.accesskey =I
cmd.whois.params =<nickname> [<...>]
cmd.whois.help   =ニックネーム <nickname> のユーザーに関する情報を、'real name'、接続しているサーバー、アイドル時間およびサインオン時刻を含めて表示します。アイドル時間については偽るサーバーがあります。正確なアイドル時間を得るには |whois| ではなく |wii| を使用してください。

cmd.wii.params =<nickname> [<...>]
cmd.wii.help   =|whois| と同じ情報を表示しますが、ユーザーの正確なアイドル時間を含めるようサーバーに求めます。

cmd.whowas.label  =ユーザーの痕跡情報 (Who was)
cmd.whowas.params =<nickname> [<limit>]
cmd.whowas.help   =サーバーを去ったユーザー <nickname> に関する情報を、'real name' を含めて表示します。

## dispatch-related error messages ##
msg.err.internal.dispatch  =コマンド ``%1$S'' をディスパッチ中の内部エラーです。
msg.err.internal.hook      =フック ``%1$S'' を処理中の内部エラーです。
msg.err.invalid.param      =パラメーター %1$S (%2$S) の値が無効です。
msg.err.disabled           =申し訳ありませんが、``%1$S'' は現在使用できません。
msg.err.notimplemented     =申し訳ありませんが、``%1$S'' はまだ実装されていません。
msg.err.required.param     =必要なパラメーター <%1$S> がありません。
msg.err.ambigcommand       =コマンド ``%1$S'' はあいまいです。%2$S コマンドは [%3$S] と合致します。
msg.err.required.nr.param  ="%1$S 件のパラメーターがありません。この別名には %2$S 件以上のパラメーターが必要です。
msg.err.max.dispatch.depth =``%1$S'' のディスパッチを試みましたが、最大深度に達しました。

## ChatZilla error messages ##
msg.err.invalid.regex   =正規表現の構文が不正です。
msg.err.invalid.pref    =環境設定 %1$S (%2$S) の値が無効です。
msg.err.invalid.file    =<%1$S> の <%2$S> への名前変更は無効です。
msg.err.failure         =操作は失敗しました: %1$S"
msg.err.scriptload      =<%1$S> からのサブスクリプト読み込みエラーです。
msg.err.pluginapi.noid      =プラグイン <%1$S> には ID がありません。
msg.err.pluginapi.faultyid  =プラグイン <%1$S> には正当な ID がありません。プラグイン ID には英数字と下線 (_)、ダッシュ (-) のみが含められます。
msg.err.pluginapi.noenable  =プラグイン <%1$S> には enable() メソッドがありません。
msg.err.pluginapi.nodisable =プラグイン <%1$S> には disable() メソッドがありません。
msg.err.invalid.scheme  =URL <%1$S> 内のスキームが無効です。
msg.err.item.not.found  =起動時のスクリプトアイテム <%1$S> は、存在しないかアクセスできません。
msg.err.unknown.pref    =設定 ``%1$S'' は ChatZilla にありません。
msg.err.unknown.network =ネットワーク ``%S'' は ChatZilla に登録されていません。
msg.err.unknown.channel =チャンネル ``%S'' は ChatZilla に登録されていません。
msg.err.unknown.user    =ユーザー ``%S'' は ChatZilla に登録されていません。
msg.err.unknown.command =コマンド ``%S'' は ChatZilla にありません。
msg.err.unknown.stalk   ="%S は追跡していません。
msg.err.unknown.motif   =モチーフ ``%S'' は ChatZilla にありません。
msg.err.invalid.charset =文字エンコーディング ``%S'' は無効です。
msg.err.improper.view   =``%S'' はこのビューからは使用できません。
msg.err.not.connected   =接続していません。
msg.err.last.view       =最後のビューは削除できません。
msg.err.last.view.hide  =最後のビューは非表示にできません。
msg.err.bad.ircurl      =IRC の URL ``%S'' は無効です。
msg.err.need.network  =コマンド ``%1$S'' は、ネットワークのコンテキストで実行する必要があります。
msg.err.need.server   =コマンド ``%1$S'' は、接続したサーバーのコンテキストで実行する必要があります。
msg.err.need.channel  =コマンド ``%1$S'' は、チャンネルのコンテキストで実行する必要があります。
msg.err.need.user     =コマンド ``%1$S'' は、ユーザーのコンテキストで実行する必要があります。
msg.err.need.recip    =コマンド ``%1$S'' は、ユーザーまたはチャンネルのコンテキストから実行する必要があります。
msg.err.no.default    =このタブに入力するのではなく、実効コマンドを使用してください。
msg.err.no.match      =``%S'' に合致するものはありません。
msg.err.no.socket     =ソケット作成中のエラーです。
msg.err.no.secure     =ネットワーク ``%S'' には安全なサーバーが定義されていません。
msg.err.cancelled     =接続操作はキャンセルされました。
msg.err.offline       =ホストのソフトウェア (Firefox など) が ``オフラインモード'' になっています。このモードではネットワークに接続できません。
msg.err.badalias      =不正な別名: %S"
msg.err.no.ctcp.cmd   ="%S は、このクライアントの有効な CTCP 関数ではありません。
msg.err.no.ctcp.help  ="%S にはヘルプ情報がありません。
msg.err.unknown.host  =ホストアプリケーション UID "%S" は認識できません。ChatZilla を動作させているアプリケーションと、その UID を入力してください。
msg.err.unable.to.print =現在のビューは印刷をサポートしていません。
msg.err.unsupported.command =このサーバーは ``%S'' コマンドをサポートしていません。
msg.err.invalid.mode  =あなたが入力したモード (``%S'') は無効です。有効なモード指定には + または - が 1 つ以上あり、1 つ以上のアルファベット文字が続きます。
msg.err.away.save     =離席メッセージのリストの保存に失敗しました。(%S)
msg.err.inputhistory.not.writable =入力履歴を ``%S'' に保存できません。
msg.err.urls.not.writable =URL ログを ``%S'' に保存できません。
msg.err.invalid.url   =``%S'' は有効な URL (または別名) ではないため、読み込みできませんでした。
msg.err.no.channel    =``%S'' コマンドを実行する場合は、チャンネル名を指定するか、チャンネル内でコマンドを実行する必要があります。
msg.err.no.idleservice =このバージョンの &brandShortName; では、ChatZilla がいつあなたが席を離れているかを決定できません。auto-away 機能は無効化されました。

msg.warn.pac.loading =自動プロキシー構成ファイルがまだ読み込まれていません。ChatZilla はすぐに再試行します。

# Specific bug messages.
msg.bug318419.warning =ChatZilla の内部データに潜在的な異常が見つかりました。現在フォームの送信ができなくなっています (送信できそうに見えていても)。最も可能性が高い原因は Mozilla Bug 318419 <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=318419> です。これ以上問題を深刻化させないために、ホストアプリケーション (&brandShortName;) を再起動するよう強くお勧めします。
msg.bug318419.error   =ChatZilla の内部データに深刻な異常が見つかりました。現在フォームの送信ができなくなっています (送信できそうに見えていても)。最も可能性が高い原因は Mozilla Bug 318419 <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=318419> です。修正するためには、ホストアプリケーション (&brandShortName;) を再起動する必要があります。

# Ask for oper pass if not explicitly given in the command:
msg.need.oper.password =IRC オペレータ権限を取得するためのパスワードを入力してください。

# Better IRC error messages
msg.irc.381 =あなたは現在 IRC オペレータです。
msg.irc.401 =ニックネーム ``%S'' は存在しません。
msg.irc.402 =サーバー ``%S'' は存在しません。
msg.irc.403 =チャンネル ``%S'' は存在しません。
msg.irc.421 =コマンド ``%S'' はこのサーバーにありません。
msg.irc.464 =パスワードが正しくありません。正しいパスワードでもう一度試してください。
msg.irc.464.login =接続するには "/pass" コマンドでパスワードを指定してください。
msg.irc.471 =このチャンネルは定員に達しているため、あなたが参加することはできません。
msg.irc.473 =このチャンネルは招待された人限定です。参加するには、既存のメンバーに招待してもらう必要があります。
msg.irc.474 =あなたはこのチャンネルへの立入りを禁止されました。
msg.irc.475 =このチャンネルはキーが必要です。参加するには、現在のキーを提示する必要があります。キーを使用して参加する方法は "/help join" を参照してください。
msg.irc.476 =あなたが指定したチャンネルマスクは、サーバーが不正だと判断しました。
msg.irc.477 =このチャンネルは、あなたが登録メンバーであり、ネットワークのニックネーム登録サービス (NickServ など) で身元証明することを求めています。詳細は、/motd コマンドで MOTD を表示して調べてください。
msg.irc.491 =通常はトワイライトゾーンに入ろうとはしないものです (あなたのホストは 'O' で始まる単語に合致していません)。

# This is an extended version that is only used if the server support /knock.
msg.irc.471.knock ="%S "/knock %S" は、チャンネルオペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使用できます。 [[ノック][Asks the channel operators to let you in][%S]]
msg.irc.473.knock ="%S "/knock %S" は、チャンネルオペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使用してください。 [[ノック][Asks the channel operators to let you in][%S]]
msg.irc.475.knock ="%S "/knock %S" は、チャンネルオペレータにあなたを招待するよう依頼するときに使用できます。 [[ノック][Asks the channel operators to let you in][%S]]

msg.val.on  =on
msg.val.off =off

msg.plugin.enabled =プラグイン ``%S'' が有効になりました。
msg.plugin.disabled =プラグイン ``%S'' は無効になりました。

msg.leave.inputbox =タブ完成するものがありません。F6 キーを使用すると、ユーザーリスト、入力ボックス、チャット出力を巡回します。

## formatting ##
msg.fmt.usage ="%1$S %2$S"
msg.fmt.jsexception ="%1$S: %2$S @ <%3$S> %4$S"
# 1: error number,  2: error text, 3: file name, 4: line number, 5: function name
# 1: pref name 2: value
msg.fmt.pref =環境設定 ``%1$S'' は ``%2$S'' です。
msg.fmt.netpref =ネットワークの環境設定 ``%1$S'' は ``%2$S'' です。
msg.fmt.chanpref =チャンネルの環境設定 ``%1$S'' は ``%2$S'' です。
msg.fmt.userpref =ユーザーの環境設定 ``%1$S'' は ``%2$S'' です。
msg.fmt.pluginpref =プラグインの環境設定 ``%1$S'' は ``%2$S'' です。

msg.fmt.plugin1 =インデックス %S のプラグイン: 読み込み元 <%S>
msg.fmt.plugin2 =ID: %S, バージョン: %S, 有効化: %S, 状態: %S"
msg.fmt.plugin3 =説明: %S"

msg.fmt.usercount ="%S, %S@, %S%%, %S+"
msg.fmt.alias     ="%S = %S"
msg.fmt.seconds   ="%S 秒

msg.fmt.matchlist ="%S 件が ``%S'' と合致しました: [%S]
msg.fmt.ctcpreply =CTCP %S の応答 ``%S'' (%S から)
msg.fmt.chanlist  ="%S   %S   %S"
msg.fmt.logged.on ="%S は %S としてログインしました。

# 1: local short date/time, 2: nick info
msg.fmt.status    ="%S, %S"

msg.unknown   =<不明>
msg.none      =<なし>
msg.na        =<n/a>

msg.commasp   =", "
msg.always    =always
msg.and       =and
msg.primary   =primary
msg.secondary =secondary
msg.you       =あなた
msg.network   =ネットワーク
msg.server    =サーバー
msg.channel   =チャンネル
msg.user      =ユーザー
msg.client    =クライアント
msg.view      =ビュー
msg.tab       =タブ
msg.loading   =Loading
msg.error     =Error
msg.here      =here
msg.gone      =gone
msg.connecting   =Connecting
msg.connected    =Connected
msg.disconnected =Disconnected

msg.days    ="%S 日
msg.hours   ="%S 時間
msg.minutes ="%S 分
msg.seconds ="%S 秒
msg.day     =1 日
msg.hour    =1 時間
msg.minute  =1 分
msg.second  =1 秒


msg.rsp.hello =[HELLO]
msg.rsp.help  =[HELP]
msg.rsp.usage =[USAGE]
msg.rsp.error =[ERROR]
msg.rsp.warn  =[WARNING]
msg.rsp.info  =[INFO]
msg.rsp.evin  =[EVAL-IN]
msg.rsp.evout =[EVAL-OUT]
msg.rsp.disconnect =[QUIT]

# For these menu labels, too, an accesskey may be specified using a .accesskey
# string, or by prefixing the desired letter with "&" in the label.
# The accesskey string should have the form: msg.mnu.<menuname>.accesskey
msg.mnu.chatzilla            =ChatZilla
#msg.mnu.chatzilla.accesskey =C
msg.mnu.irc                  =IRC
#msg.mnu.irc.accesskey       =I
msg.mnu.edit                 =編集
#msg.mnu.edit.accesskey      =E
msg.mnu.help                 =ヘルプ
#msg.mnu.help.accesskey      =H
msg.mnu.view                 =表示
#msg.mnu.view.accesskey      =V
msg.mnu.views                =ビュー
#msg.mnu.views.accesskey     =V
msg.mnu.motifs               =ページのカラー
#msg.mnu.motifs.accesskey    =L
msg.mnu.opcommands           =オペレータコマンド
#msg.mnu.opcommands.accesskey=O
msg.mnu.usercommands         =ユーザーコマンド
#msg.mnu.usercommands.accesskey =U
msg.mnu.fonts                =フォントとサイズ
#msg.mnu.fonts.accesskey     =F

msg.client.name       =*Client*
msg.cant.disable      =プラグイン %S を無効化できません。
msg.cant.enable       =プラグイン %S を有効化できません。
msg.is.disabled       =プラグイン %S はすでに無効化されています。
msg.is.enabled        =プラグイン %S はすでに有効化されています。
msg.no.help           =ヘルプはありません。
msg.no.cmdmatch       =``%1$S'' と合致するコマンドはありません。
msg.no.plugins        =読み込まれているプラグインはありません。
msg.cmdmatch          =``%1$S'' と合致するコマンドは [%2$S] です。
msg.default.alias.help =このコマンドは |%1$S| の別名です。
msg.extra.params      =余分なパラメーター ``%1$S'' は無視されました。
msg.version.reply     =ChatZilla %S [%S]
msg.source.reply      =http://chatzilla.hacksrus.com/
msg.nothing.to.cancel =進行中の接続や /list はなく、キャンセルするものがありません。
msg.cancelling        =``%S'' との接続をキャンセルしています...
msg.cancelling.list   =/list 要求をキャンセルしています...
msg.current.charset      =``%S'' をデフォルト文字エンコーディングとして使用しています。
msg.current.charset.view =``%S'' をこのビューの文字エンコーディングとして使用しています。
msg.current.css       =<%S> を標準のモチーフとして使用しています。
msg.current.css.net   =<%S> をこのネットワークの標準のモチーフとして使用しています。
msg.current.css.chan  =<%S> をこのチャンネルのモチーフとして使用しています。
msg.current.css.user  =<%S> をこのユーザーのモチーフとして使用しています。
msg.no.dynamic.style  =このバージョンの &brandShortName; は、モチーフをアプリケーション全体に適用することはできません。この機能は無効にされました。
msg.subscript.loaded  =サブスクリプト <%1$S> が返り値 ``%2$S'' で読み込まれました。
msg.user.info         =デフォルトのニックネーム, ``%S'', ユーザー名 ``%S'', 紹介文 ``%S''
msg.connection.info   ="%S: ユーザー %S は %S:%S (%S サーバー) 経由で接続しています。
msg.server.info       ="%S: 接続先 %S, 前回の Ping: %S, サーバーラウンドトリップ (lag): %S 秒
msg.connect.via       ="%S 経由で接続しました。
msg.user.mode         ="%S のユーザーモードは現在 %S です。
msg.not.connected     ="%S: 接続していません。
msg.insecure.server   =サーバー ``%S'' との接続は保護されていません。
msg.secure.connection =署名者: %S"
msg.security.info     =現在の接続に関するセキュリティ情報の表示
msg.going.offline     =&brandShortName; はオフラインモードに移行します。現在接続しているすべてのネットワークとチャンネルが切断されます。
msg.really.go.offline =オフラインにする
msg.dont.go.offline   =オフラインにしない
msg.offlinestate.offline =現在オフライン - オンラインにするにはアイコンをクリック
msg.offlinestate.online  =現在オンライン - オフラインにするにはアイコンをクリック
msg.member            =メンバー
msg.operator          =オペレータメンバー
msg.voiced            =発言メンバー
msg.voiceop           =オペレータと	発言メンバー
msg.no.mode           =モードなし
msg.topic.info        ="%S, %S: トピック ``%S''
msg.notopic.info      ="%S, %S: トピックなし
msg.channel.info      ="%S: %S / %S (%S) <%S>
msg.channel.details   ="%S/%S: %S 総ユーザー %S人, オペレータ %S人, 発言者 %S人
msg.nonmember         ="%S: すでに %S のメンバーではありません。
msg.end.status        =状態の表示は以上です。
msg.networks.heada    =利用可能なネットワークは [
msg.networks.headb    =] です。
msg.messages.cleared  =メッセージはクリアされました。
msg.match.unchecked   =(未チェックのユーザー: %S 人)
msg.matching.nicks    =次のユーザーがクエリーと合致します: %S. %S
msg.no.matching.nicks =クエリーと合致するユーザーはいません。 %S
msg.commands.header   =コマンドを指定して情報 (ヘルプ) を表示するには、/help <コマンド名> と入力します。
msg.matching.commands =パターン ``%S'' と合致する現在実装されているコマンドは [%S] です。\nコマンドを指定して情報 (ヘルプ) を表示するには、/help <コマンド名> と入力します。
msg.all.commands      =現在実装されているコマンドは [%S] です。
msg.help.intro        =さまざまな ChatZilla ヘルプがあります:\n  - |/commands| は ChatZilla に実装されているすべてのコマンドをリスト表示します。|/help <command-name>| を使用すると、個々のコマンドのヘルプが表示されます。\n  - IRC ヘルプウェブサイト <http://www.irchelp.org/> には、新しい IRC ユーザーのための入門記事があります。\n  - ChatZilla FAQ <http://chatzilla.hacksrus.com/faq> には、ChatZilla の使用時に関するよくある質問と回答があります。\n  - ChatZilla サポートチャンネル <irc://moznet/chatzilla> には、より高度な質問への回答が寄せられます。
msg.about.version     ="%S [[詳細][ChatZilla についてのダイアログに詳細があります][%S]]
msg.about.homepage    =詳しくは ChatZilla ホームページ <http://chatzilla.hacksrus.com/> を参照してください。
msg.newnick.you       =あなたは現在 %S として識別されています。
msg.newnick.notyou    ="%S は現在 %S として識別されています。
msg.view.hidden       ="%S (非表示)

msg.localeurl.homepage  =http://chatzilla.hacksrus.com/
msg.localeurl.faq       =http://chatzilla.hacksrus.com/faq/

msg.no.notify.list    =あなたの通知リストは空です。
msg.notify.addone     ="%S はあなたの通知リストに追加されました。
msg.notify.addsome    ="%S はあなたの通知リストに追加されました。
msg.notify.delone     ="%S はあなたの通知リストから削除されました。
msg.notify.delsome    ="%S はあなたの通知リストから削除されました。

msg.not.an.alias  =存在しない別名: %S"
msg.alias.removed =削除された別名: %S"
msg.alias.created =作成された別名: %S = %S"
msg.no.aliases    =別名が定義されていません。

msg.no.stalk.list     =追跡する対象はありません。
msg.stalk.list        =現在 [%S] を追跡しています。
msg.stalk.add         =現在 %S を追跡しています。
msg.stalk.del         =すでに %S は追跡していません。
msg.stalking.already  =すでに %S を追跡しています。

msg.status         =状態
msg.title.net.on   =ユーザー %S の所在: "%S" (%S:%S)
msg.title.net.off  =ユーザー %S はネットワーク "%S" に接続していません
msg.title.nonick   =<unregistered-user>
msg.title.no.topic =トピックなし
msg.title.no.mode  =モードなし
msg.title.channel  ="%S の所在 %S (%S): %S"
msg.title.user     ="%S %S との会話
msg.title.dccchat  ="%S との DCC の会話
msg.title.dccfile.send ="%S%% - ``%S'' %S に送信
msg.title.dccfile.get  ="%S%% - ``%S'' %S から受信
msg.title.unknown  =ChatZilla!
msg.title.activity ="%S -- 動き [%S]

msg.output.url       =URL
msg.output.knownnets =利用可ネット
msg.output.connnets  =接続中ネット
msg.output.notconn   =接続なし
msg.output.lag       =ラグ
msg.output.mode      =モード
msg.output.users     =ユーザー
msg.output.topic     =トピック
msg.output.via       =経由:
msg.output.to        =接続先:
msg.output.file      =ファイル
msg.output.progress  =進行状況
msg.output.cancel    =キャンセル

msg.logging.off     =ログ収集はオフです。
msg.logging.on      =ログ収集はオンです。ログはファイル <%S> に出力されます。
msg.logfile.closed  =ログファイルは閉じました。
msg.logfile.error   =ファイル <%S> を開けません。ログ収集は無効です。
msg.logfile.opened  =現在 <%S> にログ収集をしています。
msg.logfile.closing =ログファイル <%S> を閉じています。
msg.logfile.write.error =ファイル <%S> に書き込めません。ログ収集は無効です。
msg.logging.icon.off =ログ収集はオフです。このビューのログ収集を開始するにはアイコンをクリックしてください。
msg.logging.icon.on  =ログ収集はオンです。このビューのログ収集を停止するにはアイコンをクリックしてください。

msg.alert.icon.off =メッセージ通知はオフです。新着メッセージ通知の表示を開始するにはアイコンをクリックしてください。
msg.alert.icon.on  =メッセージ通知はオンです。新着メッセージ通知の表示を停止するにはアイコンをクリックしてください。

msg.already.connected  =あなたはすでに ``%S'' に接続しています。
msg.enter.nick         =ニックネームを選択してください。
msg.network.connecting =``%S'' への接続を試みています。中止するには /cancel を使用します。

msg.jumpto.button         =[[%1$S][%1$S 内のメッセージにジャンプ][%2$S]]
msg.jumpto.err.nochan     =``%S'' は開いていません。
msg.jumpto.err.noanchor   =アンカーが見つかりません。

msg.banlist.item      ="%S は %S の %S (%S) への立入りを禁止しました。
msg.banlist.button    =[[削除][この立ち入り禁止を削除します][%S]]
msg.banlist.end       ="%S の立入り禁止リストは以上です。
msg.exceptlist.item   ="%S は %S の %S (%S) への立入り禁止を取り消しました。
msg.exceptlist.button =[[削除][この立ち入り禁止例外を削除します][%S]]
msg.exceptlist.end    ="%S の立入り禁止例外リストは以上です。

msg.channel.needops   ="%S 内でそれを行うには、オペレータになる必要があります。

msg.ctcphelp.clientinfo =CLIENTINFO は、使用可能な CTCP コマンドに関する情報を表示します。
msg.ctcphelp.action     =ACTION は、ユーザーに対してある動作を実行します。
msg.ctcphelp.time       =TIME は、そのクライアントの地域の日付と時刻を表示します。
msg.ctcphelp.version    =VERSION は、そのクライアントのバージョンを表示します。
msg.ctcphelp.source     =SOURCE は、クライアントを得られるアドレスを表示します。
msg.ctcphelp.os         =OS は、クライアントのホストの OS とそのバージョンを表示します。
msg.ctcphelp.host       =HOST は、クライアントのホストアプリケーション名とそのバージョンを表示します。
msg.ctcphelp.ping       =PING は、そのクライアントに渡されたパラメーターを表示します。
msg.ctcphelp.dcc        =DCC は、Direct Client Connection (直接クライアント接続) を要求します。

# DCC CHAT messages.
msg.dccchat.sent.request =DCC チャットのオファーを ``%S'' にあなた (%S:%S) %S から送信しました。
msg.dccchat.got.request  =DCC チャットのオファーを ``%S'' (%S:%S) %S から受け取りました。
msg.dccchat.accepting        =自動受諾 DCC チャットのオファーを ``%S'' (%S:%S) から受け取りました。(%S 秒 %S)
msg.dccchat.accepting.now    =自動受諾 DCC チャットのオファーを ``%S'' (%S:%S) から受け取りました。
msg.dccchat.accepted     =``%S'' (%S:%S) との DCC チャットのオファーを受諾しました。
msg.dccchat.declined     =``%S'' (%S:%S) との DCC チャットのオファーを拒否しました。
msg.dccchat.aborted      =``%S'' (%S:%S) との DCC チャットは中止されました。
msg.dccchat.failed       =``%S'' (%S:%S) との DCC チャットは失敗しました。
msg.dccchat.opened       =``%S'' (%S:%S) との DCC チャットを接続しました。
msg.dccchat.closed       =``%S'' (%S:%S) との DCC チャットの接続を切断しました。

# DCC FILE messages.
msg.dccfile.sent.request =DCC ファイル転送オファーを ``%S'' にあなた (%S:%S) から送信しました: ``%S'' (%S) %S"
msg.dccfile.got.request  =DCC ファイル転送オファーを ``%S'' (%S:%S) から受け取りました: ``%S'' (%S) %S"
msg.dccfile.accepting        =自動受諾 DCC ファイル転送オファーを ``%S'' (%S:%S) / ``%S'' (%S) から受け取りました。(%S 秒 %S)
msg.dccfile.accepting.now    =自動受諾 DCC ファイル転送オファーを ``%S'' (%S:%S) / ``%S'' (%S) から受け取りました。
# 1 = file, 2 = to/from, 3 = nick, 4 = IP, 5 = port.
msg.dccfile.accepted     =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送を受諾しました。
msg.dccfile.declined     =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送を拒否しました。
msg.dccfile.aborted      =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送は中止されました。
msg.dccfile.failed       =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送は失敗しました。
msg.dccfile.opened       =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が開始しました。
msg.dccfile.closed.sent  =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。
# 6 = path, 7 = command for opening the folder
msg.dccfile.closed.saved =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。[[ダウンロード先フォルダーを開く][ファイルのダウンロード先のフォルダーを開きます][%S]]
msg.dccfile.closed.saved.mac =``%S'' %S ``%S'' (%S:%S) の DCC ファイル転送が完了しました。ファイルは ``%S'' に保存されました。 [[Finder で表示][Finder でダウンロード先のフォルダーを開きます][%S]]

# 1 = percent, 2 = current pos, 3 = total size, 4 = speed.
msg.dccfile.progress     ="%S%% 完了: %S / %S, %S"
msg.dccfile.send         =送信するファイルを選択
msg.dccfile.save.to      =受信ファイル (%S) を保存
msg.dccfile.err.notfound =指定されたファイルは見つかりませんでした。
msg.dccfile.err.notafile =指定されたパスは通常のファイルではありません。
msg.dccfile.err.notreadable =指定されたファイルは読み取りできません。

# General DCC messages.
msg.dcc.pending.matches  ="%S 件の受信保留の DCC オファーが合致しました。
msg.dcc.accepted.matches ="%S 件の DCC 接続が合致しました。
msg.dcc.matches.help     =この要求を識別するための一意のユーザーニックネームを指定するか、要求の種類やファイル名を必要に応じて含めてください。

msg.dcc.not.enabled      =DCC は無効です。DCC 機能が必要な場合は、設定ウインドウから有効にしてください。
msg.dcc.not.possible     =このバージョンのホストソフトウェアのプラットフォーム (Mozilla, Firefox など) は DCC が使用できません - "Scriptable Server Sockets" 機能がないためです。Mozilla では 2003-11-15 以降のビルド (Mozilla 1.6 以降) がこの機能を備えています。
msg.dcc.err.nouser       =|nickname| を指定するか、クエリービューからコマンドを実行する必要があります。
msg.dcc.err.accept.time  =|/dcc-accept| のショートフォームは、DCC 要求を受け取ってから 10 秒間は使用できません。
msg.dcc.err.notdcc       =|nickname| を指定するか、DCC チャットビューからコマンドを実行する必要があります。

# /dcc-list words and phrases.
msg.dcclist.dir.in       =受信
msg.dcclist.dir.out      =送信 (オファー)
msg.dcclist.to           =受信人
msg.dcclist.from         =送信人
## Params: index, state, direction (incoming/outgoing), DCC type, direction (to/from), user (ip:port), commands.
msg.dcclist.line         =%S: %S %S DCC %S %S %S (%S:%S) %S
## Params: waiting, running, done.
msg.dcclist.summary      =DCC セッション: 保留 %S, 接続 %S, 失敗 %S"

msg.dccaccept.disabled  =現在このネットワークでは DCC 自動受諾はできません。
msg.dccaccept.list      =現在このネットワークでは、[%S] からの DCC 自動受諾ができます。
msg.dccaccept.add       =このネットワークで %S からの DCC 自動受諾ができるようになりました。
msg.dccaccept.del       =このネットワークで %S からの DCC 自動受諾はできなくなりました。
msg.dccaccept.adderr    =このネットワークでは、%S からの DCC 自動受諾ができるようになっています。
msg.dccaccept.delerr    ="%S は、このネットワークの DCC 自動受諾リストにありません。

msg.dcc.command.accept  =[[受諾][この DCC オファーを受諾します][%S]]
msg.dcc.command.decline =[[拒否][この DCC オファーを拒否します][%S]]
msg.dcc.command.cancel  =[[キャンセル][この DCC オファーをキャンセルします][%S]]
msg.dcc.command.close   =[[閉じる][この DCC オファーを閉じます (切断)][%S]]

# DCC state names.
msg.dcc.state.abort      =中止
msg.dcc.state.request    =要求
msg.dcc.state.accept     =受諾
msg.dcc.state.connect    =接続
# 1 = percent, 2 = current pos, 3 = total size, 4 = speed.
msg.dcc.state.connectPro =接続中 (%S%% 完了: %S / %S, %S)
msg.dcc.state.disconnect =完了
msg.dcc.state.decline    =拒否
msg.dcc.state.fail       =失敗

# SI general format (1$ == number, 2$ == scale suffix).
msg.si.size  =%1$S %2$S
msg.si.speed =%1$S %2$S

# SI suffixes for sizes.
msg.si.size.0 =B
msg.si.size.1 =KiB
msg.si.size.2 =MiB
msg.si.size.3 =GiB
msg.si.size.4 =TiB
msg.si.size.5 =PiB
msg.si.size.6 =EiB

# SI suffixes for speeds.
msg.si.speed.0 =B/秒
msg.si.speed.1 =KiB/秒
msg.si.speed.2 =MiB/秒
msg.si.speed.3 =GiB/秒
msg.si.speed.4 =TiB/秒
msg.si.speed.5 =PiB/秒
msg.si.speed.6 =EiB/秒

msg.ident.server.not.possible =このバージョンのホストソフトウェアのプラットフォーム (Mozilla, Firefox など) は Ident Server が使用できません - "Scriptable Server Sockets" 機能がないためです。Mozilla では 2003-11-15 以降のビルド (Mozilla 1.6 以降) がこの機能を備えています。
msg.ident.error               =Ident Server の有効化でエラーが発生しました: %S"

msg.host.password =サーバー %S のパスワードを入力:
msg.url.key       =URL %S のキーを入力:

msg.startup.added    =<%1$S> は起動時に開くように設定されました。
msg.startup.removed  =<%1$S> は起動時に開かないように設定されました。
msg.startup.exists   =<%1$S> は現在、起動時に開くように設定されています。
msg.startup.notfound =<%1$S> は現在、起動時に開きません。

msg.test.hello   =[HELLO] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.info    =[INFO] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.error   =[ERROR] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.help    =[HELP] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.usage   =[USAGE] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.status  =[STATUS] メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.privmsg ="%S から %S への通常メッセージ: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.action  ="%S から %S へのアクションメッセージ: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.notice  ="%S から %S への通知メッセージ: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.url     =URL <http://www.mozilla.org> メッセージのサンプル
msg.test.styles  =テキストスタイル付きメッセージのサンプル: *太字*, _下線_, /イタリック体/, |等幅|
msg.test.emoticon =顔アイコン (Emoticon) メッセージのサンプル: :) :( :~( :0 :/ :P :| (*
msg.test.rheet   =Rheeeeeeeeeet! メッセージのサンプル
msg.test.topic   =Topic メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.join    =Join メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.part    =Part メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.kick    =Kick メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.quit    =Quit メッセージのサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.stalk   ="%S : /stalk との合致のサンプル: <http://testurl.com/foo.html>
msg.test.ctlchr  =制御文字のサンプル: >%01<\\1 -- >%05<\\5 -- >%10<\\10
msg.test.color   =文字色のサンプル: %033c%034o%034l%033o%033r%034%20%036t%036e%032s%034t%0f
msg.test.quote   =``二重引用符'' メッセージのサンプル

msg.welcome     =ChatZilla にようこそ...\n日本語が文字化けする場合には、“設定” ダイアログで文字エンコーディングを指定し直すか、下の入力フィールドに /charset iso-2022-jp (または utf-8) と入力します。\nChatZilla を使いこなすには、次の資料を参考になさってください。
msg.welcome.url =ChatZilla が URL から起動されたため、新しいビューが開きました。このビューの隣りのタブバーに表示されています。
msg.tabdnd.drop =ファイル ``%S'' をあなたの新しいモチーフとして使用しますか?
msg.default.status =ChatZilla にようこそ!

msg.closing =IRC との接続を切断します。今すぐ終了するにはもう一度 “閉じる” をクリックしてください。
msg.confirm.quit =あなたはまだネットワークに接続していますが、ChatZilla を終了してもよろしいですか?\n“はい” をクリックするとウインドウが閉じて、接続中のすべてのネットワークとチャンネルが切断されます。
msg.quit.anyway  =はい(&Q)
msg.dont.quit    =いいえ(&D)
msg.warn.on.exit =接続中に終了しようとしたら警告する

msg.whois.name     ="%S <%S@%S> ``%S''
msg.whois.channels ="%S: %S のメンバー
msg.whois.server   ="%S: %S ``%S'' に接続中
msg.whois.idle     ="%S: %S のアイドル状態 (%S から)
msg.whois.away     ="%S: 離席 - メッセージ ``%S''
msg.whois.end      ="%S の Whois 情報は以上です。

msg.ignore.list.1  =現在、だれも無視していません。
msg.ignore.list.2  =現在 [%S] を無視しています。
msg.ignore.add     =あなたは現在 %S を無視しています。
msg.ignore.adderr  =あなたはすでに %S を無視しています。
msg.ignore.del     =あなたはすでに %S を無視していません。
msg.ignore.delerr  =あなたの無視リストに %S はありません。

msg.you.invite     =あなたは %S を %S に招待しました。
msg.invite.you     ="%S (%S@%S) はあなたを %S に招待しました。

msg.nick.in.use    =ニックネーム ``%S'' はすでに使われています。/nick コマンドで別の名前を選択してください。
msg.retry.nick     =ニックネーム ``%S''  はすでに使われています。``%S'' を試しています。
msg.nick.prompt    =使用するニックネームを入力:

msg.tab.name.prompt =このタブの名前を入力:

msg.list.rerouted  =List の応答は ``%S'' ビューに表示されます。
msg.list.end       ="%S 件 (%S 件中) のチャンネルが表示されました。
msg.list.chancount =このサーバーには %S チャンネルがあります。すべての一覧の表示には時間がかかるため、ChatZilla からの応答が無くなったり、サーバーから切断されたりする可能性があります。[[チャンネル一覧][すべてのチャンネルの一覧を取得します][%S]]

msg.who.end        =``%S'' の Who が終了しました: %S 人のユーザーが見つかりました。
msg.who.match      =ユーザー %S, (%S@%S) ``%S'' (%S), %S のメンバーは <irc://%S/> に接続中です: %S hop(s)

msg.connection.attempt ="%S (%S) に接続しています... [[キャンセル][%S への接続をキャンセルします][%S]]
msg.connection.refused ="%S (%S) との接続は拒否されました。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.refused]]
msg.connection.abort.offline =オフラインモードに移行しようとしたため、%S (%S) との接続は失敗しました。
msg.connection.abort.unknown =エラー (%S) が原因で、%S (%S) との接続は失敗しました。
msg.connection.timeout ="%S (%S) との接続は時間切れになりました。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.timeout]]
msg.unknown.host       ="%S (%S) に接続するホスト ``%S'' が不明です。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.unknown.host]]
msg.invalid.cert       ="%S のセキュリティ証明書は無効です。このサーバーを信頼する場合は例外に追加してください。[[例外に追加][セキュリティ証明書の例外を追加するダイアログを開きます][%S]]
msg.connection.closed  ="%S (%S) との接続は閉じられました。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.closed]]
msg.connection.reset   ="%S (%S) との接続はリセットされました。 [[ヘルプ][このエラーについての詳しい情報をオンラインで表示します][faq connection.reset]]
msg.connection.quit    ="%S (%S) との接続を切断しました。 [[再接続][%S に再接続します][%S]]
msg.close.status       ="%S (%S) との接続は閉じられました。状態: %S"

msg.proxy.connection.refused =あなたが設定したプロキシーサーバーは、接続を拒否しました。
msg.unknown.proxy.host       ="%S (%S) に接続するプロキシーホストが不明です。

# In these messages, the first replacement string is a connection error from above.
msg.connection.exhausted   ="%S 接続の試行回数を終えたため、あきらめます。
msg.reconnecting.in        ="%S %S に再接続します。 [[キャンセル][%S への再接続をキャンセルします][%S]]
msg.reconnecting.in.left   ="%S (試行の残り %S 回) %S に再接続します。 [[キャンセル][%S への再接続をキャンセルします][%S]]
msg.reconnecting.in.left1  ="%S (試行の残り 1 回) %S に再接続します。 [[キャンセル][%S への再接続をキャンセルします][%S]]

msg.reconnecting           =再接続中...
msg.confirm.disconnect.all =すべてのネットワークとの接続を切断してもよろしいですか?
msg.no.connected.nets      =接続中のネットワークはありません。
msg.no.reconnectable.nets  =再接続するネットワークはありません。

msg.ping.reply         ="%S (%S) からの Ping 応答です。
msg.ping.reply.invalid ="%S からの不完全な Ping 応答です。
msg.prefix.response    ="%S, あなたの結果:

msg.topic.changed ="%S がトピックを ``%S'' に変更しました。
msg.topic         ="%S のトピックは ``%S'' です。
msg.no.topic      =チャンネル %S のトピックはありません。
msg.topic.date    ="%S のトピックは %S によって %S に設定されました。

msg.you.joined      =あなた (%S) は %S に参加しました。
msg.someone.joined  ="%S (%S@%S) は %S に参加しました。
msg.you.left        =あなた (%S) は %S から退出しました。
msg.you.left.reason =あなた (%S) は %S から退出しました。(%S)
msg.someone.left    ="%S は %S から退出しました。
msg.someone.left.reason ="%S は %S から退出しました。%S"
msg.youre.gone      =あなた (%S) は %S から %S (%S) によって追い出されました。
msg.someone.gone    ="%S は %S から %S (%S) によって追い出されました。

msg.mode.all        ="%S のモードは %S です。
msg.mode.changed    =モード %S が、%S によって設定されました。

msg.away.on      =あなたは離席 (%S) とマークされています。復帰するには、ニックネームのボタンをクリックするか、|/back| コマンドを使用してください。
msg.idle.away.on =あなたは自動的に離席 (%S) とマークされます (何も入力しない状態で %S 分後)。
msg.away.off     =あなたは現在、離席とはマークされていません。
msg.away.prompt  =離席用のメッセージを入力:
msg.away.default =離席します
msg.away.idle.default =離席します。

msg.you.quit     =あなた (%S) は %S (%S) から退出しました。
msg.someone.quit ="%S は %S (%S) から退出しました。

msg.unknown.ctcp =不明な CTCP %S (%S) が %S からあります。

msg.fonts.family.fmt   =フォントは ``%S'' です。
msg.fonts.family.pick  =使用するフォント系を入力:
msg.fonts.size.fmt     =フォントサイズは %S pt です。
msg.fonts.size.default =フォントサイズはデフォルトです。
msg.fonts.size.pick    =使用するフォントサイズを入力。注意: 非数値を入力するとデフォルトサイズになります。

msg.supports.chanTypes =サポートされているチャンネルの種類: %S"
msg.supports.chanModesA =サポートされているチャンネルモード (A: lists): %S"
msg.supports.chanModesB =サポートされているチャンネルモード (B: param): %S"
msg.supports.chanModesC =サポートされているチャンネルモード (C: on-param): %S"
msg.supports.chanModesD =サポートされているチャンネルモード (D: boolean): %S"
msg.supports.userMode ="%S (%S)
msg.supports.userModes =サポートされているチャンネルのユーザーモード: %S"
msg.supports.flagsOn =このサーバーはサポートしています: %S"
msg.supports.flagsOff =このサーバーはサポートしていません: %S"
msg.supports.miscOption ="%S=%S"
msg.supports.miscOptions =サーバーの設定/上限: %S"
msg.supports.caps =サポートされたキャパビリティ: %S"
msg.supports.capsOn =有効なキャパビリティ: %S"


msg.caps.list =利用可能なキャパビリティ: %S"
msg.caps.on =キャパビリティ %S を有効にしました。
msg.caps.off =キャパビリティ %S を無効にしました。
msg.caps.error =キャパビリティ %S は不正です。


msg.conf.mode.on     =このビューは会議モードになりました。参加、離席、退出、ニックネームの変更は公開されません。
msg.conf.mode.stayon =このビューは会議モードです。参加、離席、退出、ニックネームの変更は公開されません。
msg.conf.mode.off    =このビューは会議モードではなくなりました。参加、離席、退出、ニックネームの変更が公開されます。

# Join Network/Channel dialog
msg.cd.updated    =ネットワークのチャンネル一覧のキャッシュ先: %S"
msg.cd.updated.format =%Y-%m-%d
msg.cd.updated.never =ネットワークのチャンネル一覧はキャッシュされません
msg.cd.create     =<新規チャンネルを作成>
msg.cd.filtering  ="%S 件 (%S 件中) のチャンネルを振り分けています...
msg.cd.showing    ="%S 件 (%S 件中) のチャンネルを表示しています。
msg.cd.wait.list  =リストの作成が終了するのを待っています...
msg.cd.fetching   =チャンネル一覧を取得しています...
msg.cd.fetched    ="%S 件のチャンネルが取得されました...
msg.cd.error.list =チャンネル一覧の読み込みにエラーが発生しました。
msg.cd.loaded     ="%S 件のチャンネルを読み込みました...


msg.urls.none   =保存されている URL はありません。
msg.urls.header =保存されている URL の最新 %S 件を、新しい順にリスト表示します:
msg.urls.item   =URL %S: %S"

msg.save.completeview         =ビュー (完全)
msg.save.htmlonlyview         =ビュー (HTML のみ)
msg.save.plaintextview        =ビュー (標準テキスト)
msg.save.files.folder         =%S_files
msg.save.dialogtitle          =ビュー ``%S'' を別名で保存...
msg.save.err.no.ext           =通常の拡張子か <savetype> を指定しなければ保存できません。
msg.save.err.invalid.path     =パス ``%S'' は、保存先として有効なパスあるいは URL ではありません。ローカルファイルのパスか、file:/// URL だけが指定できます。
msg.save.err.invalid.ext      =拡張子 ``%S'' は、<savetype> がなければ使用できません。ファイルの拡張子に |.xhtml|, |.xhtm|, |.html|, |.htm|, |.txt| を使用するか、<savetype> を指定してください。
msg.save.err.invalid.savetype =ファイルの種類 ``%S'' は、保存するファイルの種類として使用できません。 |complete|, |htmlonly|, |text| のいずれかを使用してください。
msg.save.err.failed           =ビュー ``%1$S'' の ``%2$S'' への保存は失敗しました:\n ``%3$S''
msg.save.fileexists           =ファイル ``%S'' はすでに存在します。\n上書きするときは [OK] を、しないときには [キャンセル] をクリックしてください。
msg.save.successful           =ビュー ``%1$S'' は、無事に ``%2$S'' に保存されました。

# CEIP
msg.ceip.msg1     =ChatZilla があなたに Customer Experience Improvement Program への参加を希望しています。%1$S または %2$S できます。
msg.ceip.msg2     =|/%1$S| はこのリクエストに応えて参加します。|/%2$S| はこのリクエストを無視します。
msg.ceip.enabled  =すべての Customer Experience Improvement Program オプションがオンになりました。あなたを煩わせることなくデータが収集され、定期的に送信されます。
msg.ceip.disabled =すべての Customer Experience Improvement Program オプションがオフになりました。データは収集、送信されません。
msg.ceip.command.yes =[[参加][CEIP に参加します][%S]]
msg.ceip.command.no  =[[無視][CEIP に参加しません][%S]]
msg.ceip.upload.ok     =Customer Experience Improvement Program: \u201C%S\u201D がアップロードされました。
msg.ceip.upload.failed =Customer Experience Improvement Program: \u201C%S\u201D のアップロードに失敗しました。エラー: \u201C%S\u201D

# Plugin installation
msg.install.plugin.err.download     =プラグインのダウンロード中にエラーが発生しました: %S"
msg.install.plugin.err.remove.temp  =一時ファイルの削除中にエラーが発生しました: %S"
msg.install.plugin.err.no.name      =ソースからプラグイン名を選択できません。代わりに一つを指定してください。
msg.install.plugin.err.protocol     =申し訳ありませんが、ソースの場所に未知のプロトコルが指定されています。プロトコルは 'file', 'http' および 'https' のみに対応しています。
msg.install.plugin.err.install.to   =インストールに相応しい場所が見つけられません (initialScripts)。initialScripts の設定を修正してください。例えば、次のコマンドを使用して設定をリセットします: |/pref initialScripts - |。注意: このコマンドは、このリストからインストールしたプラグインを削除します!
msg.install.plugin.err.check.sd     =ソースとインストール先の確認中にエラーが発生しました: %S"
msg.install.plugin.err.many.initjs  =この ChatZilla プラグインには複数の 'init.js' ファイルが含まれているためインストールできません。
msg.install.plugin.err.mixed.base   =この ChatZilla プラグインの 'init.js' ファイルには他のファイルで使用されていない基本パスが設定されています。このプラグインは現在の状態では機能しない可能性があります。
msg.install.plugin.err.already.inst =この ChatZilla プラグインはすでにインストールされています。
msg.install.plugin.err.extract      =圧縮されたソースの展開中にエラーが発生しました: %S"
msg.install.plugin.err.installing   =ソースのインストール中にエラーが発生しました: %S"
msg.install.plugin.err.format       =ソースに指定された書式はプラグインインストーラーが理解できません。
msg.install.plugin.err.removing     =プラグインの読み込みまたは有効化でエラーが発生しました。このプラグインを削除します。
msg.install.plugin.err.spec.name    =プラグイン名が指定されていません!

msg.install.plugin.select.source    =インストールするスクリプトを選択...

msg.install.plugin.warn.name        =インストールするプラグイン名をソースコードにマッチさせるため '%S' から '%S' へ変更しました。
msg.install.plugin.downloading      =プラグインを '%S' からダウンロードしています...
msg.install.plugin.installing       ='%S' から '%S' へインストールしています...
msg.install.plugin.done             =完了。ChatZilla プラグイン '%S' がインストールされました!

# Munger
munger.mailto=Mailto
munger.link=URL
munger.channel-link=IRC チャンネル
munger.bugzilla-link=Bugzilla リンク
munger.face=顔アイコン
munger.ear=Ear
munger.quote=二重引用符
munger.rheet=Rheet
munger.bold=太字
munger.italic=イタリック体
munger.talkback-link=トークバックリンク
munger.teletype=テレタイプ
munger.underline=下線
munger.ctrl-char=制御文字


# Date/Time representations for strftime

datetime.day.long    =Sunday^Monday^Tuesday^Wednesday^Thursday^Friday^Saturday
datetime.day.short   =Sun^Mon^Tue^Wed^Thu^Fri^Sat
datetime.month.long  =January^February^March^April^May^June^July^August^September^October^November^December
datetime.month.short =Jan^Feb^Mar^Apr^May^Jun^Jul^Aug^Sep^Oct^Nov^Dec

datetime.uam =AM
datetime.lam =am
datetime.upm =PM
datetime.lpm =pm

datetime.presets.lc =%Y-%m-%d %H:%M:%S
datetime.presets.lr =%I:%M:%S %p
datetime.presets.lx =%Y-%m-%d
datetime.presets.ux =%H:%M:%S


# Messages used in config.js, part of the pref window.

# We only allow one pref window open at once, this occurs when a 2nd is opened.
msg.prefs.alreadyOpen  =ChatZilla の設定ウインドウはすでに開いています。複数の設定ウインドウを開くことはできません。

msg.prefs.err.save =設定の保存中に例外が発生しました: %S"

msg.prefs.browse       =選択...
msg.prefs.browse.title =ChatZilla の選択
msg.prefs.move.up      =上へ移動
msg.prefs.move.down    =下へ移動
msg.prefs.add          =追加...
msg.prefs.edit         =編集
msg.prefs.delete       =削除

msg.prefs.list.add     =追加するアイテムを入力:
msg.prefs.list.edit    =必要に応じてアイテムを編集:
msg.prefs.list.delete  =アイテム "%S" を削除してもよろしいですか?

msg.prefs.object.delete =オブジェクト "%S" とその設定のすべてを削除してもよろしいですか?
msg.prefs.object.reset  =""%S" の設定のすべてをデフォルトにリセットしてもよろしいですか?

# First is for adding prefix/suffix to the overall header, and the next three
# are for the different objects (first is network name, second is channel/user
# name).
msg.prefs.fmt.header          ="%S"
msg.prefs.fmt.display.network =ネットワーク %S"
msg.prefs.fmt.display.channel =ネットワーク %S, チャンネル %S"
msg.prefs.fmt.display.user    =ネットワーク %S, ユーザー %S"

# Name for "global" object.
msg.prefs.global              =共通設定

# Localized names for all the prefs and tooltip "help" messages.
# NOTE: "Bugzilla", "Chatzilla" and "mIRC" are product names.
pref.activityFlashDelay.label   =点滅の長さ
pref.activityFlashDelay.help    =タブに動作が設定されているときに追加する動作で、タブを点滅させます。点滅する長さを指定しますが、0 で点滅しなくなります。
pref.alert.globalEnabled.label  =全体で有効化
pref.alert.globalEnabled.help   =有効にすると、すべての通知が表示されるように設定されます。無効にすると、通知は表示されません。どちらにしても全体の設定が切り替わります。
pref.alert.enabled.label        =有効化
pref.alert.enabled.help         =有効にすると、このビューのポップアップが表示されます。
pref.alert.nonFocusedOnly.label =ウインドウがアクティブでない時のみ
pref.alert.nonFocusedOnly.help  =有効にすると、ウインドウがアクティブの時にすべてのメッセージ通知が抑制されます。無効にすると、アクティブでないビューのメッセージ通知が表示されます。チャンネルモデレータまたは流量の少ないチャンネルではチェックを外してください。
pref.alert.channel.event.label  =チャンネルイベントの通知
pref.alert.channel.event.help   =join、part、kick、usermode、および他のシステムメッセージについてのメッセージ通知を表示します。チャンネルモデレータまたは流量の少ないチャンネル向けの設定です。
pref.alert.channel.chat.label   =チャンネルチャットの通知
pref.alert.channel.chat.help    =通常のチャットメッセージについてのメッセージ通知を表示します。流量の多いチャンネルではオフにするとよいでしょう。モデレータまたは流量の少ないチャンネル向けの設定です。
pref.alert.channel.stalk.label  =チャンネル追跡の通知
pref.alert.channel.stalk.help   =追跡単語を含むメッセージについてのメッセージ通知を表示します。
pref.alert.user.chat.label      =ユーザーチャットの通知
pref.alert.user.chat.help       =プライベートメッセージについてのメッセージ通知を表示します。
pref.aliases.label              =コマンドの別名
pref.aliases.help               =個々のコマンドまたは連なったコマンドに、ショートカットを作成できます。それぞれのアイテムは "<name> = <command-list>" の書式とします。コマンドリストには、"/" を付けずにコマンドとパラメーターを列挙して ";" で区切ります。別名は ChatZilla の起動時に、自動的にコマンドに変換されます。
pref.autoAwayCap.label          =ユーザーの在席/離席自動チェックの上限
pref.autoAwayCap.help           =ChatZilla は、あなたがメンバーになっているチャンネル上にどのユーザーがいてどのユーザーが離席しているのか、自動的にチェックできます。ただし、大きなチャンネルでは負荷が大きいため、チェックするチャンネルに上限を設定できます。
pref.autoAwayPeriod.label       =在席/離席自動チェックの間隔
pref.autoAwayPeriod.help        =ChatZilla は、あなたがメンバーになっているチャンネル上にどのユーザーがいてどのユーザーが離席しているのか、自動的にチェックできます。ここでは、チェックの間隔を分数で指定します。
pref.autoRejoin.label           =Kick されたとき再参加する
pref.autoRejoin.help            =有効にすると、ChatZilla はあなたが Kick された (追い出された) チャンネルへの再参加を一度だけ試みます。チャンネルによっては、自動再参加を嫌ってあなたを立入り禁止にすることがあるので注意してください。
pref.away.label                 =在席/離席の状態
pref.away.help                  =
pref.awayIdleTime.label         =Auto-away タイムアウト
pref.awayIdleTime.help          =非アクティブになってからステータスが "away" に設定されるまでの時間です。この機能は新しいバージョンの &brandShortName; でのみ動作します。無効にするには値を 0 に設定します。
pref.awayIdleMsg.label          =Auto-away のメッセージ
pref.awayIdleMsg.help           =ChatZilla から離席したときに使用されるメッセージです。
pref.awayNick.label             =離席用ニックネーム
pref.awayNick.help              =デフォルトのニックネームとは別のニックネームを指定しておくと、あなたが離席とマークしたとき自動的に使用されます。指定しなければ、デフォルトのニックネームが使用されます。
pref.bugKeyword.label           =Bug キーワード
pref.bugKeyword.help            =複数のバグを追跡するキーワードを、"|" で区切られた正規表現で指定できます。(例: bug|issue|case|ticket)
pref.bugURL.label               =Bugzilla URL
pref.bugURL.help                =バグ情報にリンクする URL です。"%s" はバグ番号に置き換えられます。テキスト "bug " に番号が続いているとき、この URL を使用してリンクに変換します。
pref.bugURL.comment.label       =Bugzilla URL のコメント番号
pref.bugURL.comment.help        =バグの特定のコメントへのリンクに使用される URL または接尾辞です。完全な URL を指定した場合、"%1$S" はバグ番号または別名に、"%2$S" はコメント番号に置き換えられます。接尾辞を指定した場合、"%S" はコメント番号に置き換えられます。"bug " に続けて数字を入力するか、"#" と 1~20 文字の単語 (バグの別名) に続けて " comment " ともう一つの数字を入力すると、この URL または接尾辞を使用したリンクを挿入します。
pref.charset.label              =文字エンコーディング
pref.charset.help               =非 ASCII 文字のメッセージを正しく表示するには、その文字エンコーディングに合わせる必要があります。日本語 IRC では通常 iso-2022-jp か utf-8 を使用しています。
pref.collapseMsgs.label         =メッセージを折りたたむ
pref.collapseMsgs.help          =1 人からの複数のメッセージには最初のメッセージだけにニックネームを表示するので、ニックネームがくり返し表示されるよりもすっきりします。
pref.collapseActions.label      =メッセージを折りたたむときアクションも折りたたむ
pref.collapseActions.help       =1 人からの複数のアクションには、最初のアクションだけにニックネームを表示するので、ニックネームがくり返し表示されるよりもすっきりします。
pref.conference.limit.label     =会議モードの人数
pref.conference.limit.help      =チャンネルのユーザーが指定した数を超えると、ChatZilla はそのチャンネルを “会議モード” に切り替え、JOIN, PART, QUIT, NICK を使用して特定のユーザーのメッセージだけを表示します。ユーザー数が下がれば、自動的に通常動作に戻ります。0 に設定すると “会議モード” は使われず、1 に設定すると常に使われます。
pref.connectTries.label         =接続の試行回数
pref.connectTries.help          =ChatZilla がサーバーまたはネットワークに接続を試みる回数です。-1 を設定すると、無制限に試行します。
pref.copyMessages.label         =重要なメッセージをコピーする
pref.copyMessages.help          =“重要” とマークされたメッセージが、ネットワークビューにもコピーされます。長時間離席しても、あなた宛のメッセージを見逃さないようにできます。
pref.dcc.enabled.label          =DCC を有効にする
pref.dcc.enabled.help           =無効にすると、DCC (直接クライアント接続)  関連のコマンドは動作しなくなり、ほかのユーザーからのすべての DCC 要求が無視されます。
pref.dcc.autoAccept.list.label  =自動受諾リスト
pref.dcc.autoAccept.list.help   =DCC チャット/ファイルのオファーを自動的に受諾するニックネームのリストです。"*" をワイルドカードに使用すると Hostmask も受諾します。リストが空白のときには、すべての DCC 要求を手動で受諾または拒否することになります。
pref.dcc.downloadsFolder.label  =ダウンロード用フォルダー
pref.dcc.downloadsFolder.help   =DCC 経由で受け取るファイルの、デフォルトの保存先を指定します。
pref.dcc.listenPorts.label      =待ち受けポート
pref.dcc.listenPorts.help       =ほかのユーザーが外部から接続できるポートのリストです。各アイテムは単一のポート番号か、 “下限-上限” で範囲を指定します。空白にすると、OS がポートをランダムに選択します。あなたがだれかに DCC 接続を求めるたびに、リストの次のポートが選択されます。
pref.dcc.useServerIP.label      =サーバーからローカル IP を取得する
pref.dcc.useServerIP.help       =有効にすると、接続時に ChatZilla があなたの IP アドレスをサーバーに問い合わせます。これにより、ゲートウェイあるいは NAT ペースのシステム上で使用するときに、正確な IP アドレスを取得できます。
pref.debugMode.label            =デバッグモード
pref.debugMode.help             =この設定は ChatZilla のデバッグ用で、多くのデバッグ出力を (通常はコンソールに) 生成します。文字のリストは、必要なデバッグメッセージへのショートカットです。"c" はコンテキストメニューが開いているときにデータをダンプし、"d" はディスパッチコマンドによりデータをダンプし、"t" はフックおよびイベントキュー処理に関するデータをダンプします。
pref.defaultQuitMsg.label       =標準の退出メッセージ
pref.defaultQuitMsg.help        =標準の退出メッセージが明示的に指定されていないときに指定します。ChatZilla デフォルトのメッセージ (バージョン情報だけ) を使用するときには空白にします。
pref.desc.label                 =紹介文
pref.desc.help                  =あなたの /whois 情報の "description/紹介文" (または "real name/本名") 欄に表示されるものです。一般的にはユーザーの本名を含めるために使用されますが、なにも入力しなくてもかまいません。
pref.deleteOnPart.label         =離席したチャンネルビューを削除する
pref.deleteOnPart.help          =/leave または /part コマンドで離席したときに、チャンネルビューも閉じます。
pref.displayHeader.label        =ヘッダーを表示する
pref.displayHeader.help         =チャットヘッダーをそのビューに表示します。ヘッダーには現在のビューの URL や、チャンネル ビューのトピック、モードなどの情報が含まれています。
pref.font.family.label          =フォント
pref.font.family.help           =ChatZilla がメッセージを表示するためのフォントを選択します。フォントに "default" を指定すると、"serif", "sans-serif", "monospace" には一般的なフォント設定が使用されます。他のフォントを使用する場合はフォント名を直接入力します。
pref.font.size.label            =フォントサイズ (pt)
pref.font.size.help             =ChatZilla に表示するメッセージのフォントの大きさを整数値で選択します。"0" を指定すると、共通設定のフォントサイズが使用されます。ほかのサイズを使用するときには、ポイント (pt) で入力します。
pref.guessCommands.label        =不明なコマンドを推測する
pref.guessCommands.help         =もし、入力されたコマンド ("/" で始まる) を ChatZilla が理解できなかった場合に、そのコマンドをサーバーに送信して “推測” を試みます。
pref.hasPrefs.label             =設定を持つオブジェクト
pref.hasPrefs.help              =オブジェクトが保存された環境設定を持つことを示します。設定ウインドウには表示されません。 :)
pref.identd.enabled.label       =接続の過程で認証サーバーを有効にする
pref.identd.enabled.help        =ChatZilla が、ident (identd) 応答を要求するサーバーに接続することを許可します。
pref.initialURLs.label          =自動接続する URL
pref.initialURLs.help           =ChatZilla の起動時に接続させる IRC URL のリストです。ChatZilla が、IRC ホストへのリンクをクリックして起動されたときには読み込まれません。
pref.initialScripts.label       =自動読み込みスクリプト
pref.initialScripts.help        =ChatZilla の起動時に、このリストに載っているスクリプトのすべてを読み込みます。あるアイテムがディレクトリーだった場合には、そのディレクトリーやサブディレクトリーから "init.js" を読み込みます。
pref.inputSpellcheck.label      =入力ボックスのスペルをチェック
pref.inputSpellcheck.help       =入力ボックスのスペルのチェックをオン/オフします。この機能は最近のバージョンで追加されました。
pref.link.focus.label           =リンクを開くときブラウザーを手前に表示する
pref.link.focus.help            =ChatZilla から URL リンクを開くときに、ブラウザーウインドウを手前に移動します。
pref.log.label                  =ビューのログ収集をする
pref.log.help                   =ChatZilla にそのビューのログを収集させます。ログファイルは通常あなたのプロファイル内に保存されますが、"Profile path" (ベースとなるパス) あるいは特定のビューのログファイル名を指定することもできます。
pref.logFileName.label          =ログファイル名
pref.logFileName.help           =そのビューのログを記録するファイルです。ビューが現在開いていてログ収集が行われている場合には、次のログ収集が開始するまでこのオプションの変更は有効になりません。
pref.logFile.client.label       =Client のログファイル
pref.logFile.client.help        =Client ビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
pref.logFile.network.label      =ネットワークのログファイル
pref.logFile.network.help       =ネットワークビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
pref.logFile.channel.label      =チャンネルのログファイル
pref.logFile.channel.help       =チャンネルビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
pref.logFile.user.label         =ユーザーのログファイル
pref.logFile.user.help          =ユーザー/クエリービューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
pref.logFile.dccuser.label      =DCC のログファイル
pref.logFile.dccuser.help       =DCC チャット/ファイルビューのログファイル名を指定します。これは 'log folder' のフルパスに追加されます。
pref.logFolder.label            =ログフォルダー名
pref.logFolder.help             =すべてのログのベースとなる場所を指定します。ログファイルごとの環境設定は、ログファイルの種類と一致する名前を指定します。
pref.messages.click.label       =通常のクリック
pref.messages.click.help        =URL を通常通りクリックしたときの動作です。
pref.messages.ctrlClick.label   =Control+クリック
pref.messages.ctrlClick.help    =URL を Control キーを押しながらクリックしたときの動作です。
pref.messages.metaClick.label   =Alt/Meta+クリック
pref.messages.metaClick.help    =URL を Alt または Meta キーを押しながらクリックしたときの動作です。
pref.messages.middleClick.label =中クリック
pref.messages.middleClick.help  =URL をマウスの中ボタンでクリックしたときの動作です。
pref.motif.dark.label           =暗いモチーフ
pref.motif.dark.help            =暗いモチーフは “表示” メニューの “ページのカラー” から選択できます。
pref.motif.light.label          =明るいモチーフ
pref.motif.light.help           =明るいモチーフは “表示” メニューの “ページのカラー” から選択できます。
pref.motif.current.label        =現在のモチーフ
pref.motif.current.help         =現在選択されているモチーフファイルです。モチーフはチャットビューをどのように表示するのか記載した CSS ファイルで、表示をカスタマイズするために使用されます。
pref.multiline.label            =複数行入力モードにする
pref.multiline.help             =メッセージの入力フィールドを、複数行入力ボックスと 1 行入力フィールドのどちらにするか指定します。
pref.munger.bold.label          =太字
pref.munger.bold.help           =星印で囲んだテキスト (例: *太字*) を太字体として表示します。
pref.munger.bugzilla-link.label =Bugzilla リンク
pref.munger.bugzilla-link.help  =""Bugzilla URL"をリンク先として、"bug <番号>" をそのバグへのリンクに変換します。
pref.munger.channel-link.label  =チャンネルリンク
pref.munger.channel-link.help   =""#channel" をそのチャンネルへのリンクに変換します。
pref.munger.colorCodes.label    =mIRC カラー
pref.munger.colorCodes.help     =チャットテキストの色付き表示を、そのほかの mIRC コード (太字や下線付き) とともに有効にします。無効に設定すると ChatZilla はコードを無視します。
pref.munger.ctrl-char.label     =制御文字
pref.munger.ctrl-char.help      =ChatZilla が理解しない制御文字でも表示します。
pref.munger.face.label          =顔アイコン (Emoticon)
pref.munger.face.help           =:-) や ;-) などの一般的な顔文字を画像で表示します。
pref.munger.italic.label        =イタリック体
pref.munger.italic.help         =スラッシュで囲まれたテキスト (例: /イタリック体/) をイタリック体として表示します。
pref.munger.link.label          =ウェブリンク
pref.munger.link.help           =URL と思われるテキストをリンクに変換します。
pref.munger.mailto.label        =メールリンク
pref.munger.mailto.help         =メールアドレスと思われるテキストをリンクに変換します。
pref.munger.quote.label         =全角クオート
pref.munger.quote.help          =クオート `` を “ に、'' を ” に置き換えます。
pref.munger.rheet.label         =Rheet
pref.munger.rheet.help          =""rheet" をリンクに変換します (Mozilla.org ならではの機能です)。
pref.munger.talkback-link.label =Talkback リンク
pref.munger.talkback-link.help  =ハイパーリンク "TB<numbers><character>" を Talkback スタックトレースに変換します。
pref.munger.teletype.label      =テレタイプ
pref.munger.teletype.help       =|テレタイプ| をテレタイプ (等幅フォント) として表示します。
pref.munger.underline.label     =下線付き
pref.munger.underline.help      =アンダースコアで囲まれたテキスト (例: _下線付き_) を下線付きとして表示します。
pref.munger.word-hyphenator.label =長い文字列のハイフンつなぎ
pref.munger.word-hyphenator.help  =長い単語や URL に自動的にハイフンポイントを挿入し、画面の幅に合わせて折り返せるようにします。
pref.newTabLimit.label          =自動生成ビューの最大数
pref.newTabLimit.help           =ChatZilla が自動的に作成するであろうビュー (例えばクエリービュー) の数を指定します。制限数に達してからは、プライベートメッセージは現在のビューに表示されるようになります。"0" に設定すると無制限になり、"1" ではビューの自動生成が禁止されます。
pref.nickCompleteStr.label      =ニックネーム完成文字
pref.nickCompleteStr.help       =この文字は、行の初めでタブ完成したときにニックネームに付加されます。
pref.nickname.label             =ニックネーム
pref.nickname.help              =IRC 上にいるときに、参加者全員から見られる名前です。好きな名前が使えますが、特殊文字を含めることはできません。半角英数字を用いてください。
pref.nicknameList.label         =ニックネームリスト
pref.nicknameList.help          =あなたのニックネームがすでに使用されているとき、代わりに使用するニックネームのリストです。デフォルトのニックネームをリストに加える必要はありません。
pref.notify.aggressive.label    =目立つ通知方法にする
pref.notify.aggressive.help     =だれかがあなたにプライベートメッセージを送ったり、あなたのニックネームを挙げたり、“追跡単語” に含まれる単語を使用したときに、ChatZilla がそのメッセージはあなたの注意を引くに値すると判断します。この設定では、あなたの注意を引くためにウインドウを点滅させるのか、ウインドウを一番手前に移動するのか (OS によって変わります) を指定します。
pref.notifyList.label           =通知リスト
pref.notifyList.help            =リストに載っているニックネームが、オンラインかそうでないかを定期的にチェックします。ChatZilla は 5 分おきにこのリストをチェックして、もしだれかがオンラインになったりオフラインに移行したときに通知します。
pref.outgoing.colorCodes.label  =カラー コードの送信を有効にする
pref.outgoing.colorCodes.help   =カラー コードやそのほかの mIRC コード (例えば太字、下線付き) を、特別な %-シーケンスを使用して送信できるようにします。有効にすると、単に "%" をタイプすれば選択用のポップアップが表示されます。
pref.outputWindowURL.label      =出力ウインドウ
pref.outputWindowURL.help       =あなたはこれを変更したくはないと思います。チャットビューは、メッセージ本体やヘッダーなどを表示するためにこの URL を読み込みます。ファイルはそれらのアイテムを正しく定義するはずですが、ときには JavaScript エラーを表示したり、空白ウインドウを表示することさえあります!
pref.profilePath.label          =プロファイルのパス
pref.profilePath.help           =ChatZilla に関連付けられたファイルのための、ベースとなる場所です。標準では、ChatZilla はスクリプトを "scripts" というサブディレクトリーに読み込み、ログファイルを "log" というサブディレクトリーに保存します。
pref.proxy.typeOverride.label   =プロキシーの種類
pref.proxy.typeOverride.help    =ここに "http" を指定すると、ブラウザーの HTTP プロキシー設定を上書きします。"none" を指定するとプロキシーは (SOCKS プロキシーさえも) 使用されません。ただし通常は、ブラウザーのプロキシー設定を手動で行うようにしていなければ動作しません。
pref.reconnect.label            =予期せずに切断したとき再接続する
pref.reconnect.help             =接続が予期せずに失われた場合、ChatZilla はそのサーバーに自動的に再接続できます。
pref.websearch.url.label        =ウェブ検索 URL
pref.websearch.url.help         =ウェブ検索に使用する URL です。検索語は、この URL に追加されます。URL に渡す検索語の部分にオプションパラメーター %s を含めてください (例: "http://www.searchwebsite.com/search?q=%s")。このフィールドを空にすると、ブラウザーの検索エンジンが使用されます (ChatZilla がブラウザープラグインとして実行されていない場合は Google を使用します)。
pref.showModeSymbols.label      =ユーザーモードを記号で表示する
pref.showModeSymbols.help       =ユーザーリストは、モード記号 ("@" = op, "%" = half-op, "+" = voice) で表示するのか、ランプ (緑 = op, 暗い青 = half-op, 明るい青 = voice, 黒の消灯 = 一般) を使用するかを選択できます。ランプではなくモード記号を使用するときに、このオプションを有効にします。
pref.sortUsersByMode.label      =ユーザーをモードで並べ替える
pref.sortUsersByMode.help       =ユーザーリストをユーザーのモードで並べ替えて、上から op、half-op (サーバーがサポートしていれば)、voice、その他、の順にします。
pref.sound.enabled.label        =有効にする
pref.sound.enabled.help         =音声を鳴らすとき選択し、すべての音声をオフにするときには選択を解除します。オン/オフ以外の細かな設定はできません。
pref.sound.overlapDelay.label   =間隔
pref.sound.overlapDelay.help    =同じイベントが続いたときに、2 つめの音声を鳴らすまでの間隔を指定します。デフォルトは 2000ms (2 秒) になっていますが、例えば追跡する単語の合致が 2 秒以内に生じたときには、最初の音声しか鳴りません。
##pref.sound.surpressActive.label =表示中のビューの音声を制限する
##pref.sound.surpressActive.help  =ChatZilla がアクティブになっているとき、表示中のビューの音声は鳴らないようにします。ChatZilla がアクティブになっていないときや、表示していないビューの音声は常に鳴らされます。
pref.sound.channel.start.label  =チャンネル開始の音声
pref.sound.channel.start.help   =
pref.sound.channel.event.label  =チャンネルイベントの音声
pref.sound.channel.event.help   =
pref.sound.channel.chat.label   =チャンネルチャットの音声
pref.sound.channel.chat.help    =
pref.sound.channel.stalk.label  =チャンネル追跡の音声
pref.sound.channel.stalk.help   =
pref.sound.user.start.label     =ユーザーのセッション開始の音声
pref.sound.user.start.help      =
pref.sound.user.stalk.label     =ユーザーチャットの音声
pref.sound.user.stalk.help      =
pref.stalkWholeWords.label      =単語全体だけを追跡する
pref.stalkWholeWords.help       =ChatZilla が扱う追跡単語を、単語 (語句) なのか、単なる文字列なのか切り替えます。この機能が無効になっていると、例えば "Chatzilla is cool" に追跡単語 "zilla" が合致します。
pref.stalkWords.label           =追跡単語
pref.stalkWords.help            =“目立つ通知方法にする” が有効になっているときに、このリストに載っている単語がメッセージに含まれていると、その行を “重要” と位置付けてあなたの注意を引こうとします。
pref.urls.store.max.label       =保存する URL の上限
pref.urls.store.max.help        =ChatZilla が収集して保存する URL の数に上限を設定します。"/urls" コマンドは最新の 10 件を表示しますが、"/urls 20" の書式で表示数を指定できます。
pref.userlistLeft.label         =ユーザーリストを左側に表示する
pref.userlistLeft.help          =ユーザーリストを左側に表示します。選択を解除すると、右側に表示します。
pref.username.label             =ユーザー名
pref.username.help              =ユーザー名は、あなたを表す文字列である "host mask" を構成するために使用され、あなたが接続しているホスト名とこのユーザー名が含まれます。ときには auto-op や ban を設定したり、相手を特定したほかの事柄にも使用されます。
pref.usermode.label             =ユーザーモード
pref.usermode.help              =あなたのユーザーモードは、IRC ネットワークに送信されるオプション記号です。プラス記号 "+" の後ろに、オプションを表す文字を 1 つ以上置きます。"i" は "invisible mode" (見えないモード) で、あなたのニックネームはそのチャンネルのほかのメンバーのユーザーリストには表示されません。"s" は、サーバーメッセージをニックネームと同じように見ることができます。利用できるオプションの一覧は www.irchelp.org を参照してください。
pref.warnOnClose.label          =接続中に終了しようとしたら警告する
pref.warnOnClose.help           =ネットワークに接続しているのに終了しようとすると、終了してもよいか確認するメッセージが表示されます。

# Preference group labels #

pref.group.general.label               =一般
pref.group.general.connect.label       =接続
pref.group.general.ident.label         =識別情報
pref.group.general.log.label           =ログ収集
pref.group.general.palert.label        =メッセージ通知
pref.group.global.palertconfig.label   =メッセージ通知設定
pref.group.appearance.label            =表示
pref.group.appearance.misc.label       =その他
pref.group.appearance.motif.label      =モチーフ
pref.group.appearance.timestamps.label =タイムスタンプ
pref.group.appearance.timestamps.help  =時刻の表示形式を指定します。例えば、"%A %l:%M:%S%P" は "Thursday 1:37:42pm" と表示されます。
pref.group.appearance.userlist.label   =ユーザーリスト
pref.group.dcc.label                   =DCC
pref.group.dcc.ports.label             =ポート
pref.group.dcc.autoAccept.label        =自動受諾
pref.group.munger.label                =書式設定
pref.group.startup.label                =起動
pref.group.startup.initialURLs.label    =自動接続 URL
pref.group.startup.initialScripts.label =自動読み込みスクリプト
pref.group.lists.label                 =リスト
pref.group.lists.stalkWords.label      =追跡単語
pref.group.lists.aliases.label         =コマンドの別名
pref.group.lists.notifyList.label      =通知リスト
pref.group.lists.nicknameList.label    =ニックネームリスト
pref.group.lists.autoperform.label     =自動実行
pref.group.global.label                =環境設定
pref.group.global.header.label         =ヘッダー
pref.group.global.header.help          =ビューのヘッダーの標準の表示方法を設定します。必要に応じてそれぞれのビューに設定すれば、この標準設定よりも優先されます。
pref.group.global.links.label          =リンク
pref.group.global.links.help           =これらのリンクの設定によって、それぞれの方法でリンクをクリックしたときに ChatZilla がどう対応するのかを指定できます。あなたの環境設定に合わせて、これらを設定し直すこともできます。
pref.group.global.log.label            =ビューの種類ごとのログ収集
pref.group.global.log.help             =各ビューに標準のログ収集の状態を設定します。必要に応じてそれぞれのビューに設定すれば、この標準設定よりも優先されます。
pref.group.global.maxLines.label       =スクロールバックサイズ
pref.group.global.maxLines.help        =そのビューの種類に表示するテキストの行数です。制限数に達してからは、新しい行が追加されると古い行から削除されていきます。
pref.group.global.sounds.label         =音声の設定
pref.group.general.sounds.help         =
pref.group.general.soundEvts.label     =音声イベント
pref.group.general.soundEvts.help      =クライアントイベントに音声を鳴らします。この設定では、"beep" (ビープ音) または file: URL をスペース区切りのリストにします。

# These are the prefs that get grouped #

pref.autoperform.label         =自動実行
pref.autoperform.help          =このネットワークの接続時、またはチャンネル参加時、ユーザーのプライベートチャットを開く時に実行するコマンドを入力してください。コマンドは記述順に実行されます。
pref.autoperform.channel.label =チャンネル
pref.autoperform.channel.help  =チャンネル参加時に実行するコマンドを入力してください。
pref.autoperform.client.label  =クライアント
pref.autoperform.client.help   =ChatZilla 起動時に実行するコマンドを入力してください。
pref.autoperform.network.label =ネットワーク
pref.autoperform.network.help  =ネットワーク接続時に実行するコマンドを入力してください。
pref.autoperform.user.label    =ユーザー
pref.autoperform.user.help     =ユーザーのプライベートチャットを開く時に実行するコマンドを入力してください。

pref.networkHeader.label       =ネットワーク
pref.networkHeader.help        =
pref.channelHeader.label       =チャンネル
pref.channelHeader.help        =
pref.userHeader.label          =ユーザー
pref.userHeader.help           =
pref.dccUserHeader.label       =DCC
pref.dccUserHeader.help        =

pref.networkLog.label          =ネットワーク
pref.networkLog.help           =
pref.channelLog.label          =チャンネル
pref.channelLog.help           =
pref.userLog.label             =ユーザー
pref.userLog.help              =
pref.dccUserLog.label          =DCC
pref.dccUserLog.help           =

pref.clientMaxLines.label      =Client
pref.clientMaxLines.help       =
pref.networkMaxLines.label     =ネットワーク
pref.networkMaxLines.help      =
pref.channelMaxLines.label     =チャンネル
pref.channelMaxLines.help      =
pref.userMaxLines.label        =ユーザー
pref.userMaxLines.help         =
pref.dccUserMaxLines.label     =DCC
pref.dccUserMaxLines.help      =

pref.timestamps.display.label  =書式
pref.timestamps.display.help   =
pref.timestamps.label          =有効にする
pref.timestamps.help           =

pref.msgBeep.label             =新規クエリービュー
pref.msgBeep.help              =
pref.queryBeep.label           =メッセージのクエリー
pref.queryBeep.help            =
pref.stalkBeep.label           =重要なメッセージ
pref.stalkBeep.help            =