browser/browser/policies/policies-descriptions.ftl
author Masahiko Imanaka <chimantaea_mirabilis@yahoo.co.jp>
Thu, 17 Oct 2019 08:13:01 +0200
changeset 1448 63763ffa5a94c4b31df6938ccd573f722fb8ea74
parent 1439 68892fc34b3ea9019604bb877f3b3f806165a445
permissions -rw-r--r--
Bug 1588925 - Fix broken identifier for about:support d3d9 video crash guard string, part 1

# This Source Code Form is subject to the terms of the Mozilla Public
# License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
# file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/.

## The Enterprise Policies feature is aimed at system administrators
## who want to deploy these settings across several Firefox installations
## all at once. This is traditionally done through the Windows Group Policy
## feature, but the system also supports other forms of deployment.
## These are short descriptions for individual policies, to be displayed
## in the documentation section in about:policies.

policy-3rdparty = WebExtension が chrome.storage.managed を経由してアクセス可能なポリシーを設定します。

policy-AppUpdateURL = アプリケーションのカスタム更新 URL を設定します。

policy-Authentication = ウェブサイトが対応する統合認証の設定を行います。

policy-BlockAboutAddons = アドオンマネージャー (about:addons) へのアクセスをブロックします。

policy-BlockAboutConfig = about:config ページへのアクセスをブロックします。

policy-BlockAboutProfiles = about:profiles ページへのアクセスをブロックします。

policy-BlockAboutSupport = about:support ページへのアクセスをブロックします。

policy-Bookmarks = ブックマークツールバー、ブックマークメニュー、または指定のフォルダーの中にブックマークを作成します。

policy-CaptivePortal = キャプティブポータルサポートを有効または無効にします。

policy-CertificatesDescription = 証明書を追加、または組み込みの証明書を利用します。

policy-Cookies = ウェブサイトの Cookie の保存を許可するか拒否するか設定します。

policy-DefaultDownloadDirectory = デフォルトダウンロードディレクトリーを設定します。

policy-DisableAppUpdate = ブラウザの更新を禁止します。

policy-DisableBuiltinPDFViewer = { -brand-short-name } 組み込みの PDF ビューアーの PDF.js を無効にします。

policy-DisableDeveloperTools = 開発ツールへのアクセスをブロックします。

policy-DisableFeedbackCommands = ヘルプメニューのフィードバックの送信 (フィードバックと詐欺サイトの報告の送信) を無効にします。

policy-DisableFirefoxAccounts = Sync を含む { -fxaccount-brand-name } を利用したサービスを無効にします。

# Firefox Screenshots is the name of the feature, and should not be translated.
policy-DisableFirefoxScreenshots = Firefox Screenshots 機能を無効にします。

policy-DisableFirefoxStudies = Shield 調査の実行を禁止します。

policy-DisableForgetButton = “忘れる”ボタンへのアクセスを禁止します。

policy-DisableFormHistory = 検索とフォームの履歴を記憶しないようにします。

policy-DisableMasterPasswordCreation = true にすると、マスターパスワードを作成できないようにします。

policy-DisablePocket = ウェブページを Pocket に保存する機能を無効にします。

policy-DisablePrivateBrowsing = プライベートブラウジングを無効にします。

policy-DisableProfileImport = メニューコマンド “他のブラウザーからデータを読み込む” を無効にします。

policy-DisableProfileRefresh = about:support ページの “{ -brand-short-name } をリフレッシュ” ボタンを無効にします。

policy-DisableSafeMode = セーフモードで再起動する機能を無効にします。注意: Shift キーでセーフモードを起動する機能は、Windows でグループポリシーを利用する場合のみ無効にできます。

policy-DisableSecurityBypass = ユーザーが特定のセキュリティ警告を回避できないようにします。

policy-DisableSetAsDesktopBackground = メニューコマンド “デスクトップの背景に設定” を無効にします。

policy-DisableSystemAddonUpdate = ブラウザーのシステムアドオンのインストールと更新を禁止します。

policy-DisableTelemetry = Telemetry をオフにします。

policy-DisplayBookmarksToolbar = ブックマークツールバーをデフォルトで表示します。

policy-DisplayMenuBar = メニューバーをデフォルトで表示します。

policy-DNSOverHTTPS = DNS over HTTPS の設定を指示します。

policy-DontCheckDefaultBrowser = 起動時にデフォルトウェブブラウザーか確認する機能を無効にします。

policy-DownloadDirectory = ダウンロードディレクトリーを設定し、ロックします。

# “lock” means that the user won’t be able to change this setting
policy-EnableTrackingProtection = コンテンツブロッキングを有効または無効にし、任意で設定をロックします。

# A “locked” extension can’t be disabled or removed by the user. This policy
# takes 3 keys (“Install”, ”Uninstall”, ”Locked”), you can either keep them in
# English or translate them as verbs.
policy-Extensions = 拡張機能をインストール、削除、またはロックします。インストールは URL とパスを指定します。削除とロックは拡張機能の ID を指定します。

policy-ExtensionSettings = 拡張機能のインストール全般を管理します。

policy-ExtensionUpdate = 拡張機能の自動更新を有効または無効にします。

policy-FirefoxHome = Firefox Home の設定を行います。

policy-FlashPlugin = Flash プラグインの実行を許可、または拒否します。

policy-HardwareAcceleration = false にすると、ハードウェアアクセラレーションをオフにします。

# “lock” means that the user won’t be able to change this setting
policy-Homepage = ホームページを設定し、任意でロックします。

policy-InstallAddonsPermission = 特定のウェブサイトにアドオンのインストールを許可します。

policy-LocalFileLinks = 特定のウェブサイトにローカルファイルへのリンクを許可します。

policy-NetworkPrediction = 先読み機能 (DNS プリフェッチ) を有効または無効にします。

policy-NewTabPage = 新規タブページを有効または無効にします。

policy-NoDefaultBookmarks = { -brand-short-name } の初期ブックマークとスマートブックマーク (よく見るページ、最近付けたタグ) の作成を無効にします。注意: このポリシーはプロファイルの初回起動より前に設定された場合のみ有効です。

policy-OfferToSaveLogins = { -brand-short-name } に保存したログイン情報とパスワードを利用する設定を強制します。値は true か false を設定します。

policy-OfferToSaveLoginsDefault = { -brand-short-name } に保存したログイン情報とパスワードを利用する設定のデフォルトを設定します。値は true か false を設定します。

policy-OverrideFirstRunPage = 初回起動時に表示されるページを上書きします。初回起動時のページを無効にする場合は、このポリシーの設定をブランクにします。

policy-OverridePostUpdatePage = 更新後に表示される更新情報ページを上書きします。更新後のページを無効にするには、このポリシーの設定をブランクにします。

policy-PasswordManagerEnabled = パスワードのパスワードマネージャーへの保存を有効にします。

policy-Permissions = カメラ、マイク、位置情報、通知の許可と拒否を設定します。

policy-PopupBlocking = 特定のウェブサイトのポッポアップ表示をデフォルトで許可します。

policy-Preferences = 設定のサブセットに対する値を設定してロックします。

policy-PromptForDownloadLocation = ダウンロード時にファイルの保存先を確認します。

policy-Proxy = プロキシーの設定を指示します。

policy-RequestedLocales = アプリケーションに要求される言語リストと優先順位を設定します。

policy-SanitizeOnShutdown2 = 終了時にナビゲーションデータを消去します。

policy-SearchBar = 検索バーのデフォルトの位置を設定します。ユーザーによる設定の変更は許可されます。

policy-SearchEngines = 検索エンジンの設定を指示します。このポリシーは延長サポート版 (ESR) のみ有効です。

policy-SearchSuggestEnabled = 検索候補の表示機能を有効または無効にします。

# For more information, see https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Mozilla/Projects/NSS/PKCS11/Module_Installation
policy-SecurityDevices = PKCS #11 モジュールをインストールします。

policy-SSLVersionMax = SSL の最高バージョンを設定します。

policy-SSLVersionMin = SSL の最低バージョンを設定します。

policy-SupportMenu = ヘルプメニューにカスタムサポートメニューを追加します。

# “format” refers to the format used for the value of this policy.
policy-WebsiteFilter = ウェブサイトを訪問済みにしません。書式の詳細はドキュメントをご覧ください。